四日市で働く屋根・外壁リフォームの営業マンのブログ

三重県四日市市でリフォーム工事の営業マンをしております。屋根・外壁の修繕工事、暑さ・寒さ対策工事が得意。私が担当したリフォーム工事の気づき等発信していきます。映画や喫茶店、本等、趣味の話もざっくばらんに(主に休日に更新)。

カテゴリ: 板金

こんばんは。営業の住田です。

先日、完了になった屋根工事(ECO遮熱工法®)ですが、別件でご相談いただきました。


「隙間が空いてて、
台風の時に雨が吹き込んでくるんです」



屋根と外壁の間。
スレート屋根が波型をしているので、隙間が空いてます。

普段の雨なら大丈夫なんですが、
巻き込むような雨の場合はここに水が吹き込んで室内に雨が入ってくるそうです。
2019.1.16-2
工事前


そこで、今回は、板金と波型をしたパッキン(ケミカル面戸)を使って塞ぎます。
2019.1.16-3
工場にて制作

2019.1.16-1
完了

工場の暑さ対策と雨漏り対策完了です!!
この隙間塞ぎの工事って、こちらの工場だけじゃなさそうだなと。
こういう、スレートの屋根・外壁で出来ている建物はもれなくこの状況かな。
隣に建物がないと、吹き込みありますね。

同じように雨漏りでお困りの方、いらっしゃいましたら、ご相談ください!
この工事には、足場が必要ですので、その点あらかじめご了承ください。

以上です。



暑さ寒さ対策のご相談はこちらのページから…
ECO遮熱工法®

久々に晴れ間がのぞきましたね!
お布団や洗濯物を干しているおうちをたくさん見かけました(^^)

また明日から天気悪いみたい(今もすでに降り始めてますが…)なので、ホント『束の間』のひと時でしたね(-.-;)

さて、今日はこんな写真を撮ってみました!!ハンダ付け中の西野くんです。
image


今はあまり見かけませんが、『ブリキの衣装箱』です。こちらの留め金修理をご依頼いただきました。

以前、弊社に別の衣装箱の修理をお願いしたことがあるようで(僕が入社する前のご相談でした)、「前と同じようにハンダで留めてほしい」と箱を持って来社されました。

最近では、こういう箱を作る仕事もなかなかありませんが、昨年まで板金学校(ハンダ付けも授業カリキュラムに入っています)で勉強していた西野くんに今回は修理をお願いしました。

以前衣装箱を修理してくれた職人は退職しておりませんが、弊社の板金職人が一つの箱でこうして繋がっていることに何かすごいなぁと感心しました。

今回は「ハンダ付け」でしたけど、板金の仕事、技術というのは沢山あります。僕も知らないことだらけです。

色んな現場で、おそらくお客さんには気づかれないところで、板金の技術が散りばめられていると思います。


ブログを書いていて、工事幕の言葉を思い出しました。

「伝統・技術を伝える」
image



こういった仕事をまたご依頼いたいただけるようになりたいなぁ・・・なんて思いながら今日は締めたいと思います。


台風が近づいていますね^^;
外回りの片付けをやっておいた方がいいかもしれません。
みなさん、ご注意を!!

↑このページのトップヘ