こんばんは、営業の住田です。
今日は、営業・武藤の現地調査に同行してきました!
風が強く屋根の上はかなり危険でしたね(^^;
ホント気をつけないと大惨事です。。


さて、雪害のお問合せまだまだお電話いただいております。

現地調査に伺うと、だいたいが樋が壊れてたり、瓦がずれていたりします。

明らかに変形している場合はわかるんですが、
樋と樋のつなぎ目に亀裂が入ってる場合なんかは、
雨の日に見てみないと、樋から雨水が漏れてるかどうかの判断がつきません。

亀裂ってホント見えない。。

目が悪いわけじゃないですよ!


「漏れてる→つなぎ目に亀裂 or 接着剤が取れてる→修理が必要」
 ・・・という流れですかね。

だから、今日みたいな晴れの日はわからない場合もあるんですよ( ̄ロ ̄|||)




さて、雪害のお問合せで、現地調査に伺った際、
お客さんからこういうお話をいただくことがあります。


「雨の日に水が溢れるんです・・・、雪で樋が壊れたんだと思います」


確かに、雪の重みで樋が変形していたり、
勾配(こうばい)がうまくとれていなかったりすると
雨水はちゃんと流れてくれません・・・


なので、修理が必要になるわけですが、、、


こういう現場もあるんですよね↓↓↓

うまく雨水が流れないということで、
屋根にハシゴをかけて、樋の変形などをチェック。


樋に水がたまっています。

近くにはボールが・・・。


(もしかして・・・詰まり??)

16

近寄ってみたら、詰まっていました、ボールが。。



小さいころ、屋根にボールを投げて遊んだな~

「はりつけ」とか「しけい」っていう遊びらしいですね。
ネットで調べました。

僕もよく詰まらせてたな・・・(回想)・・・





あ、、、話し戻しますね、失礼しました(^^;


集水器(水が集まるところ、写真の奥に見える飾りのついたマス)
にボールが詰まっていて、それとともに泥が堆積。

雨水が流れるのをせき止めていました。

ハシゴを近くに寄せて、ボールを取ったらうまく流れてくれました!

ひとつ解決^^/


よかった~



1月の大雪で色んなところが壊れたという方多いですよね。

あっちもこっちも、

「全て雪が原因」、「取り替えないと直らない」、「出費が・・・」


あーーーーーーー(; ̄Д ̄)

って。

でも、そうでもないですよ!

今回のように、ものの2、3分で解決することだってありますからね^^



そんな現場があったので、今日はブログにしてみました。

以上です。