Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

2008年02月

今日から留守番


 お疲れ様です皆様方


久ぶりにブログを書くことになりましたスッタフの祥晃です。
 

今日からマスターがスコットランドへ旅立って行きました・・・


そして・・・店には一人・・・(((( ;゚д゚)))




そんな訳はなく前回のブログの通り

浦和レベルのメンバーが来てくれたので初日は無事楽しんで終えること

ができました(^∀^)(ありがたや〜)

明日も気合を入れて愉しむぞ〜〜〜



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

いよいよ明日!

211198b9.JPGというわけで、スコットランド旅行はいよいよ明日に迫って参りました!

私のいないあいだは、浦和レベルストックの皆さんに交互にヘルプ・スタッッフーとしてお願いしました。ありがとうございます!

ですので、スタッフ祥晃(よしあき)と浦和レベルのメンバー、という2人体制で営業していきます。
ただ、一部祥晃単身で行なう日があります。それは……

2月29日フライデーナイト!!と、3月3日(火)です。

金曜日はヤバい!!
皆さん、ご迷惑をおかけするとは思いますが、何卒よろしくお願いしますm(__)m。
恐らくフードメニューは限定メニューになるか、ほとんど作れないかもしれません…。


しかし、祥晃店長のこの一週間、
『YOSHIAKI's BAR』
と称してメニューをご用意。お得な商品がございますのでお楽しみに!!


これから一週間、祥晃が日記を更新する予定!
お楽しみに!!


順位確認お願いしますm(__)m人気blogランキングへ



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

打ち合わせ

昨日の日曜の深夜、スコットランドへ一緒に行く友人と浦和で会った。
出発2日前と迫ってきての打ち合わせだった。

「とりあえず飲みながら」
ということで、浦和の某バーへ。


まず渡されたのがA4サイズのクリアファイル。そのページをめくっていくと、どのページもほとんどが英文だった。
「へっ?」

スコットランドでのレンタカーや、宿、航空券も現地の業者とネットで英語でやり取りし契約、
それらをプリントアウトしたものがこのクリアファイルだったのです!
(おいらは英語をほとんど話せない。今後こういった旅行をする上で参考にはなりましたが、果たして自分でできるだろうか?不安)


旅行の日程とルートを説明されいくうちに、ようやく現実味が出てくる、
「スコットランドに行くんだよなぁ」(今現在もまともに用意ができてません)

かなりこまごまとした事まで、手を焼いてくれているのに僕は全く何もできないでいる。まっこと申し訳ないっす!!m(__)m

「先ほどのファイルは絶対に忘れずにもってこい」と友人は言う。
「もちろん」
と僕が軽く応えた。そしたら、友人は、これがどれだけ大事かということを語った。

要は、「このファイルがなければ旅行ができません」ということだった。
メールでやり取りしたこのコピー用紙の一枚が、航空券の代わりなのだとか。ビックリデス。(E何とかって言ってました(^_^;)覚えてない…)

そういうわけで「分かった。絶対持ってく!」
と今度はしっかり応えた。
しかし友人は、「私が持ってあげる」と気を使ってくれる、というか、僕のおっちょこちょいぶりを知っているから、あまり信用ならん、という事かもしれない。
「いやいや、自分で持っていけるよ!」


しばらく話題が逸れて雑多な話をし、お開きになった。
お会計を済まし席を立ち上がろうとした時、
「やっぱり私が持ってくわ(ファイル)」
と言われ、
「頼むわ」
と僕もすぐに好意(?)を受け取った。


でも、よくよく考えると
「もうチョット信用せいや!!」と突っ込みたくもなりました…。
(そんなにおっちょこちょいだろうか?)
人気blogランキングへコチラも応援よろしくお願いします。
順位確認を!!


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

確定申告 終了。

昨日、確定申告を終わらせました。

日記が滞っておりまして、アクセス頂いた方には大変申し訳なかとです
m(__)m


ところが、ここ数日、お店のほうは”激暇”だったのですが、
ブログのアクセス数が過去最高で、一日で100人を超えました。

が、喜んでもいられないのは、それに反比例するように『ランキング
』の順位は下がる一方…。



つまり考えられる事は、
『確定申告』
というキーワード検索で引っ掛かったのではないかと思われ…。

この時期、自営業者は大変なのね…。

ようやく肩の荷がおりましたので、またがんばってブログを更新してまいります!!
「くやし〜です(>_<)(ザブングル風)」順位確認お願いします!
人気blogランキングへ


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

てーへんだー!1



確定申告へ向けての作業に奮闘中!

日記、滞り中…。

覗いて下さった皆さん、申し訳ありませんm(__)m

今日一日で終わらすつもりが…。
明日もう一度がんばります!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ピアレス フレーバー?-2

誰が言ったか『ピアレス フレーバー』。

『ピアレスフレーバー』でネット検索しても、たった3件しか引っ掛からない。(僕の日記といつもお世話になっている酒屋さんのコメントしか出てきませんでした)


という事で、  だれも言ってな〜い!でもでもでもでもチョットだけ話を聞いてください人気blogランキングへ


ダンカンテイラー社という独立瓶詰業者(=ボトラーズ会社)がある。
その会社のスコッチウィスキーのラインナップに
『ピアレス(比類なき)』と銘打ったシリーズがあるのです。

この『ピアレス』が僕のウィスキー観を一変させたといっても過言ではありません。

初めて口にしてのは2年前。
ピアレス ボウモア68


【ボウモア1968−2005 CASK NO:1429 42.8%】です。

ダンカンテイラーの名声を高めたとも言われるこの60年代のボウモアが僕を変えたんです。
このボウモアにあった香りこそが『ピアレスフレーバー』(と誰も言っていないが…)なんです!!

それを言葉として表現すると
「マンゴーやグアバなどの南国フルーツ(トロピカルフルーツ)」などとよく表現されています。
それを
『貴熟香』または『ランシオ香』とも呼びます。


ランシオ香をより具体的に説明すると(長くなります…)
「スペイン語で《古びた》の意。瓶詰後、経年変化したシェリーやマデラワインに生じる酸化臭を《ランシオアロマ》と称してきた。
近年、長期間の樽熟成をさせたウィスキーやブランデーにみられる酸化したある種の香りを《ランシオアロマ》と呼ぶようになってきている。……」
(参考文献:『ワインと洋酒を深く識る酒のコトバ171』)


やっとここで紹介するのが、このランシオ香を帯びたピアレスのシングルモルトなんです!

ピアレス Gグラント1972

グレングラント1972−2007 35年
CASK NO: 1641
53.5%
ワンショット¥2300


っトここで注意点が一つ!。
実は今現在『ピアレス(比類なき)』と一般に呼ばれるこのシリーズのラベルに
『PEERLESS(ピアレス)』の表記はありません

ネットでピアレスについて調べていたら『モルト侍』さんの日記に行き当たり、詳細が書いてありました。
(侍さんの着眼点に脱帽です)


ただ、今もってバーテンダーに
『ピアレス(比類なき)』
と呼ばれ愛されている事だけは確かであります!

ですので、表記に『ピアレス』となくとも「ピアレス」で意味がわかりあえます。ご安心ください!
人気blogランキングへ
長文失礼しましたm(__)mコチラもお付き合いください!ポチ!


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ピアレスフレーバー?


バーテンダーはお酒のフレーバーや味わいを言葉に変換してお客様に伝えます。
その言葉を参考にお客様は僕らのオススメするお酒を選んでくれるワケです。

責任重大なんです(*_*)

言葉への責任。これオトナにとってもバーテンダーにとっても大事なんですよねぇ。
だけど男ってやつぁ、いつまでたってもコドモ。(言い訳になってない)
いつになったらオトナになるんだろうって今も思ってます(^_^;)
人気blogランキングへ



お酒の香りの表現について少し書きます。
最近気が付いたんです、香りの表現というのは

記憶と結び付けて言葉にする

ということを。
「当たり前のことじゃないか」だとは思いながらも。

「○○みたいな香りがする」
というには『○○』をすでに知っていなければなりません。
だから基本的に「知っている物の中で香りを表現する」のです。

『物』ではなく

『経験』

とも置き換えることもできます。
「道路工事の横を通った時のアスファルトのにおい」とか
「クワガタをとりに行った時の樹液」とか。


『The Whisky World』というウィスキー専門誌があります。
その中のテイスティングコーナーでは著名な方々によるテイスティングコメントとそのお酒の主観的点数が書かれています。

僕が注目したのはそのテイスティングコメントでの言葉、
『かなぶん臭』。山岡さんという方が誌上にて時々使っておられます。

初めて目にした時、

「なんじゃこりゃ」

というのが正直な感想でした、が、今考えると「記憶を言葉にする」という考えが閃いたキッカケになったと思っています。

僕の想像する所、この『かなぶん臭』は子供の時にクワガタ取りに行った時のあの
『樹液』の事ではないのか!?
そう考えた時、目の前にお酒がなくても香りがイメージとして浮かんだ!!

記憶が味わいをイメージさせる。

記憶=経験した事

つまり、飲んだお酒を表現する時にはその香りが何であるかを考えるより、
自分の過去の経験とを照らし合わせるように探っていくと、何かに気が付けるのじゃないかと思うのです!

そんな事を思いながらもタイトルとかけ離れた内容になってしまったと反省です。
次回タイトルの内容を書きます人気blogランキングへ




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

バーという業態の悩み

なんだか少しばかり雪がちらつく午後五時半。
今夜もヤバそうな営業の気配…。さむい…。
バーという業態のジレンマを聞いてくださいm(__)m
人気blogランキングへ


「隠れ家的」
と形容するお店は多い。当店もよくそう言われる造りであり、立地であります。

ここで困るのが、
『ホントに隠れちゃってる店』。

「人知れずひっそりと佇むそのバーはまさに隠れ家的…」

ってホントに隠れちゃってますから〜!(古)

隠れ家的であっても、ホントに隠れちゃってたら×ですね…。


バーという場所を好む方たちは、メイン通り沿いにある目立つバーを避けたい、という傾向があります。
しかし飲食店を営む以上、人通りの多い好立地の方が当然認知度も高くなり、集客しやすいのものです。

でも、実際、いわゆる『オーセンティック バー』を目指す経営者が選ぶ立地は地下であったり、メイン通りから1,2本はずれた通り沿いを選んだりする。

それはやはり、バーというイメージを大切にしたいという事だと思います。
「行列のできるバーはない」(どこかにはあるのかな?)


そうは言っても経営が成り立たなくては元も子もない。

あるお客様が「混んでるバーは、バーじゃない」と半分冗談でおっしゃった。
確かにバーオーナーも、あえて立地の悪い所を選ぶ事が多いので、頭の片隅には
そういった考えがあるとは思う。あくまでカタスミ。

「お客様にゆったりとした空間と、時間を提供したい。」

という考えと

「お店を軌道に乗せなくては!」

という考えは、矛盾するのかもしれない。


最近はパソコンの普及のおかげでHP(ホームページ)を持つ飲食店が増え、バーもそれに習って様々なHPを見ることができます。

当店もHPを持っていますが、それと平行してこのブログや『グルナビ』に登録しています。

しかしここでも、『グルナビ』という開放路線の広告と『隠れ家的』というやや閉鎖的要素がまた矛盾した関係になってしまいます。


あ〜むずかし〜い(>_<)
でも僕(ら)はその矛盾の中でうまくバランスをとりながら、バーを運営していかねば!応援してね人気blogランキングへ←ポチをしないと順位に反映しませんのでどうか順位確認お願いします!!


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

おもしろブログ発見!

いつもこちらをのぞいてくれている皆様に感謝!

そこで僕のつまらぬ文章にお付き合い頂いてるあなたへ
MYお気に入りブログをご紹介!

と言っても、もう更新は終わっており、こういうのを「過去ログ」と言うのでしょうか?そこのアドレスをリンクします。

トップページではなく、中途半端なところのリンクになりますが
『カテゴリー』で気になる題材の所に飛んでみてください。


 
他人のふんどしで相撲をとるようなことをして申し訳ないっす、
m(__)m

このブログは面白いです。この人のような軽妙なお話がかけたらなぁ…。(バー好きの人はもちろん、アニメ好きの方も…
グッと来ます(^^))

『バーテンダーのちょっと裏話』始まり始まり…。

同情でも一票おくれ!人気blogランキングへ


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

バーテンダーの悩み



皆さんは『バーテンダー』という職業をどのように思っていますか?
人気blogランキングへ



『バーテンダー』『Bar Tender』。

『バー』はこの空間を意味します。
『テンダー』には多くの想いが込められています。
(英和辞書から)『優しい・親切な・思いやりのある・世話をする人』

この『テンダー』というのがバーテンダーの本質になくてはならない精神なのです。

サービス業に従事する者としては当然そうでなくてはいけないし、それは仕事をしていく上で徐々に磨きをかけていくスキルだと思っているのですが…。ガンバリマス!
(最近じゃぁ、佐々倉溜なるバーテンダーがでてきて[漫画]ハードルが上がりっぱなし^_^;)




僕の悩みは常に『会話』というところにあります。
バーテンダーに求められる大きな要素と考えます。

広い客層に合わせられる幅の広い知識や話術が求められるのですが、やはりそこが弱いと自分で思ってます。
何においても興味を持っていく姿勢が大事なのは承知しているのですが、なかなか興味の対象外へ時間を割く事ができない(睡眠時間が長すぎなんだよね…)。しなければいけないのに…。

そして、何かのジャンルにおいてマニアックであれという事。広く浅くと、守備範囲を広げる事も大事と考えてますがオタクである面を持つのはとても大事かと。

酒オタクたるのは当然ですが、今僕が目指しているのは『ガンオタ(ガンダムオタク)』。しかし、『1年戦争』にしか興味がない、という幅の狭さ…。

ホントまだまだっす…。
こんな僕ですが応援してくださいm(__)m人気blogランキングへ


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ