2016年09月18日

【シングル】対面リレー

メガガルーラ アイコンガルーラナイト意地っ張り 
秘密の力/噛み砕く/グロウパンチ/不意打ち 

ガブリアス アイコンこだわりスカーフ意地っ張り 
逆鱗/地震/岩石封じ/炎の牙 

ボルトロス アイコンオボンのみ図太い 
10万ボルト/めざめるパワー(氷)/挑発/電磁波 

ファイアローいのちのたま意地っ張り 
ブレイブバード/フレアドライブ/剣の舞/寝言 

キノガッサきあいのタスキ陽気 
タネマシンガン/マッハパンチ/剣の舞/キノコの胞子 

スイクンとつげきチョッキ控えめ 
熱湯/冷凍ビーム/凍える風/ミラーコート 

 
ボルトロス、スイクンで場を整え、グロウガルーラで一気に畳み掛けるのがコンセプト。
何も出来ずに退場という事態は絶対に避け、限られた行動回数でどれだけのアドを残して裏に繋げるかを意識して立ち回ります。 


以下解説
 



ガルーラ@ガルーラナイト 
意地っ張り 肝っ玉(親子愛)
181(4)-159(236)-101(4)-*-102(12)-142(252)
181(4)-192(236)-121(4)-*-122(12)-152(252) 

周りの削りから繋ぎ、削れた相手をグロウパンチで起点に。ガルーラが2匹分以上の活躍ができる盤面を作りあげることを目標にゲームを進めます。
最序盤の削りは対ガルーラを意識したものになるので、先にメガシンカを許した状態でこちらのガルーラを死に出しする場合がほとんどです。そこでメガシンカ前でもキノガッサ抜き程度に配分してあるガルーラの上を取れるよう準速で採用しました。
技構成は行動回数が増える秘密の力、後続に繋ぐ動きが重要なので不意打ち、コンセプトのグロウパンチ、ゲンガーに対しての即効打点で、裏のキノガッサを通すことにも役立つ噛み砕くとしています。




ガブリアス@拘りスカーフ 
意地っ張り 鮫肌
183-200(252)-132(132)-*-105-138(124) 
 
HB…A192メガガルーラの秘密の力+不意打ち耐え
S…最速135族抜き

秘密の力+不意打ちでガブリアスを倒そうとするガルーラを咎める耐久振りスカーフ。
対面寄りのPTには序盤から切り崩しに行く動きも。仮にガルーラと対面してしまっても、先制技orグロウパンチ圏内、あわよくば突破という形が取れるため一つの選択肢としてはありかなと感じました。



ボルトロス アイコン
化身ボルトロス@オボンの実
図太い 悪戯心
184(236)-*-132(236)-145-101(4)-135(32)
 
耐久ライン(すべてオボンの実込み)
A192メガガルーラの秘密の力を2耐え
A177メガガルーラの猫騙し+捨て身タックルを確定耐え 
A194メガガルーラの猫騙し+捨て身タックルが152〜189
C93メガガルーラの冷凍ビームを2耐え

初手に繰り出し、削り+麻痺で裏に繋げます。
環境に蔓延していた秘密の力をメインに据えたガルーラには電磁波を含めて3回行動することができ、その後の展開を楽に進めることができました。
ガルーラに対して10万ボルト×2でグロウパンチが綺麗に2発入る圏内に押し込めるのが美しい。



ファイアロー@命の珠
意地っ張り 疾風の翼
175(172)-146(252)-91-*-89-157(84)
 
H…16n-1
A…振り切り
S…余り

もともとはゲンガーで採用していた枠ですが、ゲンガーが担っていた役割対象(ヘラクロス、クチート、ガルーラ)に対して同じように相手ができるのと、ゲンガーでは明らかに立ち回りに噛み合っていないと感じ、ファイアローに変更。先制技持ちが増えたことで削りからの展開がしやすくなったため、選出の幅が広がりました。
羽休めでじっくり起点にする動きを一度もしなかったので催眠術やキノコの胞子に対応できるように寝言を採用しています。




キノガッサ@気合いの襷 
陽気 テクニシャン
135-182(252)-101(4)-*-80-134(252)

低速を起点に崩します。
運に大きく左右されてしまいますが、胞子から積む動きが単純ながら強く、高耐久のポケモンを崩す際に重宝しました。
また、重めのバシャーモに対しては襷を盾にマッハパンチ2回でガルーラの不意打ち圏内に運ぶことも。
出来るだけ多くの相手に上からキノコの胞子を撃てるよう陽気での採用。




スイクン@突撃チョッキ 
控えめ プレッシャー
183(60)-*-142(52)-155(244)-136(4)-124(148)
 
HB…A192メガガルーラの秘密の力を高乱数2耐え
C…乱数が動かなくなるまで配分
S…準速70族+2

こちらの配分をそのまま使わせていただきました。
ボルトロスをはじめとする電気を誘いつつ返り討ちにして、裏のファイアローを通す動きが強力。
参考元の使い方とは異なってしまいますが、ガルーラの前で動かすことである程度のS判定が可能になり、後続でどう立ち回るかを考えやすくなります。
また、凍える風は冷凍ビームと合わせてオボンボルトロスを倒すためだけでなく、単純にS操作としても優秀でコンセプトにマッチしていたように思います。



〜まとめ〜
交換を全くと言っていいほど挟まない、技はほぼ命中安定、追加効果が優秀など自分から運負けを引き起こす要素がかなり少なく、自然と運が味方してくれる理想的なPTに仕上がったと思います。最後の最後で自身の最高レートを塗り替えることもでき、本当に嬉しかったです。



〜戦績〜
最高レート2153
最終レート2108


rewriter445 at 16:53│Comments(0)ポケモン | PT

コメントする

名前
URL
 
  絵文字