2011年09月

2011年09月30日

中国はチベットで「第3回闘争キャンペーン」を開始

0023ae80a2120cbe5180209月30日付けTCHRD(チベット人権民主センター)リリースhttp://p.tl/igEs

10月1日、中国人民共和国は63度目の建国記念日を祝う。チベットではこの種の記念日の前に必ず締め付けがあり、規制が厳しくなる。今回も例外ではない。www.chinatibetnews.comによれば、9月27日の午後、チベット自治区党委員会と自治区政府は10月1日に行われる建国記念日の準備会議をラサで行った。

会議では「今年の安定維持を勝ち取るため」に「第3回闘争キャンペーン」が発令されることが決定された。自治区党書記陈全国は会議の席上以下の4項目を強調した。続きを読む

rftibet at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月29日

「孫がもう死んでいるならその方がいい」僧クンサンの祖母/欧米が中国にチベットの人権を守れと強く要請

DSC_6581写真はダラムサラに到着し、チベットの苦境を訴えるために3日間のハンストを行う僧侶たち。
彼ら11人は南インドにあるガンデン・ツァンツェ僧院の僧侶たちである。20日前に南インドを出発し、インドの6つの都市でハンストを繰り返しながらンガバやタウの苦境を訴え続けて来た。ダラムサラには26日に到着したが、その日ちょうど2人の僧侶が再び焼身自殺を行った。
彼らの内の一人は「我々は国を持たぬチベット人として生まれた。だから国を得るために戦うこと、チベットにいる兄弟姉妹の苦しみを分かち合うことは生まれ持った責任だ」と語る。
町の人々も加わり、深い悲しみと共に明日までハンストを続ける。

昨日のVOTでダラムサラ・キルティ僧院の僧ロブサン・イシェが、新たにンガバから伝えられて来た情報を報告していた。それによれば、焼身自殺を行った2人の僧侶の内ロブサン・クンチョックがンガバの人民病院で治療を受けているということは確認されたという。しかし、もう一人のロブサン・クンサンの消息は依然確認されていないという。ロブサン・クンサンの祖母は「もしもクンサンがすでに死亡しているのなら、その方がいい。生きていればこの先どうなるか分らないから」と話たという。2009年に焼身自殺を計り、今も行方不明のままである、僧タベーのようにはなってほしくないということか、、、

キルティ僧院僧侶2人が新たに焼身自殺を計ったことにより、国際社会はチベットに対する支持をさらに強く表明した。参照:29日付けphayul http://p.tl/BQvy続きを読む

rftibet at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月28日

「9−10−3(元良心の囚人)の会」20周年記念日

DSC_6237昨日ダラムサラのドカ(ドラマ・スクール)の広場で「9−10−3(元良心の囚人)の会創立20周年記念式典」が行われた。

我々のルンタ・プロジェクトは9−10−3の会を助けるために作られたようなNGOである。式典にも日本事務所の@uralungtaさん、現在某国で他のNGOのために働いている高橋明美さん、それに私が招待されていた。出席できたのは私だけだが。

9−10−3の会は1987〜88年に掛けてラサで中国支配に抗議する大規模なデモを先導した僧侶たちにより1991年9月27日に創立された。9−10−3とはそれぞれデモが行われた月を並べ会の名称としたものだ。続きを読む

rftibet at 22:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年09月27日

焼身自殺を計った時のより詳しい状況

DSC_5979昨日焼身抗議を行った2人の僧侶について、ダラムサラ・キルティの僧カヤック・ツェリンが新たに入った目撃者証言を今日私に話てくれた。

「2人の僧侶は朝の勤行を終えた後僧院を出た。10時半頃ンガバ中心街の交差点に着いた。そこは3月に僧プンツォが焼身自殺を行った場所だった。彼らは厚い僧衣を着ていた。

しばらく2人はそこに座り込んでいた。そしてその後、チベット国旗を2人で一緒に持ち、立ち上がった。同時にダライ・ラマのチベット帰還とチベットの自由を求めるスローガンを叫び始めた。しばらく叫び続けた後、彼らは上着を脱ぎ、道路の中に進みガソリンを身体に浴びせ掛けた。

そして火を放った。炎に包まれながら2人はなおもスローガンを叫び、道を進んだ。中国の警官が駆けつけ2人をトラックに乗せ連れ去った」

「目撃者によれば、一人は生きているようだったが、もう一人は確かにそうだったとは言えないと」

新華社電は「2人の僧侶は微かに火傷を負っただけで、今は安定した状態だ」と発表したそうだ。
そう願いたいが、本当の容態はこの先も分らないままの可能性が高い。もしも死亡していたとしてもだ。

rftibet at 22:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

焼身自殺を行った2人が助かることを祈るキャンドル・ライト・ビジル

Untitled-1_copy3今日(インドでは今22時)、焼身自殺を計ったキルティ僧院の2人の僧侶の写真(数年前のもの)。右がロプサン・ケルサン(18་བཟང་སྐལ་བཟང་)、左がロプサン・クンチョク(18或は19བློ་བཟང་དཀོན་མཆོག་)。

2人は今日(26日)現地時間午前10時頃、アムド、ンガバの中央市場の路上で、「ダライ・ラマ法王に長寿を!チベットに宗教の自由を!」等のスローガンを叫んだ後、ガソリンを被り自身を灯明と化した。

現地から報告された目撃者の証言によれば、「ほどなくして武装警官と公安が大勢駆けつけ、2人に水を掛けたり、消化器も使い火を消した。一人はすでに死んでいるようだった。2人ともその後すぐにどこかに連れ去られた」という。

DSC_5852以下の写真は2人の僧侶の命が救われますようにと祈るために、今夕、ダラムサラで行われたキャンドル・ライト・ビジル。

集会において、ダラムサラのキルティ僧院僧侶カヤック・ツェリンは「新華社によれば、2人は病院に運び込まれ死亡してはおらず、治療を受けているという。まだ希望はある」とみんなに伝えた。続きを読む

rftibet at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月26日

ダライ・ラマ法王「自身の転生に関する声明」全文日本語訳

DSC_5465昨日一部をお伝えしたダライ・ラマ法王の「自身の転生に関する声明」の全文を文殊師利大乗仏教会の野村正次郎氏が翻訳して下さったので、本人了承の下、以下これを転載する。

元サイト>http://p.tl/bTl2
原文チベット語:http://p.tl/BgIx
英語訳:http://p.tl/hV4O
中国語訳:http://p.tl/emN9

--------------------------------------------

勅書:内外のチベットの仏教の伝統に従っている僧・俗のすべての方、そしてチベットとチベット人に関わるすべての方へ重要なお知らせ

(ダライ・ラマ法王が発表された次期ダライ・ラマの化身認定に関わるガイドラインについての声明文を以下、和訳しましたのでご参照ください。)

2011年9月24日
ダライ・ラマ第14世テンジン・ギャツォ


はじめに

持金剛ダライ・ラマの第14世化身、釈尊の沙門、説法師テンジン・ギャンツォと呼ばれる者より、内外のチベット人をはじめとするチベット伝統仏教の追随者たる僧俗すべて、およびチベット、チベットに関わられるこの世の中のすべての方に申し上げます。続きを読む

rftibet at 20:25|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

<速報>今朝、ンガバで若い僧侶2人が再び焼身自殺

今日、現地時間朝10時頃、アムド、ンガバの街中でキルティ僧院僧侶ロブサン・ケルサンと僧侶ロブサン・クンチョックが「自由チベット」のために焼身自殺を行った。

このニュースは今行われているチベット亡命政府議会の席上、副議長の僧ソナム・テンペルにより発表された。彼によれば、この焼身自殺を受けキルティ僧院は現在非常に混乱した状態となっているという。

2人はすぐに病院に運び込まれたが、内1人はすでに死亡したとされる。彼によればロブサン・ケルサンは14歳、ロブサン・クンチョックは18歳という。

ダラムサラ、キルティ僧院の僧カヤック・ツェリンもこの事実を確認したという。彼は2人の年齢は共に18歳という。

僧ロブサン・ケルサンは今年3月16日に焼身自殺し死亡した僧プンツォの義理の弟である。

追って詳細解り次第報告する。

参照:Tibet Times チベット語版http://p.tl/K6KA


rftibet at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月24日

第11回宗派代表者会議/法王が自身の生まれ変わりに関する話と声明を

DSC_4423会議の始めに最近遷化したニンマ派高僧キャプジェ・トゥルシック・リンポチェの冥福を祈って黙祷を捧げる参加者たち。

昨日、ツクラカンでの祈祷会が終った後、ダライ・ラマ法王はじめ各派の高僧たちはスーリアホテルに向かった。「第11回宗派代表者会議」の2日目を開くためだ。各派のトップ高僧たちが集まりチベットの宗教に関する様々な議題を討論するこの会議は2年毎に行われている。参加者については直前のブログを参照されたし。

一般にはチベット本土で中国当局による宗教弾圧が続く中、如何にチベットの宗教を守るべきか、世界中に広まりつつあるチベットの宗教の質を高め更なる発展を目指すにはどうすべきか、が主題となる。特に近年、中国当局が高僧の生まれ変わりに対する管理を強化していることに対する対抗策も大事な議題である。続きを読む

rftibet at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ダライ・ラマ法王、仏教4大宗派、ポン教代表者が一同に会した祈祷会

DSC_4899昨日23日の早朝8時半より、ダラムサラ、ツクラカンにて、亡命政府宗教文化省主催で、ダライ・ラマ法王初め仏教4大宗派にポン教を加えた各宗派のトップ高僧が一同に会し祈祷会を行った。首相はじめ政府閣僚、亡命議会議員、その他約2千人が集まった。

今回の祈祷会の主な目的はチベットの自由を求めて焼身自殺した僧侶たち、中国の弾圧に抗議し武装警察等により殺害された勇者たち、最近遷化したニンマ派高僧キャプジェ・トゥルシック・リンポチェと元首相ズチェン・トゥプテン・ナムギェル氏、及び先日発生したシッキム州を中心とした地震により犠牲となった人々の冥福を祈りこと。続きを読む

rftibet at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月22日

ネパールで拘束され続けるチベット人23人を救おう!

397879431カトマンドゥの入管に拘束され続ける亡命希望のチベット人たち。

ネパール警察は不法に越境したとしてインドへ亡命目的のチベット人23人を拘束した。彼らは依然カトマンドゥの入管事務所で拘束されたままだ。中国政府は彼らを引き渡すよう要求している。一方ICT(国際チベットキャンペーン)、TYC(チベット青年会議)、SFT(自由チベット学生連合)等亡命側の人権団体は直ちに彼ら全員をカトマンドゥのUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に引き渡すよう要求し、そのためのキャンペーンを行っている。

なお、SFTJは日本語でこのキャンペーンを行っている>http://p.tl/zbAC 是非彼らを解放するためにこの運動に参加して頂きたい。
続きを読む

rftibet at 19:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年09月21日

ウーセル・ブログ「マニカンコのヤク肉加工場」

0029月17日付けウーセル・ブログ。

原文:http://p.tl/yDdX
翻訳:雲南太郎(@yuntaitai)さん。翻訳感謝!

--------------------------------------

写真説明
1…計画出産の宣伝画
2…南充餐館
3…鉱石を積んだ大型トラック
4…各種の大型トラックが絶えず走っていく。
5…荷台に載せているものは何か?





◎マニカンコのヤク肉加工場

 マニカンコは交通の要衝だ。香港の武侠映画「ドラゴン・イン」のようで、豪気なカムパのいる世界だと言う人もいる。ただ、これは元々の風情ではない。マニカンコは「お経を刻んだマニ石が敷き詰められた山の斜面」という意味だ。こうした風景が過去には確かにあったが、今ではもう消えてしまった。それほど多かったマニ石はどこに行ったのか?文革かそれ以前の「民主改革」の時代に革命者に持ち去られ、軍営か郷政府の建設に使われたのだろうか?そして残ったものは民衆が何かのついでに持っていき、家を建てるのに使ったのだろうか?

 7月末のある日、私たちはゾクチェン・ゴンパからマニカンコに向かった。計画出産を宣伝する大きな絵が道路わきにそそり立っているのが遠くから見えた。デルゲの民族衣装を来たカムパ夫婦が微笑みながらカタを持ち、そばには花束を抱えた男の子と小さなヤク、2匹の子羊がいる。幸せな生活の図といったところだ。マニカンコにはもう「ドラゴン・イン」の趣は無くなっていて、町中に四川人が開いた食堂や商店があふれている。南充市から来た夫婦は「ここで食堂を開いてもう20年になる。故郷に家も建てたよ」と話した。続きを読む

rftibet at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月20日

キルティ僧院僧侶3人・強制労働キャンプ送り/当局・還俗すれば金をやると

19 setember 2011 001_310_230写真Tibet Postより。

19日付TCHRDプレスリリースhttp://p.tl/zzdy等より。

ダラムサラ、キルティ僧院僧侶カヤック・ツェリンが伝えるところによれば、9月10日頃、バルカム中級人民法院により3人のンガバ・キルティ僧院僧侶に2〜3年の「再教育労働」が言い渡された。ロブサン・ダルゲ、ツェコ、ドルジェの3人は3月16日に焼身自殺したプンツォを手助けしたとして、4月12日に拘束されていた。

ロンツァン村出身16歳のドルジェには3年の再教育労働。トゥツェ郷出身のツェコ(30)とニェルマ郷出身のロブサン・ダルゲ(22)には2年半の再教育労働。ロブサン・ダルゲは焼身自殺したプンツォの兄である。
続きを読む

rftibet at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月19日

亡命政府新大臣のポスト決定

DSC_4237今日、12時半の予定が1時半になったが、チベット亡命政府カシャのホールで新大臣紹介の記者会見が行われた。
大臣の名前が発表された後も、誰がどの大臣になるかは今日まで発表されていなかった。

写真右端よりデキ・チュヤン女史>情報・国際関係(外務)省、ドンチュン・ンゴドゥップ氏>保安省、ツェリン・ドゥンドゥップ氏>経済省、ロブサン・センゲ氏首相兼教育省、ペマ・チュジョル氏>宗教・文化省、ギャリ・ドルマ女史>内務省、ツェリン・ワンチュク氏>保健省の各大臣と決まった。
続きを読む

rftibet at 21:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年09月18日

張り紙だけで無期懲役 解放後死亡のケースも

pqr-202x300死亡した僧イェシェ・テンジン

10年の刑期を終え解放後に死亡した僧イェシェ・テンジンの話は先の9月14日のブログで報告した。http://p.tl/JaFAhttp://p.tl/JaFA 彼と共に張り紙を張り出したというだけで、無期懲役等の重い刑を受け今も獄中にある仲間たちが他にもいる。

9月15日付け、チベット亡命政府公式ウェブ、Tibet Netチベット語版 http://tibet.net/tb/2011/09/15/རྒྱ་གཞུང་གི་བཙོན་ཁང་ནང/より。

9月15日に確かな筋より寄せられた情報によれば、2000年にソク・ゾン(ナクチュの東240km、སོག་རྫོང་索県)で「チベット独立要求の張り紙」が多量に張り出された後、ソク・ツェンデン僧院སོག་ཙན་དན་དགོན་僧侶チュイン・ケドゥップཆོས་དབྱིངས་མཁས་གྲུབ་、ンガワン・ギュルメངག་དབང་འགྱུར་མེད་、テンジン・チュワンབསྟན་འཛིན་ཆོས་དབང་、イェシェ・テンジンཡེ་ཤེས་བསྟན་འཛིན་、俗人ツェリン・ラゴンཚེ་རིང་ལྷ་མགོན་、ダル・イェシェཁྲ་རུ་ཡེ་ཤེས་等が突然公安により拘束された。
続きを読む

rftibet at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月17日

ウーセル・ブログ「貧しく落ちぶれたマトゥ」

0018月28日付けウーセル・ブログより。

原文:http://p.tl/0SxJ
翻訳:雲南太郎(@yuntaitai)さん

---------------------------------------

写真説明
1…マトゥは現在の青海省果洛(ゴロク)チベット族自治州に属する。県城の標識は中国語だけで、チベット語表記は無い。
2…マトゥ県城。
3…この「金尊御膳時尚火鍋」を含め、県庁所在地の多くの店は漢人と回族が開いたものだ。
4…マトゥ県広場。「党の輝きは源流を照らす」という赤い横断幕のスローガンが跳ね馬よりも人目を引く。
5…これはマトゥ県監獄。ここ数年は泥棒1人を収監しただけと聞いた。今、何人を収監しているかは分からない(残念ながら、王力雄が撮った金鉱開発の写真は手元に無い)。
続きを読む

rftibet at 22:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)