四日市で働く屋根・外壁リフォームの営業マンのブログ

三重県四日市市でリフォーム工事の営業マンをしております。屋根・外壁の修繕工事、暑さ・寒さ対策工事が得意。私が担当したリフォーム工事の気づき等発信していきます。映画や喫茶店、本等、趣味の話もざっくばらんに(主に休日に更新)。

タグ:Yさま借家改修工事

2月8日で完工しました!
19-1
左側が改修工事をさせていただいたお宅
外壁は全面張りかえました

ご報告が遅くなりまして申し訳ないです><
9日には近隣の方々へ完工のご報告にいってきました。
結構近隣の方、現場を見てくれていたみたいで、良い感じになりましたね~と言ってもらえました^^

19-2
西面外壁。一番左の小窓はユニットバスの窓です。造作しました。
その下に見えるのが追い焚き用の給湯器。普通の給湯器よりも二回り大きい。
左右にみえるテラスはポリカーポネイトの波板をとりつけました。左が洗濯機用?右は干し用?かな。

昨年12月24日クリスマスイヴの着工から2月8日の約1ヶ月半の工事。
この間、ほぼ毎日この現場に足を運び、現場の管理や職人さんのお手伝い、ゴミの運搬、職人さんとのコーヒータイム・・・つきっきりだったように思います。

19-4
キッチン。床はクッションフロアで手入れしやすいです。左に見えるのが造作したユニットバス用の間仕切り壁。
[0.5坪の浴室]を[0.75坪のユニットバス]+[0.5坪の脱衣所]にしました。

Yさま借家工事は、【水廻り(ユニットバス、トイレ、洗面)の取替え工事】と【耐震補強工事】がメインの工程でした。

その他にも・・・
・土壁⇒クロス貼り
・アルミサッシの取替え
・畳表替え
・襖の新設
・外壁張りかえ
・テラス屋根の張りかえ
・ハウスクリーニング  等々。色んな工事を見ることができました。

それぞれの工程に当たり前ですが、職人さんがいます。
現場では、工事のこともそうですが仕事のこと、職人さんの家族のこと、遊びのこと、将来のこと、色んなことについてお話します。それぞれの職人さんと。

19-3
和室1。クロスの白に映える柱。良い色にやけていて素敵です。イグサの良い香りも素敵です。
襖と開き戸は新設しました。

ブログにもちょこちょこ書いていましたが、気づきの多い現場でした。
当初、いつにも増して、工程が多いことが「気づきの理由」かなぁと思っていました。
少し時間をおいて、【Yさま借家改修工事】を振り返ってみると違うかもと思うようになりました。
「気づきの理由」は実は、いろんな方とお話をしたことだったりするんじゃないかと。
 
19-5
和室2。この光の入り方が好きです。ここでひなたぼっこしたい気分。

「現場はいろんな人に会えること」
・・・今回の現場での大きな気づきです。

現場に関わってもらった職人さんの人数を数えてみました。
大工さん、板金屋さん、水道屋さん...
採寸に来た方、取り付けに来た方、器具を納品してくれた方...
ざっと30人(私が現場でお会いした方)

この人数に近隣の方の方の人数を加えるともうすごい人数です。

現場で事務所でとにかくテンパっていた私ですが、何かと周りの方に助けてもらってなんとか完工までこぎつけました。
ありがとうございました。

先日、施主さんにも引渡しを終えまして、巣立っていきました。
この現場での気づきを次の現場でいかします。


以上、遅くなりましたが住田からの完工報告でした。

75e5450d.jpg朝から亀山の現場に行って、今は四日市市内のYさま借家改修工事現場にきています!

現場では、宇佐美さんがせっせと角波トタンを貼ってくれてました。

ただ貼るだけじゃなく、角やサッシ回りなど細かい部分の納まりは私にはまだまだ難しいですね

今日は亀山の現場が完工予定なので、夕方頃確認にいってきます


住田

進捗報告を忘れておりました

Yさま借家改修工事の近況をば

今日から外壁入りました!
とりあえず西面の妻側を。
24-2
左側のサッシ右下あたりに給湯器が付く予定

ここは給湯器やダクトが付いたりして別の業者さんも工事に入るので
先にとりかかりました

室内はいつの間にかクロス貼り終わってました。。
職人さんの技を見れずじまい・・・(TДT)

仕上がり
24-3
After 真壁にクロスもなかなかイイですね

↓↓変わるもんですね!

24-4
Before これはこれで好きですが

ちと抜けた構図
24-1
ブルーシートでごめんなさい・・・

古い柱とクロスの白がとてもカッコいいです
特に愛着のある現場なのでついつい写真をたくさん撮ってしまいます
全部仕上がったらまたBefore&After載せますね(o^∇^o)ノ


さてさて、来週くらいに室内は業者さんのハウスクリーニングが入って総仕上げです

その前に、軽く住田クリーニングも入りますんで
しっかり掃除したいと思います(・ム・)ゞ


以上、進捗報告でした。


改修工事の模様は、「Yさま借家改修工事」でご覧になれます(・∀・)つ
どうぞよろしくお願い致します。

...の前に工事報告をば
Yさま借家改修工事ですが、ひと段落しました。
今日は細かい作業。巾木をつけたり、廻り子をつけたり、補修をしたり(・∀・)
BlogPaint
巾木
巾木(ハバキ)
→床と壁の
継ぎ目に取り付ける細長い横板のこと。
床と壁の境目になるので、汚れたり、壊れやすい壁の下部を保護するのが目的。
BlogPaint
廻り子
廻り子(マワリコ)
→天井と壁の継ぎ目に取り付ける細長い横板のこと。


大枠の大工工事が終わって一安心です
とはいえ、残りは内装・外装仕上げ工事、住設設置。。
まだまだ気は緩めれません

-------------------

では、「結露」について(*・ω・)ノ
といっても記事のご紹介なのですが。

冬の風物詩??ともいえる「結露」について詳しく書かれた記事がありました

住宅に結露は大敵。健康面でもマイナスが。ほんとはコワイ結露」 
(SUUMOジャーナルより  2013-01-15)

ぬくぬくとした部屋の隅っこでは結露の魔の手が伸びているんですね。。

興味深いこと話は載っていました。。
雨漏り修繕工事の問合せが多いので勉強になります。
「窓ガラスで生じた結露がサッシの隙間から壁の内部に浸入して問題がおきることがあります。あるお宅で上の階から水漏れがあると相談があって伺ってみると、上の階のサッシまわりから結露で生じた水が浸入、階下にしみだしていたというケースがありました」 
まだ私はこういった現場を経験していませんが、知っているのと知っていないのとではお客さんへの提案は全然違うなと感じました。

雨漏りじゃないのに、憶測で屋根や外壁をやりかえる、なんてことがないようにしたいものです。


コップについている水滴も結露だったりしますね(・∀・)つ
冬だけじゃなく夏でも見られる光景ですね。冷たいビールとかジュースとか。
19-3


以上、「結露」についてでした~。

朝一で今日は朝明町まで行ってきました。
舞う程度の雪が降っていました。
昨年から年始にかけて積雪を一度も体験していないので
そろそろ雪が恋しくなってきました(・ω・)

------------------

今日はお風呂の話題をば(・ω・)b

冬は湯船につかりたい派なわたしですが、一人暮らしだと一回一回お風呂にお湯をためるのが結構大変
ガス代も水道代も結構かかっちゃいますし。。
溜めるのがめんどくさかったり、、
なのでたいてい冬でもシャワーです


わたしが流行に遅れているのか
はたまた知識不足か・・・
おそらく知識不足なんでしょう、
追い焚き』なんていう素敵な機能があるんですね(=゚ω゚=)

Yさま借家改修工事で設置したユニットバスは追い焚き機能付きの給湯器を使用しました。

大学時代の下宿アパートは追い焚きなしのお風呂。
据え置きタイプでした。
18-4
↑イメージ。こんなやつ。

今は追い焚きなしのユニットバス・・・

だからなのか、「追い焚き」の存在を知りませんでした

18-1
追い焚きの配管です
「循環アダプター」といいます
 初めて見ました(=゚ω゚)
 
18-2
右端の灰色の管が外で給湯器と接続されます
 
18-3
取り付け位置に下地材だけ入れてます
下の方に若干見えるのが先ほどの管です 

溜めていれば何度も温めなおせるわけですね。
夜お風呂入って、朝また入るなんてことが簡単にできちゃうんですね
すばらしいっ!


おい‐だき【追(い)炊き/追い焚き】
[名](スル)
1 (追い炊き)炊いた飯が足りないとき、追加して炊くこと。また、その飯。
2 (追い焚き)冷めた風呂などをもう一度火をたいて温めること。
大辞泉より 


こんなこと書いてると、わたしの世間知らずさが露呈してしまいますが・・・
リフォーム会社の営業としてどうなのっおれ

まぁ日々勉強ですよね(・∀・)つ



よくよく考えると、実家が薪焚き風呂なので
追い焚きは経験してました・・・( ・ω・;)失礼しました。


以上、学びの毎日、住田でした~φ(.. )


改修工事の模様は、「Yさま借家改修工事」でご覧になれます(・∀・)つ
どうぞよろしくお願い致します。

↑このページのトップヘ