レベルストック8周年イベント!10月13日(日)開催!



石鹸の香りのするウィスキーって聞いたことがあるでしょうか?



実は80年代蒸留のボウモアに顕著に出るフレーヴァーに

『パフューム香』

と呼ばれる、独特の香りがあるのです。

これは今では貴重なフレーヴァーとも言えるかもしれませんが、
10年ちょっと前には『残念』な香りとして扱われていたのです。



何故に貴重なのか。

最近市場に出回るモルトウィスキーはメインが90年代蒸留の物が目立ってきました。

80年代にはスコッチウィスキーは過剰供給による不況に陥りましたが
閉鎖やリストラなどで冬の時代を乗り切ってきた。

この辺からは想像ですが
80年代はウィスキー生産量を縮小しコスト削減で生き残ってきた蒸留所は

90年代頃から
設備の近代化や、伝統は重んじながらも科学的論理的アプローチでウィスキー造りに臨むようになる。

すなわち、
パフューミーなモルトウィスキーが80年代を中心に様々な蒸留所産で見られるのは

リストラや、不安定な労働環境(週3日しか仕込まない等)による職人たちの技術やらテンションやらが
下がっていたことが関係しているのではないだろうか。


いずれにせよ、
90年代以降のモルトでパフューミーなものは殆ど見かけなくなりました。

それにより、10数年前に不評だったパフューミーモルトが貴重な存在になってきた・・・。


そんな訳で、スリーリバース社より石鹸香のするモルトが登場です!

『THE SOAP』NCM_2961
ソープ!ソープ!ソープ!

JURA(ジュラ蒸留所)1988  54.1%

ワンショット:2200円
色:琥珀
地域:アイランズ
Cask No:755  1 of 195
Cask Type:Bourbon Hogshead


20130921_034335
ピースしている三河屋くんも貴重だが
この首を傾げてはにかんでいる三河屋くんも貴重な存在だ!



レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。