「梅雨入り前までに・・・」

とお問い合わせの際にお伝えいただくことが増えてきました…
屋根、外壁等々、外装工事の専門工事店としては、今が踏ん張りどころというわけですが、工事部暑い中毎日がんばってくれています。

僕の現場では、三重県菰野町にて、車庫の雨漏り修繕工事がスタートしました。
「折板屋根」といいます。鉄板のギザギザ屋根です。

写真でもわかるように、だいぶ錆びてきてますが、今回はそこが一番の理由ではなくて、葉っぱが「雨とい」に詰まって、雨漏りしているのが工事の理由です。
2019.5.29-5
右にあるのが新しい屋根


家の周りに木々が立ち並んでいて、常に葉っぱが屋根に落ちるような状況でした。屋根に落ちた葉っぱがそのまま樋に堆積して、雨水が流れず、あふれ出てしまっていました。
こちらの場合、「雨とい」が車庫の中におさまっているので(←うまい説明ができずすみません)、水があふれるとそのまま車庫の中にビシャーーーーっと雨漏りにつながっていたわけです。

2019.5.29-6
水下側。屋根を四方囲んでいる壁。


なので、今回の工事では、「雨とい」を車庫の外に設置するために、屋根を囲む壁の1面を壊します。その後に、今の屋根の上から新しい屋根を重ね葺きしていく流れです。

2019.5.29-7
こんな感じです。


昨日の雨でも、樋に詰まった葉っぱが原因で、雨漏りしていました。ちょうど現場に来てたので、取り急ぎ、樋に入ってた葉っぱを取り除けたので何とかなりましたが・・・

早めに解決したいと思います!!!


雨漏り修繕のご相談はこちらのページからお問い合わせいただけると幸いです。
https://www.reformclub.co.jp/