全仏オープン大会期間中ですが、気になるウィンブルドンのシードについてです。

ウィンブルドンは他の大会と違い、過去の芝大会での成績も考慮してシードを決定します。
具体的な決め方を確認してみましょう。

① ウィンブルドン開催前週のエントリーランキングポイント(今年は2016/6/20更新のランキングポイント)
② 過去12ヶ月の芝大会で獲得した全てのポイント
③ ②からさらにさかのぼって過去12ヶ月の芝大会で獲得した最高ポイントの75% 


上記の①から③の全てのポイントを合計し、その合計ポイントでシードを決定します。

分かりにくい部分について補足します。

②と③が一体どの大会を対象としているのか
理解しにくいと思いますので、書き出してみました。
表記が英語なのはご了承下さい。
 
② 以下の大会で獲得した全てのポイントの100%

2015
Nottingham
Wimbledon
Newport

2016
Stuttgart
s-Hertogenbosch
Halle 
London

③ 以下の大会で獲得したポイントのうち、最も多いポイントの75%

2014
s-Hertogenbosch
Eastbourne
Wimbledon
Newport 

2015
s-Hertogenbosch
Stuttgart
London
Halle 

錦織の場合は②が2015年のウィンブルドンで獲得した45ポイントと、今後出場予定の2016年Halleで獲得したポイントの合計になります。
③は2014年のウィンブルドンと2015年のHalleがどちらも180ポイントですが、どちらか1大会だけが対象なので180×0.75= 135ポイントです。

 
ここまで読んでお気づきの通り、結構面倒な計算が必要なのでトップ10までしか試算できていませんが、画像の"Race to Wimbledon"の欄が全仏オープン準々決勝終了時での①から③までの合計点です。

race to wb


「75%」の欄が③、「100%」の欄が②に該当します。
説明が長くなるので深くは触れませんが、昨年の大会の失効ポイントも計算してあるので、これよりもポイントが減ることはありません。

よって現在5位のナダルと1000ポイント以上の差がある錦織は今年のHalle(ATP500)で優勝しても届きません
上位選手の欠場が無い限り、ウィンブルドンは最高第6シードでの出場となります。
Halleで優勝すれば第5シードの可能性も残されています
 
明日以降、最新の試算はランキングサイトで公開していく予定です。

ランキングサイトでは現在アンケートを実施しています。
4つの必須項目は全て選択式で、すぐにお答えいただけます。
既に参考になる意見(配色についてや選手検索機能の必要性について)もいくつか頂いています。
すぐに反映、という訳にはいきませんが、全てのご意見を真摯に受け止め、さらなる改善を目指しますのでご協力をお願いいたします。