四日市で働く屋根・外壁リフォームの営業マンのブログ

三重県四日市市でリフォーム工事の営業マンをしております。屋根・外壁の修繕工事、暑さ・寒さ対策工事が得意。私が担当したリフォーム工事の気づき等発信していきます。映画や喫茶店、本等、趣味の話もざっくばらんに(主に休日に更新)。

カテゴリ: 自然災害

こんにちは。営業の住田です。
順番に台風で被害のあったお宅へ修繕に伺っております。
今日は、高所作業車を使って、雨といの掛けかえ工事でした。
2018.9.15-1
足場を設置すると、工事前後、工事中は出入り等でかなり邪魔になってしまいます。
あとは、足場の設置費用がかからない(※高所作業車の費用はいただいております)ので、現場によりけりですが、駐車するスペースがあれば、高所作業車を設置して工事を行うこともあります。


作業車に乗せてもらって仕上がりのチェックをさせてもらうのですが、当たり前だけど職人さんの動けるスペースはゴンドラの中だけなので、普段の作業よりも手間がかかってしまうなぁと。
こういうことも含めて、現場ごとに段取りを進めていくのも僕の仕事だなぁと改めて考えさせられました。

そんな僕は、交通整理をしながら、工事の立会い。
簡単そうに見えて、左右両方から車がやってくるとテンパってしまうのでした…

こんにちは。営業の住田です。
台風21号の被害は今年の台風の中では一番大きいですね。いたるところで、壁が剥がれていたり、屋根が飛んでいたり…
早急な対応が必要なお宅ばかりです。弊社スタッフ全員で対応に当たっておりますが、なかなか追い付かないのが現状。お困りの方、多数いらっしゃるかと思いますが、今しばらくお待ちいただけると幸いです。

ホームセンターに行くと、ブルーシートや土のうが品薄状態。とりあえず、この雨を乗り切らなければ…台風が来て晴れ間が続くかと思いきや、そうでもないようです。雨が入らないように、応急処置のため、行けるところにはブルーシートを持って、屋根の上にかぶせたりしています。

昨日は、スレート倉庫の屋根が飛んだところへ・・・
2018.9.7-2

2018.9.7-1

明かり採りを差し替えてくれる職人さん方が見つかりません。とりあえずの応急です…
直しにいきたいけど、行けないもどかしさは、昨年の大雪の頃を思い出します。
弊社スタッフも対応に走り回っております。ご不便…どころではないでしょうが、何卒、よろしくお願いいたします。




こんにちは。営業の住田です。
台風21号、三重県に急接近とのこと。家の周りにはものを置かないように注意してください。家の中になるべくものを仕舞っておきましょう。

さて、8月にきた台風の影響で、雨漏りしたお宅の雨漏り修繕に行ってきました。
陶器瓦の棟付近。屋根に上がって確認してみると、瓦の割れを確認しました。

2018.9.3-2
▲割れの部分にコーキングで補修の跡あり

補修のあとは見られましたが、上塗りしているだけ…
瓦の重なった部分や漆喰近くにはコーキングは打たれてませんでした。

瓦屋根は瓦の下にあるカベ土のおかげで、割れから雨水が入ってもある程度は吸い込んでくれるんですが、許容量を超えると室内に浸水していきます。

長雨となると、やはり雨漏りは起きてしまいますね。
2018.9.3-1
▲差し替え完了

ここ以外にも2、3箇所痛んだ瓦があったので、あわせて差しかえしておきました。

ここのお宅では、瓦の割れとは別に、1年前に施工した「漆喰の塗り」が原因で雨漏りが起きていました。これに関してはまた別の記事で書きます。

取り急ぎ、大型台風が接近してますので、外出は極力控えて、過ぎ去るのを待ちましょう!
ご安全に!!


雨漏り修繕のお問合せはこちらまで↓↓↓
雨漏り修繕のお問合せはこちら



台風21号の雨、風ものすごかったですね。日曜の夜はエリアメールがばんばん入ってきて、いちいちビクってなんてました。22号も接近中ということで、明日はどうなるんでしょう・・・日曜のマルシェどうなるんやろう・・・



さて、台風一過で晴天が続いて、久々に気持ちよく過ごせそうだと思ったのもつかの間、
【雨漏り】のお電話がどっと・・・
9月にも2、3回台風来ましたけど、その時はあまりお問合せなかったんですよね。今回はちょっと多い気がします。

「雨漏り」のお問合せの場合、室内をチェックした後、可能な限り屋根にあがって状態をチェックします。今のところ、瓦屋根のお宅で雨漏りしているところが多いような(住田調べ)。

屋根に上がると、色々と気づくことあります。漆喰が取れてたり、瓦がずれてたり。今回、現場回ってる中で、気づいたんですが、意外と屋根って見ないんだなってこと。雨漏りの原因を調べるために屋根のぼってみると、台風では壊れないようなところが壊れてたりするんですよ。今年の1月大雪降りましたよね?このブログでも何度か書きました。

これとか。
25-1
瓦ズレ
これとかね。
28-1
集水器の破損

おそらく雪の重みなんでしょうね。

お客さんに、「瓦ずれてますよ」、「樋壊れてますね」って伝えると、「そうなの?知らなかった」って感じで。まぁ生活に支障が出てないんならいいんでしょうけどね。生活していて屋根にあがることってそうそうないと思うんで、こういう時じゃないと不具合って気づかないのかもなぁ。


他の板金屋さんで、屋根診断とかしてるところあるけど、うちもやった方がいいのかも。雨漏りしてなくても、ちょっとうちの屋根見てよ!って方いましたら、ご一報ください^^

お問合せフォーム

台風で飛ばされた屋根の復旧工事完了しました!
僕ははしごを支える係り。一番近くで工事の手順を拝めました^^
6-1
きっちり寸法出して施工されていました、勉強になりますね

割れているところから雨が入ってきて、ベランダがびしょ濡れだったらしく、ご不便をおかけしていました。これで完全OKです!!


さて、先日の台風から『雨漏り』のお問い合わせが増えてきましたね。。
6月の梅雨時期と台風シーズンはやはり多いです。

年間を通して、弊社のお問合せの多くが『雨漏り修繕』
今の時期は、屋根にのぼることが増えます。

雨漏りの現場に伺うと、うっすら雨染みがあるところもあれば、天井が落ちかかっている酷いところも。

「家は大丈夫だろうか」、「カビが生えるのではないか」、「シロアリは・・・」等々、色々と不安を抱えて弊社にお問合せくださいます。

『雨漏り』というのはなかなか修繕が難しい案件です。不安な気持ちをなるべく早く解決できるように、きっちり工事をしてお困りごとを解決できればと思います。


なかなか工事に伺えていないお宅もあり、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、こちらも早く完了できるように努めます。


今日は以上です。

↑このページのトップヘ