20180727s000413F2425000p_thum夏夜の大阪城周辺を走る大阪城公園ナイトラン(主催・スポーツニッポン新聞社)が27日、大阪市内の同公園で開かれ、将棋界から久保利明王将(42)ら8人が参加した。
 久保は10キロ部門にエントリー。先月の大阪北部地震でエレベーターが動かなくなった時や、今月相次いだ豪雨時も大阪市内の自宅マンション11階からの上り下りできっちりトレーニングしていたといい、猛暑の中を1時間9分22秒で完走した。
 竜王戦挑戦者を決める本戦トーナメント準決勝を31日に控える。「体力面ではなかなか若手にかなわなくなってきたけど、将棋では負けないようにしないと」と微笑んだ。

[写真] 大阪城公園ナイトランに参加した(前列左から)矢倉規広七段、久保利明王将、藤井奈々女流2級(後列左から)西山晴大二段、村田顕弘六段、服部慎一郎三段、西川和宏六段、大石直嗣七段