映画『ダンケルク』を観てきました!!!!!
ひっさびさの映画で実に6ヶ月ぶり。今年3本目の映画ですかね。
前回は、3月でした。⇒レイトショーで映画にどっぷり浸かる
21-1
「dunkirk」

お客さんに「ダンケルクいいぞ!あれは今年一番だな」って教えてもらってその情報だけで、観にいこうと決めました。もともと週末は、「関ヶ原」を観にいこうかなと思ってたんですが、お勧めされたら観にいかないとね^^


『ダンケルク』について、CMで少し情報は入っていました。といっても、「戦争映画」、「泣ける」、「何か歴史的にすごいこと」、「クリストファー・ノーラン作品」それくらいの情報。

「観てたらなんとなくでわかるでしょ」って思って映画館へ行ってみた。


率直な感想は、「失敗した・・・」です。

初っぱなから、ここどこ?ダンケルクって地名なん?兵隊めっちゃおるわ~、何かから逃げてる?どことどこの戦争?いつの話??????

…わからんことがが多すぎた(汗)


映像はものすごい迫力でしたよ。実際に人が死んでく様子もあったり、戦闘機が爆弾を落とすシーンもあって、戦争映画だなって思いましたけど、何せ、内容を推測するのに精一杯で作品そのものを楽しめなかった。

これは、教訓にせねばと思いましたね。


映画見る前に、どこが舞台なのかか、背景。史実にもとづく作品ならネットでその辺を調べてみるとかね。そうすれば、感動するだろうし、泣けるだろうし、「あのシーンの彼はこんな思いだったのかな」とか作品そのものの感想を言えたりするよね。


クリストファー・ノーラン氏を映画観たあとで調べてみたんですが、最近だと、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『インターステラー』を手がけていました。

「バットマンvsスーパーマン」は映画館で観ました。そう考えると、監督が誰かってあんまし関係ないのかも(僕にとってはという話です)。


そんな感じで、久々の映画鑑賞は苦い思い出になったという話でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます^^

以上です。




いろいろ書きましたが、これ観たらOKやと思います。
これ観て映画館へGO!!