REV録▶

オーディオやガジェット系が好きなおじさんです。インコが2羽います。

おじさんがきいてみたシリーズ第2弾を開始致します。

001
ご覧いただきありがとうございます。

かなり急ではございますがおじさんがきいてみたシリーズ第2弾を
8月から(予定&希望的観測)開始させて頂こうと思っております。(´・ω・`)b

今回の質問(テーマ)は
「あなたのお薦めのアーティスト教えてください」...でございます。

内容としてはまず自分の好きな5組(人)のアーティストと
そのアーティストお薦めの曲を1曲ずつ選んで頂いて
そのアーティストを選んだ理由と共に存分に語って頂くといったものでございます。
(一応5組/5曲というところがミソ...です)

既に数名の方にTwitterの方から乱暴にご連絡させて頂きましたが皆さん
ご参加/ご回答頂けるとの事でしたのでご回答頂いた順に
掲載させて頂ければなと思っております。(´・ω・`)(´・ω・`)/

前回は有り難いことに約20名程ご回答頂きまして
六本木オーディオの山田さんでなんとなく終了という感じだったのですが
今回は期間等は特に設けずにゆるくやっていきたいと思っておりますので
皆さんのご参加お待ちしております!!(´・ω・`)(´・ω・`)b


それではまた次回。

雑記 #155 YouTube生放送挑戦開始と聞いてみたシリーズ第2弾やりますのお話。

1980p
ご覧いただきありがとうございます。

ここ数日は暑くて変な時間に朝起きてしまうREVです。(´・ω・`)汗

先週の土日はずっとやりたかったYouTubeの生放送に挑戦してみました。

001

一日目(土曜日)は映像+音声でやってみましたが
生放送開始と同時にMacBook Proの内蔵ファンがフル回転してしまいまして
ずっと後ろでファンの音が鳴っているという残念な感じになってしまったのですが
とりあえず映像と音声が30秒ほど遅れて生放送に乗っかっている事が分かったので
自分なりに収穫は有ったのですが聞いてくださった方々には申し訳なかったです...。

そして二日目(日曜日)は音声だけのラジオ放送にしてみたのですが
音声だけであればファンは気になるレベルの音で回転しないことが分かったので
しばらくはラジオ放送的な感じで経験を積んでいこうという結論に達しました。

どうやらツイキャスと違い静止画を表示する場合も
大きなサイズ/高解像度な画像を表示させることが出来る様なので
紙芝居ラジオ的な写真をコロコロ変えながら放送というのも中々面白そうです。

それにしても実際に放送するまでの設定が難しくて大分時間を取られてしまいましたが
結果的に生放送することが出来たので自分的にはまた新しい場所でチャレンジする
面白さとドキドキ感なんかも感じつつ今度こそ毎週決まった曜日/決まった時間に
放送していきたいと思っております...今度こそ...。(´・ω・`)笑

チャンネル登録(←YouTube感すごい)は置いておいて
YouTubeはGoogleのアカウントがないとコメントできないようなので
恐縮ながら是非皆さんYouTubeのアカウントを取得して頂いて(←切実)
生放送中にコメントしに来て頂ければ嬉しく思います。(*^^*)

また生放送でも少し話したのですが
以前やっていたおじさんが聞いてみたシリーズの第二弾のテーマを決めたので
大分久しぶりですがまた皆さんのご回答を頂戴してブログの方に
皆さんの回答をビシっとまとめて掲載させて頂きたいなと思っております。(´・ω・`)/

因みに前回はQ&A方式だったのですが
今回はちょっとまた違ったテーマで色々とご回答頂ければ...と考えております。

...という事でまた急に私の方から乱暴なDMが
皆さんに飛んで行くと思われますのでその際は宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m


それではまた次回。

【SAMPLE】EARNiNE EN120の感想。

001のコピー2
001
ご覧いただきありがとうございます。

今回はEARNiNE EN120のSAMPLEについて見ていきたいと思います。

私は多ドラBA系のイヤホンよりも基本的に1BAの方イヤホンの方が好みなのですが
EN120はなんと独自開発/製造のBAドライバーを搭載しているという事で
いったいどんな音がするのか非常に気になりますし
私自身EARNiNEのイヤホンを聴くのは初めてなので非常に楽しみな商品でございます。

001
tshcorporation_tsh-en120
ハウジング材質:ステンレス
色:ステンレスシルバー
プラグ形状:L字 3.5mm (24金メッキ3極)
リモコン&マイク:無し
周波数特性:20Hz ~ 20KHz
インピーダンス:22Ω ± 20% at 1KHz
音圧感度: 104±3dB at 1KHz
付属品: 保証書・説明書・S/M/L イヤーピース各2個。

001
P1400785
こちらがEN120の化粧箱です。
P1400789

独自開発製造BAの文字が興味を掻き立てられます...。
P1400794

大きくEN120と書かれていてインパクトが有りますね。
P1400797

化粧箱背面です。
P1400802

三ヶ国語で商品の説明が書かれていました。
日本語表記の部分はちょっと怪しい感じですね...。
P1400804

化粧箱側面①
P1400808

簡単な仕様が書かれています。
P1400812

付属品はイヤーピースだけの様ですね。
P1400815

化粧箱側面②
P1400822

化粧箱の蓋を開いてみました。
P1400826

私はそこまでイヤホンの構造に詳しくないのですが中々興味深い構造をしていますね。
P1400829

蓋の内側部分にはEN120のスペックが書かれていました。
P1400834

個人的にこういうイヤホン(本体)の見せ方の化粧箱は結構好きだったり。
(完全に開封する前に本体が少し見える的な感じが好きです)
P1400837

化粧箱は中々こだわりを感じられる(手を抜いていない)クオリティーでした。
P1400842

...ということで早速中身の方取り出して見ていきたいと思います。
P1400852

因みに化粧箱の蓋の部分はマグネットでパチッとくっつく(開閉できる)タイプでした。
P1400859

化粧箱から中身を取り出しました。
P1400862

因みに裏側はこんな感じでした。
P1400868

裏側にはマニュアルが入っていました。
P1400873

続いてプラスチックのカバーを取り外します。
P1400876

続いて付属品のイヤーピースを見ていきたいと思います。
P1400879

イヤーピース1組は既にイヤホン本体に装着されていますので2組分入っていました。
P1400885

イヤーピースの品質ですが変なバリやヨレも無くかなり良いと感じました。
(山型で軸がそれなりに硬めなタイプだと思います)
P1400890

EN120本体を取り出しました。
P1400892

余談ですが最初からケーブルの癖が全くついていなのは素晴らしいですね。
P1400895

L字型のプラグ部分はかなりしっかりとした作りでした。
P1400902

プラグにもロゴ入りな辺り拘りを感じますしプラグとしての完成度は高いと感じました。
P1400908

ケーブルの分岐部分とスライダー。
P1400912

ケーブルの編み込みは非常に綺麗で変な素人DIY感も無く非常に好印象でした。
P1400915

ここからはEN120のハウジング部分をアップで見ていきたいと思います。 
P1400918
ハウジング部分(やL字プラグ部分)はつるんとした質感/仕上げなので
筐体がビカビカした感じと指紋の付きやすさが私は少し気になりました。P1400925
ハウジングもそうでしたがステム部分の仕上がりも非常に綺麗でした。
P1400954
ハウジング背面にもロゴが有ります。
P1400960

ハウジングを真上から。
P1400976

フィルターは金属製でした。
P1400993

L/R表記は(内側に有るので)個人的に見難いと感じました。
(なのでパッと手にとってサッと装着しにくいイヤホンという印象でした)
P1410003

ビカビカした感じの仕上がりですが安っぽい質感のイヤホンとは感じませんでした。
P1410011

ハウジングが大きいというか長めなので結構存在感の有るイヤホンだと思います。P1410022
EN120の装着感ですが(付属のイヤーピースの形状的にも)
Theカナル型イヤホンといった圧/密閉感を強く感じるタイプでした。
P1410034

また筐体がやや長めなことも有りまして実際に耳に装着すると
ハウジング部分が少し飛び出すような感じになると思います。
P1410044

いわゆるシュア掛けタイプのイヤホンではないですが
ケーブルが軽めで取り回しも良いので特にシュア掛けの必要性は感じませんでした。
P1410051

私は普段Mサイズのイヤーピースを使用することが多いのですが
(密閉感を減らす目的で)EN120はSサイズのイヤーピースでも良さそうな印象でした。
(私の感覚だと)Mサイズだとかなりガッツリ耳孔が密閉される感じがして
ちょっと息苦しさ/耳栓感みたいなものを強く感じたのでイヤーピースのサイズを
1サイズ下げるなり社外製のイヤーピースもこれから試していきたいなと思っております。
P1410060

完全に私の主観ではございますがカナル型イヤホンの装着感が苦手な方には
EN120は装着感の面であまりおすすめできないかもしれません。

001のコピー

P1410092
今回はaune M1sをメインにEN120を試聴させて頂きました。
(実際に手持ちのDAPをいくつか試してみたのですがM1sと合わせた時が好みだったので)

EN120の一番のウリは独自開発/製造のBAドライバーを搭載している点だと思うのですが
実際に私が試聴してみた感想としてはシングルBAのイヤホンとして今まで全く聴いたことが
無かった斬新な音のするイヤホンでは無いかな...というのが正直な印象でございました。
(勿論独自ドライバーのイヤホンなので矛盾しているのは分かっています)

私自身前述の通りシングルBAのイヤホンが元々好きなので
EN120の音自体非常に好みでは有ったのですが今までに聴いた事が無い様な何か突き抜けた
音のするイヤホンというよりも全体的な音のバランスや音作りが
上手なイヤホン/メーカーさんだなという印象の方が強かったです。

EN120は全体的にクリアな音質でボーカルがやや近めなシングルBAのイヤホンといった
印象で個性派と言うよりはどちらかと言うとある程度なんでも無難にこなしてくれる様な
オールマイティータイプのイヤホンだと感じました。
(良くも悪くも個性や癖が強いタイプのイヤホンではない印象でした)

また私自身密閉感が強すぎる装着感のイヤホン(イヤーピース)が
あまり好みではないのですが実際にEN120を装着してみると
かなり密閉感(圧)を感じましたのでこの辺りは好みが分かれそうな気が致しました。

私はシングルBAのイヤホンとしてEN120の音質や商品としての完成度を
かなり気に入りましたが他のジャンルのイヤホン(ダイナミック型や多ドラ系など)
をひっくるめてイヤホン全体として考えてしまうと正直そこまでグッとくる魅力は
あまり感じないかな...といった所でしてあくまでもシングルBAのイヤホン中で
EN120を気に入ったという感じでございました。

01
・独自開発/製造BAドライバーのろまん!!
・シングルBA好きな方にオススメしやすい音質とお値段を両立!!


05
・筐体に指紋が付いてしまうとやや目立つ。
・多ドラBA系の音がお好きな方には音質面で少々物足りなさそう。


001

最後になりますがEN120は約5000円という価格(最近のトレンドの価格帯?)の
関係上いわゆるコストパフォーマンスの良し悪しみたいな方向性で語られる事が
今後増えてきてしまいそうな気がするのですが
私自身イヤホンのコストパフォーマンスの良し悪しに関しての基準が
よく分かっていないのでEN120のコストパフォーマンスが良いか悪いかの
判断は出来ませんが比較対象(多ドラ系やダイナミック型等)さえ間違えなければ
シングルBAのイヤホン(商品)としてEN120に魅力は感じましたし
非常に使いやすい/合わせやすいイヤホンだと感じました。

また恥ずかしながら後々知ったですが
EN120は約2年の歳月を掛けて開発/制作された商品という事で
実際に世に出てくるまでにそれなりの時間が掛かった商品の様ですね。
(開発に携わられた皆様発売開始本当におめでとうございます!!)

今後もEARNiNEの新製品には注目して行きたいと思います。(*^^*)


それではまた次回。

雑記 #154 両面テープとYouTuberさん凄いなのお話。

1980p
ご覧いただきありがとうございます。

なんだかとろけてしまいそうな暑い日が連日続いておりますね...。(´・ω・`)汗

私は暑いとどうしてもエアコンなり扇風機なりを直ぐにつけてしまうのですが
温冷問わず直接体に風があたっていると直ぐにだるくなってきてしまうので
風よけ対策アイテムを先日仕入れてみたのですがこれが中々効果覿面でしたので
今度ブログに載せようと思っております。

...でです。そのブツを固定させる際に両面テープを使ったのですが
どうにも粘着力が足らず上手く固定できなかったことも有りまして
(深夜だったのですが...)良いとされている両面テープ探しをした結果
最近は100均でも色々な種類の両面テープが売られていることが分かったので
いつか両面テープを色々買ってみて粘着力の検証をしてみたくなりました。(´・ω・`)笑

...どうでもいいお話ですみません。(´・ω・`)(´・ω・`)汗

そして次のお話ですがYouTuberさんについてです。

先日YouTuberさんの戦略的な(どうやったら見てもらえるか等)記事を
偶々ネット上で発見→熟読致しましてその後有名所のYouTuberさんの動画を見てみると
今まで気が付かなかった事に色々気付かされるという事がございまして
自分の中でそうだったのか!!とか凄いな!!と何故かテンションが上がる(!?)
という出来事が有りました。(´・ω・`)

いやはや皆さん凄いな...の一言に尽きるといいますか
計算されている部分はきちんと計算されていたりとしきりに感心しておりました。

案の定YouTubeをきちんと始めるには色々な知識が必要そうですね。汗

私は元々YouTubeの生放送にのみ絶大な興味があったものの
動画制作に今まで全く興味が無かったのでほぼ手付かずの状態でしたが
何故か最近動画制作に興味が出てきたのでいつの日か私も挑戦...無理か...。(´・ω・`)笑

でもそろそろ何か新しいことに挑戦してみたいので
YouTubeじゃないにしろ何か新しい事を始めてみようかなと思っている次第でございます。

ただ何をするにももう少し涼しくなってほしいと願うREVでした。(´・ω・`)/


それではまた次回。 
ご覧頂きありがとうございます。
無断転載や無断リンクはご遠慮下さい。
REVくんのイラストはとくみつさんに描いて頂きました。