2015年01月

2015年01月26日

1年近く拘束されていた僧侶に10年の刑

Tsewang-Sog-Tibet-2015刑期10年を受けた僧ツェワン。

25日付けTibet Postによれば、チベット自治区ソク県で1年近く拘束されていた僧侶に10年の刑が言い渡された。ベルギー在住のチベット人リンチェンが現地から得た情報としてTibet Post に伝えたところによれば、「チベット自治区ナクチュ地区ソク県の中級人民法院は今月中に、ソク県ティド郷ティルダ僧院僧侶ツェワン(27)に対し、中国支配に抗議するよう他人を扇動したとして10年の刑を言い渡した」という。

「彼は昨年3月17日に、『政治的理由』或は『外国と連絡をとった』としてティルダ僧院から連行された4人の僧侶の内の1人だ」と現地の情報提供者は伝えた。彼の居所、健康状態は不明のままである。

ナクチュ地区のソク県は隣のディル県と共に、ここ数年間、当局による弾圧の特別対象地区となっている。2013年には強制的中国国旗掲揚に抗議する一連のデモが発生し、これに対し当局が無差別発砲したために多くの死傷者が出ている。ナクチュとディルではこれまでに5人が焼身抗議を行っている。

今回、10年の刑を受けたティルダ僧院の僧侶ツェワンは、2014年3月17日に同僧院のツァンヤン・ギャンツォ、アツェ、ギェルツェンとともに拘束されている。このうち僧ツァンヤン・ギャンツォはすでに昨年10月中に「外国と連絡を取り、他を扇動した」として12年の刑を受けている。残る僧アツェと僧ギェルツェンの消息は依然不明のままである。

このソク県ティド郷では2014年3月10日のチベット蜂起記念日に「橋のたもとにある巨石に『チベット独立』という文字が描かれる」という事件があった。その後この現場の近くにあるティルダ僧院の僧侶たちが容疑者として連続的に連行された。地域のチベット人たちは彼らを開放するよう要求したが、その人たちも拘束され、拷問を受けた後開放されている。その他、地域ではスマホのチェック等により多くのチベット人が拘束され拷問を受けたと報告されている。

今回10年の刑を受けた僧ツェワンが実際どのような罪により懲役刑を受けたのかは不明であるが、10年はいかにも長過ぎると思われる。チベットでは他の人に政治的発言をしたり情報を伝えたりしただけで「他人を扇動した」ことになり、スマホや電話で外国にいる人に連絡しただけで「外国に国家機密を漏洩した」とされるのである。

rftibet at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月20日

昨年1年間にインドに亡命したチベット人は120人のみ

Recieption_Cent1ダラムサラ難民一時収容所。

今週日曜日に鎌倉であったチベットイベントでは小川まりえさんが作られた『ソナム』というドキュメンタリー映画が上映された。ダラムサラの難民一時収容所に到着したグループの中から偶然、チベットの匂い一杯の10歳の男の子を見つけ出し、その子の収容所での生活を追うというものだ。その後のトークで、チベット難民の現状が話題となり、私は2008年以降難民が激減したという話をした。

ちょうど昨日Tibet Timesがその収容所に行き、所長に昨年の難民の数等を確認したという記事が載っていた。それによれば、昨年1年間にダラムサラの一時収容所に辿り着いたチベット難民の数は120人という。

2008年以前には毎年2500~3000人の難民がヒマラヤを越え亡命していたのである。今後もこのトレンドは変わらないだろうということで新しく2008年に規模を拡大して作られた新しい収容所は出来上がったとたんにガラガラ状態が続いている。

ラサを初めチベット全土で全面蜂起があった2008年に800人ほど、その後600人、500人、400人、300人と順次年を経るごとに減少し、2013年には150人、そして昨年2014年には120人となった。120人の内、約50人が僧侶・尼僧、残り約70人が一般人という。

2008年、中国政府は本土のチベット人をダラムサラから徹底的に引き離す政策を決定し、国境警備をさらに厳しくし、ネパール政府にも金を与えネパール側からも警備を厳しくさせた。亡命ガイドを大勢逮捕したことでガイド料も跳ね上がった。さらにここ数年、カムやアムドのチベット人がラサに巡礼等で入ることも厳しく規制したが、インドへ亡命するにはラサを経由しなければならないということで、この規制が亡命への大きな障害となり、亡命者激減の主要要因となったのだ。亡命したい人も大勢いるであろうが、あまりに危険が大き過ぎ、大金を用意しないといけないということで、実行は不可能に近いというのが現状である。


rftibet at 15:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)