July 22, 2014

ジャマイカ現地ブログ)海上自衛隊 訪ジャマイカ

今朝7月22日、日本の海上自衛隊の艦艇が
ジャマイカ キングストンにやってきた。
日本の自衛隊がジャマイカを訪れるのは、これが初めて。
ジャマイカには、25日まで滞在する。

キングストンにある貨物ターミナルに、練習艦 かしま、せとゆき、
あさぎり が到着。
出迎えの式典が行われ、新聞社、テレビ局の取材もきて、
たいへんな賑わいのようである。

明日は、この幹部候補生たちが、ジャマイカの史跡場所をまわる
研修旅行があるため、私もガイドとして出る予定。
制服に身を包んだ研修生たち約180人が、何台かのバスに分乗し、
ポートロイヤル博物館、ジャマイカ自衛隊博物館、UCC直営農園を
見学する。

今回のジャマイカ訪問は、海上自衛隊の遠洋練習航海の一環。
詳細は、下記の通り(内容は、海上自衛隊のホームページより抜擢)


海上自衛隊の遠洋練習航海は、(海上自衛隊幹部候補生学校の
一般幹部候補生課程を卒業した)初級幹部に対し、外洋航海を通じて、
学校等において修得した知 識・技能を実地に修得させるとともに、
慣海性をかん養し、幹部自衛官として必要な資質を育成するために
実施しております。

 また、諸外国を訪問することにより、派遣員の国際感覚の
かん養に資するとともに友好親善の増進にも寄与しています。
昭和32年以降、毎年、実施しており、平成26年度で58回目となります。

■期間
平成26年5月22日(木)〜10月24日(金)(156日間)

■派遣部隊
1.指揮官

練習艦隊司令官  : 海将補   湯浅 秀樹(ゆあさ ひでき)
2.派遣艦艇
練習艦「かしま」  :艦長 1等海佐   森田 哲哉
練習艦「せとゆき」  :艦長 2等海佐   東 良子
護衛艦「あさぎり」  :艦長 2等海佐   川内 健治
3.派遣人員
第64期一般幹部候補生課程修了約170名
(うちタイ王国海軍少尉1名)を含む約720名

■訪問予定国
アメリカ合衆国(パールハーバー、サンディエゴ)
パナマ共和国(パナマシティ)
キューバ共和国(ハバナ)
トリニダード・トバゴ共和国(ポートオブスペイン)
ジャマイカ(キングストン)
メキシコ合衆国(アカプルコ)
仏領ポリネシア(パペーテ)
ニュージーランド(オークランド)
オーストラリア連邦(シドニー)
ソロモン諸島(ホニアラ)
パプアニューギニア独立国(ポートモレスビー)
インドネシア共和国(スラバヤ、ビトゥン)
フィリピン共和国(マニラ)

総工程 約57,000km



そして今日は夕方5時から日本とジャマイカの自衛隊音楽隊に
よる合同コンサートが開かれる。






reve_news at 12:40│TrackBack(0) 現地情報 | ジャマイカ 現地情報

トラックバックURL