四日市で働く屋根・外壁リフォームの営業マンのブログ

三重県四日市市でリフォーム工事の営業マンをしております。屋根・外壁の修繕工事、暑さ・寒さ対策工事が得意。私が担当したリフォーム工事の気づき等発信していきます。映画や喫茶店、本等、趣味の話もざっくばらんに(主に休日に更新)。

タグ:谷樋

こんばんは。営業の住田です。
明日は祝日ですね。「文化の日」のようです。

その日が何をお祝いする日なのか、わかっている人少ないんじゃないかな・・・
僕もその一人。たまたま新聞に書いてあったので調べてみました。
1946年に、平和主義・国民主権・基本的人権を宣言した新憲法に基づき、この日を記念日にしました。現在でも文化の日には文化を称える行事として、皇居で文化勲章の授与式が行われます。また文化の日を中心に、文化庁主催による芸術祭が開催されています。 日本いろは事典より引用
日本国憲法が公布された日のようですね。
ちなみに、施行されたのが翌年の5月3日ということで、
この日を「憲法記念日」として祝日になっています。

これもネットで知りました。。無知ですね(汗

、、、文字が多くなってしましました。

つまりは、
文化の日⇒芸術や文化を楽しむ日

博物館、美術館、映画館、、、
天気もよさそうですしお出かけしてみてはいかがでしょう^^

芸術の秋ですしね♪

僕は映画見てきます!!!



全然関係ないですが、この前雨漏り修繕に行ってきた現場の写真を載せますね!
山本部長と伊藤(慈)ペアで箱樋(谷樋)を取り付けている様子です。
母屋と増築の間に以前取り付けてあった谷樋では
水が溢れて(オーバーフロー)しまっていたので、底の深いものに取り替えました。
2-1

こんばんは。営業の住田です。
今週も1週間終わりましたね。早かったな~

さて、順々に雨漏り修繕に回らせてもらっています。 
先日は台風で雨漏りしたお宅へ。

母屋と増築部分のつなぎ目に大きな谷樋が取り付けられていたんですが
どうやらここが原因だったらしく
新しいものに取替える工事をしました。
15-1
部分的に銅が変色して緑青になっているのがわかりますかね?
これが水が伝った跡です。

ちなみにこの板はステンレスに銅のメッキがされている板です。


おそらくここだろうなと思って、工事に入りますが
やはり、めくってみないとなかなかわからないことが多いです。

こうして確認できて、原因がここ!と確定できてよかったです。
お客様にもこの板を見てもらって説明させてもらしました。


雨漏り修繕の現場は一件一件、原因がそれぞれ違うので
毎回、職人さん達と頭を悩ませています(^.^;)

おはようございます。営業の住田です。 
日曜日ですが、こちら予約で投稿しております。
23-1
強風、大雨をもたらした台風16号。
早速、雨漏り被害のご相談が入りました。

普段は雨漏りしていないけど、今回雨漏りしたとのこと。
台風なので強風による吹き込みが原因かなと考えましたが
今回は大雨によるオーバーフロー原因かなと。

入り組んだ設置された谷樋に大雨がダァァァっと流れたことで 
溢れた可能性が高いですね。 

ここは増設の継ぎ目ということもあって、納まりが難しいところなので
うまく雨仕舞いができてないのかもしれません。

何とかお力になれるように頑張ります! 

外部を直してから、内装をきれいにする予定です。 

こんばんは。
暑い日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか。

さて、最近、「雨漏り」関連多めですが、梅雨前ということで、
「雨漏り」というワードに敏感になっていただければと思います!

今回は、
「谷樋」からの雨漏りです。

この写真、赤丸のところに穴が開いているのが見えますか?

近くによらないと気づきませんが、ちょうど雨水が流れるところにあります。

こんな小さな穴でも水が入っていくのには驚きです。
職人さんの話では、小さな穴が「水を吸いあげる」とのことでした。

23-2

周りを見てみると、お施主さんがご自分で
穴を塞いだ痕跡がいくつもありました。
23-1

瓦から雨の雫が落ちるところが穴のあきやすいポイントですね。

酸性雨や電食等、原因は諸説あるようですが、
この症状は、瓦屋根+谷樋(銅板)の場合によく見られるようです。

今回は、銅板の谷樋を
ステンレスの谷樋に入れ替える工事をご提案いたしました。

これでこれからは穴あき、雨漏りの心配はなくなるでしょう!

先日の雨漏り修繕工事、無事完了しました!

23

谷樋を入れて、増築部分と本体部分の納まりよくしました。
これで雨漏りは止まるでしょう!

この後は、雨漏りで痛んだ内装のリフォームを予定しています。
順序よく進めていこうと思います。


追記
「ブログ見てますよ」とお客様から言ってもらいました!!!

私は初対面でしたが、「住田さんでしょう?」 と。

驚きましたが、こういうのうれしいですね。 

滞っていたブログもまた更新頻度を上げて頑張りますよ~^^ 

↑このページのトップヘ