Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

2012年02月

スキットルについて

こんばんは!昨日に続きまして初連続投稿の菊池です!

本日はスキットルについて書かせて頂きます!

1ヶ月前ぐらいから何となくカッコいいからという安易な理由で

スキットルがほしいと思っていました。

いろいろネットで探してはいたのですがどれもいまいち。

そんな中見つけたカッコいいスキットル、それは

ジャックダニエルのスキットルでした!

しかし、どこのサイトを見ても売り切れで諦めていた矢先

友達とフラっと行った雑貨屋でショーケースに入った傷だらけのそれを見つけました!

迷わず購入ですww


それから家にあったシーバスリーガルを入れてちょこちょこ飲んでいました。

いつもの帰り道にこれがあるだけでとても幸せな気分で帰れますw

そんな理由でスキットルについて・・・

スキットルの大半が湾曲した形になっています、これは尻ポケットに入れた際フィットするようにです。

実際入れていても歩行の際にはそこまで気になりません!

素材は昔は銀やピューターと呼ばれるスズとを主とした低融点金属が使われていましたが

現在ではステンレス、チタンでも作られています。

ステンレス製は錆びないですし手入れも楽ですが、金属イオンが溶け出すことにより匂いが移ってしまいます。

ピューター製ですと比較的柔らかい為座った時に潰れてしまう、重いなどの問題も多いようです。

チタン製は軽量な上に高強度、しかも匂いが移りにくい!3拍子揃いました!w  しかし

銀製には劣るようですw


スキットルという名前の由来はボウリングの元となったイギリスのスキットルという遊びで使われる木柱の形状が似ているからだと言われています!

これからはここで呑みたい!と思った時にふと飲めるようにスキットルを携帯してみてはいかがでしょうか!?

きっと普段より少しだけ楽しい時間になるとおもいます

是非挑戦してみてください^^
ではではこれにて今回は終了です
ありがとうございました!!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

まるまるもりもり♪

こんばんは!出ました菊池です!

タイトルから今回は恐らくどんな内容だか察することはできないと思いますw

そぅ、今回は!!



丸氷をたくさん作りましたっ!!・・・・・・・・・・・←えっ(゜o゜)

もちろんブログに書くのですからこれだけでは終わらせません!!

だいぶ始めの頃に丸氷が難しいということを書きました

それは今でも変わりません。

しかし、今日遂に!

2分以内にざっくりと大体の丸の形まで持っていくことが出来ました!

これからはタイムアタックの日々です!

2分でほぼ完成までもっていけるようになりたいです!頑張ります!

今日は今までで一番多く丸氷を作った日になりました、明日はきっと右手が筋肉痛です。

明後日にならないことを祈るばかりですwwまだ大丈夫ですかね?w

綺麗な丸氷をロックグラスに入れて竹鶴17年でも傾けたいですね。   カランッって

なんだか今日は砕けた感じのブログになりましたがたまにはこんな感じでもご容赦ください(><)

それではまた次回です!最後までお読み頂いてありがとうございます!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

葉巻と・・・


ナベです

m(_ _)m

最近はお昼は暖かく 夜は寒いですね

風邪をひいてるお客様も

こればかりは

うがい・手洗い・睡眠

ですね

さて

今日は葉巻のお話

『葉巻は時間を買う』

これはとてもいい言葉です

葉巻は決して安いものではありません

そして

時間もかかります
 
出来るだけ余裕があったほうが

楽しめるものです

そして
 
葉巻にあわせるお酒も楽しみの1つです

基本的に 

好きなお酒であわせるのが一番です

ですが試してみて

新たな発見を見つけ出すのも楽しいものです

私はお客様に教わった

リキュールのストレートが楽しくて色々試しました

その中でも

バナナのリキュールが意外性があり感動しました

今日

お客様にお作りしたカクテルは

ブラックルシアン(ウオッカとコーヒーリキュール)

そこに

蜂蜜のリキュールを生クリームに入れて

ホイップしたものをフロートしました

葉巻とお酒

組み合わせは無限大です

探してみてはいかが?

(^−^)


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

スコットランド旅行記 −15 スペイサイドからインヴァネス

ダラスデューを後にして次に目指すはベンローマック蒸留所。国道A96号を挟んでダラスデューの反対側に位置する。

創業は1898年と古いが、何度となくオーナーが代わり最終的には、1992年、ボトラーズ会社の雄・ゴードン&マクファイル(GM)が買収した。しかし、この92年の買収は、その商標権と敷地、モルトのストックが対象で、
敷地にある建物や設備そのものは、ほとんどが新調された。

そのため、ウィスキーの生産にこぎつけたのは98年になってからだった。

そういう意味においては新しい蒸留所とも言える。


そんな、古くて新しい蒸留所ベンローマックは、僕が到着したときは既にクローズしており人の気配はない状態・・・
(T_T)。
夕方の4,5時頃だったでしょうか。


という訳で、ベンローマックでは外から写真を収めただけでした・・・スンマセン。ベンローマック外観









確かエントランス?








なんの煙突だろう?









そして僕は、少しの眠気を抱えながら、スコットランドの北部の大都市、インヴァネスへ向かうためにA96号線を西に向けてハンドルを切った。

当店で飲めるベンローマック
NCM_1524オフィシャルの10年  ワンショット1000円












NCM_1523
この旅行で仕入れた90年代流通の オフィシャル15年 1400円













NCM_1522「おいしい」と評判のオフィシャル25年 1900円 中身の原酒は前オーナーのものだ。



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ステア練習・・・

こんばんは菊池です!

来月でレベルストックで働くようになり早半年が経とうとしています。

しかしです、ステアで作るカクテルの練習をあまりしていなかったのです。

昨日作ってみたマンハッタンが大失敗でした。

理由は単純なオーバーステアが原因です。

氷との摩擦の具合つまり「氷」と「液体」の「速度差」そして回転させている時間ですね。

オーバーステアなので後者が原因となっていますが、前者はそこまで考えてやるには

私にはまだ早すぎる・・・ 技術もイメージも何にも掴めていないからですね・・・

バースプーン自体の回し方は練習しましたが、実際にどれだけの間ステアするかということを

イメージできていなかったのです(:_;)

今回の経験で私が学んだことは私の想像よりも氷は溶けやすいということです。

こればっかりは何度も何度も実際に作って飲むの繰り返しになりますね。

酔いやすい私にはなかなかの壁です。一日一杯づつでも練習せねば。

しかしですよ、仕事終わりにやると大抵帰りの始発に乗って寝過ごしますw

そんなこんなでまだまだど素人の私です。

こんな中身で申し訳ないです。

ではでは、最後まで読んで頂きありがとうございます(・∀・)

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

スコットランド旅行記−14 スペイサイドからインヴァネス

グレンマレイを出て西へA96号線を進むと、『Dallas Dhu Distillery』の看板が見えた。
表示に従って左折。閑静な住宅街を進む。

『ダラス デュー蒸留所』は83年に既に閉鎖しており、現在は
『スコットランド歴史的建造物及び記念碑保存委員会(Historic Scotland)』
に寄贈され、博物館として営業している。


しばらく進むと蒸留所の看板を見つけ左折。綺麗に舗装された道路の両側にはアパートや戸建ての家々が並び、とても近くに蒸留所があるとは思えない。

しかし新たに看板も見当たらず、ゆっくりと住宅街を進み続ける。

緩やかな上り坂を登り来ると、舗装道路が終わり、車一台分の砂利道になってしまった。

砂利道の両サイドは草原が広がり羊が群れている。

「さすがにこの先には何もないだろ」


僕は同じ道をさっき見た看板まで引き返した。しかし、矢印は今戻ってきた道を指している。もしかして住宅街の中に蒸留所はあるのだろうか?

矢印に従って道を引き返し、人通りの少ない中、声を掛けやすそうな年配の夫婦に道を尋ねた。

身振り手振りから判断するに(世の中喋れなくてもなんとかなるもんだ(^_^;))、この道を真っすぐ行けばいいようだ。

さっき引き返したところよりも先に進め、ということなのだろう。時間を無駄にしてしまった・・・・。


先ほどの砂利道をしばらく進むと左手の草原の向こうに、蒸留所らしき建物が見えてきた!!


蒸留所に到着、駐車場には僕のレンタカーしか停まっていない。しかし入口の門は開かれていたので
僕は敷地内を歩きまわった。

無人の蒸留所は少し気味が悪かったけど、異常に綺麗に手入れされている芝生やゴミひとつ落ちていない敷地を巡るのはとても気持ち良くがよかった。
いくつか写真を収め蒸留所を後にする。綺麗に管理された芝












人がっ!って人形だった…











ワームタブ













多分、ワームタブの説明
次は近くのベンローマック蒸留所へ。



当店で飲める ダラスデュー

NCM_1521
写真左から
ピアレス 1981 27年 53.7% ワンショット2300円

チーフタン 1980  23年 63% ワンショット 1900円

オールドトレイン 1974 32年 51.4% ワンショット3500円

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

スコットランド旅行記−13

ストラスアイラを後にすると次はグレンマレー蒸留所へと向かった。


96号線を北西進むとエルギン(Elgin)という街を通る。エルギン、という看板を目にして思わずハンドルをその方向に切った。
『Glen Elgin』というシングルモルトがあるし、エルギン地区、なんていう分類もあるので僕にとって耳に慣れた響だった。そんな訳で「ちょっと寄って行こう」という気がしてハンドルを切っていた。

車で一方通行の商店街をノソノソ走っているととある看板が目に止まった。

フィッシュアンドチップスを食べた僕は車を適当に路駐しその店に直行!








スコットランドに足を踏み入れて、初の『フィッシュ & チップス』をオーダーした!
メニュー












メニュー







メニューで気になった『ハギス プティング』なるものも注文した。

午後2時ぐらいの中途半端な時間帯ではあったがお客は僕一人。オーダーを受けて、「今から揚げます」ということなので僕はその間、街をぶらつくことにした。NCM_0534






店に戻って品物を受け取ってビックリ!どでかいのだ!でかいでしょ?

でも揚げたては最高にうまいっ!!プリップリの白身魚のフライに塩とビネガーをかけて頬張る。たまりません!!

『ハギス プティング』なるものも、とても美味しかった。ハギスを『うまか棒』みたいに棒状にして衣で揚げたもの。
スパイシーで肉々しい。ビールのおともに最高だろう。店でも出せたらな〜
(写真を撮りそこねました(^^ゞ)これはもう一度食べたいです!

広場のベンチでこれらを食べながら「ぼけ〜」と小一時間過ごす。フライドポテトは食べきれなかったので車に持ち帰った。「明日にでも食べよう」


ちなみにそのお店の場所はこちら(グーグルマップへ)



そしてグレンマレイ蒸留所へ向かった。

グレンマレイが見えてきた

蒸留所へは少し道に迷って到着。ツアーは既に終ってしまったようだ。ヴィジターセンターはまだオープンしていたので、試飲を少々。特に大きな成果なし(買いたいお酒がなかった)。




グレンマレイ  ビジターセンター








グレンマレイ 外観

さて、次はどこの蒸留所へ行こう?

時間は午後3時頃になっていただろうか。次の目的地であるインヴァネス、という街まではまだ距離が結構ある。

インヴァネスまでに立ち寄れそうな蒸留所を地図で探してみると
フォレス、という街の近くに『ダラス デュー』と『ベンローマック』があった。とりあえず次はそこへ向かう。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

スコットランド旅行記−12  スペイサイド巡り

2011年 9月30日
グレンドロナック蒸留所を後にし目指すはストラスアイラ蒸留所。


ストラスアイラの長期熟成品に、素晴らしい味わいの個人的なお気に入りがレベルストックにストックしてあり
ぜひともこの蒸留所は目にしたいと思っていた。
また、
ストラスアイラはスペイサイド最古の蒸留所であり、ブレンデッドウィスキーで有名なシーバスリーガルのキーモルトである。
何かと話題にのぼりやすいモルトなのだ。

お昼ごろにストラスアイラに到着。

『最古』
というだけあって外観は中々古めかしい。ストラスアイラ外観













古い水車、もう使っていない

ところが、中にはいると一転、上品なヴィジターセンターが待ち構えている。
蒸留所と言うよりも、ホテルのロビーのようだ。(写真がなくてごめんなさい)







古いストラスアイラ











見たことないストラスアイラ













見たことないストラス




6ポンドのツアー料を支払っていよいよツアー開始。僕ともう一組・スペイン人の夫婦が参加者だ。(マンツーマンが避けられてよかった・・・)

ツアー中、設備の撮影は禁止、ドロナックのおおらかさとは対照的だ(大手企業だからショウガないのかな)。
ツアーが終了すると試飲コーナーに案内される。
しかしそこで用意されたのは
『シーバス12年』
『シーバス18年』
『ストラスアイラ12年』

ヴィジターセンター自体も内装のデザインはシーバスリーガルをモチーフにした洗練された内装で、
主役であるはずのストラスアイラを全然推してない・・・。
ツアーの中で言われていたのだが、ストラスアイラの原酒は90%はシーバスの原酒に回されるという。
シーバスを売りたいんですね・・・

なんだか微妙なツアー内容に感じました。



ストラスアイラを後にすると次はグレンマレー蒸留所へと向かった。



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

モルトの試飲会@池袋

先日、池袋のバー『J'Bar』にお邪魔しまして、試飲会の情報をゲットしましたのでお知らせいたします。

【ブラッカダー・ナイト】
『RAW CASK』シリーズで有名なブラッカダー社が春先に新シリーズを出すそうです。

その先駆けに、『J'Bar』さんにてブラッカダーの新ボトルを含めた複数種のボトルをキャッシュ・オン・デリバリー形式で提供します。

ノーチャージ、ノーリザーヴ!参加は自由!

およそ、400円から800円で様々なブラッカダーのモルトが飲めます!

その中に、この春先に発売予定の一本があるようで、詳細はここでは明かせませんが、超レア、な一本が用意される予定です。(ちなみにそのお酒は800円では飲めません、ご注意を)

『J'Bar』は池袋 北口に 移転されましたのでお間違えのないようお気をつけ下さい!9bc4080b

日時
2月25日(土) 18:00〜


19:00ごろにはブラッカダーの社長さんも参戦するようです!!

僕らスタッフも、参加する予定です!w


池袋へレッツゴー!!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

Bar日登美さんへ行って来ました

こんばんは菊池です!

先日仲間4人で東中野にあるバー「日登美」さんへ行って来ました!

カウンター8席でトイレはお化け屋敷&迷路なお店w

ここは60〜70歳位のマスター1人でやられているお店です。

もともと知り合いの紹介で初めて行ったのですが、見た目は本当に営業してるのか心配になるくらいの古めかしい建物です。

何度か行ってるのに素通りしてしまいそうになりますwww

ですが、正直ここはあまり人に言いたくないくらい私の気に入っているお店です。

ちょいちょい飛んでくるマスターのオヤジギャグに最高のカクテル。

マスターが20年以上連れ添っている現役のジュークボックス。

良い意味で鄙びたノスタルジックな空間。

21歳の私には贅沢すぎる所です。


マスターのこだわりがバックバーをチラッと見ればよくわかります。

今では終売になってしまったヘルメスなどが並んでいるのです。

それと一緒にカクテル大会でのトロフィーや盾がいくつか見受けられます。

そんなマスターの作るカクテルはどれもジュースの様に飲みやすく、

アルコールに弱い私でもついつい7〜9杯は飲んでしまいます。

そんなに飲んだらお会計がと思いますが、

どれも800〜1000円くらいです。

今までのお会計と杯数から考えてww

恐らくチャージ料金も無さそうです。

見た目は「えっ」ですが中身は最高、最上のお店です。

是非東中野、高円寺方面へ行かれた際は足を運んで見てください!

駅からはかなり遠いですがw

場所などは検索すれば出てきますので!

もし行かれたのなら是非感想をお聞かせください!


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ