四日市で働く屋根・外壁リフォームの営業マンのブログ

三重県四日市市でリフォーム工事の営業マンをしております。屋根・外壁の修繕工事、暑さ・寒さ対策工事が得意。私が担当したリフォーム工事の気づき等発信していきます。映画や喫茶店、本等、趣味の話もざっくばらんに(主に休日に更新)。

タグ:山本さん

おはようございます。
担当しているお宅の外壁工事がスタートしました。
9
▲長めの角波(外壁材)を3人がかりで取り付け中

連休明け一発目ということで準備等々少し心配でしたが
工事部リーダーの山本さんが休み前に
きっちり準備してくれていたので無事に着工できました。

今週は天気が悪そうなので工事の進みが悪いですが
できることをコツコツ進めていきます!

 

おはようございます。
今週は雨漏り修繕の工事をさせていただいております。
写真は工事部の山本部長です。


14
▲既存の屋根材、下地材をめくり新しくルーフィング(防水紙)を施工中


13-2
▲形状、流れの変わる箇所(=谷)に谷樋が入っていません

瓦屋根と増築部分の屋根の納まりが悪く
雨漏りをしているお宅です。

以前、工事させていたお宅と原因が似ていましたので
同様の施工方法で今回は雨漏り修繕しています。

お客様の心配事がなくなるように雨漏りをきっちり直したいと思います!

 

痛みの激しい外壁を補修する工事をやりました。
ガルバの外壁材を使用した重ね張り工事です。

▼工事前です。
9-3

既存の外壁はサイディング。
何度か塗装されていましたが、劣化が進み
表面が剥がれ落ちている箇所アリでした。

▼工事部長の山本さんが工事に入ってくれました。
9-1

9-2

サイディングの上から①防水シート、②木下地を取り付け
ガルバリウム鋼板の角波を重ね張りしました。

今回は、部分的な施工でしたが、次回工事がやりやすいように
つなぎ目部分を少し工夫しました。

これで雨漏りや外壁材の剥がれはなくなりました。
雨が降る前に完了できてよかったです。


 

二人で雨とい(たてとい)を取り付け中。
工場で使う雨といはサイズが大きく長いので取り扱いが大変そうですね。
ちなみに住宅だと直径が6~7cmくらいで長さが3m弱ですが、今回のものは直径が約12cmで長さが4mです
24
▲上で山本リーダー、下で工事部2年目の悠人くんの共同作業
いつもやっている工事なので私が思っている程、大変ではないみたいです 

落ちないように支えながら、軒どいとジョイントさせて、壁に取り付けたバンドで固定。
暖かかったせいか、接着剤の乾きが早いので工事部リーダーの山本さんも若干焦ってました 

昨日で無事雨とい工事は完了。

ここの現場は残り、屋根の棟やケラバ等に加工した板金を取り付けて
雨仕舞いをして完了です。
天気が続いて工程通り、順調に進んでいるようです。



昨日はお昼間は久々に暑さを感じましたね
これからだんだんと暑くなってきてバテやすくなってきますので
安全作業で元気に工事をやってもらえるように工事部をサポートしたいと思います!!


19
▲慈人くん作業中

写真には写っていませんが中島くんも一緒に作業してます。
昨年4月に入社した慈人・中島の新人ぺアです。

隣家があるので作業が大変そうです(汗

既存の波トタンをはがして、新しく角波(ガルバリウム鋼板)を張る工事。
19-3
▲施工前 波トタンが張ってありました
19-2
▲外壁下地:透湿防水シートを貼って木ドウブチを取り付け

トタンをめくると、壁土が見える状態でした。
今回は透湿防水シートを貼って2次防水もきっちり施工させていただきました。
(外壁の水平、垂直を出すために下地のドウブチもやりかえました) 

完了の写真は工事部リーダーの山本さんのブログにて!

無事完了して、施主さんにも喜んでもらえてよかったです。

↑このページのトップヘ