こんにちは、営業の住田です。

めっきり、朝方が寒くなってきましたね…
風邪ひかないように気をつけないと!


さてさて、寒くなるにつれて、ストーブがだんだんと恋しくなってきましたね^^

以前よりペレットストーブの普及にご協力いただいている方より、「イベントでペレットストーブを紹介したい」とご要望があり、この度、10月21日(日)に出張ペレットストーブ体験を開催することになりました!!

2018.10.17-4
当日は輻射式ストーブ(RS-4)を持参


親子田んぼ体験

参加させていただくイベントは、「親子田んぼ体験」(※スクロールしていくとイベント詳細が載ってます)という「四日市公害と環境未来館」さん主催されているイベントです。会場は四日市市内部でまちかど博物館として利用されている『竈の家』さんです。

かまどの家とは…
築110年を越える民家です。通り土間のある「田の字形」民家の特徴をそのまま残しています。また、大正末期から昭和初期にかけて作られた、レンガ造りのかまども健在です。
 この空間を活かし、「かまどの家」の保存・活用に力を貸してくれる有志の集まり「かまどの会」の運営で、昔ながらの日本の文化や暮らしを体感する交流スペースとした活動をしています。(暮らしを楽しむ竈の家HPより引用)
2018.10.17-2
会場の「竈の家」、肝心の「カマド」を撮り忘れてました(汗

春から開催されており、5月に田植えをし、9月上旬に収穫した米を、カマドで炊いて食べるというもの。9月に行われた稲刈りの様子がレポート記事になっていましたので、興味がある方はこちらをぜひ⇒親子田んぼ体験「小学5年生が稲刈り体験」

2018.10.17-1
薪の保管場所、実際に使われてるんでしょうね
2018.10.17-3
土壁で作ったピザ釜、これは薪が燃料みたいです


現代版の里山保全~ペレットストーブという選択肢

昔と今とで、森林や里山などの自然と関わり方の違いにふれ、その中で現代版の里山との付き合い方のひとつとして、木質ペレットという燃料のことや、それを用いたペレットストーブを紹介いただきます。

30名を超える参加者さんがいらっしゃるようですが、おそらく初めて見るかもしれないペレットやペレットストーブに一人でも多く方に興味をもってもらえるようにしたいと思います!!

木質ペレットやペレットストーブの良さや雰囲気、使い勝手をしっかり伝えてきます^^


募集は締め切られているので、当日参加はできませんが、「こんな活動もやってますよー」ということで、ブログ書かせていただきました。

イベントの様子は可能な限り写真撮って後日レポートいたします!!