050723_1920~001.jpg柏レイソル0-0横浜Fマリノス
得点者 なし

○塩のときは東海道線の車中、横浜まであと少しというところでした。最初のはわからなかったけど、余震は感じました、ユッサユッサと。結局40分遅れで横浜着。三ツ沢に着いたら6時過ぎてて、ビジター席はほとんど埋まりつつありましたが、なんとか隅っこにスペースを見つけることができました。

試合ですが。
前半からマリノスに攻めたてられ押し込まれること多く、防戦一方の展開を余儀なくされました。波戸欠場で祐三を真ん中にバウルとサツの最終ラインがなんとか持ち堪えてくれました。どこかで我慢できなくなるんじゃないかとハラハラしましたけど。あ、バウル今日もよくスベってましたね、アタマがw
明神もさすがのパスカットも見られてかなり復調してきたようです。守備はほんとだいぶ安定してきたのですが、今日のように押し込まれているところに受けて立つ形になってしまうと、ほんの些細なミスが命取りになるし、選手もストレスがたまるだろうし、体力も消耗するでしょう。やはりもっとこちらから仕掛けてボールを奪っていければ、速い攻撃にも繋がっていくんでしょうが、今日はそれがなかなかできなかった。動けませんでしたね。やはり連戦の疲れがピークに来たんでしょうか。
いったんボールを奪ってもパスが合わなかったりクロスがあさっての方に行ったり。イージーなミスでマイボールを大事にできないシーンも目立ちました。さらに個人技で打開といっても、あっちもあの最終ラインですからね、今日は点を取るのは厳しいなという感じでした。
あちらも攻めてるけど決めきれずという状態でしたが、途中から久保が出てきてボールの収まりどころがハッキリしたのか、そこから終了までマリノスの猛攻。ほんとによく耐えたなー。
終了後は柏レイソルコールと守備陣への声援。なんとか我慢して、しのいでもぎ取った勝点1という感じ。今日のこの結果はもうこれで仕方ないでしょう。

さて、今節で「HOT6」も終わりということに。6試合で2勝3分1敗、勝点9という成績はまずまずでしょうか。最後はちょっと息切れしちゃいましたが。なかなかメンバーが揃わない状況は相変わらずですが、8月に新加入選手を含めてどういう闘いを見せてくれるのか。とにかくプロとして常に積極的に勝負をかけていってほしいです。

それにしても、地震のおかげで電車が大混乱ですね。日付が変わる前に帰るのは無理みたい。家の様子も心配です。みなさんは大丈夫でしたか?