2010年02月

2010年02月16日

カトマンドゥ/アムド、アバでロサの座り込み

アンナプルナ連峰昨日(14日)、ネパールのカトマンドゥに到着した。
デリーからのフライトの窓から、青い海に浮かぶようにヒマラヤの連山がくっきり見えた。
ああ、帰って来た、また山に行きたいなと思った。
ヒマラヤを見てカトマンドゥに着いた途端に、日本滞在中の心身不調が治った。困ったものだ。

ボドゥナート仏塔とネパール警察隊夕方、ボドナートに向かった。去年見たように、ロサを祝うチベット人が大勢、灯明に埋め尽くされた仏塔の周りを右遶していることだろうと想像していた。
















ボドゥナートのロサ。しかし、目玉仏塔の周りには去年に比べて人がまばらだった。そして、去年は見なかったネパールの警官隊の列に出くわした。彼らの写真を撮りながらついて行くと、仏塔の北側にある寺の前にチベット人が大勢輪になって集っていた。





14.2.2010 ボドゥナート壇上にはダライ・ラマ法王の大きな写真を一人のチベット人が高く掲げ、みんなで「チベット国歌」を歌っていた。そこに着いたときには歌も終わりの方で、すぐに歌は終り、みんなでツァンパを空に放りあげていた。
しかし、いつもの祝うためのツァンパ撒きではなさそうだった。そのロサの集会は明らかに抗議と鎮魂のそれだった。
後ろにはネパールの警官隊が棍棒をもって見張っていた。
でも、ツァンパを撒いた後すぐにチベット人たちは散会し、衝突のようなことにはならなかった。

14.2.2010 ボドゥナート去年、同じロサに同じ場所で眩しいばかりに燈されていた無数の灯明はなく、ただ道の上に直接何本かのローソクが燈されていた。


昨日のパユルによれば、
http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=26618&article=Tibetan+New+Year+marked+with+protest+in+Tibet&t=1&c=12月15日、アムド、アバ(ゥガバ)の中央市場には400人ほどのチベット人が、中国の武装警官隊に囲まれながら、追悼のロサを象徴する座り込みを続けているという。

この座り込みはチベットの新年一日、つまり14日から始められた。
最初はアバのキルティ僧院とシェイ僧院の僧侶たちが座り込みに入った。緊張が高まるのを見て、地元の高僧が僧院に帰るように説得したが、僧侶たちはそれに耳を貸さなかった。それどころか、他の僧院の僧侶や一般のチベット人たちも次々とこれに加わって来たという。
これに対し、すでに軍隊が出動し、携帯やビデオカメラなどで集会の様子を撮影した者たちはすぐに拘束され、携帯などを取り上げられたという。
また、市場に通じる道路はこの集会に参加するために集まるチベット人を阻止するため軍隊により閉鎖されている。


当局はロサに先立って、ロサを明るく派手に祝う者たちには多額の支援金を支給すると広言していた。

これに逆らう形で、アバの人たちは「2008年の一連の平和的抗議デモの犠牲者を追悼する集会」を始めたというわけだ。

新しい情報は入っていないが、現在どのような状況になっているかが案じられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなロサを後にして、私は予定になかったが急に明日からまた山に行くことに決めた。二週間、あるものをただ待たねばならない状況になり、街に長く居れない私は山に行くしかない。
今回は「アンナプルナ内院」と呼ばれる、ポカラからほぼまっすぐアンナプルナ連山に向かい、マチャプチャレの裏、4120mのアンナプルナ・ベースキャンプまで歩く、
10日間コースだ。

ポカラまではある撮影分隊と一緒に行き、そのあとは一人で歩く。

山に入るとブログはなし。また里に降りたら山や鳥や花の写真など紹介させてもらいます。もっとも今はまだ冬。雪山と星ばかりの世界でしょう。









rftibet at 14:45|PermalinkComments(17)TrackBack(0)チベット内地情報 

2010年02月06日

ロサの事など

ba4a3677.jpg今年のチベットの新年・ロサは2月14日、日本ではバレンタインデーと重なる。
だからなんだと言って、(一部では)お祭り気分が増すかもしれないと思うのだ。

チベット歴において今度の新年は2137年目になる。これは確かソンツェン・ガンポ王を第30何代かにして、逆算して行くとその辺りになると、想定された年代だったと思う。もちろんチベット人にとってはちゃんと吐蕃王朝の始まった年から数えた年数だ。

で、今年は庚寅(かのえとら)年、英語でThe Iron Tiger Year。

しかし、亡命政府(チベット中央政府)は最近、今年も「自粛ロサ」にしましょうとチベット人に呼びかけた。つまり歌って踊って、飲んでバカ騒ぎするのは自粛せよということだ。
多数の犠牲者を出した2008年の記憶もまだ新しく、今現在も多くの同胞が獄につながれていることを思えば、ロサを祝う気にはならない、というのだ。
この動きは内地でも同様であるという。
もちろん、中国政府はこの動きを見て、「ちゃんと楽しそうに、爆竹盛大に鳴らしてロサを祝うんだぞ!」と強制祝賀会キャンペーンを行っているそうだ。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=26558&article=Losar+bringing+Tibetans+closer
SFTなどは世界中でロサの夜、弾圧により殺された人々の霊を弔い、今も獄中で苦しむ同胞たちとの連帯を示すために、キャンドルを燈そうではないか、と提案している。

ーーーーー

と、少し暗くなったところで、元気なチベット人を沢山見ることができるyoutubeの映像を紹介します。

「I am a Tibetan 我是藏人,我爱藏族」
(アムド訛りが強くて言ってることは私には意味不明ですが、英語から若松さんが訳して下さったのが以下)

私はチベット人です、なぜなら私はチベットが大好きだから。
私はチベット人です、なぜなら私はチベット語を学んだからです。
私はチベット人です、なぜなら私はチベットの文化が大好きだからです。
私はチベット人です、なぜなら私はチベットの民族衣装しか着ないからです。
私はチベット人です、なぜなら私にはチベット人の血が流れているからです。
私はチベット人です、なぜなら私の母がチベット人だからです。
私はチベット人です、なぜなら私はチベット語で歌を歌うからです。
私はチベット人です、なぜなら私はチベットの遊牧民だからです。
私はチベット人です、なぜなら私はこの土地を愛しているからです。
私はチベット人です、なぜなら私はこの高原の牧人だからです。
私はチベット人です、なぜなら私はチベットを一時も忘れる事が無いからです。
私はチベット人です、なぜなら私は私のチベット人兄弟姉妹を愛しているからです。
etc.



いいね!
チベタン・アイデンティティー。

ーーーーー

オバマ大統領はロサのすぐ後17日か18日にダライラマ法王と会談する予定だ。

だからそのオバマ氏にロサの年賀状を送ろうというキャンペーンが行われている。
皆さんも二度目の年賀状をオバマさんに送ってみては如何。

年賀状は以下から送れます。
http://freetibet.holy.jp/2010/02/
チベットの新年、ロサルアクションとオバマ大統領へ

絵はがきメッセージの日本語(若松さん)訳:

「親愛なるオバマ大統領閣下へ」

ロサル・タシデレ!

来るダライラマ法王猊下との会談がチベットにとり、中国支配を終わらせるための具体的な進展をもたらす事を心より願いつつ、チベットの伝統であるロサル(新年)
のお祝いを申し上げます。
ロサルとは変化、希望や改新の意味を込めた新年の伝統です。
去年一年の亡くなった者への供養や苦しみを乗り越えて、チベットを愛する私達全ての者は、チベット歴では「庚寅(かのえとら)年」にあたる、2010年のロサルにチ
ベット人が平和と自由の元で暮らすことができるよう、チベット内の状況に具体的な改善がもたらされる事を祈っております。
大統領閣下に今年こそ、チベットの人々に公正かつ永続的解決を導くための具体的な行動を起こして下さることを要請いたします。

署名




rftibet at 18:10|PermalinkComments(17)TrackBack(0)その他 

2010年02月05日

法王がハイチの被害者に寄付

1cb69f1e.jpg今回の対談の後、ダライ・ラマ法王はまだ如何なるコメントも発表されていない。
ただ、今回の特使の一人であるケルサン・ギェルツェン氏が法王に報告に行ったときの様子が少しだけ
Asia Times Online
http://www.atimes.com/atimes/China/LB05Ad01.html
に載っている。

記者がケルサン・ギェルツェン氏に以下の質問をした。
「第9回対談の結果を、ダライ・ラマ法王や亡命政府はどのように受け取ったのか?」

これに対しケルサンは、
「私たちの報告を法王は非常に注意深く、興味津々に聴かれていた。要点を明確にするための質問もされた。法王は我々が再び中国側の担当者と直接会うことができ、自分たちの立場を提示し、見識を明らかにすることができたということは良いことだ、と感じられていた」と答え、

さらに「第9回対話に何らかの成果はもちろん期待されていたであろう。しかし、今状況が厳しいことは解っていた。中国側の態度は強硬だ。今は、チベット問題だけに限らず世界中の国々が中国政府の示す傲慢な権力誇示に不満を抱いている。このような状況下でチベットの指導部が話合いに大きく突破口が開けたり、新たな展開が起こることを期待していたわけではない。
だから、帰ってきて我々が対話の内容を報告したとき、誰も驚く者はいなかったのだ」とコメントしている。

今回、中国側はダライ・ラマ法王に「国益を侵さない、憲法の準則を踏みにじらない、民族の尊厳を傷つけない、各民族人民の共通の願いに背かない」という「四つの要求」を突き付けたが、これってまったく逆に中国政府に対しチベット側が要求している話としか思えない。

ーーー

法王はこのたびハイチ地震の被害者のために10万スイスフラン(約860万円)を国際赤十字を通じ寄付された。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=26545&article=Red+Cross+welcomes+Dalai+Lama's+contribution+for+Haiti+relief

ーーー

偽パンチェン・ラマ11世の話。

中国:ノルブ氏が公職に パンチェン・ラマ11世認定 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100204k0000m030042000c.html

【北京・浦松丈二】中国政府が95年にチベット仏教第2の活仏、パンチェン・ラマ11世に認定したギャインツァイン・ノルブ氏(19)が3日開幕した中国仏教協会の全国代表会議で同協会副会長に選出された。

 ノルブ氏が公職に就くのは初めて。歴代パンチェン・ラマはチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの死後に重要な役割を果たしており、中国当局はダライ・ラマ14世の死後を視野にノルブ氏を公職に就かせたとみられる。

 一方、ダライ・ラマ14世(インドに亡命中)は95年、パンチェン・ラマ11世として別にゲドン・チョエキ・ニマ氏を認定したが、中国当局は拒否し、ニマ氏は行方不明になったままだ。

毎日新聞 2010年2月3日 19時13分

ーーー

この記事にはちゃんと世界最年少の政治囚ニマ少年(ゲンドゥン・チュキ・ニマ)のことに触れられているが、新聞によれば残念ながら、まったくニマ少年のことに言及していない記事も多い。

彼は、中国仏教協会、チベット仏教を代表し、中国語とチベット語で「愛国と法律遵守、愛教と戒律遵守を基礎とし、各流派間の仏教学の交流を拡大し、社会慈善事業に積極的に参加し、調和が取れた社会を構築するため仏教界の役割を果たさなければらない。私は皆様の信頼に決して背かず、祖国の統一、民族の団結、仏法の発揚と世界の平和のために自分のすべてを貢献する」と述べたそうだ。

彼が何時か発狂しないように祈る。










rftibet at 16:00|PermalinkComments(26)TrackBack(0)その他 

2010年02月03日

会談が終って

ダライラマ特使対談とか会談とか言うと何だか聞えはいいが、チベット・中国会談は最近ますますただ双方土俵やリングに上がっただけ、状態だ。
日本の各新聞も「対談に成果なし」の記事を出しているが、読んだ人は「双方譲らないのだな。ダライ・ラマは独立を要求しているのか(?)」というほどの印象しか残らないのではないだろうか。

本当は「土俵に上がっている」のはチベット側だけなのだ。中国側はダライ・ラマ側がまず「独立を放棄」しない限り、話合いのベースもない、と今回も言ってる。この話はずいぶん古い話で、30年も前に小平がダライ・ラマ法王の実兄ギャロ・ドゥンドゥップ氏に「独立要求を下すなら、他は何でも話し合う用意がある」と言ってきたが故に、法王は80年代初めに、強い反対にも関わらず大きく譲歩して「軍事、外交権を中国に任せる=独立を求めない」と世界に宣言したのだ。それから、法王は機会あるごとに百万遍このことを繰り返し宣言している。中国は結局「お前は嘘を言ってるだけだ」と言って、土俵に上がることさえ怖がっているのだ。
昨日発表された特使の声明文の中においても
http://www.phayul.com/news/article.aspx?c=2&t=1&id=26526&article=Statement+of+the+Special+Envoy+on+the+9th+round+of+talks
ギャリ・リンポチェは「ダライ・ラマ法王は、チベットの将来についての話合いは中華人民共和国の枠内で行われる、という立場をかねてより常に表明し続けているのであるから、中国政府指導部がなぜこの問題に対し、共通の土台がないと言っているのか理解できない」と述べている。
声明では結局「チベットの現状に対する双方の認識の違いが大きい」として、「双方がチベットの現状について合同調査を行なうこと」を提案したという。これが受け入れられるとは到底思えない唯一の提案だったようで、他には合意されたことなども何もないそうだ。

法王は愛する国民を人質に取られているのだ。譲歩していないわけがない。侵略されたのだから元に返すために独立を求めるのは当たり前だがそれを捨て、ダライ・ラマの地位のみについて話合うと言い、行かないでもいい会談につきあい、本当の指導者ではない、ただの少数民族委員会のような統一戦線の幹部たちに呼ばれただけでも、わざわざ出かけて行くのだ。結果が出ないのは解っていても、利用されるだけと解っていても、「話合うしか他に方法はない」と覚悟して何度も出かけているのだ。
声明も涙が出るほど、控え目だ。

ところで、二日付の新華社には統一戦線工作部の朱維群副部長が記者会見の席上、記者の興味深い質問に答えている。
http://jp.f41.mail.yahoo.co.jp/ym/ShowLetter?MsgId=1367_18918650_3923293_4250_3959_0_166272_12504_3483746023&Idx=10&YY=99858&inc=25&order=down&sort=date&pos=0&view=a&head=b&box=Inbox
記者「ダライ・ラマが死んだ後はどうなるのか?」
朱「チベットの将来についてはチベット族を含めた中国人が決定する」
記者「ダライ・ラマが亡くなったらチベット問題の解決はより難しくなると思うか?」
朱「75歳になる老人の死の可能性について話すということは、中国では礼儀に反することだ。我々は彼が長生きすることを望む。中央政府は75歳になるダライ・ラマが、外国で死ぬことを望まず、死ぬ前に自身の問題を解決することを望む」

こんなことも言ってる。
「1959年の反乱以来、ダライ・ラマは自分が故郷に帰る道から遠ざかるようなことばかりやっている」
「ダライ・ラマが死んだ時、彼に従う者たちは自分たちの将来についてよく考えることだ」

また質問に「ダライ・ラマが死んだら、暴動やテロリスト活動が活発になると思うか?」
朱「外国に住むチベット人たちは大方平和を愛するようだ。、、、暴力に走るものも少しはいるかも知れないが、暴力やテロは結局失敗するものだ」
と答えたそうだ。

オバマ大統領とダライ・ラマ法王の会談は今月17日以降、おそらく21日までの間に行われると思う。オバマ氏は去年11月に中国を訪問した時に、すでに「ダライ・ラマ法王に会う」ということは伝えてあったという。「ダライ・ラマ法王との対話を行なうように」とも要請していたわけだから、中国はこれでちゃんと言われたことはやったと思ってる。
同時にオバマ大統領に対し「本気にダライ・ラマと会ったら、ただでは済まさないぞ!金が欲しくないのか?」と脅す機会を作りたかったとも言えよう。

日本の新聞記事を見ててちょっと気になる言葉がある。「高度な自治」という言葉だ。
「高度」と言うと何だかすでに「普通の自治」はあるのに、図々しくももっと「高度な」自治を求めているような、人によっては中国が言うように「半独立」や「独立」を求めているようなイメージに繋がらないとも言えない形容詞に見える。
英語の「Genuine Autonomy」を誰かが「高度の自治」と訳したのだろうが、この「Genuine」は「名のみでない、実体の伴った、本当の、真実の」という意味だ。何も特別な高度の自治を求めているわけじゃない、普通の自治でいい、言葉だけじゃない「真の自治」が欲しいだけだと言っているのだ。だから今度からチベット側は「真(実)の自治」を求めている、とか言ってほしいと思うのだ。


ーーー

追記;書くつもりで忘れてた事を思い出した。
特使たちが最初、北京に行かずにデリーから湖南省に向かったのは何のため、という話。
湖南省には長沙という毛沢東の故郷がある。
中国側はダライ・ラマの特使たちを接待するつもりで、毛沢東の生家「毛沢東故居」に連れて行ったそうだ。
120万人ものチベット人を殺した張本人の生家にダライ・ラマ特使を連れていくとは、これはもうブラック・ジョークだ。











rftibet at 18:30|PermalinkComments(9)TrackBack(0)その他 

2010年02月01日

対話の成果は?

第9回チベ・中対談も終わり、特使たちは今日の朝デリーに到着、午後にはダラムサラに飛んだ。

今頃は法王や首相に対談の結果について報告している頃でしょう。
まだ、正式には何の発表もないが、今日付けの新華社の英語版に関連記事が載っている。
その中で、今回も対談相手だった杜青林(Du Qinglin)統一戦線工作部長は前回と全く同じようなことを言ってる。
はっきり言って、訳す気にもならないので、知りたい人は以下を読んでみてください。
http://news.xinhuanet.com/english2010/china/2010-02/01/c_13159016.htm

やれやれ、何のために呼び出したのやらです。
中国政府のやることは実際よく解りません。

明日には、双方何らかの声明を発表するはずです。





rftibet at 22:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ダラムサラニュース