Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

2007年06月

夏季限定!新入荷ビール

【WAILUA Wheat Ale】
 ワイルア ウィート エール   5.4%  ¥850

パッションフルーツを副原料に使用した
爽やかで、まろやかな味わいです。

『ウィート』とは小麦を指す言葉です。エール(上面醗酵)ビールにあるコクというか甘さは思いの外なく、非常にスッキリした印象。

蒸し暑い最近の天気にはもってこいですよ!!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ポアラー

バーツールの一つに、『ポアラー』があります。

酒瓶の注ぎ口に取り付ける『特殊な注ぎ口』とでも言いましょうか。
一昔前、バーなどの酒棚に逆さに吊るされた酒瓶の口に取り付けられたアレです。

最近ではワイン用のポアラーも出ていて、
「デキャンタしなくてもおいしくワインを提供できる」
「安いワインもおいしくさせることが出来る」
なんて宣伝文句のポアラーも売り出されています。


『ショット バー』
という言葉があります。
これは、そのポアラーをつけ逆さに瓶を配したバーをさす言葉が、『一杯売りするバー』という意味に一般化したもののようです。

ポアラーはワンショット(一杯)を正確に量る事ができて瓶の出し入れ等もしなくて済むので非常に合理的なサービスが出来ます。棚卸しなんかもし易いでしょうね。

そんな訳で、『ワンショットバー』とか『ワンショットスタイル』とも言われたそうです。


先日ご来店頂いた少しご年配のお客様に
「なぜ当時ポアラーが使われていたか知っているか?」
という質問をされました…、というより謎掛けでした。

上記のような答えを僕がすると
「それしか分からんか…」
とガッカリしたようにおっしゃいました。
答えを尋ねると
「少し調べてみなさい」
とゆっくりとおっしゃった。

その答えをお客様は自分の中に秘めている。

調べても、ポアラーの発祥や、合理性という理由意外を発見する事ができませんでした…。

もうチョット調べてみます・・・。



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

小江戸ビール

ec859de4.jpg先日、日記で紹介しました小江戸ビールの写真をUP。

残念ながら残りがほんのわずかです。

なんと、
テレビで紹介されたようで酒屋さんのほうにも在庫がない状態です…。
次回入荷は7月ごろになりそうです。

モンドセレクション最高金賞受賞ビールです。



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷です!

埼玉県川越市にある
『小江戸ビール』
入荷です!
【瑠璃 ピルスナータイプ 5%】 ¥800

【紅赤 さつまいもが副原料 7%】¥900


シングルモルト
【ハイランドパーク 15y 40%】¥1300
【クラガンモア 12y 40%】 ¥900

写真は後日UPします!




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

祝10周年!!

浦和駅西口徒歩1,2分の所に
『BAR WAITS』
があります。

このバーが本日10周年を迎えます。
本当におめでとうございます!!



バー ウエイツは僕にとって、大変影響を与えてくれたバーです。

僕が浦和店のオーナーになったのが2002年ごろ。
右も左も分からない僕に、目標を与えてくれたのがバー ウエイツであり、そのオーナーのM氏。そしてバーテンダーのみんなでした。

お店のキャパシティーが浦和店のレベルと似ているウエイツのいろいろなデータを僕に語ってくれたM氏。
そのお陰で僕はお店の目指すべき数字や、従業員に対しての考え方など非常に参考にさせてもらいました。そういえば、『買ったら損する本』なんてのも頂いて心が休まった事もありました…、本当に感謝です。

また、歳の近いウエイツのバーテンダーとの交流も僕のモチベーションが上がるのに一役買ってました。仕事の後にカクテルを作りあったり…。


10年、と言っても一つの節目だとは思います。しかし、10年一つの事を続けるのがどれだけ難しい事か。
考えてみれば、僕自身、この歳まで(32歳)一つの事で10年間続いたものが一つもないじゃないか!!

惰性ではなく、意識しながら、その10年を迎えたい。
そのように思う今日でありました!

改めて、
「ウエイツさん、10周年おめでとうございます!」



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

Impressive!!

77eec6af.jpg辞書で調べると
[印象的な みごとな]
という形容詞だそうです。

【Impressive Cask】
と銘打った『アードベッグ』を新入荷しました!

2000年蒸留、'06瓶詰ということで、わずか6年熟成。
アルコール度数は62.7%と非常にパワフル!

若いモルトは概して『辛い』だけなんて事がありますが、こいつは旨みのしっかりした印象を与えてくれます。

『旨み』というのはこの前も書いたかもしれませんが、僕にとって
『甘味』や『コク味』
みたいなものが、それに当ると思っています。

そういった意味で、この
【Impressive Cask アードベッグ 2000】
は十分にそのボディを楽しむことができると思います!!

当然香りはスモーキー。塩っぽさもイメージできる。
煙たい中で肉を食らう感じ(とある方の評価)。

アイラ好きを裏切らない、ショット¥1300。
ご注文お待ちしておりますm(__)m


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

あんずモヒート

8b737d54.jpg先日、お隣さんから大量にアンズを頂きました。

完熟した、黄色みがかった色合い。おいしそう。生のアンズって食べた事ないなぁ。

口にすると思ったほどおいしくない…。酸味もなく、グチャッとした食感…。
「これ、もらってどおしよう…」
と言うのが正直な感想でした。


しかし、お隣さんが「これを毎年作ってるの」と持って来てくれたのは
瓶に入れられたオレンジ色のゲル状の液体。
「チョット飲んでみなさい!」
と笑顔で勧められたので、氷を入れて味見。

口に含むと酸っぱさでキュウ〜っとなるがアンズの香りとその後に来る甘味と相まって◎。

これはカクテルに使えるぞっと思い作り方を教えて頂きました。

作り方はとっても簡単(^^)
鍋にアンズを入れて、砂糖をたっぷり加える。
後は弱火で煮込むだけ!皮も一緒に煮詰めます。水は一切使いません。


砂糖をたっぷりと使っていますが、酸味が非常に際立っています。
この酸味を利用して、ライムの代わりにアンズを使う
『杏モヒート』
を作ってみました!

いかがでしょう?


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

経年変化

あるバーテンダーのブログで、タイトルについての話が出ていました。

それについての僕なりの考えを書いてみたいと思います。


皆さんも聞いた事があるかもしれませんが、ウィスキーにおいて、もしくは蒸留酒全般で「瓶内熟成はしない」
というのが一般的です。
僕もそう思っていました。

しかし、開栓したばかりの時に試飲してあまり印象の良くなかった酒が
久しぶりに飲んでみると「うまい」と思ってしまう事が度々ありました。

まず、『良くない印象』というのはどういう物なのか。
個人的に言うと、蒸留酒でいうならば
口に含んでピリピリビリビリ暴れるヤツ。
その後に来るウマミをも吹き飛ばす、強烈なアルコール感が僕は苦手だ。

そう感じられてしまったお酒は、長く、棚の奥に息を潜める事になります。
なかなか人に勧められないわけです…。

そんなヤツを久しぶりに取り出してみると「うまい」と純粋に思える事があるんです。

いったいこの変化は何なのか?

因みに「うまい」というものはやはり個人的に言うと、
舌を包むようなオイリーな舌触りと、穀物やフルーツを連想させる『甘味』、そして余韻に残る香りが自分好み…、と言った所でしょうか。


同じ瓶に詰められた酒の印象が変わる…、これは本当に酒が変わったからなのか?と疑ってしまいます。
実際、飲み手の体調や気分、シチュエーション等で味わいは変わってしまうのでこれ以降お話しすることはマッタクもって、科学的根拠のない想像である事をお断りしておきます。

『舌触り』について。
ウィスキーなどの強いアルコール度の飲料を口にすると、舌がピリピリする。これはアルコールの刺激だと思います。
不思議な事に、この『ピリピリ感』は度数に比例して強く感じる訳ではない気がします。
40度でもピが来るときもあれば、50度オーバーでも『オイリー』が先に来るときもある。
これは恐らく『アルコールと水の融合』の具合によるのではないか、と考えます。

例えば、水割りについての実験で、
前もってウィスキーと水を1:2で割って24h置いたものと
その場で同じ比率で割ったものとを飲み比べてみる。
すると、本当に舌に感じるアルコールの当りが全然違うんです。

イメージの話ですがその理由を
アルコールの分子を水の分子がきれいに包み込む事によって、舌にダイレクトな刺激を与えないで済んでいるのでは?と語る人がいますし、僕もそれには賛成です、あくまでイメージですが…。


話を元に戻すと
例えば、棚の奥で眠っていた50度のウィスキーが(これは水とアルコールが1:1の状態ですね)
例の融合によってまろやかになる。水割りよりも時間がかかるかもしれない。
それでも、落ち着かせる事で緩やかに融合し、オイリーなとろみを感じる酒に変わっていくのかもしれない。


サン○リーさん辺りがそのうち研究してくれるんじゃないですかね、分子レベルで(^^)


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

グレングラント第2弾

以前ご紹介した
【クロスヒル グレングラント GLEN GRANT1971 53.6%』
個人的に非常に満足していた訳ですが…
「もっと!」
を求めて更に同蒸留所の長期熟製品の購入を決意。


評判の高い
『John Milroy Selection』の
【グレングラント GLEN GRANT1972 32y 51%】
を買いました。

ちなみにミルロイ氏はロンドンにてモルトの専門店を持ち、彼のリリースするボトリングは評価が高い。

そんな噂を耳にしていたので、ネット上で発見したときは迷わず購入していました。
この日、勢いでほぼ同年の酒をもう2本買ってしまった…。

まぁとりあえずミルロイのグレングラントを試飲します。


色合いは、濃い琥珀色。
香りは、焼きりんごを思わせる甘酸っぱい香り、マーマレード、かすかにバニラ。
味わいは、オロロソシェリー、度数を感じさせず優しく舌をつつむ。
優しい余韻を長く楽しむことができます!


是非!! 一杯2300円です。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

カクテルの祭典!!

いよいよあと一ヶ月に迫ってきました『カクテルの祭典』

毎年、ご来場のお客様の声を反映してより良い
お・ま・つ・り
にしていきたいと考えているUICであります。

充実のカクテルは当然のこと。
今年は『充実のフード』もテーマの一つ。

当日のフードは浦和にある10飲食店がさまざまなものを同一規格のプラスチックカップにて提供します!!
料金は各500円。
趣向を凝らした『ワンカップグルメ』
を楽しんでください!!

浦和カクテルの祭典フードブース出品内容

◎スモークサーモンのちまき寿司(すみぼうず)
◎レバーペーストパケット添え(田楽)
◎イベリコ豚のメンチカツ(斬)
◎餃子ボウル鶏ガラスープ庵(風雷坊)
◎パイ仕立ての3種のグリッシーニ(一歩)
◎燻製の盛り合わせ(和浦酒場)
◎スタミナ納豆(離れえむ)
◎サクサク明太子チーズ(ほどらい)
◎冷製汁なし坦々麺(げんさん)
◎つくねドック(高山商店)

※当日までに 多少の変更があるかもしれませんが…。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ