Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

その他のお酒

いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた

『シュタインヘーガー』
と聞けば知る人ぞ知るドイツのジンです。
DSC_0447


ジンの定義は、主に穀物由来の蒸留液にジェニパーベリーの香味を乗せたものでジン特有の香りはこのジェニパーベリーがあってこそだといえます。
香りを乗せるには主に2つの方法がありますがここでは省略。

昔からのバーユーザーは飲む飲まないは別として
『シュタインヘーガー』というジンは非常に有名なのです。

ジンは上記の通り、ジェニパーベリーの香りをニュートラルスピリッツに写し取ることで
その個性を発揮するのです。
あまりにお店が暇なので、昔のお酒の本を読み返していたらシュタインヘーガーの作り方が書いてあったのですが、私には驚くべき事実がそこに書いてあったのでした。

シュタインヘーガーのもともとの姿は、ジェニパーベリー自体で作った薬種が起源であったということ。(ジェニパーベリーは20〜25%の糖分を含んでいるためお酒にすることができる!)

そして現在、ジェニパーベリーの発酵液を主にコーンを主体としたグレーンスピリッツと混ぜ、水で薄めて単式蒸留器で蒸留するそうなのです!!!!


ん?



あれ、そんなに驚かなかったですか?私としては、ジェニパーベリーの発酵液が使われているというのが猛烈に衝撃だったんですけど。。。。?あれれ?

シュタインヘーガーって冷たいバニラみたいな香りでジェニパーをあまり感じないんだよな〜なんて思ってたのですがその理由にガッテンがいったというか・・・。



皆さんはどう思われますか(^_^;)

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

念願の!タマリンドリキュール!

先日、カンボジアに行かれていたお客様からいただきました。
タマリンドリキュールなるもの。
そいつがこちらです!!

__


日本ではなかなか聞きなれないタマリンド。
写真にデザインされている
ポン・デ・リングを半分に切ったような形をしている
やつがタマリンドの果実です。

マメ科の植物に属し現地では、果実を食用や調味料、薬にまで幅広く使うそうです。

一般的には、乾燥させたものを収穫するそうで、
外は落花生のような薄い殻に包まれており、
中はドライフルーツのように凝縮した果肉が詰まっております。

最近では、タイフェスなんてお祭りもあるらしく
そこでは殻つきのタマリンドが食べれるそうで
ぜひ1度現物を食べてみたいものです。


さて、本題に戻って
このタマリンドリキュール
そのまま飲んでも美味しく
アプリコットのような甘酸っぱい味わいで
葉巻にも良く合います。

タマリンドリキュールを使ったカクテルを調べてみるも
検索にはあまり引っかからず。。
これから試行錯誤が必要となりそうです。

しかしながら味のバランスがとても良く、
ショート、ロングと寒い時にはホットカクテルにして
幅広く実力を発揮してくれそうです!



日本ではあまりお目に掛かることのできない
タマリンドリキュールを
ぜひお試しくださいませ(^^)!!



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷のベルモット!!

ヴェルモット(VERMOUHT)

ワインの中で

《フレーヴァードワイン(アロマタイズドワインともいう)》というカテゴリーに属するワインの一種です。

ワインにニガヨモギを筆頭に各種ハーブを漬け込んだりして風味を付けたワインなのです。


__
今回仕入れました

SACRED(セイクレッド) 
 EXTRA DRY VERMOUHT(エクストラ ドライ ヴェルモット)23.8%

は前々から気になっていたヴェルモットなのでした。

それは、ロンドン転勤を勤め終えたお客様が帰国された時のこと。

ロンドンを後にする最後の記念として、ロンドンの
有名ホテルのバー
『デュークス』へ行ったのだという。

それほどアルコールに強くない方なのですが、そこで飲んだ〈マティーニ〉がとても美味しく、2杯も飲んでしまった、というのだ。

その方が写真に収めてきたメニューによると以下のようなことが書かれていた。

Ian Fleming's Classic Vesper

No3 Gin
Potocki Vodka
Angostura Bitters
Dukes Amber Vermouht
Orange Oil


このバーではテーブルに座っていたそのお客様の席に、お酒を乗せたワゴンを押してやってきて
お客様の目の前で、そのマティーニを作ったのだ(動画を見せてもらいました!)。

そしたらナント、

マティーニをビルド(グラスに直接注ぐ)で作っていた!!

そしてそれを「冷たいうちに早く飲んでね」なんてバーテンダーは言っていたそうです。
また、ヴェルモットは「ホテルのオリジナル」なんてことも言っていたのだそう。


上記の話は2年ほど前になりますが、それ以来、上記ウォッカとヴェルモットを当店にあるもので代用して
動画の真似事でそのマティーニを再現して提供しておりました。


以来、なんとなくこのヴェルモットが気になっていたのですが、酒屋さんのメールで
(コレがアレなんじゃね?)
と購入をした次第です。

上記レシピでは『デュークス アンバー ヴェルモット』となっていますので、同じものではないにしろ、
当店でも

今までにないマティーニーを提供しております。

ぜひお試し下さい!超エクストラドライマティーニを!!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷リキュール。アマンデール・スペクラス・リキュール

みなさんこんばんは!堤です(^^)
今日は新入荷リキュールのご紹介を
させていただきます!

__


ズイダム
アマンデール・スペクラス・リキュール

「オランダ東インド会社」によって持ち込まれ、
古くからオランダに輸入されていたと言われる
スパイス達とトーステッド・アーモンドを
合わせて作られています。

古いレシピを読み解くと、アーモンドやシナモン、
ジンジャー、カルダモン、胡椒とバニラ等の様々なスパイスを
絶妙なバランスで組み合わせてアマンデル・スペクラスの
特別な味わいを作り出しております。
〈メーカーコメント〉




ズイダムは、オランダにあるジンの蒸留所です。

今回出されたこのリキュールは、
アーモンドのコクとシナモン等のスパイス感が
非常に強く、とても独特な味わいです。

カクテルについては、まだ色々と試作中ですが
ホットのドリンクの中に少量落とすだけで
印象が変わるので
この冬使い所の多くなりそうなリキュールです。

さっぱり系や、温まる系等、気分に合わせて
お作りいたします!
ぜひ、お試しください(^^)

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ポルフィディオ開けたけど・・・

『ポルフィディオ』といえば、知る人ぞ知る、かわいいボトル代表のテキーラです。

NCM_2964

いえでした・・・・。




久しぶりに新しいボトルを購入して、飲んでみたのだけれど・・・。


「こんな味だったっけ?」

と首をかしげてしまった。

ちょっとドライな印象なのは開封直後ということもあってまぁ良いのだけど、
ん〜微かにパフューミー・・・・。

以前にあって感じないだけだったのか、元からそうなのか・・・。それは正直分からない、覚えてない。
でもなんか、だいぶ印象が違うぞ・・?



そんな訳で、今日はこのポルフィディオのことを日記に書こうとネットで調べていたら
気になる記事を見つけました。


『テキーラ協会会長のBlog』生馬氏の日記内でこんな記事を見つけたのです。記事の一部を抜粋しますと

2009.10.8 ポルフィディオ呑み比べ!


ポルフィディオを興したマーティン・グラッスルという興味深い人物と、ポルフィディオがテキーラではなくなってしまう経緯については、非常に長い話なので近いうちに連載します。



まさに寝耳に水!!
ポルフィディオがテキーラでなくなった!?

僕は慌ててさっき開封したポルフィディオを手にとって些細にボトルに印刷されている文字を追う・・・・。




確かに【TEQUILA】の文字は見当たらない・・・。
NCM_2966
(写真がわかりにくくてスミマセン)


僕はふっと思い出し、お店のテラス行っ向かった。そこには前回開けたポルフィディオのボトルが飾ってあるはずだった。
それはすぐに見つかる。
そしてボトルをよく見てみると・・・・


こっちには【TEQUILA】の表記がある!!!
NCM_2965



生馬氏の記事は4年ほど前の記事だからそれ以前に、ポルフィディオに何かが起こったということだろう・・・。

そこんとこ詳しく知りたい!!


そんなわけで詳しいことは今はまだわかりませんが、少し調べてみます・・・。

しかし、酒場にいてこの事実を知らなかった事が無念です・・・・。
テキーラとして売ってしまった・・・。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

ベアード季節限定ビール

皆様お疲れ様ですm(__)m

3連休はいかがお過ごしでしたか(^^)!

南浦和レベルストックは2月は休まず営業いたしますので、

気軽にお越し下さい(^^♪


本日新入荷ビールの紹介を致します。

ベアードブルーイングから【がんこおやじのバーレィワイン】
20130211_180908




10.5%vol
¥1,200

2013年版のバーレィワインは2012年版と同様なアルコール度数だが、モルトとホップの組合せをがらりと変えた。

今年版は、ピルスナーやキャラメルモルトの代わりに、
ライとアンバーモルトを使用し、甘さを控え、
ドライでスパイシーな個性の麦汁を造った。

そして、ホップの苦みも去年の80IBUから90へ高め、
ホップの組合せも変えた
(コロンバス、ウォリアー、ナゲット、サミット、NZケード)。
その結果、フレーバー、苦味、アロマ、
全てにホップの個性をより感じる。
(ベアードブルーイングコメント)

お客様から少し頂けたので、僕なりの感想は(^^♪

香りは、ホップの清涼感とスパイシーさがしっかりと香り、
IPAの様な爽やかさがあります。

味わいは、コメントにもあるように前回のものに比べ
苦味もしっかりと感じられ、アルコール度数ほど
重たく感じません(*^^)v

IPAを濃くしたような味わいでいて爽やかさが広がります。


追加購入が出来れば、
多くのビールファンに試していただきたい1本だと思いました。

それでは、今日はこの辺で失礼致しますm(__)mヨシアキでした。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

本日4日 金曜日! 今夜より通常営業です!

皆様、3が日はいかがお過ごしになりましたでしょうか!?

来週までお休みの方や、明日が仕事始めの方もいらっしゃると思います。

我々レベルストックは本日より通常営業に戻ります!

18時〜27時
 
どうぞ本年もよろしくお願い致しますm(__)m


この3が日、レベルストックに足をお運びいただきましてありがとうございました。
 
カウンターのみ・バーテンダー一人での営業で、バタバタとしてしまい申し訳ありませんでした。
気ながにお待ちいただいて助かりました・・・。今後ともよろしくお願いいたします!!


ところで、
昨日ご来店下さったお客様の中に、年越しを台湾で過ごされた方がいらっしゃいました。
僕は出国の前に来店くださったそのお客様にある頼み事をし、昨夜そのお客様はそれを果たしに来てくれたのでした。

台湾・モルト、のワードが並べばピンと来る方もいらっしゃると思います。




そう、

『KAVALAN』

台湾のシングルモルトです!

以前ある方が買ってきてくれて(それは2年もの?だったが結構美味しかったのだ!)気に入っていたモルトでした。あれから数年、果たして今は!?

それで僕は、カヴァランを一本お願いしていました。
そのお客様は免税店では見かけなかったカヴァランを街なかのアンテナショップで買ってきてくれたのでした。


しかも、たくさんの種類があったのでその中から3種類を選び買ってきてくれ、どれか一つ選んでいいよ、とおっしゃってくれた・・・。
NCM_2398

シェリー樽、バーボン樽、ワイン樽熟成のカスク・ストレングス。

決して安くはないモルトを3本もわざわざ買ってきてくれた・・。


その心意気、いとありがたし!!そこで僕は全部譲ってもらってよろしいですか?と尋ねるとOKの返事を頂きました。


そんな訳で『KAVALAN』3種入荷です!!

詳しくは後日!

S様、ありがとうございました!



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷 ラ・ボタ・デ・フィノNo.27

皆様こんばんは、ヨシアキです。


本日紹介するお酒はシェリー酒です。

ラ・ボタ・デ・フィノNo.27
20120923_005215







1杯(45m)  :¥1,000

Vol.     :15%


2005年に情熱的な
伝統的アンダルシアワインの愛好家達により
始まった素晴らしいプロジェクト。

それは各ボデガで眠る、宝物のようなシェリー酒を発掘し、
その価値を理解してくれる人のために瓶詰め、販売することでした。

これが、「エキポ・ナバソス」のブランド名で少量流通する、
知る人ぞ知る極上のシェリー酒です。


アンダルシアの各ボデガから発掘、
買い付けられた樽は「ラ・ボタ」シリーズとしてボトリングされ、
リリースされた順番につけられた通し番号が、
ボデガ名、瓶詰め月とともに記載されています。


その品質はお墨付きで、
スペインで最も有名なワイン雑誌のひとつ「シバリタス」において、
並みいる極上ワインを差し置き、
ワインオブザイヤーを獲得したこともあるほどです。

スタンダードアイテムでは味わえない、
希少かつ極上の味わいをぜひ体験してみてください。


塩気を帯びた複雑な味わいと力強さが特徴で、
樽から直接注いだときに見られる、
緑色に輝く黄色をお楽しみいただくため、
最も軽いフィルターを使用しています。

驚嘆すべき圧倒的な個性をもったこの樽の平均熟成年数は11年と少しで、
微かに感じる酸化度やフロールの自己分解からの油分によってもたらされる特別な複雑味が特徴です。

その力強い色合いや独特の味わいを守るため、
フィルターをかけずにボトリングされたワイン愛好家向けのシェリー。

すぐ飲んでもいいですし、瓶内で注意深く熟成させ、
長期間にわたって楽しむことも出来ます。

35年以上後に飲むことを楽しみにしている方さえいるのです。

ライトでフレッシュな味わいなら10℃。

複雑かつふくよかなアロマをしっかり味わいたいなら13℃で飲むのがお勧めです。
(メーカーコメント抜粋)


グラスに注ぎたては酵母臭、ミネラル、酸味がしっかりしていて
スッキリとした印象ですが、徐々に温度が上がって来ると、
梨のような瑞々しさと林檎のような爽やかさがあります。

味わいも段々とまろ味と複雑さが出てくるので、変化を楽しみながら
ゆっくりと楽しめます(^o^)



最近涼しくなって来ましたが、夏疲れなのか皆さんお疲れのご様子です^^;
僕自身も花粉と夏疲れからか若干へばり気味ですが、明日から、
遅めの夏休みを頂き湯治へ行ってきます(^^)

それでは失礼致しますm(__)m

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

新入荷ジン リキッドパール(Liquid Pearls)13年

ちょいと面白いジンを入荷いたしました!
NCM_2168

13年熟成のドイツの酒商兼ボトラー『グレン・ファーアン』からリリースされたスコットランド産のジンのようです。
12年間はオークの樽に寝かし16ヶ月ポート・エレンの樽でフィニッシュしたとのこと。

アルコールも64.2%と非常に高く、これもまた特徴的。


味わいはジェニパーのジンらしい香りと樽由来の木香が複雑に絡み合っていてまるでハーブのリキュールのよう。メーカーコメントはレモンバームの香り。わかる気がします。
暖かみのあるオレンジのような甘さもあり食後の締めの一杯、ッテな印象です。 

シングルカスクで330本のみのボトリング。

ワンショット30ml 1700円
勿論ハーフでもお試し頂けます!


ジン好きな方はぜひお試し下さい!
レベルストック7周年イベント!10月6日(土)7日(日)開催!
詳しくはこちらへ!


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

久しぶりに入荷しました。

皆様お疲れ様です、梅雨明けがもう宣言されましたが、

明日は、雨らしいです(-_-;)

最近は、ゲリラ豪雨的なスコールも珍しくないので

梅雨が開けても油断できませんね(^_^;)〉



それでは本日、再入荷したお酒の紹介です\(^o^)/

フェルネット・ブランカ
20120718_024542フェルネット・ブランカは1845年、
イタリアのミラノのブランカ家が創製したビター系のハーブ・リキュールです。

フェルネットとは、アルプス地方の「薬草抽出液で造る薬の一般名称」だそうですが、

このリキュールは、それを酒のかたちで飲みやすくした、
いわゆる辛口の苦味酒になります。
(ほとんど甘味がありません)

製法としてはゲンチアナ、カモミール、リコリス、ジンジャー、

サフラン、リュバブ、東洋系スパイスなど、

30種類のハーブ・スパイスを、

ワインとブランデーの混合液に浸漬後濾過して、

1年間東欧産大型オーク樽で熟成の上製品化されています。




スタンダードカクテルでこのリキュールを使用するのが、

コープス・リバイバー ぐらいでした、

ブランデーベースのカクテルで 、No.2はジンベースのカクテル、

No.3とNo.4はブランデーベース、


カクテル名の Corpseは「死体」の事で、

「死者を蘇らせる」という意味があるそうです^^;


その内のNo.3がフェルネット・ブランカを使用します。

No.3

フェルネット・ブランカ 1/3

コニャック 1/3

クレーム・ド・ミント(ホワイト) 1/3


ステアで作るとのこと・・・明日にでも作って見ます(^O^;)y

それでは、今日はこのへんで、失礼しますm(__)mヨシアキでした。

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ