Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

お店ができるまで−5

この4ヶ月間いろいろ店舗を見てきたわけですが
その店舗の中を見学させてもらった時、

「なんかこの箱イイ」
という直感みたいなものがありました。

ただ、以前に入っていた店舗(居酒屋さん)の造作は残っていたので
「これははずしてイイのですか?」
と尋ねると
「OK」という事だったので、心は決まりました。

その時点が7月末。
切りのいい所で契約をしたいという不動産屋の意向に沿って8月1日からの賃貸契約をしました。
(これは不動産屋の作戦にやられたのかもしれません。僕自身の『借りたい』という強い気持ちが表に出過ぎて、早い契約を説得された、と今はチョット後悔しています。)

結果として言うと

8月分の家賃は無駄に払う事になりました。
なぜなら
店舗の内装やいろいろな物の配置などに
丸1ヶ月かかり、工事自体は9月過ぎからの着工になっ
たからです。

後から考えると無理やり7月に契約を結ばずに、
不動産屋からは店舗の図面だけをもらい
8月中に配置などを決めれば良かったのです。

でも、不動産屋に「このテンポに関しては、他にも引き合いがある」と言われては、借りずにはいられなかった と言う事情もあったのです。

今思い返すと お・と・な の駆け引きだったのでしょうね。

僕は負けたんです...その駆け引きに  


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

お店ができるまで−4

少し話は脱線しますが、
店舗を借りるまでに、その『いろいろあった』といった事について。

例えば、ある店舗を見学する際、物件のオーナーが
立ち会うことになりました。
事前に話をしたその管理不動産屋は、

「以前の店舗は物販でしたが、飲食もいけると思いますよ。ただ年寄りだからねぇ...でも私からも言っておきますからぁ」

微妙なニュアンスの中、その空気を払拭するつもりで
僕は営業計画書(みたいな物)を作って当日に備えました。

オーナーは、ご夫婦でやって来ました。見た感じ60歳後半から70前半。
これから畑仕事でもするのかなといった格好だった(それがいけない訳ではない)ので

「ジーパンじゃまずいよな」とか「こぎれいにしてかないとな」などと言って朝から
バタバタしていた自分がチョット寂しかった。

以下大体のやり取り

オーナー(以下『オ』):「で、どんなお店やるの?」

僕:「ショットバーです、あ、お酒を売るぅ...」
(もうすでに感触が悪い)

僕:「あ、こういったものを作ってきたんですが」と計画書を出す(コンセプトやレベルの写真、売上計画などが書いてある)

オ:「...(・_・)」あまり興味がない、食いつかない...、見ていない...。

僕:「ぁぁの、良かったら浦和のお店を見てみませんか?(^_^;)」

オ:「浦和遠いからなぁ」

終〜了!(ToT)/~~~

会った時点で気乗りしない雰囲気がプンプンしていました、


その気がないなら会うな〜!!(-"-)


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

お店ができるまで−3

 そして、グルグル土地を回って『空き店舗の看板』
探し、見つけちゃぁ懇意の不動産屋さんに電話をいれ不動産情報をゲットし、見学。こんな感じで約4ヶ月
探し続けました。


・管理不動産屋との交渉、契約

4ヶ月も過ぎたある日、懇意の不動産屋さんから連絡が入りました。

 教えられた場所に行くとそこは、
4ヶ月前に店舗を探し始めた頃、僕が一番最初に南浦和で発見して見学した店舗の隣でした。

 なんだか宝物を探しに旅立って行く先々でいろいろあって、なんにもなくて失意のうちに帰路につき、
漸く家に帰って自分の恋人に会いその笑顔を見て




「あぁ、これが僕の宝物なんだ...」



...みたいな、ありがちな物語の主人公になったような感覚。

まぁそれは、『いろいろあった』から気付ける訳で
あっさりと見つかっていたら、そうは思えない訳で。


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

お店ができるまで−2

ひたすら飛び込む日々に疲れきっていたある日、
その当時のオーナーが「浦和にいい物件が出た!」っと言い、結局話がとんとん拍子に進みあの場所に決まりました。

結果として、あの場所に決まった事は幸運な事だったと思います。

ただ、もし僕の飛び込み方がちょっと違えば今の場所にはお店はなかったかもしれない。


僕の飛込みには、きっと『熱さ』がなかった様に思う。そしてそれは、不動産屋とのつながりを希薄にし、その記憶からも消えてしまう...。

だからでしょうが、その当時、何十枚もの不動産屋の名刺を持っていましたが、特に積極的にリアクションのあったところは1つもありませんでした。

ですから 前回言った『10』という数字は
大きいものに感じられました。

やはり、不動産屋はそれぞれの土地に根ざしたところが多いでしょうから

「借りる側もその土地に何かを残すその意気込みを
相手に伝えなければならない!」

と言うわけです、たぶん...。


今回の南浦和店を借りるまでの飛び込み件数は
4ヵ所。4番目の不動産屋さんの雰囲気や対応が気に入ったのでそこにゆだねました。

あと言い忘れましたが、僕のした事の1つに
『その土地めぐり』がありました。

「なんか空き店舗ないかなぁ〜」と暇な時にぐるぐると南浦和の街を回っていました。



ちなみに『僕』ってのはやりやすいですね(^^ゞ


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

お店ができるまで−1

唐突に語り始めます。

「2店舗目を出す」

この考えは去年のうちからありました。

その心の経緯は 後に語るとして、とりあえず
私が実際に

『2店舗目を創るにあたってどう動いているか?』

を時系列に沿ってお伝えしていきます。


まず最初に動いたのは

・不動産屋に行く事

まずは場所が決まらない事には始まらない!

あ、でもその前に そのお店をやる土地を決めないといけませんね...普通。

私の場合は『南浦和でやる』と決めていたので
不動産屋選びも、その土地で目に付いたところに
飛び込んだわけです。(飛び込むにも、店舗に強そうなところを選びましょう!)

私が飛び込みだしたのは、今年の3月下旬くらい。
飛び込み終了したのが、同7月下旬...とおよそ4ヶ月かかりました。

この間ずっと飛び込みっぱなしだったかというと、
そうではないです。

最初の1ヶ月の内に4,5ヶ所の不動産屋に飛び込みました。その中でリアクションのよい不動産屋を1つに絞って、チョコチョコ連絡を取っていました。

とってもマメに連絡をくれる気ちのイイ不動産屋さんで、この南浦和で10件くらいは店舗を紹介してくれました。

この『10』という数字が私にとっては多い数字と感じているわけですが、それには理由があります。

かれこれ6年前、つまり『浦和レベル』のできる前、
私はお店を創る為不動産屋に飛び込みまくってました。

そこには基準も、理念もなくただ「浦和以外」(その理由もまたそのうち)と心に決めて京浜東北線の駅(荒川以北・大宮以南)へ行きまくり、やみくもに
ひたすら歩き、飛び込み、名刺交換していました。



だいぶ長文になりましたのでこの辺で...また明日。

と行きたいのですが最後に一言、

今まで1人称を『私』と語ってきましたが
『私』と書き込む前に『僕』と書き込む事多数!

明日からは無理しません(もう30過ぎだし『僕』
はないだろ〜と思ったのですがまぁ...)


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

長いような短いような

レベルストック浦和は
早いもので6年目を向かえています。

振り返ってみるとこの6年というのは アッという間
ですが 月並みではありますが、やっぱりいろいろとありました。

しかし、何はともあれここまでやってこれたのは
お客様たちの熱い応援があってこそです!

そして、同業者の優しくも厳しい繋がり!
(これはどうやら浦和独特のもののようです、私の知る限りでは)。

これらの支援あってのレベルストックです!

これからも 浦和店、南浦和店、共に精進してまいりますので、よろしくお願いします
m(__)m

今後、こちらでは新店オープンまでの軌跡をたどる
(まだオープンしていませんが)日記を書いていきます!





レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷

うっかりカウンターで眠りこけてたらだいぶ日が昇ってしまっていた...。
人気blogランキングへ


僕自身の好みのせいか当店にあるシングルモルトのなかでアイラモルトの比率はやや少ない。

しかし、やさしいスペイサイドや、長熟モルトばかり勧めていても『モルトの幅』という観点から見ると「狭い」と言わざるをえない。

やはりスモーキーなモルトもしっかり伝えなくてはならい。そこで入荷したのが

ベンリアック ピーテッドモルト 10年 46% 1000円
P1000781


アイル オブ ジュラ ヘビリーピーテッド 1999 59.1% 
1300円


1f4e8c72.JPG


どちらもアイラモルトに劣らずしっかりとピートの乗った味わいだ!

人気blogランキングへすみません、おやすみなさい...。



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール

revel823

Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • 夜桜BAR 5th 開催決定!
  • tesuto
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ