...の前に工事報告をば
Yさま借家改修工事ですが、ひと段落しました。
今日は細かい作業。巾木をつけたり、廻り子をつけたり、補修をしたり(・∀・)
BlogPaint
巾木
巾木(ハバキ)
→床と壁の
継ぎ目に取り付ける細長い横板のこと。
床と壁の境目になるので、汚れたり、壊れやすい壁の下部を保護するのが目的。
BlogPaint
廻り子
廻り子(マワリコ)
→天井と壁の継ぎ目に取り付ける細長い横板のこと。


大枠の大工工事が終わって一安心です
とはいえ、残りは内装・外装仕上げ工事、住設設置。。
まだまだ気は緩めれません

-------------------

では、「結露」について(*・ω・)ノ
といっても記事のご紹介なのですが。

冬の風物詩??ともいえる「結露」について詳しく書かれた記事がありました

住宅に結露は大敵。健康面でもマイナスが。ほんとはコワイ結露」 
(SUUMOジャーナルより  2013-01-15)

ぬくぬくとした部屋の隅っこでは結露の魔の手が伸びているんですね。。

興味深いこと話は載っていました。。
雨漏り修繕工事の問合せが多いので勉強になります。
「窓ガラスで生じた結露がサッシの隙間から壁の内部に浸入して問題がおきることがあります。あるお宅で上の階から水漏れがあると相談があって伺ってみると、上の階のサッシまわりから結露で生じた水が浸入、階下にしみだしていたというケースがありました」 
まだ私はこういった現場を経験していませんが、知っているのと知っていないのとではお客さんへの提案は全然違うなと感じました。

雨漏りじゃないのに、憶測で屋根や外壁をやりかえる、なんてことがないようにしたいものです。


コップについている水滴も結露だったりしますね(・∀・)つ
冬だけじゃなく夏でも見られる光景ですね。冷たいビールとかジュースとか。
19-3


以上、「結露」についてでした~。