2011年10月

2011年10月30日

作家、僧侶の逮捕が続く

8390278110月19日、チベット人作家チュパ・ルギェル(གཅོད་པ་ཀླུ་རྒྱལ་筆名メツェམེ་ལྕེ་ )が甘粛省蘭州の自宅で当局により拘束された。彼は甘粛省民族出版社に勤め、そのチベット語編集者である。拘束時、公安は家族に対し罪状を明かさず、現在の居所も不明。

アムド、ヤジ県ドビ郷(མདོ་སྨད་ཡ་རྫི་རྫོང་རྡོ་སྦིས་ཤང་)出身。西南民族大学卒業後、西北民族大学に研究生として在籍。青海チベット新聞社を経て甘粛省民族出版社に務めていた。仕事の合間に多くの書も著している。༼མི་གཞིའི་སྙིང་སྟོབས། ༽(中国名《人性毅力》)༼ཁུ་སིམ་ཁད་ཀྱི་དཀྲོགས།༽ ༼དགེ་ཆོས་རྒྱང་མཇལ། ༽༼རང་གྲོལ་ཞིབ་འཇུག༽ ༼ཕྱིར་རྟོག༽「ゲンドゥン・チュンペー研究」その他多数。

彼は発禁となり、これに関わった多くのチベット人作家が先に逮捕されている雑誌「シャル・トゥン・リ(東のホラ貝の丘)」にも関わっていたことがある。ブログ上にも多くの記事を発表している。

TCHRDによれば2008年以降強まった中国当局のチベット知識人弾圧政策の下、すでに65人のチベット人作家、学生、芸術家、文化人が拘束され、拷問を受け、刑期を受けている。

参照:26日付Tibet Times チベット語版http://p.tl/JWKb
27日付ウーセル・ブログ http://p.tl/1A7J
28日付 TCHRDリリース http://p.tl/Bh77
続きを読む

rftibet at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月29日

初めての焼身抗議ビデオ/ンガバ県内の村々で偽ビデオ上映会



9月26日に抗議の焼身自殺を行ったロプサン・クンチョク。火が消された後の映像。女性の悲鳴と祈りの声が聞こえる。武装警官隊は横を歩きながらも助けようとはしていない。最後に「ビデオを撮るな」という中国語とともに終っている。

10月28日付け、ダラムサラ・キルティ僧院リリースには最近のンガバの様子と新たな逮捕者の情報が載せられている。以下、そのチベット語のリリースからまず逮捕者以外の報告の部分を訳す。

--------------------------------------------------------続きを読む

rftibet at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月28日

カルマ・カギュ派発祥の地で爆発事件

DSC_9030チベット亡命議会議員が伝えるところによれば、26日早朝、現地時間4時頃、チベット自治区チャムド地区ザギュ・カルマ郷(ཆབ་མདོ་རྫོང་རྫ་རྒྱུད་ཀརྨ་ཞང་チャムドの北約100キロ)の政府庁舎で爆発があり、建物の一部が破壊されたという。

現場の壁には赤く「チベット独立」と書かれており、辺りにはチベットの独立を求めるチラシが散乱していたという。

早朝であり、爆発による負傷者はいない。この日すぐ近くにあるザギュ・カルマ僧院རྫ་རྒྱུད་ཀརྨ་དགོན་པ་が武装警官隊により封鎖され、チャムドに通じる橋も閉鎖され、現在町全体が封鎖された状態という。

また、この町は仏具の生産で有名な土地であるが、これらのアトリエも閉鎖された。

容疑者は未だ特定されておらず、拘束者も今のところ報告されていない。

ザギュ・カルマ僧院はこの爆発に関わっているのではないかとの当局の嫌疑により、いち早く封鎖されたという。この僧院はカルマ・カギュ派の創始者であるギェワン・カルマ1世・ドゥスン・ケンパ(རྒྱལ་དབང་ཀརྨ་པ་སྐུ་ཕྲེང་དང་པོ་དུས་གསུམ་མཁྱེན་པ་1110〜93)が1147年に創建した由緒ある僧院である。かつてはチベット最大の集会堂が建っていた。現在の僧侶の数は約500人。

------------------------------------------------------

この事件に関し、亡命議会のババ・ケルサンはツイッター上で「テンジン・デレック・リンポチェの事件(冤罪爆発事件。参照:http://p.tl/tgh8 http://p.tl/Wxtq)もあるし、今回の爆発事件も当局がチベット人をテロリストに仕立てるために、仕組んだ可能性も考えられる」と発言している。

カルマ・カギュ派はチベットで最初に転生制度をはじめた派であり、現在のギャワ・カルマパはこの派のトップ、第17世である。

参照:RFA英語版 http://p.tl/br5g
Tibet Times チベット語版 http://p.tl/jcDY

rftibet at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月27日

ダラムサラにチベットの土20トンが運び込まれた

DSC_1481チベットの土を前にTCV(チベット子供村)低学年生徒が「我らは祖国チベットに帰るぞ」の歌を歌いながら拳を振り上げているところ。

昨日10月26日の朝、TCVの校庭にチベットから20トンの土が運び込まれ、台上に広げられた。これはTCVの卒業生であり、現在ニューヨークで芸術家として活躍するチベット人テンジン・リクドルབསྟན་འཛིན་རིག་གྲོལ་が17ヶ月の歳月と10万ドルの費用をかけ、チベット本土からダラムサラまで運び込んだものである。一応これは彼にとっては「༼ ང་ཚོའི་ས་ཆ། ང་ཚོའི་མི་མང ༽我らの土地、我らの人々」と題されたパーファーマンスアートである。続きを読む

rftibet at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月25日

<速報>今日、カンゼで再び抗議の焼身自殺

111026063641VW僧ダワ・ツェリン

追記:RFAからより詳しいレポートが出たので、追記を入れる。

亡命側に伝えられた情報によれば、今日(25日)現地時間正午頃(9時半という情報もある)、カンゼ・チベット族自治州カンゼにあるカンゼ僧院の僧侶ダワ・ツェリンが中国政府に対する抗議の焼身自殺を行った。

僧ダワ・ツェリンは父デレック、母ドムツォの子、38歳。イェパ村出身。カンゼ僧院に7年籍を置いていた。

僧院の中庭で恒例のトルマ供養(RFAによれば仮面舞踏「チャム」)が行われていた最中、大勢の僧侶や一般人が見守る中、僧ダワ・ツェリンは突然儀式が行われている輪の中に走り出て、ガソリンを被り火を付けた。

追記:RFAに南インドの僧チュギェルが伝えた報告によれば、僧ダワ・ツェリンは「焼身を実行する前に、高僧ロンダ・ラマの玉座に祈りを捧げ、焼香を行い、祈りの旗を上げた」

「その後、彼は頭から灯油を被った。近くにいた数人の服にも火が点いた」続きを読む

rftibet at 21:28|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年10月24日

焼身供養に対する中国当局のコメント「僧侶たちは若く思想観念が成熟しておらず是非判別能力も弱い」

002以下18日付けRFA中国語版http://p.tl/9jmWより。
@tibetweeterTYOさんが翻訳して下さった。

四川の僧侶連続焼身自殺についてンガバ州官吏は「焼身自殺した僧侶たちは若く思想観念が成熟しておらず是非判別能力も弱い」と発言。

先のRFAチベット語版にて報道の通り、(10月17日月曜日に)20歳の尼僧テンジン・ワンモが焼身自殺したが、今週火曜(18日)に中国当局メディアはコメントを発表した。

ンガバ県宗教局の青泉は、焼身自殺した僧侶たちは、若く、思想観念が成熟しておらず、是非判断能力が弱く、「殆ど全員がキルティ僧院で教育を受けた者である」などいくつかの共通的特徴があると述べた。

ンガバ県宗教局のソンドンダル(注・音訳)局長は、キルティ・リンポチェが'59年の亡命と相前後してダライ・ラマの個人秘書を務めており、チベット亡命政府の仏教学・哲学院の責任者である点を指摘。近年中国国外のキルティ僧院勢力が設立した「緊急状況協調チーム」について、「ダライ集団の『緊急状況協調チーム』の一元的な指揮の下、『亡命政府安全部』や『チベット青年会議』、ダライ・ラマ個人秘書事務所と連絡を取り指導を受けており、主要な職責はンガバ地区にコネクションを作り情報を集め、騒動の指揮を画策することである」とした。

ンガバ宗教局のハジュンツェ(注:音訳)副局長は、キルティ僧院の僧侶の組織「狂人の群」のメンバー4名は、今年3月2日に前もって「3.16」焼身自殺の写真を撮る、油を購入するなど工作を分業していたとして批難。外国メディアからは、事件発生後僅か2時間でニュースが流れている。

キルティ・リンポチェが法要を行ったことに対しソンドンダル局長は、自殺者を「民族的英雄」「自由闘士」と吹聴するためであるとし、「仏門の弟子に自殺を唆すような行いは人類の良知に背き、当地僧俗は十分な反感を覚える」と宣言した。


rftibet at 01:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年10月23日

最近送られて来たンガバの写真 焼身供養 武装警官隊

0004最近亡命側に送られて来たンガバの写真をまとめて掲載する。
焼身供養の写真が含まれるので「閲覧注意」とお断りしておく。
最初の3枚と後の4枚は今日(22日)ダラムサラ・キルティ僧院に送られて来たものである。

1〜3枚目までは9月26日に抗議の焼身供養を行った僧ロブサン・ケルサン(18)、或は僧ロブサン・クンチョク(18〜19)の写真である。参照9月27日ブログ>http://p.tl/hKOY

追記:1〜3の写真はビデオキャプチャーと判明。34秒のビデオはAPの渡り、今日(23日)公表されたというが、まだビデオは見つからない。APによれば写っているのは僧ロプサン・クンチョクという。
一連の焼身供養においてビデオに記録されたのは初めてだ。記事は>http://p.tl/Inxa
続きを読む

rftibet at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月22日

チベット的価値観奨励運動

zokchengon2011-305非暴力の誓いを象徴する行為。カム、ゾクチェン僧院で、一般人により差し出されたピストルを破壊する僧侶。(写真はすべてRFAより)

21日付けRFA英語版http://p.tl/o4hfより。

---------------------------------------

チベット内の僧院が民族アイデンティティー称揚の中心的役割を担いはじめている。

チベット人たちが中国支配に対する抗議活動を強める中、内地からの報告によれば、東チベットの僧院が宗教に限らず、チベットの民族と文化的価値を促進する努力の中心基地となりつつあるという。
続きを読む

rftibet at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月21日

法王と科学者の対話

DSC_9399普通の宗教家とは異なりダライ・ラマ法王は科学好きである。仏教と科学は矛盾する部分より同一の部分の方が多いと思っておられる。元々仏教は創造主としての神を否定しこの世は縁起(因果律)によって生起すると、科学が発達するず〜〜と以前から言ってるのだから、この点では科学に先攻しているのだ。特に法王は科学者と対話することにより、仏教徒が最新科学を学び、かつ逆に仏教哲学や仏教心理学を科学者に伝えることにより、科学者に新しい発想を与えようとされている。仏教は科学の発展に寄与できると考えておられる。続きを読む

rftibet at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年10月20日

<貴重映像>ンガバの今を記録したAFPレポーター/19日ンガバでは.../新たに僧侶逮捕



ンガバに潜入したAFPレポーターは写真や記事だけではなく、ちゃんと映像も記録し発表していた。
上のビデオは彼らがキルティ僧院付近を撮影したもの。大勢の武装警官隊が映し出され、緊張の状況が伝わる。

------------------------------------------

19日のンガバ 新たな逮捕

昨日、チベット亡命政府の呼びかけに応じ、ンガバを初め内地チベットで中国の弾圧下に苦しむ人々への連帯を示す抗議行動や断食が世界中で行われた。

この呼びかけに答え、アムド、ンガバにおいてもチベット人たちが精一杯の平和的抗議行動を行った。続きを読む

rftibet at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

AFPレポーターがンガバ潜入取材「チベット人僧侶が抗議し、中国の街が包囲される」

ALeqM5g8OPw6xJIIAlf1eUTks3Y5H-zsTw10月17日にAFPレポーターがンガバで目撃した消火器をそばに置く武装警官(写真はすべてAFPより)

ンガバで尼僧テンジン・ワンモが焼身自殺したその数時間後にAFPのレポーター2人がンガバへの潜入に成功し、記事を発表した。彼らはカメラを押収され、武装警官隊や軍隊が映った写真を削除されたという。しかしきっと復元ソフトを使い写真を復活したと思われる。以下、貴重な外人レポーターによる記事(
の翻訳)と写真である。

---------------------------------------

19日付け:By Robert Saiget (AFP) http://p.tl/n2FJ

ンガバ、中国:自動小銃と鉄の棍棒で完全武装した警官が、南西中国にある巨大なチベット僧院の外に立っている。連続する仏教僧侶による焼身自殺の現場である。

チベット仏教のもっとも重要な僧院の1つであるキルティ僧院内の住民は、若い僧侶が3月に焼身自殺し死亡した後、このような包囲状態の下に暮らしている。
続きを読む

rftibet at 02:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月19日

ダラムサラ:内地チベット人への連帯を示す祈りとニュンネ(断食)

DSC_8963一心に祈られる法王。

チベット亡命政府発足以来、これまでで最大の一斉行動が要請された。今日、インドを始め世界60カ国において、チベットの人権状況改善のための祈りとニュンネ(断食)が行われた。センゲ首相も就任以来もっとも強い口調の声明を読み上げた。

ダライ・ラマ法王は今日も一言も発言されず、一心に祈りを捧げられるばかりであった。

ダラムサラのツクラカンにはギャワ・カルマパ、キルティ・リンポチェを始め約5000人が集まり、夕方までのニュンネを共にした。ダライ・ラマ法王も今日、ニュンネを行われるという。

ニュンネとはチベットの断食行であり、単に断食するだけではなく、その間読経と瞑想を繰り返し行うものである。

今日のニュンネは「チベットのために命を捧げた人々、特に最近焼身自殺した人々とその家族、弾圧の下に苦しむすべてのチベット人たち」への連帯を示すために行われた。

祈りが始まる前に首相のセンゲ氏がスピーチを行った。始めに「共産中国がチベットを占領して以来60年以上もの間、チベット人は言語に絶する苦しみの下にある。プロパガンダにより北京は異なったイメージを作り上げているが、現実には中国は植民地政策を実施し、組織的にチベットのユニークな文化、宗教、言語そして環境を破壊し続けている。この故にチベット人は繰り返し平和的抗議活動を行っているのである」と強い口調で中国政府を非難した。続きを読む

rftibet at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月18日

キルティ・リンポチェの呼び掛け

ringpoキルティ・リンポチェ(ダラムサラ・キルティ僧院ホームページより)

最近の危機的状況に鑑み、全キルティ僧院の責任者である、在ダラムサラのキルティ・リンポチェは10月13日に世界に向けた<呼び掛け>を発表された。


これをウーセルさんがツイッター上で中国語に訳されたものを、@tibetweeterTYOさんが日本語に翻訳し同じくツイッター上にアップして下さった。

@tibetweeterTYOさん了承の下、以下にこれを掲載する。

原文:VOT “格仁波切强烈要求中共缓和阿坝紧张局势”【西藏之声10月13日报导】

---------------------------------------------------

<キルティ・リンポチェの呼び掛け>

当僧院僧俗は中共政府により7ヶ月間僧院に監禁され、残酷な尋問と騒擾に遭い続けている。政府と地方官員に対し誤ったチベット政策の見直しと平和的方法による情勢緩解を求める。

続きを読む

rftibet at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ついに尼僧も焼身自殺 その場で死亡 今年9人目 

マミー尼僧院 ンガバ







写真はンガバ、マミー尼僧院(Tibet Timesより)

以下、17日付けTibet Timesチベット語版 http://p.tl/8REZ より。

----------------------------------------------------------------------

今日(17日)現地時間午後1時過ぎ、ンガバ・ゾン(県)マミー尼僧院མ་མའི་བཙུན་དགོན་の尼僧テンジン・ワンモབསྟན་འཛིན་དབང་མོ་が尼僧院近くの橋のたもとで、中国政府に抗議の焼身自殺を行い、その場で死亡した。

ンガバ・ゾン、チャコルマ、ニツェ家རྔ་པ་རྫོང་བྱ་སྐོར་མའི་ཉི་ཚེ་ཚང་のテンジン・ワンモ(20歳前後)はンガバ市内から3キロほど離れたところにある尼僧院近くの三叉路に続く橋のたもとにおいて「ダライ・ラマ法王をチベットにお招きすべきだ!チベットには宗教の自由が必要だ!」と叫びを上げた後、自らの身体に火を放った。

Tibetan_nun_self_immolation_tibet_china現地からの報告によれば、彼女は火に包まれながらも、7、8分スローガンを叫びながら歩き続け、その場で息絶えたという。その際、現場には警官等も駆けつけることなく、遺体はマミー尼僧院の尼僧たちにより尼僧院に運び込まれた。その後、当局は遺体を引き渡すよう要求したが、尼僧たちはそれに従わなかった。当局は、もしも、遺体を引き渡さない場合も夜の間に地中に埋葬しろと命令した。

この事件が起きた後、軍隊と武装警官が大勢動員され、マミー尼僧院と付近の町村を封鎖した。

ンガバ市内の北西約3キロに位置するマミー尼僧院の正式名称は「マミー尼僧院デチェン・チュコル・リン༼ མ་མའི་བཙུན་དགོན་བདེ་ཆེན་ཆོས་འཁོར་གླིང ༽」。約350人の尼僧が所属するンガバで最大のゲルク派の尼僧院である。

その他、15日に焼身自殺したノルブ・ダンドゥルはンガバから他のどこかに移送されたという情報が入ったが、現在のところどこに移送されたのか、どのような容態なのかは不明であるという。

17日には再び、この焼身自殺を悲しみ、連帯を示すためにンガバのチベット人商店と飲食店はすべて戸を閉ざした。

以上の情報はダラムサラ・キルティ僧院の僧ロサン・イェシェと僧カニャック・ツェリンの報告による。

------------------------------------------------------------------------------------

追記(2012年2月3日):テンジン・ワンモの生前の写真が発表された。
討論を行ってるところと思われる。

Tenzin Wangmo

rftibet at 03:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月17日

昨日と今日セルタでデモ、当局が無差別発砲

昨日と今日、四川省カンゼ・チベット族自治州セルタ(色達)県ツェシュル・デバ郷の僧侶と俗人が中国政府に対する抗議デモを行った。警官隊は彼らに向け無差別発砲した。今のところ2人が病院に運び込まれたという。また幾人かが逮捕された。

昨日16日、セルタ、ツェシュル・デバ郷の政府の建物と警察署の前でチベット人住民が平和的デモを行った。今日17日武装警官隊と軍隊が大勢来て、ツェシュル・デバ郷のドゥクロ、ゴンカ、リンドゥ(26)、チュガ(23)、ロリ(19)、リクズ(18)、タシャル・デバ郷のツェワン・キ(19)等を逮捕した。

この時、武装警官隊は無差別発砲を行い、ドゥクロとゴンカのどちらか(VOTによれば両方)が被弾したという。

武装警官隊が彼らを逮捕した時、他の郷からも大勢のチベット人が押し掛け政府に対し強い抗議の声を上げた。現在、当地区には大勢の武装警官隊が出動し、また外部への連絡手段はすべて絶たれているという。

17日付けTibet Times http://p.tl/jomC
及び17日のVOT放送


rftibet at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)