四日市で働く屋根・外壁リフォームの営業マンのブログ

三重県四日市市でリフォーム工事の営業マンをしております。屋根・外壁の修繕工事、暑さ・寒さ対策工事が得意。私が担当したリフォーム工事の気づき等発信していきます。映画や喫茶店、本等、趣味の話もざっくばらんに(主に休日に更新)。

タグ:屋根工事

伊藤鈑金工作所主催の「暑さ対策セミナー」のチラシが完成しました!!
これから関係各所にお届けしますよ~♪

7月23日(火)・8月24日(土)の2日開催します。
両日ともに同じ内容のセミナーですので、どちらか来場可能な日程でご参加いただけると幸いです。

2019.6.20-2
画像にリンク、「暑さ対策セミナー」のリンクをはってます


工場・倉庫向け 夏快適に働くための
「暑さ対策セミナー」

《日程》
2019年7月23日(火)・8月24日(土)
14時~16時(受付・開場13時半)
参加費:無料

※お申し込みが必要です
専用サイトより、お申し込みください!!

《内容》
・暑さの原因
・3種類の熱の伝わり方
・暑さ対策に必要な”遮熱”という考え方
・㈲伊藤鈑金工作所の暑さ対策工事について

《場所》
イールーム 名古屋駅前
(愛知県名古屋市中村区名駅3-12-14 今井ビル5F) 

※本ビルに駐車場はございません。
お車でお越しの際は、近隣の有料駐車場をご利用ください。

《定員》
各30名

暑さ対策セミナー」の詳細はこちらのバナーをクリックしてご確認ください!!
2019.6.1-1


「梅雨入り前までに・・・」

とお問い合わせの際にお伝えいただくことが増えてきました…
屋根、外壁等々、外装工事の専門工事店としては、今が踏ん張りどころというわけですが、工事部暑い中毎日がんばってくれています。

僕の現場では、三重県菰野町にて、車庫の雨漏り修繕工事がスタートしました。
「折板屋根」といいます。鉄板のギザギザ屋根です。

写真でもわかるように、だいぶ錆びてきてますが、今回はそこが一番の理由ではなくて、葉っぱが「雨とい」に詰まって、雨漏りしているのが工事の理由です。
2019.5.29-5
右にあるのが新しい屋根


家の周りに木々が立ち並んでいて、常に葉っぱが屋根に落ちるような状況でした。屋根に落ちた葉っぱがそのまま樋に堆積して、雨水が流れず、あふれ出てしまっていました。
こちらの場合、「雨とい」が車庫の中におさまっているので(←うまい説明ができずすみません)、水があふれるとそのまま車庫の中にビシャーーーーっと雨漏りにつながっていたわけです。

2019.5.29-6
水下側。屋根を四方囲んでいる壁。


なので、今回の工事では、「雨とい」を車庫の外に設置するために、屋根を囲む壁の1面を壊します。その後に、今の屋根の上から新しい屋根を重ね葺きしていく流れです。

2019.5.29-7
こんな感じです。


昨日の雨でも、樋に詰まった葉っぱが原因で、雨漏りしていました。ちょうど現場に来てたので、取り急ぎ、樋に入ってた葉っぱを取り除けたので何とかなりましたが・・・

早めに解決したいと思います!!!


雨漏り修繕のご相談はこちらのページからお問い合わせいただけると幸いです。
https://www.reformclub.co.jp/

どうも、営業の住田です。

写真UPが遅くなってしまいましたが、先日、ブログに少し書かせてもらった屋根工事が完了しました。
先日のブログはこちら⇒「


2019.4.23-2

場所:三重県四日市市
既存屋根:セキスイかわらU
新設屋根:CERA-FLATⅡ(三州野安株式会社)(色:ブラック)

当初、瓦をめくった後、上から下地のコンパネをさらに貼る予定でしたが、もともとの下地がまだしっかりしていたので、工程を変更し、防水紙(ゴムアスルーフィング)だけを上から重ねて貼って新しい屋根材を載せ変えました。

2019.4.23-1
瓦をとめる桟を取り付けた時の写真

足場を設置したので、足場がある内に行える工事も同時に。トタン部分の錆びが目立っていたので、塗装工事も行いました。

古い屋根は割れがひどかったので、屋根を葺き替えて正解でした。




リフォーム倶楽部ホームページ
http://www.reformclub.co.jp/

築3、40年の古いお家。
大雨の日にはじゃーじゃーと雨漏りするということで、修繕工事のご依頼いただきました。

こんにちは、営業の住田です。

明かり採りとして使われていた波板は「グラスファイバー(ガラス繊維)」のもの。触ると、ぼろぼろと割れやすい。この素材が割れやすいというよりかは、劣化でぼろぼろになってる感じ。今でも、グラスファイバーを使って屋根材って販売されてるから、一概にそれがダメってわけじゃないけど、劣化はひどいものです。。。

2019.2.21-2


屋根の勾配(角度)によって使用する屋根材は選ばないといけません。
今回の場合、勾配がゆるいので、波板だと不向き…

いったんめくって、下地をやりなおしてから、勾配がゆるくてもOKな屋根材に変更します。
2019.2.21-3

2019.2.21-4

垂木を新しく設置して、コンパネで屋根の下地を。
防水シートをして、養生のためにブルーシートを張って下地工事は終了です。
2019.2.21-1


屋根が仕上がったらまたUPします!
ではでは^^

足場解体と共に、屋根工事(ECO遮熱工法®)完工です!!

1月末までにとお願いされていた現場でしたので、無事工事を終えられてホッとしております。
2019.1.21-1

今回のご依頼は、「夏の暑さをどうにかしたい!!」とのことでした。
ですので、効果を実感できるのは半年先ですね…
その時は、またブログでご紹介させていただきます。楽しみにしておきます^^


ただ、今回屋根にECO遮熱工法®を施工しているので、冬も効果があるんです!!

屋根からの冷気が降りてこない+工場内の熱が逃げにくくなる※ので寒さも軽減されるはずです。
※工場内には加工機などの熱源があります


働く場所の環境改善としてこれからも、お困りの方のお役に立てるようにがんばっていきます!!

暑さ寒さ対策の詳細ページはこちら
https://eco-reform.biz/

↑このページのトップヘ