Bar Revelstoke 南浦和 のバーテンダー日記

さいたま市南浦和駅にあるオーセンティックバー シングルモルト、ビール、フレッシュフルーツカクテルに力を入れています。

To The Bar

大宮 バー オールドパル・三銃士

昨夜、大宮でリニューアルオープンをしたバー

オールドパル 三銃士
にご挨拶に行って参りました。

昨年の8月にお店を閉じて一年ちょっと。とうとうオープンです。

場所は大宮東口の南銀にはいって右手にすぐカラオケ館があります。そこで左手を見ると細い路地がありそこに入っていきます。
3,4軒のビルを通り越して右手側の2階にそのバーはあります。


20年以上大宮でバーを営んできた重鎮のOさん。僕がOさんと知り合えたのは12年前、現在のUIC(浦和飲食コミュニティ)の前身である『彩の国カクテル倶楽部』主催のカクテル講習会で講師としてOさんが参加して下さったからだ。

その時の講習で、師匠を持たない僕の『カクテル』というものの扱いに対しての想いが、ガラリと変わった。
僕にとってのOさんは、僕が勝手に心の師匠と思っている人なのです。Oさんに感謝です。


12年前の当時は、ちょっと怖くて近寄りがたい、と思っていましたが今では厳しくもやさしく見守ってくれている先輩バーテンダー。今後とも宜しくお願いいたします。


そして、オープンおめでとうございます!NCM_2223







オールドパル 三銃士

さいたま市大宮区仲町1−33−4 逸志ビル2F
048−641−1030
18:00〜24:30 日祝定休


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

いざ出陣!!えっ?

こんばんは!菊池です!

本日はこの間の休みのことを書きます!

遂にっ! 私、菊池寿はっ!

銀座のバー「テンダー」さんへ行って参りました!

やはり行ったことの無いバーへの入店は本当に緊張いたしますね(;・∀・)

ましてや老舗で超有名バーテンダー上田さんがいらっしゃるお店です!

漫画「バーテンダー」の葛原さんのモデルになっている方です!

そして未熟バーテンダー菊池、ドキドキとワクワクの気持ちを抱えいざ入店!!

入るとそこには写真で見たことのある長いバーカウンター!

カウンターを横目に見ながら一番奥のカウンター席にエスコートされました。

席に座って一息つくと最初の注文を伺われて咄嗟に「ジンリッキー」を注文!

勿論、勉強で行っているので何を何ミリリットルか

どんなスタイルか

などをじっくり観察させて頂きました!

2杯目は「ブラッディーシーザー」

3杯目は「アレキサンダー」 ここで遂に、上田さんのハードシェイクをお目にかかりました。

とても気持ちのいい音で聞いていて癒されましたねぇ〜

そして格好よかったです!!

お酒の弱い私はこの3杯でチェック致しました。

お会計を見て心のなかで(さすが銀座)と呟いてみますww

しかし金額以上の技術、サービス、味を拝見、体験できたと思います!

自分も上田さんや山口マスターの様な立派なバーテンダーになれる日を夢見て
実現出来るように今は日々意欲的に頑張るだけです!

では、本日のブログはこれで!

おやすみなさい^^

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

To The Bar in 神楽坂

以前から気になっていたバースポット、神楽坂。漸く出陣しました。


地下鉄東西線・神楽坂駅、地上に出て数秒のところにそのバーはあった。

人に尋ねなければ、一見してバーと気が付かなそうな、モダンな外装。よく見れば『Open』の札はちゃんとしてあるのだが。


白を基調にした内装は、一枚板のカウンターやウッディなバックバーの木目によって落ち着いた雰囲気を醸し出している。

今は17時。既にカウンターはほぼ埋まっており、我々3人は事前にやり取りをして確保してもらっていた唯一のテーブル席に通された。(このバーは午後2時からオープンしているのだ)

このバーは、銀座の超有名店で働いておられた有名バーテンダーが独立、昨年オープンさせた。

我々3人のうち、一人はビール党だが、
「ここに来たらカクテルでしょ」
と説得した。

ビール党の氏は「どう頼めばいいかわからない」と愚痴をこぼすが、それはバーテンダーに頼めばいいのだ!
と更に説得を重ねた。

そんな訳で氏は、「さっぱりと柑橘系の微炭酸」というオーダー。

我々はカクテルを指定してオーダーした。



混み合っているがカウンターにいるお客様は大変落ち着いており、バーテンダーも慌てた素振りはない。

カウンターでの物腰柔らかい接客と共にカクテルを着実に仕上げていく。


テーブルでの会話もそこそこに僕はカウンターのバーテンダーの仕事を見たくてカウンターに目を向ける。

しかし混み合ったカウンターではバーテンダーの仕事の半分も見れなかった。(見て何が解るというのでもないだろうが感じるものはあるはずだ!)


出てくるカクテルは皆バランスが良く、優しい仕上がり。目指すべき味わいとしてとても参考になりました。

出てきたカクテル
ジンフィズ、ジンバック、アレキサンダー、ベルベットハンマー、シェリー2種、マティーニ、ジャックローズ、ジンのロングカクテル(名前を失念・・・無念)


そしてもうひとつの発見!
お通しで出てきた乾き物で、みかんのドライフルーツがとても美味しかったです。探そっと。


神楽坂のバーに興味の有る方は是非足を運んでいただきたいバーです。店名は店頭でm(__)m

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

都内バー巡り  19:00 to 02:00

店主です。
昨夜、休日を利用して友人T内さんと都内のBarをめぐりました。


T内さんは、僕が浦和で務めていた頃からの友人でカクテルやモルトが大好きな僕と同い年の好中年!
(そう、僕らは一般に、中年と呼ばれる年齢になっているのだなぁ・・・)


一軒目に選んだのが、僕が以前から伺いたいと思っていた新宿5丁目のバー。
近代的な白をベースにしたシンプルなデザインと、木との調和のとれた素敵な内装でした。

オールドモルトの品揃えが多く、僕はモルトを2種類、連れのT内さんはカクテルを数杯。
ロンバート スプリングバンク 1965






ロンバート トマーティン 1965

T内さんがオーダーした『オレンジブラッサム』。「最近強いのは飲めなくなってきたんだ」なんて弱気なことを言っていたのに、こんな強いの大丈夫なんですか?なんて心配していましたが、
バーテンダーが選んだジンがフランス産の

『エギュベルジン』。

とってもフルーティなジンで、僕は「なるほど」と膝を打つ思いでした。そして出来上がったカクテルを味見させてもらうと納得。上品に仕上がっておりました、「おいしい!」。

たまたまバーテンダーさんとぼくら二人に共通の知り合いがいることが分かり、非常に和やかに時間を過ごすことが出来ました。いや〜、世間って狭いっす。



僕ら二人は新宿を後にし地下鉄で渋谷へ。井の頭線で一駅、『神泉駅』へ。T内さんおすすめの癒しのBarへ。

徒歩三分、ここだよ、と言われたその扉を前に僕は信じられない思いだった。

看板のないステンにガラスの入ったシンプルな扉。知らなかったらまず間違いなくその扉を開けることはないだろう、ってな扉。

中に入るとアーチ状になった廊下が続き、さらに鉄扉を開けて小さなテーブル席のホールがあり、さらに扉を開けてカウンター席がある。いやはや、驚きの構造だ。

このBarのオーナーバーテンダーは、銀座の超有名Bar『テンダー』のご出身だそうです。元ボクサーだという痩身の少しコワモテ風?(スミマセン)で僕は少し緊張していました。

しかしT内さん、僕のそんな気持ちも考えず

「え〜こいつは俺の友人で〜南浦和でバーのオーナーの・・・」

いやいや、やめて〜、俺そんなんじゃないからァ(~O~;)有名なこのバーテンダーさんにそんな紹介やめて〜!


ちょっと怖そうな(スミマセン)マスターの雰囲気だったのですが、お話をするともちろんそんな事はなく、とっても貴重なお酒を飲ませて頂きました。

驚きは、『オー・ド・ヴィー シャルトリューズ』。
オードヴィー シャルトリューズ

なんと、1920年の蒸溜で、1940年頃のボトリングだとか!ハーブを浸け込む前のグレープ原料の蒸留酒を樽熟成したもの。(マスターがフランスで直接買ってきたものです)

しかし香りには凛としたハーブの感じがほんのりとあり、樽由来の木香もしっかりとある。モルトとは違った楽しみが出来る一杯でした。
『シャルトリューズ』でこのオードヴィーは現行品はないのだろうか?

T内さんはひたすらショートカクテル。僕は蒸留酒。2杯ずつでおいとまさせていただいた。
クライヌリッシュ12年


僕は終電で自宅(入間市)へ帰る予定だったが、ますます自宅から離れる方向へさらに移動。

タクシーを拾い、三軒茶屋へ。終電まで後90分。

T内さんのテリトリー(自宅から5分)のバーへ。僕は初めてサンチャへ足を踏み入れます。

『すずらん通り』すずらん通りという飲み屋街(なんかいい雰囲気(^−^))の一角にあるバーへ。


頭を下げなければ入れない小さな入口をくぐり、3階にあるバーへ階段を上る。(2階は系列のお店だそうな)

昭和っぽさとオーセンティックバーの雰囲気が絶妙なマッチングのカウンター8席のシックなバー。(テラス席もあるのだそうです。)

オールドモルトの品揃えが多いバーだというが、フルーツのカクテルを周りのお客様は飲まれていて、きっとそういったものにも力が入っているのだろうと思う。

とは言え、僕はモルトをオーダー。80年代のエドラダワー10年だ。左がエドラダワーこれ前から飲みたかったんですよね〜(^^)



T内さんは
「カジサンで」
なんてオーダーをしている。カジサン?


尋ねてみれば
「もし火事で3本しかお店から持ち出せない時に選ぶ3本」
という意味だとか。

へ〜おもしろい!

僕も、カウンターでそうオーだーされたら何を選ぶだろうか?
みなさん、そうオーダーするときはお財布をお腹いっぱいにしてきてください(^_^;)


・・・っとそうそう、終電が近いんですよ!
T内さん「時間を気にしてたんじゃ、味わえないだろう、えぇ!?タクシーで帰れ!」
いやいや、いくら掛かると思っとるんですか!!???

T内さん「俺が出すから」

まじっすかっ!!いやそりゃぁ悪いっすよ、いやそんなぁ・・・・・・ってあざぁーすっ!!


そんな訳で、心ゆくまでモルトを愉しんだのでした・・・(少し頭痛い)NCM_1547







OMCグレンロッキー










SMC ロングモーン1976









GMロングモーン1969T内さん、この恩は必ず返させて頂きますよ!



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

大宮探訪−うんまいマティーニ

「マティーニがうまかった」
大宮で飲んできた方がそう言った。

僕の友人バーテンダーHが経営しているそのバーはある意味変態的だ。相当なこだわりを持ったバーテンダーなのだ。
「ウィスキー大全のモルトをすべて揃えた」と言ってみたり
ブルーキュラソーだけの飲み比べ会をしたり。

僕にとってよきライバルであり師匠を持たない僕にとって師であり仲間でもある、と勝手に思っている。

そんな彼が作ったマティーニが「うまい」と言われることにジェラーシーを感じた僕は大宮へ久しぶりに行ったので「ウマイ」を体感すべくそのバーへ向かった。


ソニックビルの裏手の路地に入った所にそのバーはある。

【le・CONCERT(ル・コンセール)】

店内に入るとエル字のカウンターのみ11席、きれいに並んでいる。比較的照明は明るい。
バックバーには所狭しとシングルモルトが並んでいる。
モルトは僕も好きだけどまずは「マティーニ」を。

ジンとベルモット(薬草ワイン)というシンプルなだけに難しいとされるこのカクテル。
マスターが選んだジンは僕の予想を遥かに超えていた。

【エギュベル ジン】(写真は後日)
フランス産修道院ジン。
フルーティーで甘さをしっかり感じるやさしいジンだ。

そしてベルモットは
【ドラン】を使う。
レシピはここで勝手に言うのもまずいと思うので伏せておくけどこれにもけっこう驚いた。

そして・・・「うんまい!!」

非常に万人受けしやすそうなマティーニだ!

僕の中でエギュベルジンをマティーニに使う発想が全く無かった。予想外。

ほんと、勉強になります!!そしておいしかったです!
早速ドランを取り寄せました!

Hさん、ありがとうございました!!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

大宮探訪−どこかは明かせませんが。。。

この前、大宮駅周辺のバーを数軒行ってきた。

祭典へ参加してくれたお礼を兼ねてだった。

最初に行ったのはある重鎮の方のバー。気さくな方なんだけどつい緊張してしまう。

しかし案の定、和やかな接客のおかげで十分に寛げました。
いくつものモルトを
「若い奴の勉強のためにとって置いてあるんだ。一般のお客様には出さんん」
とおっしゃってたくさん飲ませていただいた(*^_^*)
CA390270

1956!!ハイランドパーク
CA390269

写りが悪いですが確か1976ハイランドパークです
何れもカスクストレングス。
CA390268

これはモリソンボウモア社がリリースしたブレンデッドウィスキー
びっくりするようなものばかり。


重鎮が言うには
「73年ぐらいを境にウィスキーの質が違ってくる、それはオイルショック以前と以後だ
僕自身にも多少思い当たる節はある。すべての蒸留所に当てはまるとは思はないけど、そういた要素は確かにあるのかもしれない。
勉強になりました!!


漫画『レモンハート』のマスターのリアル版みたいなマスターは、我々若手?バーテンダーをしっかりと見守ってくれている。

時にマナーなど非常に厳しい方だと聞くが、僕自身そういったことで注意されたことはまだない(^_^;)
しかし厳しい、とは実はバーにおいて当たり前であってほしいことを当たり前にはできない人に厳しいといった程度のことだ。ご自身の身につけた知識や技術を惜しげもなく伝えようとしてくれているのだ!

ただ面白いこだわりとしては
「マンハッタン(ウィスキーベースのカクテル)35歳以下には出さない」のだそうだ。似合わないんだって。なかなか言えないっすよ、そういう事は(^_^;)

これからも僕ら若手?のおやじのような存在であり続けてください!!
人気blogランキングへ
順位がだいぶ落ちました((*_*))ランキングのクリックもよろしくお願いします!



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

浦和のスペインバル

今日は昼過ぎに酒屋さんが主催するシェリーセミナーへ行ってきます!

それで思い出したのが
昨年7月、浦和にできた【スペインバル クズザンポ】


浦和の呑み助だったNさんが独立されました!
世界中を旅してまわったNさんが自ら選んだ店のコンセプトはスペイン。
生ハムやら、地元の家庭料理、パスタなど幅広いフードを用意!

シェリーやスペイン産ワインが気楽に味わえます!


11席のこじんまりとしたお店ですが、白を基調にした店内はやや明るめで、女性一人でも入りやすそう。



とうとうできたんだなぁ。。。【スペインバル】

近所の人はうらやましいです。。。人気blogランキングへ
時間があればNさんの旅行のお話をもっと聞きたい!
万里の長城で夜、酒の器に月を浮かべてみた、、、なんて話をね!

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

To The Bar In 吉祥寺

僕にとっての吉祥寺といえば「ろくでなしブルース」(いつの話だ!)、
「ラーメン生郎」、そして今回行ったバー
『Vision ヴィジョン』

このバーのを知ったのはもう2年くらい前だろうか。
ウィスキー誌に紹介されていたのがきっかけで初めて知った。
紹介文を読んで驚いたのがモルトウィスキーの値段。
なんと上限が
1000円!!なのです。

吉祥寺駅北口から10分ほどのところにあるバー・ヴィジョン。商店街からは幾分離れたところにあり、そのビルの地下にバーがあるのだが1階入り口には看板らしきものは見あたらない。
ゆえに行かれる際は是非電話を入れてからをお勧めします。まず存在を知らない人はここビルを通り過ぎてしまうと思う。

「ここだよな〜」
と恐る恐る地下へ下りると扉には『Vision』の文字が。「ほっ」と安堵のため息。

扉を開けるとやや暗めの照明、木を基調とした店内がうかがえる。
カウンターやバックバーにはモルトがずらりと並ぶ。しかし
カウンターに座ってまずはビールを注文。のど越しを求めてラガービールをお願いした。ドイツの○○ビール(名前を失念)。余計な甘みのないしっかりめのラガービール。おいしかったです(^_^)

そしてモルトへ。今日はなんとなくテーマを
「僕のやや苦手なアイラモルト攻め」としてみた。

これほどアイラモルトだけを攻めたことは今までなかったかな。6種類ほどをハーフでいただいた。そう、このバーも気楽にハーフショットをお願いできるのだ!

自分の苦手なアイラとおいしいと感じるアイラ、その特徴の輪郭の一部をはっきりつかめた様に思った。


バーテンダーと話していると、この店のモルトに対しての様々な試みを聞くことができた。たとえば
・10mlで3種類を1000円で提供(様々なモルトを試してほしい)
・日曜日にはよりお得なティスティングプランを提供
・ブラインドコンテストを定期的に開催(優勝者にはプレゼントあり)
などなど。


「モルトを楽しんでほしい」
という想いがひしひしと伝わってきて勉強になりました!


店舗情報
【Vision】
17:00〜05:00
0422-20-2023
武蔵野市吉祥寺本町1-11-8
耶馬ビルB1


レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

To The Bar in 新宿-2

十数年ぶりに行った
【バー 金魚】

19時数分前にその地下のバーに入った。オープン時間が19時からだったようでカウンターを磨いていた若いバーテンダーに
「19時からですので…」
とやんわりと入店を断られた。

実はすでに2件目だったので
「しょうがない、帰ろうかな」
と店を出ようと思ったら、カウンターの奥から出てきた年配のバーテンダーが
「テーブルにお掛けになってお待ちください」
と店内でオープンを待つことを許された。


店内は、カウンター10席、テーブル2席。
テーブル席はカウンターの席のすぐ背中側にある。壁にすえつけられた半円のテーブル。壁には額縁に飾られた金魚の絵画のごとく本物の水槽が埋め込まれていた。
「これだけ見事な出目金は見たことが無い」。


昔行ったことを思えば、かなり僕は落ち着いた心持だった。バックバーを冷静に見てどんな商品群が並んでいるかを観察できた。

薄めに頼んだジントニックを飲みながら、昔来たこのバーの雰囲気をまったく覚えていないことを悔やんだ。
「比較のしようが無い」

カウンターのしっくりとした肌触りやきれいに清掃されたトイレが、17年間営業しているこの店の古さを感じさせなかった。

僕一人しか店内にいなかったからかもしれないが、カウンターの材の話や最近のバーでの飲まれるお酒の傾向など僕にとって有意義な時間を過ごすことができた。


新宿という華やいだ街を連想させる中にあって、まさに隠れ家的な落ち着いたバー。


「今だったらどんな風に感じるのだろう?」
その答えとしては、
「緊張感をほどほどに持ちながら十分に楽しめた」といった感じ。

昔の『場違いな俺』という緊張感はもたずに済んだことが僕自身の成長を
感じさせてくれた(^_^)



かなり見つけにくいのでご注意あれ。
順位が上がったよう(*^。^*)みなさん、ありがとうございます!!
(右側の『Blog Ranking』からクリックお願いしますm(__)m)

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。

To The Bar in 新宿

いつもより少し早起きして新宿へ行ってまいりました。

新宿通沿いの紀伊国屋書店。その一階の通路の奥ある、男心をくすぐる店

【kagaya】さん
葉巻や酒、ナイフやジッポ。時計やメタルな装飾品など。趣味的な小物を幅広く揃えているショップです。

ここで気になるモルトが1本あったのですが...。通常の販売用ではなく、年末に向けて行なう予定のプレミアムモルトの試飲会用。まだ準備期間があるのでとりあえず保留にしました^_^;

【kagaya】さんでは葉巻を少し購入。ホンジュラス産のお得なシガーを数本購入しました!
しっかりとボリュームがあるのに1000円を切る価格です!お楽しみに(^^)
人気blogランキングへ



その後いつもの仕入れを終えバーへ向かった。(ヨシアキには昨夜から了解済みっす)

向かったのは一昔前の新宿丸井本館(今がなんだか分かりません...)裏手にある

【バー金魚】

17年も続いているというこのバーに僕は12,3年前に一度だけ行ったことがありました。
その時はまだ21,2歳。バーテンダーになるなんて夢にも思っていなかった頃でした。

昔、連れに引っ張られて行ったそのバーは細い路地にありほとんど目立たない。小さなライトに照らされて【バー金魚】と、地下へもぐる階段の入り口にその存在をひっそり示しているだけだ。

カウンターに腰掛けてもまったく落ち着かなかった。こういった場に慣れておらず緊張感の方が先に立っていた。
薄暗い店内、カウンターに照らされる丸いスポットライトが僕の手元を照らしていた。
メニューを貰い愕然とした。
一番安い金額のドリンクが『フォアローゼスのイエロー 900円』。
居酒屋慣れしつつあった若き僕にとっては驚愕の金額だ。
僕はそれをロックでオーダーし、連れは何かカクテルを頼んでいた。

でてきたフォアローゼスのロック。今でもよく覚えている。
ごっついグラスに大きなかち割り氷が一つ、どっすんと入っていた。手に持ったその量感に今までにない感覚を覚えた。
「これが900円の重みか」
僕はそんなことしか思いつかなかった。

確かその一杯でバーを後にした気がする。そのバーが良かったとか悪かったとかまったく判断できなかった。自分にとっていいとか悪いとか、そんなこと思いもよらなかったのだった。

「僕には早過ぎる」

そんな感想しか頭に浮かばなかった。


そして今日、このバーを選んだのは
「今だったらどんな風に感じるのだろう?」
そんな気持ちで足を運んだのでした(^^ゞ
続きは月曜日に。
人気blogランキングへクリックも一つよろしくお願いしますm(__)m
明日はヨシアキの1人営業です!カクテル攻めにでもしてやってください(^^)




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。
livedoor プロフィール
Categories
Archives
フェースブックのページはこちら
記事検索
ギャラリー
  • いまさらだけど シュタインヘーガー に驚いた
  • カクテルの祭典2017 もう来週です!!
  • 年に一度だけ【夜桜BAR】 at  料亭・玉家
  • 年末年始のお知らせ
  • 年末年始のお知らせ
  • 本日より『ローストビーフ』始まります!!そして限定ビールも
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ