四日市市内で雨漏り修繕工事をさせていただきました!!

あまり利用しない屋上へ行く階段。
見上げると「天井の塗装が剥がれていた」「雨染みがあった」とのことで、お電話いただきました。



ビルの階段室(ペントハウス)で雨漏り発生

ここはペントハウス(塔屋)という建物の屋上につくられた簡単な小屋(参考ページ:SUUMO住宅用語大辞典)。階段室や機械室、給水タンク置き場として使われることが多いです。

屋上に上がっていく際に階段の天井を見てみると雨漏りが発生しました。


2020.10.3-4


2020.10.3-7




モルタルの細かなクラック&あご裏(立ち上がり部分)が原因

今までも同じような状況で雨漏りをしている現場を見てきたので、原因としては、モルタルのクラックとあご裏のクラックと判断しました。クラックを塞ぐために、防水塗料を塗るご提案をさせていただきました。

2020.10.3-3
↑コケが生えているあたりが「あご裏」です


ドレンまわりに泥が堆積

これも原因の一つ。

「ドレンまわりの泥」←これがあると、屋根に降った雨水が、うまく排水されません。でも、あまりチェックできない屋根の上って、こんな風に堆積してしまうんですよね...

2020.10.3-5


2020.10.3-2



ウレタン防水で雨漏り修繕完了


まずは、高圧洗浄機をつかってコケや堆積した土の撤去。表面をきれいにする作業からスタート。防水塗料の接着をより高めるためにはこの下地処理がとても重要です。
2020.10.3-1


仕上がりはこのような感じになります。ウレタン塗料を塗ることで、モルタルの防水性能を高めました。
2020.10.3-6


前回のブログでも書きましたが、雨水を外に排出する機能が正常に働かないと、溢れてしまって雨漏りにつながることがあります。雨といは高い位置にあるので、なかなかチェックはできないと思いますが、2階の窓からのぞきこんだり、脚立を立てて1階の屋根を見てみたりしてみてください。

ちょっと難しいな…という方は業者さんへ屋根チェック・雨樋チェックを依頼してみてください!