Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

2011年05月

ピアレスABC そして “B” 

PCの調子が悪く、というか、ネットの速度が異常に遅くストレスな日々・・・。
ノートPCだというのに有線で繋いで、速度を保っている状態。
手狭な事務部屋での更新でテンションがダダ下がりの日々です・・・。



とってもコスパの高いベンリアックをご紹介!

ピアレス ベンリアック1990 20年  53.6%

ワンショット:1400円
色:ゴールド
Cask No:12915  1 of 186

薄めた白桃とスパイス。次第にクリーミーな甘味。

淡い色合いのワリに、味わいがしっかりしています。

20年という熟成年は十分長いのかもしれませんが、最近リリースされる30年、40年物を飲んでしまうと
複雑さにはかけますが、素直にウマいウィスキー、正直でまっすぐなウィスキーってな感じで高感度の高い一本。


食前酒的なハイコスパの一本です!



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

賄い?!




今日は、タイトルどうり賄い《まかない》の話です。



ダイエットをしていると、食べたい料理が食べに行けない・・・(-_-;)


なので、自分で作ってしまえばいいのです!!


と、いうことで、こんなの作ってみました(^^)v


TS3S0145












最近ダイエットの影響かおつうじがあまり・・・(食事中の方m(__)m)


なので鳥胸肉のミルク煮を作りました(^o^)/



ナベさんは、

TS3S0144












冷やし豚しゃぶと野菜炒めでした!(^^)!


ダイエットをがんばっている人

夏まであと少しがんばりましょう。

ヨシアキでした。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ピアレス“B”紹介しようと思ったら  

いつもお世話になっている酒屋のYさんが前々から推していたモルト、それは都内某有名モルトバーのマスターがケース買いしたものなのだそうだ。

しかし、だからといって僕も同じように買う訳にはいかない。そんな情報に逐一乗せられていたら予算が幾らあっても足りない。

Yさんはそのモルトを6本仕入れていてまだ一本も売れていないのだという。今度は泣き落とし作戦か。


でも僕はそれに乗ってみる事にした。

「もし一本、試飲に開けておいしければその一本を買いますよ、おいしくなければ・・・買わない!!」

Yさん、自信があるのかワリとあっさりOKをくれた。


そして封を切って味見してみると・・・・

「くださいm(__)m更にもう一本(合計2本!)」

ワンケースって訳にはいかないけど僕はあっさり購入を決意した。

OBグレンオード28年 58.3% リミテッドエディション Bottled 2003
P1050683
ワンショット:2300円

限定3600本、何と発売当時は42000円!?

香りは
クリームがかったアンズにほんのりセメダイン。このセメダインっぽさは赤い果実の香りに変化していく。

味わいは
クリーム桃紅茶、スパイシーな余韻。どこかにナッツ。

以前に入荷したウィスキーエージェンシー フラワーシリーズのインチガワーに似ている印象。



Yさんが勝負してくれたことに感謝です!いい買い物が出来ました!皆さんどうぞお勧めです!!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ピアレスA・B・C まずはAから

ダンカンティラー ピアレスシリーズから 80年代蒸留の3種類がリリースです!

蒸留所の頭文字をとってA・B・Cという売り込みでした。

Aultmore(オルトモア)1989 

Ben Riach(ベンリアック)

Caol Ila(カリラ)

しばらくの間、各モルト・ハーフショットで、2500円のところ1900円で販売いたします!



今日はこの3蒸留所の中では最もマイナーなオルトモアをご紹介。
ピアレス オルトモア Aultmore 1989 55.2%CA390614

ワンショット:1400円
Cask No:719  1 of 270
樽の種類は恐らくホグスヘッド。
20年オーバーの熟成年数ですが開封したての一杯はニューメイクにありそうな青っぽい香りが支配的。金属的というか。しかし次第にバニラ様な甘さが出てくる。
味わいはスパイシーなパイン系。ナッツやマシュマロ、バナナ。

最近のピアレスは「ピアレスフレーヴァー」なんて言われた昔のボトリングからはずいぶんとイメージが変わってきた。
このオルトモアももしかしてまだ製品化に早いんじゃないか?
って思ってしまうぐらい、若い印象を受ける。

しかし味わいには厚みがあり、まだまだ変化に兆しを感じる。

3杯セットで飲む上では、
まずはAの味わいを確認したらBをじっくり味わい、Cにも浮気をしつつAの変化を楽しむ。
やっぱり締めはC、
ってなのが楽しい気がします。




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

休日の過ごし方



皆様お疲れ様です。 ヨシアキです。



皆様はどんな休日をお過ごしでしょうか?




僕はしょっちゅう飲みに出かけています(^^ゞ



そんな僕ですがたまには美術館でも行って来ようかと思います。




今、東京国立博物館で写楽展がやっているそうなので、


行って来ようと考えています。



ついでに美味しいものでも食べてきますね(^u^)


それではおやすみなさい(-_-)zzz




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ブルームーンからの

ナベです 

m(__)m   

今日はお客さまに ブルームーンをお出しました

ブルームーン・・・

カクテルの本には 出来ない相談と書かれてます

ですが・・

本当の意味は・・・めったに無いこと

なぜ めったに無いのか・・・  

それは 一ヶ月に二回目の満月をブルームーンと呼びます 

今日はジンが苦手なお客様に

ズブロッカで作ってみました  

ズブロッカのくせとパルフェタムールの香りが

複雑に絡み合い おいしく仕上がりました

皆様も是非(^^)

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ピックアップモルト イチローズモルト King of Spades

久しぶりに味見してみて、
「ふぉ〜開いてきたなぁ〜」
という印象をもった。

イチローズモルト1986−2007 57%  King of Spades
P1050676

ワンショット:2100円
Cask No:9518
Cask Type 1st:Hogshead
Cask Type 2nd:Bourbon Barrel


針葉樹の強い香りが個人的に強すぎる、と苦手に思っていたこのボトルですが
久しぶりに飲んでみたら
やわらかいピートの香りに包まれたパイン様の味わいを感じてかなり飲みやすく変化していました!

アルコールのボリュームは未だしっかりと残っていますが、とんがった感じではなく
味わいに厚みを持たせている。

セメダイン的な酸味のある香りも穏やかなものに変わっています。


余韻にはほんのりと スモーキーと針葉樹林、そしてパイナップルが・・・。


苦手と思っていたものが、ここまで変化するとは。。


お勧めいたします!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

Barで雪見大福



皆様、おつかれさまです。  ヨシアキです。


今日は、とあるお客様のご要望から出来たカクテルの話です。


遡る事やく半年・・・

Mさんが一言『雪見大福が食べたい』でした。


たまにあるのですBarでは・・・(^_^;)


僕は『帰りに買われては』と、そのお客様に言ったのですが、

Mさん『メンドクサイ』と一言、


では、カクテルで作りますか?



僕は少し考えて、これはイケるかな!?と、思ったのが

ズブロッカ《ウォッカ》

アドヴォカート《卵の黄身を使ったクリームリキュール》

生クリーム

これらをシェイカーに入れ泡立てるようにハードシェイク



Mさんの様子をうかがっていると(ニヤリ)


グラスを差し出され(ドキドキ)


Mさんから一言(ウマいね)


僕も味見させていただいて・・・


うん・・・雪見大福でした(^^)v


皆様も是非お試しくださいm(__)m


人気blogランキングへ


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

一人前?いえいえまだまだ…Tです。

今日は土曜日、えぇ出勤してますよっ!どうもTです。

最近僕のカクテルの練習に付き合ってくれるお客様が増えました。

腕はまだまだとわかっていながら「それでもいいよ!」と言っていただき作らせていただくのは本当にうれしいです。

さらにカクテルを作るようになってから、オリジナルカクテルに触れる機会も増えました。



お店においてある今までに飲んだお酒を思い出しながら、「これとこれは?」「いやこっちのが相性的に…」などと頭の中で格闘しながら考えるのは大変でもあり、楽しくもあります。



今日は「腹黒」をテーマにカクテルを作りました!!

度数高めのちょい甘ウイスキーベースのカクテル…



その名も「ブラックストマック」です!

えぇ…そのまんまです(笑)



写真は撮れなかったので興味がある方はぜひTにお声掛けください!!


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷のカルバドス デュポン 1980 for スリーリバース

カルバドス、フランス・ノルマンディ地方で作られるリンゴのブランデーのことです。

数あるカルバドスメーカーの中で個人的に気に入っているのが
【Dupont(デュポン)】家のもの。一族でリンゴの生産管理から、製造工程、ボトリングまで全て管理しているそうです。


いままで、僕が感じていたカルバドスに対する印象は
「香りはいいんだけど、味は平凡」
てな印象。

カルバドスは香りが非常に良いので、それにつり合う味わいを求めるとなかなか自分にとってのベストに辿り着かないでいました。

このデュポン、僕の今までのカルバドスに対する印象を一変してくれたのです!


DUPONT 1980  41%

ワンショット:2200円
日本における今最もあついボトラー・スリーリバース向けに180本のみのボトリング。
芳醇なリンゴの甘酸っぱい香り。プラムや梅酒なども連想させる。

41度のアルコールのわりに重たい酒質で甘味とほんのり酸味のバランスが良い。

是非お試しください!

PCの調子が悪く写真をUP出来ませんでした。明日再チャレンジ!




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ