REV録▶

オーディオやガジェット系が好きなおじさんです。インコが2羽います。

<サンプル品> Echobox THE TRAVELER T1

ご覧頂きありがとうございます。

P2222032 2

本日はEchobox THE TRAVELER T1のサンプル品が届きましたので
開封写真と簡単なファーストインプレッションを載せていきたいと思います。

尚今回届いたTHE TRAVELER T1に関しては
今後発売される製品版と内容物等若干の違いが有る可能性がございますので
予めご了承頂ければ幸いです。

それでは開封しながら写真の方撮りましたので御覧ください。
(全ての画像はクリックすると大きなサイズでご覧いただけます)

【開封写真】
P2222024
P2222027
P2222029
P2222033
P2222035
P2222038
P2222040
P2222042
P2222045
P2222048
P2222052
P2222055
P2222058
P2222060
P2222063
P2222067
P2222070
P2222072
P2222075
P2222078
P2222079
P2222083
P2222085
P2222089
P2222091
P2222095
P2222099
P2222100
P2222104
P2222107
P2222108
P2222115
P2222118
P2222120
P2222124
P2222127
P2222128
P2222134
P2222135
P2222140
P2222143
P2222148
P2222152
P2222154
P2222155
P2222162
P2222164
P2222169
P2222174
P2222180
P2222183
P2222187

【個人的なファーストインプレッション】

....ということで開封したばかりではございますが
私の感じたファーストインプレッション的なものを書いていきたいと思います。

THE TRAVELER T1は
今後(近々?)99ドルで発売が予定されているイヤホンということで
そこまで安価なイヤホンではございませんが
Echoboxのイヤホンのラインナップの中では下位機種に相当するイヤホンの様です。

英文ですが現時点での簡単な仕様や概要は下記画像を御覧ください。

Traveler_Spec_Page

40

仕様面で個人的に気になった点は
基本的にリモコンマイク付きのモデルしか無いということです。

海外は分かりませんが少なくとも日本では
リモコンマイク付きのモデルは毛嫌いされている印象が強いので
リモコンマイク付きのイヤホンというだけで
購入候補から外れてしまう可能性が高いような気が致します...

また注意点として(リモコンマイク部分が使えるかどうかの問題だと思いますが)
Apple仕様とAndroid仕様で分かれているので購入される際は
ご自身の環境と照らし合わせてから購入された方が良さそうです。

因みに今回のサンプル品のTHE TRAVELER T1はAndroid仕様でした。
(MacBookで試しましたが音量の増減ボタンが効きませんでした)

カラー展開に関しては4色展開の様です。

続きまして実機を初めて触ってみた感想を書いていきたいと思います。

まずケーブルに関しては絡まりにくそうな皮膜で覆われているので
取り回しに関しては見かけよりもかなり良好だと思います。
(両手でぐしゃぐしゃしても全く絡む気配がございませんでした)

今回のサンプル品はオレンジ(Echoboxのイメージカラー?)ですが
結構派手な発色といいますか合わせる服にもよると思いますが
かなりケーブルの色が遠目でも目立ちそうな印象です。

開封しながら初めてTHE TRAVELER T1の実機を見た
私の第一印象はとても派手(カラフル)なイヤホンだな!!でした。
(発色の良いオレンジなので好みの問題だと思いますが私には派手です....)

また正直99ドルのイヤホンとして考えた場合
見た目的にはそこまでの高級感がないといいますかややチープな印象も受けました。

イヤホンの左右の分岐部分やプラグ部分が
金属製ではなくゴム被膜のような感じだったりするせいかもしれませんが
高級感があるというよりはスポーティーなイヤホンという印象が私は強いです。

リモコンマイク部分に関しては金属製で
かなりしっかりとした作りになっておりますが
(気のせいかもしれませんが)どうしても片側だけ重くなってしまうような印象なので
やはりリモコンマイクが付いていないモデルも出して欲しいな...という気持ちになりました。
(右側にリモコンマイクが付いていますがなんとなく右側だけ重い感じ)

続いてイヤホンのハウジング部分ですが
金属製でかなりハウジング(筐体)が小さいです。

このハウジングかなり小さいという点が
THE TRAVELER T1の最大の特徴だと私は感じています。
(筐体の大きさのイメージとしては一般的なイヤホンのイヤーピースのMサイズ位)

最初はハウジングが小さいので装着感が良さそうな印象だったのですが
残念ながら(付属品のイヤーピースとの相性の兼ね合いも有るのですが)
私の耳にはいい感じにフィットしませんでした。
(ちょっと筐体が小さすぎて逆に上手くフィットしない感じでした)

正確に言うと(恐らく)きちんと耳にフィットはしているのですが
付けていて今ひとつ落ち着かない感じの装着感でした。

ハウジングの小ささ以外にも
付属品のイヤーピース(コンプライ以外)が非常に柔らかいシリコン製という事も有り
装着する際に(耳孔に入れる際)イヤーピースがずれてしまうというか
場合によってはちょっと捲れてしまうようなそんな感じでございました。

個人的には付属品のイヤーピースの中では
コンプライ(まだ試していません)かダブルフランジが(自分との)相性が良さそうでしたので
これから使って行く中で色々と試行錯誤してみようと思います。

音質に関しては以上のことからあまり参考にならないと思いますが
全体的に音がきつめで少し聴き疲れしやすそうな音質だな...といった印象が強かったです。

エージングといいますか鳴らし込んでからの感想ではないので
今後印象が大きく変わる可能性は否定できないのですが
基本的には同社のX1に音質傾向が似ているといいますか
同じメーカーのイヤホンだなといった印象の強いイヤホンでございました。
(恐らくTHE TRAVELER T1とX1であればX1の方が好印象な方が多そうな印象です)

一般的な99ドルのイヤホンのレベルみたいなものを私はよく分かっていないのですが
現状外れではないが当たりでもないイヤホンで
既に発売されているX1の下位機種という位置づけのイヤホンかな...?といった感じでございます。

今回はファーストインプレッションという事で
もう少し使い込んでから個人的な感想などを書いていきたいと思います。


それではまた次回。

<仕送りおじさん> R.I.さんから色々とお借りしました。

ご覧いただきありがとうございます。

P2172018

先日Twitterの方でお世話になっております
R.I.さんより色々とお手持ちの機材の方お借り致しましたので
試聴させて頂いた個人的な感想等を書いていきたいと思います。(´・ω・`)/

【DAP】
P2121308
P2172013
P2172004
P2172002
P2171999
P2171997
P2171992
P2171994
P2171989
P2171987

このメーカーさんのDAPは私自身初めて触った感じなのですが
見た目がまずかっこいいDAPですね。(^^)

物理ボタンが非常に多い+タッチパネル採用のDAPという事で
すこぶる操作性が良いのかと想像していたのですが
いかんせんタッチパネルの精度が一昔前の中華タブレット並に
微妙な仕上がりになっておりまして細かな操作や選曲に手こずる感じでした。

余談ですが物理ボタンが多いのは良いのですが
肝心の電源ONのボタンがどれか分からずに
15分くらい悩んだ挙句電源をONにすることが出来ました。(´・ω・`)笑

そんなわけで操作性に関しては正直微妙なDAPかなという印象が強かったです。

しかし再生中や選曲中に変なノイズが入ったり
動作がカクカクした挙動であったりという事はあまり無く
選曲や設定の変更などでタッチパネル操作を多用しなければそこまで
操作性に関しては気にならないDAPような気も同時に致しました。
(妥協と割り切りの心)

音質に関しては
個人的に中々好みというか中々好印象だったのですが
どうしても操作性の事を考えると凄く良いDAPでした!!とは言いづらかったり致します。

感度の良いイヤホンでも
殆ど背景ノイズの類が気にならない辺りは非常に好印象なDAPでございました。
(イヤホンのノイズ関係を気にされる方でも好印象なDAPだと思います)

【final ヘッドホン】
P2121313
P2121317
P2121320
P2151761
P2151767
P2151781

こちらのヘッドホンは以前から気になっていたので(買う予定でした)
非常に試聴させて頂くのが楽しみなヘッドホンでございました。(^^)

まずケースが凄いですね....ラルクアンシエル感が凄いです。笑

ヘッドホン本体をケースから取り出した際にまず感じたのですが
想像していたよりも大分重量が軽いヘッドホンでした。
(なんというか重量級のヘッドホンだと思っていたのでかなり意外でした)

ということで期待感が高まる中試聴させて頂いたのですが
なんだか面白い音がするヘッドホンだな...!!という第一印象でした。
(第一印象というか聴いている最中も面白い音だなとずっと思っておりました)

なんというか全体的に
金物系(私の場合は主にシンバル)がしゃんしゃんしゃんしゃんしている感じの音が
私は苦手なので個人的には完全に苦手な部類の音質傾向寄りのヘッドホンだったのですが
好きな人は好きだろうなこのヘッドホン...!!という感じの音のするヘッドホンだと思いました。

正直全体的に音がキツすぎて
私は長時間聴いていられないタイプのヘッドホンだったのですが
最大の長所が最大の短所になるタイプのオンリーワン系ヘッドホンだと思うので
そういった意味の魅力というのはとても強く感じました。

ちょっと聴き疲れを我慢して30分位色々な曲を聴いていたら
なんとも不思議な魅力を感じてきてその後暫く音楽鑑賞に浸ってしまいました。
(...でも私にはこのヘッドホンは1時間が限界でした)

完全に私の好きなタイプではないのですが不思議な魅力のあるヘッドホンでした。

それにしてもこういう特徴の有るヘッドホンってなんとも言えない魅力が有りますよね...
(好きな音じゃないんだけどほしい的な...)

蛇足ですが今回は据え置き環境で試聴することが出来なかったのですが
DAPやMac直挿しといった環境でも十二分に音量を稼げたのは意外でした。

自分が想像していた物とは全く違った物だったのですが
R.I.さんにお返しした後でもまだ少し気になっている....そんなヘッドホンでございました。

【final F4100】
P2121253

発売された当時から気になっていた細細イヤホンです。

実物を目の当たりにしてもとにかく筐体が小さい!!という第一印象でした。
(ネット上で画像は見たことが有りましたが現物を目の当たりにすると本当に小さい)

ということで実際に試聴...というか装着した瞬間に感じましたが
イヤーピースでイヤホン全体を支える様な感じの装着感なので
装着感に関してはイヤーピースの問題も有ると思いますが
好き嫌いが分かれそうな印象を持ちました。(´・ω・`)汗

また意外だったのですが(体感として)手で持った時に特に軽い!!とは感じませんでした。
(手で持った感じは筐体の小さめの普通のイヤホンの重さだと感じました)

そんなわけで個人的には細細で有ることに魅力というかロマンを感じていたのですが
実物を触ってみた結果軽さや小ささに魅力を感じるイヤホンでは有りませんでした。

音質に関しては若干音の粗さの様な物を感じたので
個人的には可もなく不可もなく普通かな...といった印象でしたが
筐体の形状から想像していたこのイヤホンでしかこの音が出せません!!的な
唯一無二感みたいなものは特に感じることができませんでした.....(´・ω・`)汗

正直もっと(良くも悪くも)クセが強いイヤホンだと思っていたのですが
結果的にはそこまで尖ったイヤホンでは無かったなという印象でした。

残念ながら
細細のイヤホンです!!...以上です!!といった印象でございました....(´・ω・`)汗

【final イヤホン金&銀】
P2121288

私自身finalさんのイヤホンは過去に1つしか所有したことが無く
(私の苦手な)型番が難しいイメージが強いせいか
いかんせんこちらの2本のイヤホンに関しても
どちらが上位でどちらが下位か/仕様の違い等細かいスペックを
理解しないままの状態であえて試聴してみました。

因みにこちらの2本のイヤホンに関しては
イヤーピースが私にはやや大きかったのかベストな状態で試聴できていないと思います。
(その上で感想を書いていきたいと思います)

まず金色の方ですが
想像していたよりもイヤホンを装着した際に
耳から筐体が飛び出す感じがちょっと個人的にはどうかな...と感じました。

また筐体がもっと重いイヤホンだと想像していたのですが想像よりも軽かったです。

音質というか音質傾向に関しては
なんとなくキンキンした音のするイヤホンなのかな!?と想像していたのですが
実際に聴いてみると(BA型にしては)音の厚みを感じることができましたし
純粋にこういう音がするイヤホンなのか!!という印象でした。(´・ω・`)

曲によってはやや刺さるというかキツさみたいなものも感じましたが
あまり嫌な感じはしな(私はキツめの音は苦手なのですが)かったです。

ただ長時間聴いていると
個人的にはとても聞き疲れしそうな音質傾向のイヤホンという印象でしたので
このイヤホンに合う曲を見つけて短時間集中して聴くような使い方でないと
ずっとは聴いていられないかな...という印象でした。

続いて銀色のイヤホンですが
金色に比べて全体的にスッキリとした音質傾向(BA感)で
金色に比べると音の厚みは無いのですが
個人的にはこちらの方が聴きやすいイヤホンでございました。

金色を聴いた後に銀色を聴くとちょっとスカスカした音に聴こえるのですが
長時間音楽を聞くなら私はこちら(銀色)かなという印象でした。

ただ金色の方がボーカルを含め魅力を感じましたし
オンリーワンな魅力みたいなものは金色の方が有るような気が致しました。

銀色のイヤホンは一聴してThe BA型の音という印象が強かったので
良くも悪くも個性はあまり無いように感じますし
個人的にはある程度長時間聴いていたくなるような
好みの音質傾向ではあったのですが(矛盾しているかもしれませんが)
金色と銀色であれば私なら個性のある金色を買うかな...といった感じでした。

....なんだかんだ書きましたが
どちらのイヤホンも普通に良いイヤホンだと思いますし
筐体のエージングが楽しめ様なので長く愛着が持てるイヤホンという
何にも代えがたい魅力の有るイヤホンだと思いました。(^^)

【ライコネンさん自作イヤホン】

P2121267
P2141639
P2141648

こちらは今話題沸騰中のライコネンさん自作イヤホンです。
(私のTwitterのお知り合いの方々もお持ちの方が多い印象です)

フェイスプレートが和風で個人的にはツボでございました。(^^)

自作イヤホン....凄いです.....(´・ω・`)


...ということで
今回はR.I.さんにお借りした貴重な諸々の機材の
個人的な感想を書かせて頂きました。(´・ω・`)(´・ω・`)

R.I.さんこの度は誠にありがとうございました。m(_ _)m


それではまた次回。

猪狩製作所ヘッドホンスタンド3種類の個人的な感想。

ご覧いただきありがとうございます。

P1400133_2

今回は昨年お借りしておりました
猪狩製作所様のヘッドホンスタンド三種類
(・IW-HS05 ・IW-HS03 ・IW-HS04 )のお写真と
実際に使ってみた私の個人的な感想(良いと感じた点といまひとつと感じた点)
を載せて行きたいと思います。

【IW-HS05-S】
P1240482
P1240487
P1240491
P1240493
P1240497
P1240503
P1240506
P1240516
P1240517
P1240521
P1240526
P1240541
P1240512
P1240518
P1240531
P1240536
P1240547
P1240557
P1240563
P1240561
P1240643
P1240648
P1240652
P1240656
P1240658
P1240662
P1240665
P1240667
P1240668
P1240671
P1240678
P1240682
P1240686
P1240688
P1240693
P1240696
  
【良い】
今回お借りした中で断トツで一番使いやすいと感じました。
ヘッドホンをサッと取ってサッと掛けられる形状なので実用性が非常に高く
個人的にはデザイン含め最も理想的なヘッドホンスタンドでございました。

【今ひとつ】
正直特に不満な部分は無く非常に使いやすかったです。


【IW-HS03-S】 
P1240633
P1240636
P1240637
P1240640
P1240698
P1240702
P1240706
P1240708
P1240711
P1240713
P1240717
P1240721
P1240723
P1240727
P1240732

【良い】
ゼンハイザー等一部のヘッドホンとの相性が非常に良さそう。
 
【今ひとつ】
アーチ部分の形状にあったヘッドホン以外はやや使いにくい印象でした。
汎用性に関してはIW-HS05の方が優れていると思いました。


【IW-HS04-S 】
P1240568
P1240570
P1240572
P1240573
P1240577
P1240580
P1240588
P1240592
P1240597
P1240602
P1240603
P1240606
P1240608
P1240612
P1240615
P1240625
P1240583
P1240618
P1240622
P1240628
P1240631
P1240735
P1240737
P1240741
P1240743
P1240746
P1240752
P1240755
P1240758
P1240761
P1240767

【良い】
かなりしっかりとした重みがあり安定感に信頼がおけるヘッドホンスタンドだと思います。
大型の(重量級の)ヘッドホンでも余裕を持って対応できそうな仕上がりでした。

【今ひとつ】
正面から見るとヘッドホン自体のデザインをスタンドがやや邪魔をする気が致します。 
使いやすさや汎用性の観点からすると個人的には今ひとつかなと感じましたが
大きめのヘッドホンを使っている方であればおすすめできるヘッドホンスタンドだと思います。
逆にここまでしっかりとしたヘッドホンスタンドは中々無いのでは無いでしょうか。
長所が短所でも有り短所が長所でも有るヘッドホンスタンドという印象でした。


【感想】

どのモデルも完成度(美しい仕上がり)が非常に高く
高級感満載のスタイリッシュなヘッドホンスタンドでございました。

因みに今回お借りした3種類のヘッドホンスタンドの中で
私が最も気に入ったモデルは一番最初にご紹介したIW-HS05でした。

理由は純粋に私にとって一番使いやすヘッドホンスタンドだと感じたからです。

私はそこまで大型なヘッドホンを所有していないので
大きさ的にもデザイン的にも自分の求めているヘッドホンスタンドの
理想像のど真ん中といた感じでした。

猪狩製作所さんのヘッドホンスタンドはハンドメイドという事も有り
ヘッドホンスタンドとしてはやや割高な価格設定ではございますが
金額以上の満足感/所有欲を満たしてくれるヘッドホンスタンドだと思います。

正直ハンドメイド品ですしこの仕上がりの美しさと考えると
決して割高なヘッドホンスタンドではない気が致します。

実際に実物を目の前にするとApple製品の様な美しさを感じることができますし
非常に愛着の湧くヘッドホンスタンドだと思います。
(工作精度も高く猪狩製作所様の技術力の高さを思い知らされました)

最後になりますが
もし可能であればケーブル側の収納や取り回しに配慮した
別売りのオプションパーツの様なものが有ったら面白そうだなと感じました。

ケーブル側も綺麗にヘッドホンスタンドに収まれば
保管する際の見栄え的にも良さそうですし
中々そういった構造/機構のヘッドホンスタンドも無いので....

今後も猪狩製作所さんの
新作ヘッドホンスタンドには常に注目していきたいと思います。


それではまた次回。
ご覧頂きありがとうございます。
ご意見/ご連絡はメッセージからお願い致します。
無断転載や無断リンクはご遠慮下さい。
メッセージ

名前
メール
本文