return_to_forever

DAILY将棋新聞

現代稀な超天才集団で真っ向対決の真剣勝負の世界「プロ将棋界」から全国廿浦浦のアマチュア将棋までカバーするDAILY新聞です。 また注目棋士のまとめデーターベースも日々更新!  将棋界の動きが全てわかる新聞です。   

中川大輔

22 4月

「米長邦雄会長」セクハラ・パワハラ疑惑(中川大輔常務理事)が吹き出した! 大荒れとなった「将棋連盟月例報告会」 週刊新潮 2012.年3月15日号

日本将棋連盟が揺れている。昨年12月末、中川大輔常務理事(43)が突如辞任したが、今年1月25日になって、“米長会長にセクハラ、パワハラがあった。辞任は強要された。”と爆弾宣言。 
棋士たちの集まった2月29日の月例報告会は大荒れ。その一部始終をお伝えする。 
 2月29日午後2時。東京・千駄ヶ谷の将棋会館2階大会議室で、将棋連盟の月例報告会が開かれていた。 
正面には永世棋聖の米長邦雄会長(68)、谷川浩司専務理事(49)などの役員。 
会場にはおよそ50人の棋士たちが座る。 
「月例報告会は、理事から一般棋士への各種問題に関する説明会です。あの日は普段より多くの棋士が参加しましたね」(棋士の一人) 
 彼らの関心を引いたのは、前月、1月26日の月例報告会で前常務理事の中川八段が爆弾発言をしたからだった。 
「その報告会で谷川専務理事が、中川さんは一身上の都合で理事を辞任したと発表したところ、中川さんは会長に辞任を強要された、と否定した。 
そして、ある女性職員から、会長に言い寄られたと相談され、その後、会長にその女性職員を辞めさせなければ、君がやめろと言われた、とも述べたのです」(別の棋士) 
 中川八段は棋士たちを前に米長会長のセクハラ・パワハラ疑惑を暴露したのである。その日、米長会長は欠席だったが、2月29日の報告会はその発言を受けた内容となった。
 
続きを読む »
9 6月

矢倉戦を制し羽生が3勝3敗 将棋の名人戦第6局、最終第七局は甲府市開催

TKY201106080543
















山形県天童市の天童ホテルで指されていた第69期将棋名人戦七番勝負第6局は8日午後8時53分、羽生善治名人が139手までで挑戦者の森内俊之九 段を破り、3連敗後の3連勝を決めた。持ち時間各9時間のうち、残りは名人27分、挑戦者4分。両者3勝3敗の五分で迎える第7局は21、22日、甲府市 の常磐ホテルで。勝ったほうが名人となる。

 最後まで息詰まる攻防が繰り広げられた。相矢倉の出だしから、66手目まで同一手順という特異な展開をたどり、名人が先攻。わずかのすきを突いて挑戦者が反撃したが、からくもしのぎきった名人が最後は鮮やかに後手玉を討ち取った。

感想戦では、終盤の森内九段の攻めが勝敗を決めるポイントだったと指摘されています。57643

図の△8三香が失着で、▲8三金(115手目)~▲5六角(117手目)が攻防の決め手になりました。そこでこの△8三香に代えて、△8四香が検討されました。以下▲7八桂△6九銀▲7五歩△2二金▲3二歩△4一玉が並べられました。そこからいろいろな変化が検討されたのですが、▲6三金△7五歩▲6四角△7六香▲7五角△7七香成▲同桂△7四銀の流れ。これは後手よしと結論されました。「いやあー……なるほど。これ負けなんじゃないですか。いや、これ(▲7五角)じゃあ」(羽生名人)

なかなか目で追うのは大変、是非盤に並べて味わってみたいものです。

両対局者にとって天童は縁浅からぬ地です。

 まずは、2004年の第62期名人戦第6局。当時の森内竜王が羽生名人を破り、4勝2敗で名人に返り咲いたのが、この天童でした。その後、森内は4期連続で名人位を防衛し、羽生に先んじて永世名人(十八世名人)の資格を手にしたのです。

 その森内から羽生が名人位を奪取した08年の第66期名人戦の第6局も天童で、場所も本局と同じ天童ホテル。羽生はここで、森内に続く永世名人(十九世名人)の資格を得たのです。
今回のこの一番も、名人戦の帰趨を占う大きな一番でした。最終の第七局は、21、22の両日、甲府市の「常磐ホテル」で行われます。

7 6月

矢倉の盟主を賭け両者強気の展開…名人戦第6局初日

天童市の天童ホテルで始まった羽生善治名人(40)に森内俊之九段(40)が挑戦する第69期名人戦七番勝負第6局は午後6時半、森内が76手目を封じて1日目を終えました。
持ち時間各9時間のうち消費時間は羽生4時間28分、森内3時間22分。森内はその消費時間のうち、2時間17分を封じ手に注ぎ込みました。
BANT001 申し合わせたように相矢倉で午前中は48手まで第4局と手順も休憩のタイミングもまったく同じという意地の張り合い。
双方自信を持った強気の展開と思われました。午後も同局と同じ進行が続いていましたが、第4局△3五桂とした66手目で森内は△5六歩と手を変えました。その挑戦者が第4局から変化した66手目△5六歩を見て、名人が長考に沈みました。その間に、3時のおやつが運ばれます。名人がイチゴのショートケーキ、挑戦者がモンブラン。両者とも温かいレモンティーも頼みました。

なおこの手順は伏線となる戦いがある。第23回朝日オープン将棋選手権本戦第10局▲森内俊之 三冠 対後手△中田宏樹 七段で、180手という大熱戦で中田が勝っている。

 名人は糖分を補ってから、▲1五香と走り攻めの継続を宣言。1時間23分の考慮は本局で最長でした。これ以降、意を決したかのように、相手の玉頭に攻めかかっていきます。一方の挑戦者は、さほど時間を使わず、淡々と応じているようにみえました。「時間の使い方からみて、ある程度森内九段の研究があったのではと思います。この攻めをかわして長期戦に持ち込みたいところです」と解説の飯島栄治七段は語っています。

封じ手の2時間17分で、森内はかなりの変化を読みきっていると思われます。がっぷり四つの相矢倉、攻の羽生、守の森内、1日目にして早くも終盤の入り口までたどり着いています。

明日の戦いは終盤から寄せに、スピード感と鉄板の受け、手に汗握るものとなるでしょう。

[REF] ブログ観戦記 柔らかい手 - 第69期名人戦7番勝負/第6局・一日目「第4局を踏襲。。手を変えたのは、森内九段」




【送料無料】最新の矢倉3七銀戦法
【送料無料】最新の矢倉3七銀戦法

【送料無料】最新の矢倉3七銀戦法
価格:1,575円(税込、送料別)

7 6月

第69期名人戦第6局・検分の様子、矢倉模様の将棋になるか?

2011年6月6日。山形県天童市「天童ホテル」にて、17時30分より検分が行われました。羽生善治・森内俊之両対局者が将棋盤・駒を確認、その様子島朗 飯島栄治 中川大輔が見守ります。緊張感が伝わってきますね。

羽生善治名人(40)に森内俊之九段(40)が挑戦する第69期名人戦七番勝負第6局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、天童市、天童商工会議所後援)は7、8日、山形県天童市の天童ホテルで行われる。

 開幕から3連敗を喫してカド番に追い込まれた羽生が2連勝し、今期七番勝負は緊迫してきた。森内が4期ぶりの返り咲きを決めるか、羽生が4連覇へ向けて最終局決戦に持ち込むか。

 第6局は羽生の先手番。過去2局はいずれも矢倉模様の将棋だったが、互いにどんな作戦で臨むか注目される。

6 6月

第69期名人戦in天童 工人築いた生産日本一

日本一の将棋駒の産地、天童--。全国的に知名度が高いこのフレーズは、先人たちの長年の努力で定着させてきた。ゲーム機の普及など娯楽が多様化し、近年は将棋駒の需要の低迷が続くが、業界は努力を今も続けている。

 天童の将棋駒作りは江戸時代、天童織田藩の武士たちが内職で始めたことに由来する。昭和に入ると、機械化で駒木地の大量生産が可能になった。戦中は慰問品として喜ばれ、需要が増加。戦後から昭和30年代に最盛期を迎えた。県将棋駒協同組合の庄司浩助理事長(73)は「年間400万組を売り上げた年もあった」と解説する。天童市工業統計などによると、生産額のピークは1980(昭和55)年ごろ。同年には市内の事業所は41カ所を数え、生産額は年間4億7000万円に上った。

続きを読む »
29 5月

北島六段の快心譜、NHK将棋トーナメント北島忠雄六段 vs 屋敷伸之九段

ep159522836325 ▲北島忠雄六段 vs △屋敷伸之九段の一戦、相掛かりから先手は横歩取り・後手屋敷九段が中座流を選択、解説は奨励会時代に屋敷と朝まで10秒将棋を戦った経験のある中川大輔八段。
北島さんは、おしゃれでハイセンスな印象の先輩だったとか。しかし奨励会に何と15年在籍し、四段昇格が29歳という本当の苦労人ならではの物腰なのでしょう。 戦いは後手が手筋の端攻めを仕掛けたのに対し、見事な仕返しを見せ先手が有利に。手順に馬を作ることに成功しましたが、相手は屋敷、怪しげな手を連発し先手を揺さぶります。しかしこの日の北島は冷静でした。  最終盤、中川が危険といった手順に踏み込み、相手王を寄せに入ります。際どいながら打歩詰めの変化を避けながら長手順の即詰を読み切り、今期北海道出身棋士として初の念願のAクラス入りを果たした難敵を打ち破りました。

数年前に4手目△3三角戦法で羽生名人を破ったのが将棋ファンに強烈な印象が残る北島六段の快心譜となりました。

[棋譜] 北島忠雄六段 vs 屋敷伸之九段 

[ブログ観戦記] SHOGI DIARY 第61回NHK杯 北島忠雄六段vs屋敷伸之九段

【送料無料】乱戦!相横歩取り

【送料無料】乱戦!相横歩取り
価格:1,470円(税込、送料別)



26 5月

日本将棋連盟の専務理事に谷川九段

日本将棋連盟は26日、公益社団法人移行後初の通常総会を東京都内で開き、新役員を選出した。米長邦雄会長を再任。常勤理事は、専務理事に谷川浩司九段、常務理事に東和男七段、田中寅彦九段、中川大輔八段、理事に北島忠雄六段と長島俊之氏(職員から昇格)をそれぞれ選んだ。非常勤理事には6人が選ばれ、将棋界以外からは、川淵三郎日本サッカー協会名誉会長らが就任した。
将棋ギャラリー
  • 対局前日に財布紛失、最年長46歳、初タイトル…木村新王位「縁ないと思っていた」
  • 対局記録をAIで 将棋連盟、「記録係」無人化へ実験
  • 藤井聡太七段が朝日杯2連覇の快挙 今後、期待がかかる記録更新は?
  • 藤井聡太七段が朝日杯2連覇の快挙 今後、期待がかかる記録更新は?
  • 藤井奈々女流2級、女流1級に昇級
  • 羽生さん「私のホーム」、将棋道場「八王子将棋クラブ」24日に閉鎖
  • 竜王戦最終局、終盤40手・1時間半の羽生の差し回しは復活への狼煙だ!
  • 藤井聡太七段公式戦対戦成績・全記録一覧表 (100勝まで:初戦~118戦)
  • 藤井聡太七段公式戦対戦成績・全記録一覧表 (100勝まで:初戦~118戦)
  • 藤井聡太七段公式戦対戦成績・全記録一覧表 (100勝まで:初戦~118戦)
  • 藤井聡太七段公式戦対戦成績・全記録一覧表 (100勝まで:初戦~118戦)
  • 藤井聡太七段公式戦対戦成績・全記録一覧表 (100勝まで:初戦~118戦)
  • 藤井聡太七段公式戦対戦成績・全記録一覧表 (100勝まで:初戦~118戦)
  • 藤井聡太七段公式戦対戦成績・全記録一覧表 (100勝まで:初戦~118戦)
  • また勝った! 里見香奈女流四冠、対男性棋士に今期6勝目 勝率5割
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 2018かわいい・美人な女流棋士ランキングTOP20!、こちらも熾烈な勝負!
  • 広瀬章人八段が初勝利 羽生善治竜王に逆転勝ちで一矢/竜王戦七番勝負第3局
  • 斎藤慎太郎新王座が誕生 3勝2敗で初タイトル、将棋王座戦
  • 斎藤慎太郎新王座が誕生 3勝2敗で初タイトル、将棋王座戦
  • 王位奪取で豊島二冠に 将棋、1人1タイトル崩れる
  • 斎藤慎太郎七段が激戦制す 王座戦第1局
  • 斎藤慎太郎七段が激戦制す 王座戦第1局
  • 【棋士にズームイン】将棋への熱い想い実る! 渡部愛女流王位 3年前のインタビュー
  • 【棋士にズームイン】将棋への熱い想い実る! 渡部愛女流王位 3年前のインタビュー
  • 【棋士にズームイン】将棋への熱い想い実る! 渡部愛女流王位 3年前のインタビュー
  • 久保王将“もしもの時”に備えてトレーニング 猛暑の中、10キロ完走
  • (気まぐれ観戦記) NHK杯トーナメント:谷川浩司九段 vs 佐々木勇気六段戦
  • 将棋界は群雄割拠時代 31年ぶり8大タイトル8人
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。