屋敷_鈴木1 NHK杯も煮詰まってきて準々決勝第3局屋敷伸之九段 vs 鈴木大介八段の戦いです。解説は久保利明九段、司会は一段と美と知性を醸し出す矢内理絵子さんという豪華なキャスティング。
 将棋ファンにとって二月はラストスパートに向かう一歩手前の注目のステージ。ここでの居飛車対振り飛車の名手の戦いは見逃せませんね。

屋敷_鈴木2
 戦いは旧来の角道を止める対抗型で居飛アナ対銀冠になりました。アマチュアでは未だに一番多い対戦型なのではないでしょうか。一手一手とっても参考になります。
(振り返ってみると一回戦の千葉幸生六段との戦いも居飛車穴熊(千葉)vsノーマル四間飛車(鈴木)で大熱戦でした)
屋敷_鈴木3 結果はいままで対戦成績が8vs1と以外に大差で負け越していた鈴木八段が中終盤での忍者技を見事に封印。苦手意識のあった相手を破り完勝、鬼門を制しました。
管理人としては同郷の北海道出身の屋敷九段に勝って欲しかったのですが。。。

 次の準決勝では竜王との戦い、これは鈴木八段にとって大げさではなく将棋人生一の注目の大一番になると思います。
ご本人とは、一度アマチュアの方の指導対局をされているところを拝見させていただいたのですが、とっても手の見える凄い棋士だと思い知りました。
 自らの潜在力を世に示し第一人者として開花する絶好のチャンス。
粉砕力とバランス感覚で素晴らしい戦いを見せて結果を残してほしいものです。

棋譜: 

第62回NHK杯準々決勝第3局 ▲屋敷伸之九段対△鈴木大介八段