こんばんは、営業の住田です。イベント2日目終了しました。
13-2
出展者一斉帰宅。お疲れモードですね・・・

僕も含めて出展者の方々、疲労感ただよってましたね。1日中立ちっぱなしなのでしようがないですが。明日は最終日なので、悔いのないよう出し切ります!お時間ある方ぜひご来場くださーーい^^/ポートメッセなごや第2展示館[27-20]です。
10時~17時までです。終了時間が最終日は違うのでご注意ください!
BlogPaint
説明中(武藤撮影)

ここ2日間で、展示会での説明のやり方や気をつけないといけないなと感じる部分がありました。毎年展示会に出展しているので改めて気づく部分もありますね。

毎日のことですが、その日の一人目が大事。
何度も展示会は経験していますが、話しかけるのには勇気がいります。少し照れもありますしね。開始が10時なのでなるべく早く一人目にアタックした方がいいです。早いうちに説明しないと(声を出す)、一言目が出なくなるしだんだん話しかけづらくなります。早め早めっす!

知っている知識をそのまま話しがち。

来場者さんの知りたいことはそれぞれ違うのに、決まった流れで説明している時があるなと。「説明しないと!!」と話すことに注目しがちだけど、まずは「聞く」を意識しないとですね。お話しながらその方のお困りことも見えてきますし、その方があとあと良いご提案ができる気がします。聞くの大事!

説明よりも体感してもらう方が伝わりやすい。

「遮熱」の説明をするとどうしても難しくなるけど、体感ボックスを触ってもらうとすんなり伝わるのでうまく展示物を使って説明した方がいいですね^^実物を見てもらうと、お互いに同じものをイメージできるので伝えたいことも伝わりやすいです。触ってもらおう!

何か問題意識をもってる方は目線でわかる。
今回は、「暖機運転時間短縮」、「定温工場で加工精度UP」等、製造業の方がお困りになっている言葉をブースの壁面に大きく載せてみました。その文字を見て、立ち止まってくれたり、歩くのがゆっくりになる方が多いです。目線の動きで、「この人は興味あるな!」、「この人だ!」と思ったらその方にアタックしています。そうすると説明を聞いてくれる確立が高いです。目線に意識っす!


以上、明日もこの点を意識して頑張ります!!!


追記
僕が勝手に感じていることですが・・・
2日目くらいから近所のブースの方と変な一体感が生まれるんですよね。毎日顔を合わせると、結束が強くなるんですかね。近くになったのも何かのご縁なので明日は合間に製品や技術などの説明を聞きに行ってみます。