Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

2016年06月

This is not a LUXURY WHISKY

そんな名前のウィスキーを入荷いたしました。

「これはパイプではない」
20130806231627

という絵がネタ元のようですが、このことを掘り下げると頭痛がしてきそうな文章が出てきますので
私はスルーさせていただきます_| ̄|○
20160604_183814

メーカーコメントによれば
これはパイプの絵を、これはパイプではない、と説明することでそれまでのパイプのイメージを裏切る意図があったと言われています。つまりこの「ディスイズノットラグジュアリーウイスキー」はあえてこのウイスキーはラクジャアリー(高価、贅沢)なウイスキーではない、と言うことにより、逆説的にラグジュアリーウイスキーとは何かを問いかけているのです。そしてこの中身のウイスキーが、コンパスボックス社にとってのその問いかけの答え(これが本当の高価で贅沢なウイスキーである)となっているのです。


こういうのほんとわからん・・・(ToT)/~~~

唯一分かるのは、このウィスキーが「旨い!」ということ。これがひとつの答えだというなら、私は素直に受け入れたい。お値段もきっちりラグジュアリーですけど・・・。

この不思議なコンセプトのウィスキーをリリースしたのは・・・『コンパスボックス』です。

『This is not a LUXURY WHISKY 53.1%』
  ワンショット/2800円
ブレンド構成:
グレーンのストラスクライド40年熟成が約10%、同じくグレーンのガーヴァン40年熟成が約7%
モルトはカリラの30年熟成が約4%
シェリーバットのグレンオード19年熟成が約80%
平均熟成は約23年となります。

ココナッツやドライフルーツ、ミルクチョコの香り。
ミディアムボディで熟れた果実、夕張メロン、紅茶。

久しぶりの赤肉メロン感!この感触に出会えたのは久しぶりでした!
ラグジュアリーな気分にひたってみませんか!?

 

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

第16回 浦和飲食フェスタ! 6月19日(日)に開催!

ご存じの方も多いと思いますが、今年で16回目、いわゆる
『カクテルの彩典』です!

DSC_3860

私は第一回から参加させてもらってますが、気がつけば16年も経つんですね・・・そりゃあ歳も取りますよね・・・。

もうすぐです〜
来たる
6月19日(日)
12:00〜17:00
浦和コルソ7F

にて
『浦和飲食フェスタ』

が行われます。

浦和周辺の飲食店、バーやレストラン、居酒屋さんなどが集結して様々な「カクテル&フード」をを提供いたします!

入場無料、飲食物の引き換えチケットを購入していただき、商品と交換いたします。

前売り券:2アイテム分で800円

当日券:2アイテム分で1000円

前売りのほうがお得になっております!!前売りチケットは各加盟店で購入いただけます。
当然、レベルストックにて販売しております!

皆様のご来場、お待ちしております!


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷 フレイミングハート 5th リリース 48.9%

『コンパスボックス』というボトラーズ会社をご存知でしょうか?

少し変わった角度からウィスキーをリリースする、挑戦的な、先鋭的なボトラーといった印象を私は持ってます。

有名なエピソードとして、
「木製の樽でウィスキーが熟成するなら、その樽の中に焦がした木片を入れてウィスキーの熟成を更に進めてみようじゃないか」
といったわけで、樽熟成中のモルトの中に木片を入れ熟成を促した商品を生み出した。
ところが、
スコッチ協会にその点に目を付けられ、「樽の中に原酒以外の物をいれたら、『スコッチ・ウィスキー』は名乗れない」と、その商品はお蔵入りになったそう。

私自身はそんな姿勢のコンパスボックス社を好きではありますが、あまり商品に触れてはきませんでした。

しかしこの会社、創業が2000年で、15周年を迎えたということで、奇しくもそれは私が独立した年と一緒なんです。

そんな縁も感じて、この15周年記念のボトルを購入してみました。
image1



コンパスボックスが不定期でリリースする限定ブレンデッド・モルト「フレミングハート」の第5弾にして、同社の創業15周年を記念するボトル。
今回は記念リリースとあっていつも以上に気合いが入った構成原酒のようです。

・リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド カリラ30年(27.1%)
・アメリカンオーク・ホグスヘッド再活性樽 クライヌリッシュ20年(24.1%)
・フレンチオーク混成バレルで2年寝かせたブレンデッド・モルト※(10.3%)
・リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド カリラ14年(38.5%)
※ブレンデッドモルトの構成原酒はクライヌリッシュ7年、ティーニニック7年、ダルユーイン7年
webより転載

今までのコンパスボックスのイメージを払拭させてくれました!
甘くダシの効いたスモーク感とウッディ、クライヌ由来か舌に膜張るワクシーフルーツ。
太い、太い味わいです。


このウィスキーは、スコッチ協会のならいだと、『7年』と謳わなければならない、がしかし、味わいはどう考えてもそんなわけがない。
熟成年の表記はこのブレンデッドモルトには無いのですが、あえて、ブレンド比率を公表することでウィスキー業界に一石を投じる意味があるのかもしれません。

もうちょっと、コンパスボックスを応援しなきゃなぁ、と思う夜です。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ