REV録▶

オーディオやガジェット系が好きなおじさんです。インコが2羽います。

雑記 #136 ものもらいと耳型のお話。

ご覧頂きありがとうございます。

d25411a7-s
最近はなんだか夜も部屋の中が暑くて中々眠りにつけない日々が続いております。
(最近は寝れないからツイキャスをやる→次の日にダメージがパターンです)

しかもいつぶりか記憶に無いのですが左目がものもらい?か何かで
まばたきをすると痛いのでどげんかせんといかん状態になってしまいました。(´・ω・`)汗

....急に話は変わりますが
私は今まで耳型(インプレッション?っていうんですかね...)を採取したことが無いのですが
ちょっと色々ございまして近々で耳型を採取しようと決意したのですが
耳型だけとってくれるお店が意外と少ないということに初めて気が付きました。

...で探しに探しましてやっとこさ耳型だけでもOKで
距離的にも行けそうなお店を見つけたので近々伺ってみようかなと思っております。

私がイメージしていた補聴器屋さんとは大分雰囲気が違いそうなお店なので
そういった面でもこのお店に行ってみたい!!という場所が近くにあったのは
何かのめぐり合わせかもしれませんので耳型はここで取るぞおじさんしたいと思います。

耳型...どうやって採取するのかされるのか....非常に楽しみでございます。(^^)


それではまた次回。

【試聴機】MF残党(仮)ヘッドホンアンプ ふつポタ(ゲイン4/ゲイン12) ふつバラ(ゲイン6)の感想。

ご覧頂きありがとうございます。

Untitled

今回はMF残党(仮)様のポータブルヘッドホンアンプ
ふつポタ(ゲイン4/ゲイン12)&ふつバラ(ゲイン6)のデモ機セットをお借り致しましたので
個人的な感想等書いていきたいと思います。

MF残党(仮)様のポータブルヘッドホンアンプ ですが
Twitterまたはヤフーオークションにて定期的に
有料でデモ機のお貸出をされておりますので気になる方は
ゲインやバランス端子別に複数モデルが存在するのでまずデモ機の方をお借りしてみて
自分に一番合ったモデルを見つけてみるのがいいかもしれません。
(有料ですがほぼ往復の送料程度の非常に良心的な価格なのが素晴らしいです)

ということでまずは個別にそれぞれのモデルを見ていきたいと思います。
※画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます。

【ふつポタ ゲイン4】
P1330868
こちらはアンバランス接続のモデルになります。
なんとなくお借りする前からイメージはしておりましたがとても小さいです。
手の中にスッポリ収まるようなサイズ感です。
P1330872

ボリュームのつまみが大きく(長く)見えますが実際はそこまで大きなつまみ
という事ではなくアンプ自体が小さいので大きく見える様なイメージです。
P1330877

裏側は特に何もございませんがアンプ自体が小さいのでシリコン/ゴム足を取り付けて
動きにくい/滑りにくい感じにした方がしっかりと机に置ける感じになると思います。
このままの状態だと机に置いた際などにある程度簡単に動いてしまう様な印象でした。
P1330882

大きさもそうですが前面(フロント)に
全ての端子類やツマミが付いているのがこのアンプの大きな特徴だと思います。
個人的にMicroUSB経由で本体の充電が出来るのは非常に使いやすいと感じました。
電池交換の手間が無くモバイルバッテリー等から簡単に充電できるので
私のような電池交換が面倒くさいと感じるタイプの人間には非常に有り難い仕様です。
P1330883

写真だと分かりにくいですがPOWERをONにするとLEDが光ります。
電源の切り忘れ防止になりますね。
P1330886

分かりにくいですがこの部分がちゃんと光っております。
光量的にはそこまで眩しい感じといいますか下品な感じでは無いと思います。
P1330891
電池も充電式ですし基本的に中身を取り出すという事はあまり無さそうですね。
(オペアンプ交換等は別にして...)
P1330895

P1330898
やはり横から見るとボリュームのつまみが非常に出っ張っている様に感じます。
個人的にはもう少しツマミの長さが短くてもいい様な気が致しました。
P1330901

ということでここからは個人的な感想を書いていきたいと思います。
またまた前面(フロント)の画像を載せておりますが
感想を書く上でボリュームつまみの位置が非常に重要でございまて
私はDAP直やポータブルヘッドホンアンプでヘッドホンはほぼ全くと言っていいほど使わず
イヤホンのみを使うのですがいくつか手持ちのイヤホンで試聴させて頂いた結果
基本的に上の画像の位置より上にボリュームを回せないような印象でした。
(ボリュームを回せないというのは純粋に音が大きくなりすぎて回せないという意味です)
接続する機器にもよると思いますが
基本的にふつポタのボリュームが0の位置の状態でもそれなりの音量で音が鳴るので
今回試聴させて頂くにあたりまして私はAK100のLINE OUT(設定)では無く
ボリュームを40に設定した後アンプの方に繋ぎまして試聴させて頂きました。
(LINE OUTだとふつポタのボリュームを殆ど回せなかったので)
またボリュームが0の位置だと多少ギャングエラーが気になる感じでしたので
ある程度鳴らしにくい(音量が取りにくい)イヤホンやヘッドホンで使うのが最適な
ヘッドホンアンプという印象がとても強かったです。
ボリュームのつまみの動きに対して音量は比較的滑らかに上昇していく印象でしたが
個人的にはかなり頑張っても9〜10時くらいの位置迄しかイヤホンだと
回せない様な印象でございました。
P1330904

因みに無音時のノイズは特に気にならなかったのですが
偶に電波ノイズ?の様な音がのる事がありまして私は少し気になったのですが
よくよく考えてみるとデモ機をお借りしてから充電せずに試聴させて頂いていたので
もしかしたらバッテリーがあまり無かった事が原因だったのかもしれません....
(ご返却してから気が付いたので残念ながら検証できておりません)
P1330907

勿論つなげるDAP等によるとは思うのですが
ふつポタ(ゲイン4)を繋ぐことによって大幅な音質の向上を感じるというよりは
小さいのにちゃんとヘッドホンアンプを外付けしている感(←分かりにくい)を
十分に体感できるポータブルヘッドホンアンプという意味で感銘を受けました。
個人的には鳴らしにくいイヤホン用に使いたくなるような十分なパワーを感じましたし
今回はAK100を使用して試聴致しましたがAK100直挿しよりも
音楽を聴いていて楽しいといいますか音が全体的にパワフルになる様なイメージでしたので
私はAK100直挿しよりもふつポタ(ゲイン4)を通した音のほうが好みでございました。
ただ何度も書いてきた通り音量調節に関しては一般的なイヤホンを使用した際は
DAP側の設定も含めややシビアな調整が必要と感じました...
(ただ一度丁度いいセッティングを見てけてしまうと後は楽そうです)
P1330978


【ふつポタ ゲイン12】
P1330926
見た目的にはふつポタ(ゲイン4)と全く同じなので外観の説明は割愛致します。
P1330931

という事でふつポタ(ゲイン4)と比較しながら諸々の感想を書いていきたいと思います。
まずふつポタ(ゲイン4)よりも更に出力がハイパワーなので個人的には
イヤホンと言うよりは完全にヘッドホン向けなヘッドホンアンプという印象でした。
とにかくふつポタ(ゲイン4)よりもボリュームの操作があまり出来ない(爆音)レベルで
パワフルと感じましたし高インピーダンスではない
一般的なイヤホン数種類で試聴致しましたが
どれも無音時の背景ノイズ(サー音)がやや気になりました。
あくまでも主観ですが特に感度の良いイヤホンや多ドラBA系のイヤホンだと
ふつポタ(ゲイン12)はかなり使いづらい/相性があまり良くない気が致します。
P1330937

音質面ですとふつポタ(ゲイン4)に比べふつポタ(ゲイン12)は
よりパワフルでアタック感が強くやや聴き疲れしやすそうな印象で
余程鳴らしにくいイヤホンでは無い限りゲイン4の方が使っていてしっくり来る感じでした。
(物凄く鳴らしにくいイヤホンであればゲイン12の方が逆に良いかもしれませんが)
ただ仮にヘッドホンで使う前提ということであれば私はゲイン12を選ぶと思います
正直な所完全に好みの差/好みの違いの問題の様な気が致します。
P1330980


【ふつバラ ゲイン6】
P1330942
こちらは見た目こそふつポタと同じですが出力がバランス(AK2.5mm)となっております。
因みふつバラシリーズはバランス出力端子別でラインナップが非常に豊富です。
自分の環境にあったバランス出力端子が搭載されているモデルが選べるので
いちいち変換プラグ等挟まなくて良いのが素晴らしいですね。
P1330946
ふつポタと同じで見た目は本当に小さいですがバランス出力が可能なので
なんとなく一番需要が有りそうなモデルではないかなと思います。
(いわゆるフルバランスでは無いかもしれませんが)
P1330948

ふつバラもふつポタ同様繋げる機材によるとは思いますが
音量が0の状態(位置)でも若干のギャングエラー+音が出力されているような状態でした。
しかしふつポタシリーズで感じた電源ON時のポップノイズを殆ど感じない点は
素晴らしいと思いましたしちゃんとバランス出力っぽい分離の良い音のする
ヘッドホンアンプでしたので今回お借りしたデモ機の中では一番印象に残ったモデルでした。
私は必ずしもバランス出力の方が良いとかバランス出力派ではないのですが
ヘッドホンアンプを繋げた際の音質変化(バランス)を気軽に楽しめますし
大体ふつポタ(ゲイン4)と同じくらいボリュームのツマミを触れる(動かせる)
イメージでしたのでイヤホンでもふつポタ(ゲイン12)よりは使いやすそうな印象でした。
また今回のデモ機の中では一番ノイズ関係が気にならなかったモデルでした。
P1330982


【3台を並べてみる】
P1330976
一応写真を撮ったので載せておきますが
サイズ感が同じなのであまり意味が無いような気も致しますが一応載せておきます...
P1330863

P1340051
P1330957
P1330961
P1330971
P1330963
P1330967

【AK100と繋いでみました】
P1330987
AK100と繋げてみて(一緒に使っていて)感じたことを
簡単にいくつか書いていきたいと思います。
P1330990

まずサイズ感のお話なのですが
正直ふつポタ/ふつバラ共に小さすぎて重ねづらいな...という印象が強かったです。
もう少し小型のDAPとの方が見た目的な相性も良いかもしれませんね。
P1330992

シリコンバンド必須なのは勿論ですが
重ねるとなるとどういう位置でAK100と重ねるかという点で少し悩みました。
P1330996
取り回しを考えるとAK100の上部に合わせるのが良さそうなのですが...
P1340001

この様に(シリコンバンドでまとめていませんが)ちょっとバランスが悪く
なんといいますか収まりがあまり良くありませんでした。
以下AK100と揃えて撮った写真を載せておきます。
P1340003

P1340008
P1340010
P1340013
結果的にラキスト工房さんのミニミ二ケーブルを使って
上の用に横に置くスタイルでずっと試聴させて頂いておりました。
私はポータブルヘッドホンアンプを外に持ち出すことは旅行でもない限り
まず無いのであまり気になりませんでしたがふつポタ/ふつバラ共に
DAPとの重ね方やミニミニケーブルの長さ/形状などには注意したほうが良いかもしれません。
P1340014

とはいったものの一応重ねてみましたのでお写真を以下何枚か...
P1340018

ラキスト工房さんのミニミ二ケーブルはこういう時に非常に使いやすいです。
P1340023

アンプのボリュームツマミの位地に合わせて
シリコンバンドでまとめるのが一番しっくりきそうでした。
P1340029

ふつポタ/ふつバラ共に前面に端子類が密集することになるので
繋ぐケーブル類のプラグ部分の大きさや太さは少し注意が必要な気が致しました。
(とは言っても余程太いものでなければ問題ないと思います)
P1340033

ケーブル類の負荷もかかるので
手で持ち上げるとやや前面が重たい様な印象(バランス)になると思います。
ただふつポタ/ふつバラ共に本体が金属製で多少重いので
重さでひっくり返ってしまうような事はございませんでした。
以下前面のケーブルやプラグ部分のお写真を何枚か載せておきます...
P1340037

P1340039
P1340043
P1340047
P1340058

【ふつポタ/ふつバラ大きさのイメージ】
P1330912
冒頭から小さい小さいと言ってまいりましたが
どれくらい小さいのかを上手くお伝えする方法は無いかな...と悩んだ末に
何故かリップクリームと目薬を比較対象と致しまして写真を撮ってみました。
(どこにでも売っていそうでイメージがつきやすいものと考えた末の...)
P1330918

奇跡的に縦の長さがリップクリームとほぼ完璧に一致致しました。
本体は目薬を丸みを持たせて一回り大きくした感じです。
P1330923

....参考にならなかったら申し訳ないです。



上の動画はふつポタそれぞれのモデル別の音量変化の具合やノイズの比較用です。
それぞれ同じ環境で録音していますがパワーの違いが分かって頂ければ幸いです。
(※録音機材的に音質は参考にならないと思いますのであくまでもイメージ様です)

【個人的な感想】
全てのデモ機(モデル)に言えることですが
小さいながらにパワーが有り大きさを感じさせないヘッドホンアンプでございました。

しかしパワーが有ることでイヤホンで使うとなると
諸々の音量調整が必須といいますか細かな音量調整を自分の環境に合わせて
まず最初にする必要が有るなと感じました。
(特にDAP側の出力をLINE OUTにするか可変的な感じでイヤホン端子にするか等)

個人的にはふつバラ(ゲイン6)が一番好印象でしたが
どれもAK100直挿しよりもより音楽を聴いていて楽しい音に感じましたので
コンパクトなDAPと組み合わせてコンパクトなセットを作ったら面白そうかもしれませんね。

実際に試聴させて頂いて
小さいからと言って設計された方が妥協されていないという事がよく分かる
素晴らしいヘッドホンアンプでございました。

気になった方は是非デモ機の方をお借りしてみてください。(^^)


それではまた次回。

雑記 #135 YouTubeで生放送に挑戦(一日目)

ご覧頂きありがとうございます。

d25411a7-s
結構前のお話なのですが.....
YouTubeで生放送をするという目標があったのですが
当時知識も機材関係も全く無かった私にとっては設定云々のレベルが高すぎて
早々に断念致し簡単そうな(←そんな事は無かった)ツイキャスに流れっていったという
残念な過去が有るのですが最近ツイキャスの方は段々慣れてきたので
念願のYouTubeで生放送に挑戦してみよう!!...という事でとりあえず昨日やってみました。

結果的には出来た(キチンと配信されていた)のですが
ツイキャスと違い放送開始時にTwitterの方に通知を出すやり方が分からなかったり
ツイキャスと違いYouTubeはアカウントの関係上Googleの方のアカウントがないと
コメントが出来ない(コメントを貰えない)様なので
諸々また一からのスタートになるという問題が発覚致しました。(´・ω・`)大汗

ツイキャスをやってみて分かりましたが
コメントを貰えないとどうしても独り言みたいになってしまうので
生放送を今日しよう!!というモチベーションを維持するのが難しいので
ツイキャスより高画質で配信できるんですがやはりある程度の知名度が無いと
YouTubeで生放送を楽しくやる事は難しいかもしれませんね...(´・ω・`)(´・ω・`)汗

う〜む...(´・ω・`)汗


それではまた次回。
ご覧頂きありがとうございます。
無断転載や無断リンクはご遠慮下さい。
REVくんのイラストはとくみつさんに描いて頂きました。