現在、アール・ファクトリーの店頭で異彩を放つ(?!)『ウェディングツリー
これも、『ウェルカムボード』の一種なのです。

WT3日本よりも、『人前挙式』が一般的な欧米各国では、この『ウェディングツリー』、ゲストの皆さんに「サイン」をして頂くことで、「この結婚を承認する」…という意味が込められているのです

ゲスト参加型で、尚且つ「世界に1枚」だけのボードになる…ということで、日本でも人気急上昇
「人前挙式」のみならず、受付や披露宴会場に置かれるようになりました。

でも……秋田では、まだまだこれからの雰囲気
人とは違った演出がしたい」…とお考えのカップルさんは、是非是非





最近は「検索ワード」でも、「ウェディングツリー 意味」や、「ウェディングツリー 説明」などでいらっしゃる方が増えてきました
…ということで、本日はこの『ウェディングツリー』について、もう少し詳しくご説明しましょう

下の画像の左側が、最初に納品される状態。枝だけの木に、お二人のお名前や日付が入っています。(額付きです)

そして真ん中は「インクパッド」 これはご自分たちでご用意下さい。
文房具店や手芸店でも販売していますが、100円ショップにもありますよ。

そして、右側の画像は、この『ウェディングツリー』の説明文の、小さいボードになっています。
この「説明ボード」はサービスでセットに含まれております


WT1











「説明ボード」には、「結婚生活で必要だと思うもの」を選んで、その「色」で「指印」をお願いします…と書いています。

たとえば…「愛情」 「笑顔」 「思いやり」 「会話 」「共通の趣味 」「お金」「朝のチュー」 「忍耐」 「ユーモア」 「美味しいご飯」  などなど。
(カップルさんが自由に選んだもの「4つ」で、ボードを作成することができます。もちろん、これ以外もOK)

そして「指印」の横(や中)には、「サイン」を書いて」もらいます。

皆さんに手を拭いて頂けるように、ウェットティッシュも用意しておくと良いでしょう。



WT2











結婚式後には、額に付属している「アクリルガラス」を入れて、インテリアとして飾っておけますよ。


価格は、写真サイズ全紙(約A3)相当で¥8,500。写真サイズ半切(約B4)相当で¥7,500です。
ツリーのデザインも続々増えています、お客様のご希望に応じてアレンジも可能です。

秋田ではまだ珍しい感じの、この『ウェディングツリー』 絶対「来ます
興味のわいたカップルさんは、ぜひサンプルをご覧になりに来て下さいね〜






ブライダル情報を発信しています
フェイスブックも、応援よろしくお願いいたします

FB1

アール・ファクトリー公式Facebook