2014年05月

2014年05月31日

「一時は焼身も考えた」 奇跡の逃亡の末亡命を果たした僧ゴロ・ジグメ

140528073830JG記者会見中のゴロ・ジグメ

僧ゴロ・ジグメは2008年、現在収監中のドゥンドゥップ・ワンチェンが制作したドキュメンタリー『ジクデル(邦題:恐怖を乗り越えて)』の収録を手伝ったとして逮捕された。彼は7ヶ月後に解放されたが、その後2009年、2012年にも拘束されている。

2012年9月30日の夜中、甘粛省サンチュの拘置所で、鉄の足かせを奇跡的に外すことに成功し、逃亡。その後1年8ヶ月に及ぶ山中逃避行の末、5月18日にインドのダラムサラにたどり着くことができた。5月28日、ダラムサラで亡命後初めての記者会見を開き、6年間に渡る苦闘について詳しい報告を行った。特に2008年に拘束された時に受けた激しい拷問について詳しく語った。

逃亡後2ヶ月後、初めて当局が身に覚えのない殺人の罪を着せ、20万元の懸賞金付きで後を追っていることを知ったときには一時「焼身抗議」も考えたが、生き続けることでさらにチベットのために何かできるはずだと思い直したという。

記者会見の冒頭で彼は「多くの命に関わる危機を乗り越え、ここで今、皆様の前にいることを夢のように感じる」と述べた。その後、彼の生い立ち、なぜ中国政府に抗議したのか、彼がチベットのためになしたこと、逮捕、拷問、逃亡そして最後に国際社会に対する要望を語った。

内地チベット人たちは中国政府のチベット人弾圧政策に対し抗議しているのだという。「長年ダライ・ラマ法王のチベット帰還を組織的に阻止しているそのやり方、法王に対する非難の仕方、僧院内における強制的『愛国再教育』、チベット語とチベット人アイデンティティーの破壊、チベット人疎外、チベット人の真の希望と苦しみへの無理解、実際には99%のチベット人が支持しているダライ・ラマ法王の唱える中道政策を支持していないと嘘の宣伝を行う事、中国共産党の大げさな支配宣伝、チベット人の土地を取り上げる事、これらが私が抗議活動を行った理由である。これらの理由は他のチベット人たちの抗議にも共通のもとであると確信する」と述べた。また、『ジクデル』の制作を含め、彼の抗議活動は完全に非暴力に従ったものであるとも述べた。

10363847_465347570235326_7798807449858660780_nダライ・ラマ法王との謁見を果たすゴロ・ジグメ

2008年3月28日に逮捕された後、「5月12日までの51日間、激しい拷問を受けた。その結果、背骨、目、手足を痛め、何本かの肋骨が折れ、膝が脱臼した。今でもその後遺症で背骨、肋骨に強い痛みを覚え、体が冷えたときには膝が思うように動かなくなる」という。

「最初に逮捕された後、手かせ足かせをはめられ10時間続けて天井から吊り下げられた。同じような拷問を7度受けた。それらは長い時には5時間、最短で2時間ほどだった。彼らは自分が『ジクデル』を制作し、チベット青年会議のメンバーであると糾弾し、2008年の蜂起は政治的抗議ではなく暴力的暴動であると認める事、そしてダライ・ラマ法王を非難することを強要した。私は法王への非難を拒否し、その他の糾弾は私には当てはまらないと否定し続けた」という。

この拒絶により、彼は天井から吊り下げられながら電気棒によるショック、撲打を受けるという拷問をはじめ、あらゆる暴力を受けたという。長時間天井から吊り下げられたときには、幻覚状態にも陥ったという。

2009年4月10日、国家機密を外国に漏らしたとして再び拘束され、2012年9月22日には焼身をそそのかしたとして拘束された。

2012年に拘束され、甘粛省サンチュの拘置所に収監されている時、蘭州の軍病院に健康診断のために送られようとした。しかし、これは嘘の口実であり、実際にはそこで自分が殺害されるという情報を得た彼は脱出を決心した。

「自分を殺すという彼らの計画を知った後、私は逃亡を決心した。9月30日の夜、いつも自分を監視している2人の警官の内一人が緊急の用事で外に行った。もう1人も夜中12時頃寝入った。私は密かに準備していた石などを使って何とか足かせを外そうとしたが、うまく行かなかった。最後にダライ・ラマ法王への祈りを捧げ、一気に力を振り絞ると足かせを外すことに成功した。他の監視人たちは麻雀に没頭していた。正面玄関に近づくと幸運にもそれが開いていたのだ。私はそこを走り抜け山に向かった」と話す。

「2ヶ月の間、山を転々として逃げ続けた後、当局が私を殺人者として20万元の懸賞金をかけ追っているということを知った。これにはショックを受けた。彼らは私の収監中一度もそのような糾弾を口にしていなかった。もちろん私はかつて一度も誰かを殺そうなどという考えすら抱いたことがない。この根も葉もない嘘の罪に対し抗議するために、最初甘粛省か四川省の警察署の前で焼身を行おうと思った。しかし、よくよく考えた後、焼身は思いとどまることにした。思うに彼らは私が逃亡に成功したことを恥と考え、そのような虚偽の罪を着せることを考えついたのではないかと思われる。もしも、私が焼身すれば彼らはさらに私を辱めるために虚偽の罪を作り出すであろう。死なずに生き抜けばいつかまたチベットのために働けるかもしれないと思い、考えを変えた」と語る。

彼は1年8ヶ月に及ぶ逃亡生活の間に危険な状況を逃れることに手をかし、最後に亡命を手伝ってくれた多くの同胞に心から感謝すると述べた。

最後に国際社会への要望を語り、まず「世界のいかなる国も中国政府に対し、実際に効果ある圧力をかけることができていない状況を悲しく思う。経済は重要であろうが、真実なしには真の幸福は生まれない。だから国際社会は真実を訴えるチベット人を見捨てないでほしい。チベット人は今危機的状況に追いつめられており、非暴力手段により抗議活動を行っているからだ」と述べた。

また、6月5日に刑期を終え解放される予定である友人のドゥンドゥップ・ワンチェンに関し、「中国当局は何らかの冤罪を新たに作り出し、彼の解放を遅らせる可能性がある。だから国際社会は彼が6月5日にちゃんと解放されるよう中国政府に対し圧力をかけ続けてほしい」と要請した。

参照:5月28日付けTibet Times チベット語版(ゴロ・ジグメの発言原稿全文が記載されている)
5月28日付けTibet Express英語版
5月28日付けRFA英語版
同チベット語版
VOT独占インタビュービデオ



rftibet at 12:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年05月26日

失踪中の歌手ギェペ、音楽祭の会場で逮捕



来たらん (ヨンギ・ユ ཡོང་གི་ཡོད། I am coming )

歌詞の日本語訳はここ

2年近く失踪とされていたンガバの人気歌手ギェペの元気そうな写真が先の5月24日、フェースブック上に流れた。これを見た関心ある人たちは彼の消息が知れ、元気そうな姿を見て喜んだ。

コメントの中には撮影された場所の名前も明記されていた。その夜、ンガバ州のキュンチュ県では有名どころの男女歌手を集めた歌謡ショーが開かれることになっていた。ギェペはその中でもメインだった。

10392306_674102155991834_3071144999982590230_n24日FB上に流れた(右手)ギェペの写真。

しかし、午後9時頃、ショーが始まると同時に、ンガバ州の州都であるバルカムから来た大勢の警官が会場に押し入り、ギェペを連行していった。

彼が連行された理由は明らかにされていないが、この情報を伝えた現地のチベット人は「ギェペは何も罪を犯していない。ただ、チベット人の苦楽と母語保護を訴える歌をいくつか歌っただけだ。中国当局は勝手にこれを政治的犯罪と見なすのだ」という。

参照:5月26日付けTibet Timesチベット語版

rftibet at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月25日

パクパ・ギェルツェンの投身抗議の後

imageパクパ・ギェルツェン

抗議デモ

先のブログで、5月7日、自治区チャムド地区ゾガン県のビルの屋上から、パクパ・ギェルツェンという妻子あるチベット人が地区の鉱山開発に反対し、投身自殺を行い死亡したということをお知らせした。

その後、地区では彼のこのような死をかけた抗議行動に心動かされ、数百人のチベット人がトンバル郷の庁舎の前に集まり座り込みの抗議を始めたという。5月20日RFA英語版によれば、20日の時点でも座り込みは続いており、「ここままでは緊張が高まるばかりだ」、「また人が死ぬことになるかもしれない」と地元のチベット人は危惧しているという。

実際、抗議デモ中に1人の若者が刀で自殺しようとしたが、周りの人がすぐに抑え、大事には至らなかったという。

抗議のため、彼の出身村であるゲワ村から駆けつけた60人の女性たちなどは「(鉱山開発に関する)自分たちの要求が聞き入れられなければ喜んで死ぬ用意がある」と宣言しているという。


弔問者が自殺を計る

パクパ・ギェルツェンの遺体が家族の下に届けられた後、家族の下には連帯を示すために大勢のチベット人が訪れた。そんな最中、リクジンと呼ばれる若者がパクパの家族の家の屋上に登り、刀を取り出し自殺しようとした。最初に刺した後、すぐに彼の兄がこれに気付き、制止したという。

彼は病院に運び込まれたが、命には別状はないと報告されている。最初の頃は彼を見舞うことは自由であったが、20日現在、病院への訪問は禁止されているという。

叔父拘束

パクパ・ギェルツェンが投身抗議を行った5日後の5月12日、彼の叔父さんであるジャンパ・チュペルがチャムド警察により拘束された。理由は明らかにされていない。

ジャンパ・チュペルはチャムドに住み、亡くなったパクパの子供やその他親元から離れ街の学校に通う子供たちの面倒を見ていたという。彼が拘束され、残された子供たちの面倒を誰が見ているのかは不明とのこと。

当局は地区を厳重な警戒下に置き、ネットや携帯を遮断し、検問を強化している。パクパの家族や親戚に対しては特に、「外国に情報を流せば、大変な結果を味わうことになるぞ!」と脅しているという。

参照:5月9日付けRFA英語版
5月20日付けRFA英語版


rftibet at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月09日

ビルの屋上で「チベットに自由を」と叫び 刀で自分を刺した後 投身・即死

image投身抗議を行ったパクパ・ギェルツェン。

5月7日の早朝、チベット自治区チャムド地区ゾガン県で、パクパ・ギェルツェン(འཕགས་པ་རྒྱལ་མཚན།39)と呼ばれる1人の妻子あるチベット人が、ビルの屋上で「チベットに自由を!独立を!ダライ・ラマ法王帰還を!」と叫び、刀で2度自身を傷つけた後、身を投げ、その場で死亡した。

RFA等によれば、この事件の直接的原因は地元で始められようとしている鉱山開発であるという。ゾガン県トンバル郷(མཛོ་སྒང་སྟོང་འབར།)では2ヶ月ほど前より、郷内で橋や道を整備する等して鉱山開発の準備が進められていた。当局はこれらをダムを造る準備だと説明したが、地元のチベット人たちは、これが鉱山開発の準備であると知っていた。

地元のチベット人たちはこの鉱山開発を阻止することを決め、現場に交代で3人づつ見張りを立てるということも始めた。4月28日には、若者を中心に20人ほどが抗議デモを準備していたとして連行された。しかし、彼らはその後、長老たちの働きにより解放された。

当局は開発現場近くのチベット人家庭それぞれに1万元の補償金を与えようと持ちかけたが、すべての家族がこれを断ったという。

5月6日の夕方、パクパ・ギェルツェンを含む数人が地元の役所に呼び出された。役所からの帰り道でパクパは他の仲間たちに向かって「トンバル郷のものたちは、これ以上鉱山開発に反対して問題を起こし困難な状態に陥る必要はない。俺が1人でなんとかする」と言ったという。

次の日の早朝、パクパ・ギェルツェンはトンバル郷の高い建物の屋上に上がり、「チベットに自由を!独立を!ダライ・ラマ法王帰還を!」と叫んだという。役人がすぐに駆けつけ、彼を制止しようと近づくと、彼は刀を抜き、自分の体を2度刺した後、身を投げ、その場で死亡したという。

パクパ・ギェルツェンはゾガン県トンバル郷チュシュ家の長男。3人の幼い子供と妊娠中の妻を残した。

参照:5月7日付けRFA英語版
同チベット語版
5月8日付けTibet Timesチベット語版
5月8日付けphayul
5月8日付けFree Tibet リリース

チベットではこのところ抗議の焼身が一般的であるが、これまでに抗議の投身の例もいくつかある。

2008年10月18日、アムド、ツェンツァで中学生ユン・ルンドゥップが学校の3階から「他のチベット人を鼓舞するため」に飛び降りた。彼は詩集を残している。

2012年4月2日にはドゥンドゥップ・プンツォ(26)が、インド、コルカタにあるハウワー橋からガンジス川に投身した。明らかに中国に対する抗議の投身と思われ。


rftibet at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月08日

孤児や貧しい家庭の生徒を集める学校が閉鎖され、1人の教師に13年の刑

4fb64cce-34bb-4679-b222-904044e97cb2青海省黄南チベット族自治州ツェンツァ(尖扎)にある、チベット人経営の私立学校が当局により閉鎖され、教師の内一人は13年の刑を受けた。

5月6日付けRFA等が伝えるところによれば、去年4月25日、ツェンツァにある「職業技術学校分校」に政府の役人が突然現れ、学校を閉鎖するよう命令した。理由は明らかではない。この時パクパという教師と生徒数人が拘束された。その後、生徒は解放されたが、パクパは拘束され続け、彼は13年の刑を受けたという。

この学校は2003年に孤児や恵まれない子供たちに教育を与えるために設立された学校であり、最近はチベット語、チベット文化、歴史の教育にも力を入れていた。2007年からはチベット医学のコースも始められていたという。閉鎖された時、生徒68名、教師10人が在籍していた。

生徒の1人は「この学校の設備や教師の質は高くて素晴らしい学校だった。学校は一度も政治的な問題を起した事はなく、なぜ突然閉鎖されたのか分からない。すべての生徒は郷里に帰らされた。とても残念で失望している」と語る。

また、もう1人の生徒は「この学校は恵まれない子供たちに教育を与え、利が多かった。当局がなぜ閉鎖したのか分からない」という。なぜ、パクパが13年もの長期刑を受けたのかも不明である。

rftibet at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月05日

ウーセル・ブログ「チベット人の刀剣処分が伝える意味」

ウーセルさんは去年11月26日付けのブログで、カムやアムドを中心に広がっている自主的「刀剣処分」の意味について問われている。この行為を「非暴力不服従」の社会的抵抗運動の一つと位置づけ、「焼身者の命と引き換えにしたある種の覚悟や行動の現れていないのだろうか?」と問い、将来、中国政府がチベット民族全体を「テロリスト」という集団イメージで塗りつぶそうとするであろうことを予測した、対抗策の一つでもあるという。

最後にこのような「非暴力不服従」の運動に対する「周到で慎重な思考と戦術的な計画、指導が求められる」と述べ、内外でこのような運動を計画・指導する人や組織の必要性も訴えている。

原文:唯色:藏人销毁佩刀等传递的信息
翻訳:@yuntaitaiさん
唯色:藏人销毁佩刀等传递的信息

image

チベット人が長年身に着けていた刀剣を提出し、処分した。

◎チベット人の刀剣処分が伝える意味

学会誌Cultural Anthropology(文化人類学)が2012年に組んだチベット人焼身事件特集で、チベット研究者のCharlene Makley氏は「遺体の政治生命」という文章を発表し、次のように書いた。「私が2008年に看破したように、チベット人の抗議に対する軍事的鎮圧は、中国共産党の体制が異常な状態に入ったことを示している。それは特定の敵を包囲するのではなく、町や地区全体を包囲する」「高原全体に広がる集団的な報われない悲しみと、包囲下のチベット人の燃え立つような静けさの前で、焼身者の遺体が何よりも物語っているのは、国家の治安部隊による抹消(強制的な失踪)と官製メディアによる抹消(絶え間ない検閲)に逆らった、(チベット民族の)早まった死という残酷な現実だ」

チベット研究者のこの結論には本当に憂鬱にさせられる。では、別の変化は現れていないのだろうか?言い換えれば、チベット全土で焼身者の命と引き換えにしたある種の覚悟や行動は現れていないのだろうか?

実際、焼身者の足跡や遺言は現地に広く伝わっており、反響は極めて大きい。例えば、ソバ・リンポチェが焼身したダルラ県(青海省果洛州達日県)では、数百人のチベット人が自発的に数千本の刀剣や猟銃、弾丸などをまとめて廃棄した。そして、今後は二度と武器を身に着けず、仲間内で争わず、他人の物を盗まず、生き物を殺さず、チベット人内部の団結を強めると誓った。立て続けに6人が焼身して犠牲になったザムタン県(四川省阿壩州壤塘県)では、数千人のチベット人が自発的に数千本の刀剣や猟銃などをチュジェ・タツァンとツァンワ・タツァンに差し出して廃棄し、これからは二度と争わず、殺生をしないと宣誓した。

ますます多くの民衆が進んで刀剣や銃などを処分している。これは単に「私たちは二度と武器を持ちたくない」「私たちは二度と殺生をしたくない」といった願望を伝えているだけではなく、深く長期的な意義をより含んでいるだろう。つまり、未来が危険にあふれている可能性を考慮して生まれた本土の対処法の一つだ。

なぜそう言えるのか?わずか600万しかいない私たちの民族の苦境や危うい運命について、多くの高僧や民間のエリートがチベットで考え続けていると私は堅く信じている。同化され、消されるのを免れるため、炎に身を包むという最も激しい行動を含め、様々な方法で無数のチベット人が抵抗している。しかし、中国政府が取る手段は一歩一歩エスカレートしてくる鎮圧で、極端な場合には焼身者全員を有罪とし、焼身行為を「テロリズム」「テロ行為」と定義する。将来、民族全体が「テロリスト」という集団イメージで塗りつぶされ、中国政府に絶えず陥れられていくだろう。その目的はもちろん、チベット人が全世界で持ち続けてきた非暴力のイメージを徹底的に変えることにある。

長年の残酷な事実を通じ、チベットの高僧と民間のエリートはこの大きな危険を既に察知しているはずだ。カムとアムドで盛んになった刀剣処分の行動は今後、自分の利益を犠牲にするやり方で、一般の人々に向けてチベット人の「非暴力」のイメージを守ってみせ、将来「暴力的」と塗りつぶされる陰謀を無意味なものにするのではないか?ともに民族全体の存続のため、喜んでこうした犠牲を払うよう、より多くのチベット人に言い聞かせ合うことを促すのではないか?

一般の人々はロサ拒否や耕作ボイコット、ラカルなど、2008年以降にチベット全土に広がった様々な「非暴力不服従」を思い起こし、刀剣の処分という方法で「非暴力不服従」の堅持を再び示して見せた。より重要なのは、この行動を僧院や僧侶とともに成し遂げるということだ。実は「非暴力不服従」の多くのモデルは僧院と僧侶の影響力とは切り離せない。非暴力は決して簡単な口先だけの暴力の否定ではない。非暴力不服従にはやり方がある。チベットでの事例は既に数多くあり、周到で慎重な思考と戦術的な計画、指導が求められる。民衆はこうした不服従の伝える意味をすぐに感じ取るだろう。

2013年10月30日、ラサにて  (RFA特約評論)

以下の写真は微博やフェイスブックなどから転載。アムド、カムの各地のチベット人が次々に刀剣などの武器を処分している。

_


_4


156456_363229863724556_1084899501_n


734673_540306399315433_1142287733_n


262734_10151371829544919_103674353_n


9a541d63jw1dzde8n3epzj


428977_458752164191519_1059096912_n-1








rftibet at 19:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年05月03日

相次ぎドゥンドゥプ・ワンチェンに国際的人権賞、僧ゴロ・ジグメは報道ヒーローと

62bc7d84「ジクデル(日本語版タイトル『恐怖を乗り越えて』」の制作者ドゥンドゥプ・ワンチェンが法王の盟友であったヴァーツラフ・ハヴェル氏の名をかした世界的人権賞を受賞した。前日には彼の助手をしていた僧ゴロ・ジグメも「世界の報道ヒーロー100人」に選出されたという発表があったばかりだ。

この賞「ハヴァル創造的反体制賞(Havel Prize for Creative Dissent.) 」の授与団体はニューヨークベースの「人権財団(The Human Rights Foundation (HRF) )」である。ヴァーツラフ・ハヴェル氏自身、2009年から2011年に亡くなるまでこの財団の会長を勤めていた。これまでに、中国のアイ・ウェイ・ウェイ、ビルマのアウンサンスーチーはじめ多くの有名反体制活動家がこの賞を受賞している。

「独創的なアイデアで勇敢に独裁政権に異を唱えた活動家」に与えられるこの国際人権賞の今年の受賞者は、彼の他に1人と1グループであった。1人はトルコの“Standing Man”として有名となったパーフォーミングアーティストのErdem Gunduz。彼は2013年トルコで起こった反体制デモの際、大統領がデモ禁止令を出した後、タクシン広場にただ立ち続けるという行為により多くの共感者を呼び、トルコの反体制運動のシンボルとなった。

もう1グループはロシアのプッシー・ライオット。このロシアの女性パンク・ロックグループは益々全体主義的傾向を強めるプーチン政権に対し、「反体制芸術」により立ち向かう象徴となったと言われる。授賞式にはグループを代表し21ヶ月間刑務所に入れられていたMaria Alyokhinaが出席するという。

チベットのドゥンドゥプ・ワンチェンは、2008年の北京オリンピックを前に様々なチベット人に「北京オリンピックについてどう思うか?」という質問を投げかけ、その答えを収録した。それをまとめた『ジクデル』と呼ばれるドキュメンタリーフィルムはちょうどその後チベット全土で抵抗運動が広がったこともあり、直接チベット人の意見を集めた貴重な映像として世界中で上映されることとなった。

彼は撮影したデータを国外に送ったそのすぐ後、逮捕され6年の刑を受けた。本来なら今年3月に刑期は終了し解放される予定であったが、理由が明かされないまま6月まで刑期が延ばされた。今回、彼が再び国際的な人権賞を受賞したことを中国政府がどう判断するかは分からないが、とにかく授与団体としては中国の人権状況改善のために圧力をかけたいという意図の下に彼を選んだに違いない。もちろん彼は授賞式には出席できない。

この賞は「勇気と創意を持って、真実に基づき独裁主義の嘘を暴いた人々」に捧げられるとされる。

なお、受賞者には35万ノルウェークローネ(約700万円)が贈られる。

f13cd98f僧ゴロ・ジグメが「世界報道自由デー」に「世界の報道ヒーロー100人」の1人として選ばれる

僧ゴロ・ジグメ・ギャンツォ)はドゥンドゥプ・ワンチェンの撮影の助手を務めていた僧侶である。彼も最初2008年に拘束され、その後も何度も拘束され、拷問を受けている。2012年9月、当局により拉致されたらしいという情報を最後に、その後消息が途絶えたままである。

「世界報道自由デー(the World Press Freedom Day)」とは「報道の自由の重要性を喚起し、各国政府が世界人権宣言の第19条に基づく表現の自由を尊重し支持する義務を認識するために、国連総会で定められた日。毎年5月3日。」とウキペに書かれている。

今回の「世界の報道ヒーロー100人」はこの日に合わせて「国境なき記者団(Reporters Without Border)」が選出したものである。老若男女を問わず65カ国から「共通の善なるもののために模範的活動を行った人々」を選んだという。

「これらの報道ヒーローたちは自由を求めるすべての男女のインスピレーションの源である。彼らや彼らと同様な人々の決意なしには、自由の領域を拡大することは全く不可能であるからだ」と国境なき記者団代表のChristophe Deloireは語る。

また「世界報道自由デーは、常に自分の安全を犠牲にし、時には命も投げ出しているジャーナリストやブロガーたちの勇気を讃える機会とすべきだ」と続ける。

この日を記念してダラムサラではTCHRD(チベット人権民主センター)主催のコンサートが開かれる。

rftibet at 20:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0)