2月8日で完工しました!
19-1
左側が改修工事をさせていただいたお宅
外壁は全面張りかえました

ご報告が遅くなりまして申し訳ないです><
9日には近隣の方々へ完工のご報告にいってきました。
結構近隣の方、現場を見てくれていたみたいで、良い感じになりましたね~と言ってもらえました^^

19-2
西面外壁。一番左の小窓はユニットバスの窓です。造作しました。
その下に見えるのが追い焚き用の給湯器。普通の給湯器よりも二回り大きい。
左右にみえるテラスはポリカーポネイトの波板をとりつけました。左が洗濯機用?右は干し用?かな。

昨年12月24日クリスマスイヴの着工から2月8日の約1ヶ月半の工事。
この間、ほぼ毎日この現場に足を運び、現場の管理や職人さんのお手伝い、ゴミの運搬、職人さんとのコーヒータイム・・・つきっきりだったように思います。

19-4
キッチン。床はクッションフロアで手入れしやすいです。左に見えるのが造作したユニットバス用の間仕切り壁。
[0.5坪の浴室]を[0.75坪のユニットバス]+[0.5坪の脱衣所]にしました。

Yさま借家工事は、【水廻り(ユニットバス、トイレ、洗面)の取替え工事】と【耐震補強工事】がメインの工程でした。

その他にも・・・
・土壁⇒クロス貼り
・アルミサッシの取替え
・畳表替え
・襖の新設
・外壁張りかえ
・テラス屋根の張りかえ
・ハウスクリーニング  等々。色んな工事を見ることができました。

それぞれの工程に当たり前ですが、職人さんがいます。
現場では、工事のこともそうですが仕事のこと、職人さんの家族のこと、遊びのこと、将来のこと、色んなことについてお話します。それぞれの職人さんと。

19-3
和室1。クロスの白に映える柱。良い色にやけていて素敵です。イグサの良い香りも素敵です。
襖と開き戸は新設しました。

ブログにもちょこちょこ書いていましたが、気づきの多い現場でした。
当初、いつにも増して、工程が多いことが「気づきの理由」かなぁと思っていました。
少し時間をおいて、【Yさま借家改修工事】を振り返ってみると違うかもと思うようになりました。
「気づきの理由」は実は、いろんな方とお話をしたことだったりするんじゃないかと。
 
19-5
和室2。この光の入り方が好きです。ここでひなたぼっこしたい気分。

「現場はいろんな人に会えること」
・・・今回の現場での大きな気づきです。

現場に関わってもらった職人さんの人数を数えてみました。
大工さん、板金屋さん、水道屋さん...
採寸に来た方、取り付けに来た方、器具を納品してくれた方...
ざっと30人(私が現場でお会いした方)

この人数に近隣の方の方の人数を加えるともうすごい人数です。

現場で事務所でとにかくテンパっていた私ですが、何かと周りの方に助けてもらってなんとか完工までこぎつけました。
ありがとうございました。

先日、施主さんにも引渡しを終えまして、巣立っていきました。
この現場での気づきを次の現場でいかします。


以上、遅くなりましたが住田からの完工報告でした。