2014年12月

2014年12月31日

チベットが世界初!世界一! 14のリスト

年末の締めくくりにちょうど良さそうな記事を見つけたのでそれを紹介する。

いつもの暗めの記事ではなく、世界でこれを始めたのはチベットが最初!とかチベットのこれは世界一!というリストである。チベット人は6百万人ほどしかいないが、驚くべきこと、誇って良いこと(慈悲の文化だけでなく)をこれまでにいくつも成し遂げているのである。

2014-12-09-Tibetan-Firsts以下に紹介する写真とリストの元記事は、ウーセルさんのブログの英訳等を紹介するHigh Peaks Pure Earthであるが、そのまた元は左の写真にある中国の social mediaやWeChat上で広まっているものという。

High Peaks Pure Earthの記事にはいくつかのNo1に関し短い注が付けられている。これは<注>として紹介すし、私のコメントは<補足>とする。

このリストについては異論・反論とか、もっと詳しい説明が知りたいとか、これだけじゃないこんなものもあるぞ、という意見がでるであろう。そのような場合にはどうぞそういったコメントを寄せてほしい。






2014-12-09-Photo-1-300x1901.ファーストフードを発明した(ツァンパ)。

<補足>ツァンパは高地性裸麦(大麦の変種)を煎って、うす等で粉にしたもの。チベット人の主食。このツァンパとヤクを飼うことによりチベット人はあの高地でも生活を続けることができたといわれる。

これが世界で初めてのファーストフードと言えるのかどうかは私には分からないが、面白い話を一つ。
インド軍の中にはチベット人主体の第22部隊というのがある。この部隊は高地特殊部隊とも呼ばれる。何度かのバキスタンとの戦闘においても常に最前線で戦っている。「インド人はいくら高地に行こうとも、必ず火を起こしチャイとチャパティを作らないといけなくて戦闘準備に時間がかかる。しかし、チベット人は水(雪)さえあれば、ツァンパを食いながら休みなく闘い続けることができる」と聞いた事がある。

2014-12-09-Photo-2-300x2072.ポロ(競技)を発案した。

<注>チベット語が英語に取り入れられた稀なケースである。

とあるから、本当にポロゲームはチベット人が始めたようだ。




2014-12-09-Photo-3-300x2913.初めて馬を飼育した。

<補足>写真がなぜ馬でないのかは不明。

この主張には「いやスキタイ人だ」とかの異論が出るかも知れん。検証は難しかろう。










2014-12-09-Photo-4-200x3004.初めてモデルコンテストをした(サムイェ寺建設時にティソン・デツェン王とパドマサンバヴァが主催。

<注>この史実はチベット最古の文献である『the Bazha (Sba bzhed)』に書かれている。ツィソンデツェン王とグル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)はサムエ寺創建にあたり、そこに奉納する仏像をインドや中国で作られていたそれぞれの民族をモデルにしたものではなく、チベット人をモデルにしたものにするために、まずその元となる理想的な若いチベット人男女を選ぶ目的でコンテストを開催した。

<補足>近年、ダラムサラではロプサン・ワンギェル・プロダクションの主催により、「チベット美人コンテスト」が毎年行われるようになっているが、このコンテストに対し、最初当時の首相であるサムドン・リンポチェが「仏教社会に相応しくない」との理由で異議を唱えられたが、この史実からみるとその目的の違いは大きいにせよ、正当な歴史復活と言えないこともないか?

2014-12-09-Photo-5-300x2255.世界 一長く王朝を継承 。

<補足>吐蕃王朝のことを指していると思われる。が、この吐蕃王朝についてはどこまで史実なんだか私にはよくわからない。








2014-12-09-Photo-6-300x1686.最も早く穀物を耕作した国。

<注>ワシントンポストのこの記事(英文)を参照とある。
<補足>この記事は「裸麦栽培がいかに人類が高地に住み始める事に貢献したか」という記事ではあるが。


2014-12-09-Photo-7-300x1777.世界 で最初に留学生を外国に派遣。

<注>8世紀にツィソンデツェン王がインドへ仏教を学ばせるために学生を送った。






2014-12-09-Photo-8-300x1918.世界 で初めて鉄製の橋を架けた

<注>チベットの天才タントン・ギェルポ(1385–1464 or 1361–1485)が14世紀に!







2014-12-09-Photo-9-229x3009.世界で最初に陶器に装飾を施した民族の1つ 。

















2014-12-09-Photo-10-300x22010.世界で最初の眼科手術 。














2014-12-09-Photo-11-300x22311.世界で最初に製錬技術を開発。













2014-12-09-Photo-12-300x23312.世界 最大のブロンズ像

<注>タシルンポ僧院内。












2014-12-09-Photo-13-300x18613.世界 最大のペインティングクロス(僧院の布タンカ)。











2014-12-09-Photo-1414.世界 最長の叙事詩(ケサル王叙事詩)


今年もこのブログを閲覧して下さった方々に深く感謝!

来年も引き続きチベットをよろしくお願いします!

良いお年を!



rftibet at 15:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2014年12月29日

同郷の焼身者に捧げる詩を発表した学生作家拘束

141229093650CUメウ・スパ。

12月28日、現地時間午後4時頃、ンガバ県メウルマ郷からバスでンガバに向かっていた作家、ブロガーとして知られるメウ・スパ(རྨེའུ་བཟོད་པ།)、21歳が武警と警官により拘束された。拘束は暴力的に行われたと伝えられ、彼が携帯していた書籍等も押収された。










10417587_1015270『勇女』

彼がなぜ拘束されたのかについては明白ではないが、この事件を伝えた同じメウルマ郷出身グチュスンの会書記のメウ・クンガムは、「彼は22日に焼身した同郷のツェペ・キへ捧げる『勇女 ༼དཔའ་མོ།༽』と題された中国語の詩をブログに発表したり、『自由のために拳を空に振り上げ ༼རང་དབང་གི་ཆེད་དུ་ལག་པ་གནམ་ལ་ཕྱར་བ། ༽』と題されたチベットの自由と焼身に関する文章をブログに発表していたことが、当局により政治的と判断され拘束されたのではないか」という。その他、彼はこれまでに地元で言論の自由を議題とする討論会を開催したりしていたという。

2008年、チベット全域で自由を求めるデモが連続した後、ンガバ地区から政治教育を受けさせるために18歳以下の若者が選ばれ強制的に成都に送られたが、その中に彼も入っていた。その後、彼は蘭州にある西北民族大学に入学し、現在2年生である。

メウ・スパは幼少時、ンガバ・キルティ僧院の僧侶であった。最近バイクの事故により、足を悪くし、今も杖を使い歩く状態であるという。彼はンガバ県メウルマ郷第3村の出身。父の名はゴンボ、母の名はペコ。

Lobsang_loorig_0僧ロプサン・ルンリク。

また、ンガバでは26日、ンガバ・キルティ僧院僧侶ロプサン・ルンリク(བློ་བཟང་ལུང་རིགས།20)が僧院から突然警官により連行されている。彼もメウルマ郷の出身である。連行された理由は不明。

参照:12月29日付けTibet Timesチベット語版
12月29日付けphayul
12月29日付けTCHRDリリース英語版






追記:メウ・スパが同郷の焼身者ツェペ・キに捧げた詩(原文中国語)の日本語試訳(K氏訳)。
誰が、暗闇の中で自らを燃やすのか?
最後の力で雪の国を照り輝かせる!
誰が、火焔の中に己を捧げるのか?
最後の思いが高原に留まる!
誰が――それは勇敢な使者、それは真理の化身!
貴方は去られた、その身体を祈りと真理に化して、雪の国に広めるために!
貴方は去られた、すべての抑圧と苦しみとともに。
貴方は去られた、一千万人があなたとともに祈る……






rftibet at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月27日

ンガバで若い僧侶が一人デモ

10868200_695715350526528_2395366532689509933_n12月26日、アムド、ンガバ(四川省ンガバ・チベット族チャン族自治州ンガバ県ンガバ鎮)の中心街にある「勇者の道」で、若い僧侶が一人で、中国政府のチベット弾圧政策に抗議し、自由を求めるデモを行った。

ダラムサラ・キルティ僧院内地情報係り僧カニャク・ツェリンと僧ロプサン・イェシェによれば、この僧侶はンガバ・キルティ僧院に属するロプサン・ティンレー(བློ་བཟང་འཕྲིན་ལས།)、21歳という。

現地時間午後4時40分頃、現地のチベット人たちが多くのチベット人が焼身した場所であることから「勇者の道」と名付けた路上で、頭頂にダライ・ラマ法王とチベット国旗を合わせた大きな写真を掲げ、「ダライ・ラマ法王が何万年も生きられますように!チベットに自由を!」と叫びながら進み、数分後公安派出所の前に来たとき、警官たちに撲打の末拘束された。

彼が拘束されたことを目撃したチベット人たちは、抗議の声を上げながら公安派出所の前に集まったが、駆けつけた部隊が彼らを殴り、蹴散らし、その際数名が拘束されたという。

IMG_2298現場付近を封鎖する部隊。

拘束された僧ロプサン・ティンレーと他のチベット人たちの消息は依然不明のままである。

彼が抗議デモをした後、普段より厳しい警戒が続いているンガバではされに警戒が厳しくなり、現場付近は大勢の部隊により閉鎖されているという。

僧ロプサン・ティンレーはンガバ県メウルマ郷第4村の出身。同じ村の出身である、ツェペ・キ、20歳がその4日前、12月22日に焼身・死亡している。年齢も近く2人は知り合いであった可能性が高いと思われる。

僧ロプサン・ティンレーは幼少時よりンガバ・キルティ僧院の僧侶であり、現在心理学科(བློ་རིག་འཛིན་གྲྭ)在籍中。父の名はノルデン、母の名はチョクスム。

彼が今激しい拷問を受けていることは間違いないと思われる。

参照:12月26日付けRFA英語版
同チベット語版
12月26日付けTibet Timesチベット語版
12月26日付けTibet Post 英語版

僧ロプサン・ティンレーがデモ中のビデオはここ
その後付近を封鎖する部隊のビデオはここ




rftibet at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月25日

焼身者を守ろうとした僧侶たちに向け部隊が発砲、少なくとも2人被弾

10801495_753196854767349_1882067046636559066_n被弾した僧侶の腕。

12月23日にタウのニャンツォ僧院公安派出所前で焼身した僧ケルサン・イェシェを守ろうとした僧侶たちに向かい軍隊が発砲し、少なくとも2人が被弾したという。

僧ケルサン・イェシェの焼身について昨日のブログでは「部隊が空に向かって発砲した」と伝えたが、今日現地から写真とともに伝えれた情報によれば、部隊は空に向けて発砲したのではなく、僧侶たちに向かって発砲したという。

部隊は集まった僧侶たちを蹴散らすために、発砲と共に、催涙弾も発射し、電気棒などを使い僧侶たちを殴りつけたという。被弾した僧侶たちは、拘束されるのを怖れ、病院にも行かず、僧院内で治療を受けているとも伝えられる。

焼身した僧ケルサン・イェシェの死亡は部隊がダルツェンドに運ぶ途中で確認したとされる。遺体はダルツェンドに運ばれた後、すぐに当局により電気火葬され、その後家族が2人呼ばれ、強制的に遺灰を川に流させられた。遺灰を川に流す間中、家族は銃を突きつけられていたという。

10858600_753196884767346_4707271560343019197_n腕に被弾した若い僧侶。

僧ケルサン・イェシェが属していたニャンツォ僧院では、昨日から大勢の僧侶、一般人が集まり彼の霊を弔う法要が行われているという。

しかし、例えば同じくタウで2011年に焼身した尼僧パルデン・チュツォの属していた尼僧院から尼僧たちがニャンツォ僧院に駆けつけようとしたが、彼女たちは途中で部隊に阻まれ、ニャンツォ僧院に行くことができない状態という。

タウでは至る所に検問所が設けられ、移動が制限され、ネットや電話も規制されていると言われる。

参照:12月25日付けVOAチベット語版
12月25日付けphayul
12月24日付けRFAチベット語版
同英語版

48547c16-f23c-432b-8711-67bf1f37fb5f写真左:現場に駆けつけた僧侶たち/写真右:運び去られた直後か?

この他、FB上には焼身中のビデオも流されている(閲覧注意)。
例えば、これこれ

2本目には、おそらく火を消そうと毛布のようなものを持ち近づく僧侶の姿が写っているが、彼も道の向こうから駆けつける部隊と思われる人影を見て、再び離れようとしている。この後、僧侶たちが集まり、部隊が彼らに向け発砲したものと思われる。


1613901_753687278051640_4402243735907673919_n追加写真:行くてを部隊に阻まれ、道に座り込みお経を唱える尼僧たち。


rftibet at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月24日

<速報>2日連続の焼身 今度はタウの僧侶

10881536_752399071513794_6931142180564565780_n焼身した僧ケルサン・イェシェ

一昨日(12月22日)のンガバに続き、昨日もチベットで焼身抗議があった。今月16日のアムチョクにおける焼身を含め、8日間に3人が焼身し、3人ともその場で死亡している。悲しいニュースが続く。再び焼身が連続しないことを祈るばかりだ。

RFA等が伝えるところによれば、12月23日、現地時間午前11時過ぎ、カム、タウ(ཁམས་དཀར་མཛེས་རྟའུ།)四川省甘孜チベット族自治州道孚県道孚)ニャンツォ僧院(ཉ་མཚོ་དགོན་པ།)内にある公安派出所の前で、同僧院僧侶ケルサン・イェシェ(སྐལ་བཟང་ཡེ་ཤེས།)、38歳(37歳、27歳と伝えるメディアもある)が「ダライ・ラマ法王のチベット帰還を!チベットに自由を!」と叫びながら焼身を行った。目撃者によれば、彼は大きな炎に包まれ、しばらくしてその場に倒れ、燃え尽きたという。

10858632_539214396181976_503236999822003410_n現場にはすぐに大勢の僧侶や一般人が集まり、遺体を守ろうとしたが、駆けつけた警官隊は空に向け発砲を繰り返し、集まった人々を蹴散らし、遺体を運び去ったという。

その後、チベット人たちは遺体が運び込まれたと思われる警察署の前に集まり、遺体を家族の下に返し、正しい葬儀を行わせるよう要求したという。今日再び大勢の人が警察署の前に集まることが予想され、緊張が高まっている。一方、当局は事件の後、タウ全域の情報網を遮断したといわれ、その後の詳しい状況は未だ伝わっていない。



10451910_693990917365638_1091036523985948524_n(写真)一般のチベット人たちに教えを説く僧ケルサン・イェシェ。

タウ出身の在ダラムサラ元政治犯ロプサン・ジンバは、1997年に僧ケルサン・イェシェと一緒にインドに亡命し、彼が再びタウに帰った時も会っているという。タウ・ジンパは彼に関する情報を以下のように伝える。「僧ケルサン・イェシェは1997年にインドに亡命し、南インドのガンデン僧院チャンツェ学堂で7、8年学んだ後、再びタウに帰った。ニャンツォ僧院に帰った後、彼は一般のチベット人や子供にチベット語と仏教、チベット文化を教えるクラスを開いていた。そのこともあり、彼は篤い尊敬を集めていた」という。

854d8992-544c-4b76-9595-0ae7d4947a99僧ケルサン・イェシェはタウ県クノル郷テワ村の出身。父の名はジャンパ、母の名はドルジェ。

カム、タウ県における焼身抗議者はこれで5人目である。
2011年8月15日:ツェワン・ノルブ、ニャンツォ僧院僧侶、29歳、死亡。
2011年11月3日:パルデン・チュツォ、ジャンジュップ・チュリン尼僧院尼僧、35歳、死亡。
2013年6月11日:ワンデン・ドルマ、ダクカル尼僧院尼僧、31歳、死亡。
2014年4月15日:ティンレー・ナムギェル、牧民、32歳、死亡。

チベット内焼身抗議者136人目。内外合わせ141人目。この内116人が死亡している。

チベット亡命政府は相次ぐ焼身抗議を受け、22日、中国当局に対し、重ねてチベット人の苦しみに目を向けるよう要請している。また、「焼身の責任も解決も中国政府側にある」として、「政治的弾圧、宗教的弾圧、同化政策、経済的疎外、環境破壊が焼身の原因である」と明言している。一方、亡命政府はチベット人に対し「抗議の方法として焼身等の激しい方法を選択しないように」という訴えを繰り返している。

参照:12月23日付けRFA英語版
同チベット語版
12月23日付けTibet Timesチベット語版
12月23日付けphayul
12月23日付けICTリリース
12月24日付け時事通信


10410677_10153013792085337_3944380049935681437_n

井早智代さんが描かれた僧ケルサン・イェシェに捧げる絵。


10801624_899246090115812_6592848367086285019_n

内地焼身抗議・主な抗議活動発生地地図(2014年12月24日付け、Tsampa Revolution 製作)


rftibet at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月23日

<続報>昨日焼身・死亡したツェペ・キ、20歳は善良な牧民女性

10352261_693494170748646_3953631081771221405_n_1290ツェペ・キ

昨日(12月22日)ンガバ県メウルマ郷の路上で焼身抗議を行い、その場で死亡したツェペ・キについては、当局が地域に厳戒態勢を敷き、電話やネットも遮断したことにより依然詳しい情報は入っていない。それでも、何らかの手段を使い、現地と連絡を取ることができたダラムサラ・キルティ僧院の情報係り僧カニャク・ツェリンを中心に以下の情報が流されている。

ツェペ・キが焼身した場所はメウルマ郷中心街にある大通りの下手、焼身した時間は現地時間午後2時頃とされる。焼身を見守るチベット人の数は少なかったが、伝わった焼身中を写すビデオにはダライ・ラマ法王を喚起するお経を唱える声が入っている。彼女はその場で丸焦げになっている。その丸焦げになった遺体を駆けつけた部隊がどこかに運び去った。

ツェペ・キは幼少時より家族の仕事である牧畜を手伝い、一度も学校へは行っていないという。6人兄弟の4番目であり、その善良で控え目な性格が広く周囲の人々に賞賛されていたという。

彼女が焼身した後、すぐに両親が警官により連行されたが、その後2人が拘束されたのかどうかは不明とされる。

彼女の名前と年齢については最初「ツェペ」とされ、その後「ツェペ・キ」とするメディアが多い。しかし、在北京の作家ウーセルさんは「ツェペ・ドルマ」としている。年齢についても「20歳」とするメディアと「19歳」とするメディアに別れている。

ンガバ県内の焼身は彼女で33人目、メウルマ郷での焼身は7人目である。

10866919_10153010092620337_946395360_n




















(再掲)井早智代さんがツェペ・キに捧げた絵

以下はウーセルさんが彼女に捧げる詩としてFB等に発表されたものである。これはロシアの詩人マリーナ・イヴァーノヴナ・ツヴェターエワの詩である。以下の日本語訳は中国語から の重訳、K氏の試訳である。

私は不死鳥、燃え盛る炎の中でさえ歌う
この高貴なる生命を惜しむがよい
私は轟々と燃え上がり、灼け尽きて灰燼となる
あなたたちの闇夜に光が差すことを願って!

凍てついたかがり火が噴水のように燃え盛る
私は上体をすっくと起こし巍然(ぎぜん)として揺るがない
私は語る者、そして受け継ぐ者
その崇高な称号をこの上もなく大切にする者!

中国語訳:
“我是凤凰,只在烈火中歌唱!
请你们珍惜我高贵的生命!
我熊熊燃烧,我烧成灰烬!
但愿你们的醋詛变得光明!
寒冰的篝火燃烧如喷泉!
我要巍然屹立挺直腰板,
我是交谈者,也是继承人,
我无比珍惜这崇高的头衔!”


10881631_918627108149304_7470099362016345417_n
内地焼身者顔写真:VOT Gurbum Gyalo製作


1723167_898732066833881_4628324028265752522_n

内地焼身抗議・主な抗議活動発生地地図(2014年12月23日付け、Tsampa Revolution 製作)

rftibet at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月22日

<速報>(閲覧注意)ンガバで20歳の女性が焼身・死亡

10402498_398217270337595_8198959595036298168_nツェペ・キの生前写真。

今日(12月22日)、四川省 ンガバ州ンガバ県メウルマ郷(རྔ་བ་ཁུལ་རྔ་བ་རྫོང་རྨེའུ་རུ་མ།)でツェペ・キ(ཚེ་པེ་སྐྱིད།)と呼ばれる20歳の女性が、中国のチベット政策に抗議するために焼身、その場で死亡した。遺体はしばらくして駆けつけた部隊により運び去られた。

ツェペはメウルマ郷第4村の出身。父の名はチュド・リンチェン、母の名はチェンパ。その他の情報は今のところ伝わっていない。






77_1288(写真)部隊が遺体を運び去ろうとしているところ。

チベット本土での焼身はこれで135人目。内外合わせ140人となった。

先週16日にラプラン・アムチョクで焼身があったばかりである。焼身が再び続かないことを祈る。

参照:12月22日付けTibet Times チベット語版(ビデオもある)
12月22日付けVOT中国語版

76_1289






10866919_10153010092620337_946395360_n



















井早智代さんがイギリスからカナダへ飛ぶ直前、この焼身を知り、早々と焼身者ツェペ・キに捧げる絵を描いて下さった。

rftibet at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月16日

<速報>アムチョクで新たな焼身

772写真:焼身・死亡したサンゲ・カル

今日(12月16日)現地時間午前9時頃、アムド、ラプラン・アムチョク(བླ་བྲང་ཨ་མཆོག་ཞིང། 甘粛省甘南チベット族自治州夏河県阿木去乎鎮)の警察署前でサンゲ・カル(སངས་རྒྱས་མཁར།)が、明らかに中国政府のチベット人弾圧に抗議するため焼身、その場で死亡した。遺体は駆けつけた警官隊により持ち去られたという。

サンゲ・カルはアムチョク鎮ルタン郷の出身。父ワンロ、母ユドンの息子。34歳。2人の幼い娘がいるという。
その他の詳細は未だ不明。

チベット人の焼身抗議は、9月21日、ツー(合作)で22歳の学生ラモ・タシが行って以来ほぼ3ヶ月ぶりである。中国政府によるチベット人弾圧は終わるどころか激しくなっており、焼身抗議も終わっていないのだ。

内地焼身者134人目、内外合わせたチベット人焼身者の数はこれで139人となった。

今日はゲルク派の祖師ジェ・ツォンカパの命日、ガンデン・ンガムチュ(灯明祭)である。サンゲ・カルがこの日を選んで焼身したとすれば、チベットのため、まさに自らを灯明として捧げたと言えよう。

参照:12月16日付けTibet Timesチベット語版



rftibet at 22:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

郷長選挙をめぐり学生1人 拷問死

_7写真:ダルラ(達日)県における選挙集会。

今月10日、青海省ゴロ州ダルラ県タクト郷第3村(མགོ་ལོག་ཁུལ་དར་ལག་རྫོང་སྟག་ཐོག་ཡུལ་ཚོའི་རུ་ཆེན་གསུམ་པ།)の学生カルメ(22 ཀར་མེ།)が、激しい拷問を受け死亡した。カルメを含む13人は郷長選挙の際、中国当局が推薦する村長に投票しなかったとして拘束されていた。

ゴロ出身の在インド在住ダムチュ・ペルサンがTibet Timesに伝えた情報によれば、12月7日、ゴロ州ダルラ県の役人がタクト郷で郷長を選出するための集会を開いた。その際、住民はタシと呼ばれるチベット人に投票した。しかし、役人たちは選挙の結果を無視し、当局が推薦する中国人を必ず選出すべきだと命令した。その場で口論となり、集まった人々は再度投票を行うことを拒否、帰宅した。

その後、当局は大勢の警官を動員し、再び集会を行い当局の選ぶ中国人に投票させようとした。チベット人たちは「自分たちには自分たちの郷長を選ぶ権利がある。役人たちが推薦する中国人には決して投票しない」と主張し、警察の脅しをはねつけた。警察は選挙人として選ばれていたタシ、ロケル、ガンカ、ガンド、カルメ等13人を拘束し、ダルラ県の拘置所に送り尋問を始めた。12月10日、その内のカルメは激しい拷問の末、重体となり、県病院に運び込まれたが翌日11日病院内で死亡した。

この事件を知った郷内のチベット人たちは、県庁舎前に集まり、「学生カルメ殺害に関し正当な裁判を開くこと、自分たちに名実ともなる選挙権を与えること」を要求し、「自分たちは今も平和的に問題を解決する用意があるが、もしも、当局が誠実な対応を示さない場合、今後どのような結果になろうとも、すべてその責任は当局にある」ということを強調しているという。

参照:12月15日付けTibet Timesチベット語版
12月15日付けphayul

先のブログでも村長選挙をめぐり、当局が地元のチベット人たちが再選を希望する村長を殺害したという事件を報告したばかりだ。このところチベットで名ばかりの地方選挙が行われ、当局が自分たちに都合のいい指導者を選ばさせるということを強要しているようである。中国当局はかねてより表向きの選挙のために、拷問や殺人を平気で行っているのである。


rftibet at 12:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年12月14日

ラサ近郊の尼僧院が当局により破壊され 100人以上の尼僧が追放

c53cfc3f-7076-4ac3-8358-4970146e536812月10日付けRFAチベット語版によれば、ラサ北方ペンボ・フンドゥップ県にあるシャル・ブンパ尼僧院ཤར་བུམ་པ་བཙུན་མ་དགོན་པ།)の尼僧107人が突然追放され、宿舎がブルドーザーにより破壊された。

事件は今年8月3日に起こっていたが、尼僧たちが窮状を訴える手紙が外部に伝わったことによりようやく判明した。この尼僧院には118人の尼僧が所属していたが、その内、病人と高齢者11人をのぞく107人が追放されたという。

8月12日付けのその手紙には、「私たちが自分たちで建てた宿坊に暮らしていた時、突然チャンカ郷の役人が来て、即刻尼僧院を出ろと命令されました。私たちは地に頭を付け『どうか、そのようなことはしないで下さい』と何度も懇願しました。しかし、役人は『上の命令だ』といい、全く取り合ってくれませんでした。8月3日、ブルドーザーがやって来て、宿坊がすべて壊されたのです」と書かれている。

されに、手紙には「その際、数人の尼僧があまりのことに卒倒し、数人の尼僧がその後行方不明となっています。私たちにはもう帰る場所がなくなりました。国際人権団体の人たちにお願いします、どうかこの事件を調査し、私たちを守って下さることを」と切実な訴えが記されている。

rftibet at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月13日

チベットの文化、言語、宗教を支え続けた村長が中国当局により暗殺される

5Untitled写真:当局に暗殺されたとされる村長を囲む村の若者たち。

危険を冒し、現地より書面と口頭で亡命側に伝えられた情報によれば、11月21日、チベット自治区ディル県ギャシュ・ヤンシュ郷ブシュン村(འབྲི་རུ་རྫོང་ཁོངས་རྒྱ་ཤོད་གཡང་ཤོད་ཤང་འོག་གི་དབུ་གཞུང་གྲོང་སྡེ།)の村長バチェン・ゲルワが当局により暗殺され、無実の村民約50人が拘束されたという。

村長バチェン・ゲルワ(50歳前後、別名ンガワン・モンラム འབའ་ཆེན་རྒྱལ་བའམ་ངག་དབང་སྨོན་ལམ།)はギャシュ・ペカル僧院の元僧侶であり、長年ブシュン村の村長を務め、チベットへの思い熱く、勇気ある指導者として村民の篤い尊敬を集めていた。

村長バチェン・ゲルワはチベットの宗教と文化発展に務め、若者たちに教育を施し、同胞間の争いを諌めていた。村に集会場を造り、ラマやゲシェを招き仏教の教えを聞く場所とし、そこはドルマやマニを唱える場所となり、伝統的歌舞や祝賀の会場となっていた。文盲を無くすためにと老若男女が学べる学校を建て、お金がなくても診てもらえる病院も建てた。

しかし、このような彼の活躍を当局はかねてより敵視していた。当局は最近、彼を辞めさせ、中国人の新しい村長を無理やり就任させようとしていた。地元のチベット人たちは「当局は邪魔な彼を消し去ったのだ」と断言する。彼が殺されたあと、すぐに村人50人が拘束され、ディル県に送られた。当局は事件を外に漏らすことを禁止し、村に通じる道路も封鎖したという。

さらに、村長の出身僧院であるギャシュ・ペカル僧院の僧侶40人とギャシュ・ヤガ・チャダ尼僧院の尼僧約100人を追放した。さらに、同じ自治区内の他尼僧院で修行するギャシュ・ヤンシュ郷出身の尼僧に対し、還俗し地元に帰るよう強要していると報告される。

参照:12月11日付けTibet Timesチベット語版
12月11日付けVOT中国語版


rftibet at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月07日

15年の刑を受けていた社会活動家 拷問死

photo512月5日午後、15年の刑を受けラサのチュシュル刑務所に収監されていたチベット人政治犯テンジン・チュダック(33 བསྟན་འཛིན་ཆོས་གྲགས།)が病院内で死亡した。彼はその2日前、長期にわたる拷問と刑務所内の虐待の末、生きる望みなしと当局により判断され、家族の下に返されていた。収監され6年目であった。

彼の死はチベットの拘置所や刑務所で広く行われている中国当局による拷問と非人間的虐待の結果であるとして人権団体が強い非難を表明している。2008年以降、拷問死したチベット人政治犯の数は100人を越える。

テンジン・チュダック(略称テンチュ)は2008年3月のラサ蜂起が起こったとき、国際赤十字に関係するヨーロッパのNGOの職員として環境問題を中心にした社会活動を行っていた。2008年4月、ラサ警察は彼をラサ蜂起の主要扇動者の1人として拘束した。情報提供者によれば、彼は拘束された後激しい拷問を受けた。その時の尋問の中心は、彼の父親であり1993年にインドに亡命したケドゥプに関するものであったという。ケドゥプは長年ラサを中心に政治的活動を行っていたと言われ、テンジン・チュダックは父親と連絡を取りながらラサ蜂起を扇動したとされ、15年の禁固刑と1万元の罰金を課せられていた。

11月初め頃よりテンジン・チュダックの容態は悪化し、当局は彼を病院に入院させた。病院を3回変えたが、どの病院の医者も生きる望みはないと判断した。彼は見る影もなく痩せ細り、皮膚は黒ずんでいたという。病院に入院中も彼は手かせ足かせをはめられたままであり、数名の監視要員が張り付いていた。

死亡する2日前、彼が死ぬことは確実と判断した当局は家族を呼び、彼を引き渡した。これは、彼が当局の手の内で死亡したときの責任を回避するいつもの手段である。家族は何とか彼を助けようと、すぐにラサのチベット伝統医学院に運び込んだが、すでに手遅れであり2日後黒い血を吐いて死亡した。

テンジン・チュダックは1981年、ラサの北にあるギャブムガンで父ケドゥプ、母パッサンの子として生まれた。1990年、9歳の時、ヒマラヤを越えインドに亡命し、ダラムサラにあるTCV(チベット子供村)で高校1年まで学び、2005年に再びラサに戻った。その後すぐにヨーロッパのNGOに雇われ拘束されるまで社会活動を続けていた。

参照:12月6日付けTCHRDリリース英語版
12月6日付けTibet Timesチベット語版
12月6日付けVOT中国語版


rftibet at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)