2014年05月06日

2014年05月06日

AF MACRO 100mmF2.8D

ミノルタ AF MACRO 100mmF2.8D

たぶん、僕が撮った写真で気に入っていカットのうち、
大部分を占めるのはこのレンズで撮影したカットです。

僕が写真に凝りだして、特にのめりこんでいったジャンルは
マクロレンズを使った花とか風景を撮影するネイチャー写真で
写真のイロハはほとんどその撮影の中から勉強しました。

そんな訳で、人気の中望遠マクロはあれこれ使ってきました。
シグマ105mm、ニコン105mm、ニコン105mm(VRの方)
ペンタックス100mm、ミノルタMD Rokkor100mm、
それから、ミノルタ AF MACRO 100mmF2.8D
思い起こせば無節操にあれこれ使ってみたものです…。

ミノルタ AF MACRO 100mmF2.8Dはフラグシップの
Gレンズと呼ばれるワンランク上のレンズには分類されていませんが、
写りに関しては決して引けをとらない名レンズです。

シグマほど硬くなく。ニコンより発色が好みです。
ペンタックスはフレアが気になりました。
心残りはタムロンの90mmマクロを使っていないことくらいです。
でも、なんとなくミノルタに写りが似てるような気がするんだよなぁ〜。
(逆なのかもしれませんが…)

092

α-7 DIGITAL、AF MACRO 100mmF2.8D
f2.8、1/1000、ISO100

093

α-9、AF MACRO 100mmF2.8D
f4、1/500、プロビア100F

090

α-7 DIGITAL、AF MACRO 100mmF2.8D
f4、1/250、ISO400

091

α-7 DIGITAL、AF MACRO 100mmF2.8D
f2.8、1/6、ISO800

094

α-9、AF MACRO 100mmF2.8D
f11、1/15、プロビア100F
 

reyrey1919 at 20:00|PermalinkComments(0) 機材