グレンマレイを出て西へA96号線を進むと、『Dallas Dhu Distillery』の看板が見えた。
表示に従って左折。閑静な住宅街を進む。

『ダラス デュー蒸留所』は83年に既に閉鎖しており、現在は
『スコットランド歴史的建造物及び記念碑保存委員会(Historic Scotland)』
に寄贈され、博物館として営業している。


しばらく進むと蒸留所の看板を見つけ左折。綺麗に舗装された道路の両側にはアパートや戸建ての家々が並び、とても近くに蒸留所があるとは思えない。

しかし新たに看板も見当たらず、ゆっくりと住宅街を進み続ける。

緩やかな上り坂を登り来ると、舗装道路が終わり、車一台分の砂利道になってしまった。

砂利道の両サイドは草原が広がり羊が群れている。

「さすがにこの先には何もないだろ」


僕は同じ道をさっき見た看板まで引き返した。しかし、矢印は今戻ってきた道を指している。もしかして住宅街の中に蒸留所はあるのだろうか?

矢印に従って道を引き返し、人通りの少ない中、声を掛けやすそうな年配の夫婦に道を尋ねた。

身振り手振りから判断するに(世の中喋れなくてもなんとかなるもんだ(^_^;))、この道を真っすぐ行けばいいようだ。

さっき引き返したところよりも先に進め、ということなのだろう。時間を無駄にしてしまった・・・・。


先ほどの砂利道をしばらく進むと左手の草原の向こうに、蒸留所らしき建物が見えてきた!!


蒸留所に到着、駐車場には僕のレンタカーしか停まっていない。しかし入口の門は開かれていたので
僕は敷地内を歩きまわった。

無人の蒸留所は少し気味が悪かったけど、異常に綺麗に手入れされている芝生やゴミひとつ落ちていない敷地を巡るのはとても気持ち良くがよかった。
いくつか写真を収め蒸留所を後にする。綺麗に管理された芝












人がっ!って人形だった…











ワームタブ













多分、ワームタブの説明
次は近くのベンローマック蒸留所へ。



当店で飲める ダラスデュー

NCM_1521
写真左から
ピアレス 1981 27年 53.7% ワンショット2300円

チーフタン 1980  23年 63% ワンショット 1900円

オールドトレイン 1974 32年 51.4% ワンショット3500円

レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。