Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

2011年11月

まだ空港 イギリス旅行記−

お客様から借りた

『世界どこでもGPS』

の電源であるシガーソケットが車内に見当たらない。

「禁煙の進んだヨーロッパでは、シガーソケットがないバージョンの車が当たり前なのか・・・?」


2年前にもこの同じ場所から出発しているし、初日の目的地である【アバディーン(Aberdeen)】の看板さえ見つけちゃえば何とかなるっしょっ、

と思い、車を出してみる。

・・・・・あれっ?・・・・あれ?

アクセルを踏んでクラッチをゆっくりと離していくわけだが、ノソノソとしか前に進まない・・・。かなり大きなアクセルをふかす音が苛立たしげに僕の周りにまとわりつく。

7,8年はMT車を運転していないが、ここまで繋ぎが下手くそとは・・。


ウンウンしながら何とかレンタカー会社の敷地を後にする。


ウンウンしながら入りこんだのが・・・・・どういうわけか空港の外来駐車場・・・。空港エリアから出られない・・・。

とりあえず停車してもう一度シガーソケットを探す。


そうしたら、前席中央肘掛けの後ろの方、つまり後部座席の人にとって目の前に当たる場所にそいつを見つけることができたっ。

(なんて使いにくいところに・・・)

とは言え、ここで漸くGPSを設置、事前に入力しておいた登録地【アバディーン】をセットしいざ出発!!
(駐車場を出るとき1ポンド払う・・・無駄な出費(ToT))

車の発進には相変わらず手こずるものの、ウンウンしながら無事、高速道路に乗ることに成功したのです!


いざアバディーンへ!!



お知らせ・・・
12月8日(木曜日)はレベルストック大掃除のため、臨時休業いたします。
よろしくお願いします

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

インストルメンタル ソロ コレクション リトルミル 1985  55.1%

ローランドの閉鎖蒸留所 リトルミル。
創業はスコットランド最古を謳う1772年。ワットが蒸気機関を改良して特許を取ったのが1769年だそうです。

リトルミルをある意味有名にしたのが、ウィスキー評論家・土屋守氏のウィスキー大全で紹介された文言である。

「香り・・・濡れたダンボール」

インストルメンタル ソロ コレクション(信濃屋オリジナル)
リトルミル1985 55.1%

NCM_1148
ワンショット:1900円
色:濃いゴールド
CASK TYPE:不明  1 of 250


トップノートにわら半紙がほんのりといるが・・・

レモンピール、柑橘オイル、からのじゅわっとフルーツ、がくるっ!!

抜けたらもっと黄色っぽいフルーツが出てきそうです!




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

シガー初心者

はい!菊池です!

以前にチラッと書きましたかね?
最近シガーにどっぷりはまっています(・∀・)

お店で置いてある中ではボリバーのペティコロナスがお気に入りです!

ドシッとした重みと土っぽいような香りがやみつきです!

先日渋谷のル・コネスールさんに御邪魔したのですがシガーの豊富さに驚きました!

そこではアップマンの何かを吸わさせて頂きました。

そしてお持ち帰りでボリバーのベリコソスフィノスを!!

これはとてもタイプで木と土の香り這うような漂い方もぅ感動です!

葉巻を楽しんでいるのはいいのですがなかなかこれに合うお酒という物が見つけられず困っています。

もちろん仕事として非常に大切な部分ですのでどうにかしなくてはいけません。

ですが、まだ未熟な自分には難しいです(汗)

そんなことを考えながらまた煙を燻らせたいです。もぅダメ人間みたいww

ではではこの辺で失礼致します^^

ps 今日から股引はきだしましたw

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

THE SCHOOL OF MALT Lesson1 By Dave Bloom(デーブ ブルーム)

ご紹介遅れております!

またまた出ました
1976ヴィンテージのトマーティン

スクール オブ モルト ・ トマーティン(TOMATIN)1976 51.3%NCM_1160
ワンショット:2200円
色:赤みがかった琥珀色
Cask Type:SHERRY BUTT

「このおっさん誰?」

この漫画のようなラベルの賛否は置いといて、僕はとてもこのボトルを気に入りました!

デーブブルーム氏はウィスキーマガジンというウィスキーに特化した雑誌の編集長であり
ウィスキー評論家でもある。
漫画の人物は当然氏本人だが、実物はもっとぶっ飛んだ感じの目をしていたっけ(^^)



トロピカルににぎやかな香り、夕張メロンも。

口に含むと、スパイシーからのうっとりフルーツ感!エキゾチックフルーツ!軽い苦味が味わいを引き締めている。

鼻孔には長く香りが残り、ワックスがかったオランジェット


まだアルコールが立っているとは言え、十二分に複雑な味わいを楽しめます。

少し抜けてくるとどうなるのでしょうか。楽しみです。


いままで出てきた76とマーティンの中で最も手に取りやすい値段!(けして安くはないけども・・・。)


ぜひお試し下さい!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

キャプテンバーンズ エドラダワー1968 46%

「エドラダワーの60年代ものっ!?」


今までエドラダワーのオールド物にまともに出会っておらず、また、ボトラーズ物も見たことがなかった
僕としては、「即決」モルトになったのですが・・・。


キャプテンバーンズ エドラダワー(EDRADOUR)1968 46%NCM_1150 
ワンショット:3000円
色:ペールゴールド
樽などの詳細は不明

フランス・ボトラーのニューリーリース品。期待を込めて購入したが・・・


クリームがかった粉っぽい化粧品、小学校の時に床にかけたワックス、クリームナッツ、スパイシー


これめっちゃパピューム系じゃないですか〜!!

個人的に僕は苦手なんです・・・。興味のある人へじゃないと、売る自信ないなぁ・・・・。

期待しただけに無念・・・。


とは言え、最近ではパピューム系のモルトは逆に希少になってきている?存在だと思えば
需要は開拓できるか!?


モルト好きの皆さん、一杯確認してみては?

NCM_1148



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

試飲会の成果

先日、『酒のやまいち』さん主催のワイン試飲会が行われました。

ヨシアキと、Mr.Tがその会場で選んできたワインを現在試飲しております!NCM_1146




チーズのお菓子っ、味強すぎ!裏面を見たらビールとコラボした写真が乗ってまして・・・・。

柔らかいワインには相性は悪いのか・・・


当店でも扱うかもしれません、ワインの方を。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ひとりでできた〜イギリス旅行記−

「一人でできた〜!」

宿をチェックアウトし、流しのタクシーを拾って駅で切符を買って電車に乗り、空港で国内線に乗り込む。

スコットランド行きのゲートまで、非常に長い通路を通って(渋谷駅の埼京線の扱いよりヒドイっ!)不安にかられながらも、なんとか飛行機に乗り込みました!


エジンバラ空港に無事到着し、荷物の受取レーンで待っているが、いっこうに荷物が出てこない。

そしてどうやら最後っぽい荷物がレーンからピックアップされレーンは停止してしまった、僕の荷物がないままに・・・。

「まさか俺が・・・」

よく聞く荷物の『積み間違い』が俺に起こってしまうとはっ!!


テンパっててよく覚えてないですが、何本も並ぶ荷物レーンの端っこに、『バゲッジ センター』みたいな所があって、そこに行ったら、MYスーツケースがドスンと鎮座してまして、
無事ピックアップできたのでした。

(名前もちゃんと書いてあるのになぜ)

とは思ったのですが、英語で聞くことも出来ず、とりあえず「サンキュッ!(^^)」で済ませてしまいました・・・。情けない。



スコットランドの滞在予定5日間のうち、唯一の予約したのが空港のレンタカー。

5日間の利用、MT車、1500Litreクラスで1.7万円です。安い!!

2年前は荷物レーンの反対側に数社カウンターが並んでいたのですが、今は、空港を出て5分ほど歩いたところに一つの建物にまとまって6社ほどありました。


手続きを終え鍵を渡され、「あちらへどうぞ(って言われた気がした)」と示された方に一人で向かう。膨大な車の海の中、そのレンタル会社のロゴ旗を見つけ近づくも、自分の車がわからない。

ウロウロする中、通りかかったおばちゃんに訪ねてようやく車が判明。

しかし乗り込んだはいいがエンジンがかからない。

ブレーキはちゃんと踏んでいるのにイグニッションを回してもウンともスンともいわない。


5,6分色々やってたら、クラッチとブレーキ同時に踏まないとエンジンがかからない仕組みだと判明。解決!


「そうそう、お客様から借りた『世界どこでもGPS』をセットしなくてはっ!」

電源をシガーソケットから取るので充電無用のGPS。

シガーソケットを探すが・・・見つからない・・・(ToT)

旅は始まったばかり・・・しかし全く落ち着かないのです・・・・

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

シャンパンのカクテル


ナベです

m(_ _)m

シャンパンのカクテルって飲んだことありますか?

有名なところだと

シャンパンとオレンジでミモザ

シャンパンとグレープフルーツでホワイトミモザ

ちょっと複雑なものだと

ジンとレモンとシュガー+シャンパン フレンチ75

ジンをバーボンに変えると フレンチ95

バーボンをブランデーに変えると フレンチ125

さらに  

誰が?なぜ?

という カクテル

「モンマルトル」

ブランデーとシャルトリューズ(イエロー)とレモン1d ビターズ1d

にシャンパン

うーん

複雑だ・・・

モンマルトルとは

パリの北西部に位置する 芸術家達に愛された 丘の街

だそうです

うーん  

どんな感じなのだろうか・・・

人気blogランキングへ







レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ロンドン観光−旅行記−

BBRのショップを出て一休みのつもりでカフェに入る。

この日のロンドン(9月29日)は非常に暖かな天気。

カフェは、入口のドアは全開、窓という窓すべても全開になっているが、非常に暑い。空調が全く効いていない。

とは言え、本場の紅茶をオーダーする。

「いや〜しっかし暑いね」

案内をしてくれている友人に話を振ると

冷房がない店のほうがほとんどだよ」


イギリスは本来、年間平均気温が20度ほどの比較的涼しい気候の国。ましてや9月も末ですし、涼しいのが当たり前なのです。

やっぱ温暖化なんですね・・・。最近ではワイン造りがイギリスで盛んに行われつつあると聞きます。

いつだったか、北海道でエアコンがバカ売れした年がありましたが、今こそ日本の電機メーカーはイギリスにバシバシ売っちゃいましょう!


・・・・
全く癒されずにカフェを後にする。


本当は葉巻ショップにも行くつもりだったのですが、手荷物も多いことだしということで宿に戻ることになった。

その途中にある、『エロスの像』NCM_0357-2というのが日本で言うところの『ハチ公前』みたいな有名な待ち合わせスポットだそうです。











その場所から、リージェントストリート


NCM_0362
という高級?ショッピング街を歩いたのですが、この写真では伝わらない、なんかこう・・立派な・・・否、重厚な・・・
壮観な・・・・う〜ん・・・建物でした・・・。。



宿に荷物をおいて、この旅一番の贅沢な夕食へ向かいました!

インド料理レストラン シナモンクラブ(リンクした地図の『B』の場所)

ミシュランの一つ星のレストランだそうです。

フォーマルな格好じゃないと・・・と言われていたのでジャケットとネクタイは締めて行きました。が店内ですぐに脱いじゃいました。特にお咎め無し。

このレストランを選んだのは、シナモンクラブのプライベートモルトが日本でも販売され、それが気に入ったから。


食事が終わった後に気がついたのですが、入口はいってすぐ横にウェイティングバーがあり、ちょこっと覗くと
かなりモルトが揃っていました!
(高級レストランということで写真は遠慮しちゃいました・・・)

コース料理もありましたが、我々はアラカルトで注文。・・・お上品な盛り付け・・・。おいしいんだけどね(^^ゞ

食後にウィスキーを飲んだんですが、いや〜ウェイティングバーで飲めばよかった・・・。


帰り道、
ビックベンや
ウェストミンスター寺院
のライティングがとても綺麗でした
NCM_0366NCM_0394



























もう一軒バーへ、
なんて思ってましたが疲れもありすぐに宿に戻る。

途中、スーパーで買ったこいつNCM_0395を一杯やりながら、翌日からのスコットランドに想いを馳せるのでした。
まだ旅行2日目・・・。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

シェイクっ!

 菊池です^^

 3日ほど前マスターにシェイカーの振り方を教えて頂きました!

家でも練習中なのですが、全然うまくいきません。

そんな簡単にできることではないとはわかっていましたが・・・

 シェイカーの中での氷と液体の移動の速度差によって摩擦を起こし冷やすんですが、

リズム良く振るのが本当に難しいです。

それと予想以上の腕の筋力の消耗、慣れるしかないから家で暇があれば振っていますw

初日はやや筋肉痛になりましたww

 マスターに教えていただいた時にホワイトレディをマスターが振ったものと自分が振ったものとを比べてみたのですが、自分の物のほうがアルコールのツンッとくる香りでおいしいものではありませんでした。

もちろんマスターのホワイトレディは飲みやすくおいしかったです!

この違いはシェイク時に中で空気とどれだけ混ぜられるかが問題なのですがその効率の良い振り方
と氷と液体の速度差などを考えながら振っているとますます手元が混乱してしまいますw

体が覚えるまでしっかりと叩きこむしかないので頑張っていきたいと思います。

ではでは、今回はこの辺で!
 


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ