日本では馴染みが低いかと思われるグレンゴイン。

数年前にスコットランドへ旅行へ行った私(店主)は行ったパブ全てでそのブランドを目にしました。
普通のパブでは、モルトの品揃えは見たところどこも5,6本。その中に

グレンゴインとジュラは必ず見かけました(たまたま?)

どちらも日本ではマイナー系。本場スコットランドでは、その辺の認識はだいぶ違うんですかね?

それではご紹介です。

FB_IMG_14112057674982761
グレンゴイン(GLENGOYNE) カスクストレングス  58.9%
ワンショット:1200円
色:赤みがかった濃い琥珀
地域:南ハイランド
BATCH No:002
Cask Type:詳細なし


香りはカスタードやクッキー、かすかな芳ばしさ、ウッディ

味わいはミルクチョコレート、バナナクッキー、スパイシー


しっかりした飲みごたえでパワフル。樽の詳細は分からないが、明らかにシェリー樽熟成を思わせる芳醇な味わいです。
熟成年数も不明だが、若いモルトによくある青っぽさはなくとっても満足です!




レベルストックSNSページ!↓↓
フェイスブックページではお得情報を
ツイッターページでは空席情報をお伝えしております。