2015年03月

2015年03月22日

15年の刑期を終え僧侶開放 仲間2人は解放後死亡

3118僧ンガワン・ギュルメ。

21日付けTibet Timesチベット語版によれば、3月20日、チベット自治区ナクチュ地区ソク県にあるツェンデン僧院の僧ンガワン・ギュルメが15年の刑を終え開放された。

僧ンガワンはソク県ドクタ郷の出身。20歳ごろツェンデン僧院の僧侶となる。本堂新築の際には現場責任者となり自ら石を運び、木を切ったという。日頃よりチベット問題に関心が高く、政治的ビラをまいたとして15年の刑を受けていた。

開放された僧ンガワンは衰弱しており、家族は「刑務所で受けた拷問により他の仲間のように長く生きないのではないか」と心配しているという。以前に、彼と一緒に逮捕された僧テンジン・チュワンは開放された後3年間寝込み、死亡している。僧イシェ・テンジンも衰弱した状態で開放され、2ヶ月後に死亡した。

僧ンガワン・ギュルメは2000年3月17日、ツェンデン僧院の他の僧侶3人(シー・ケドゥプ、イシェ・テンジン、テンジン・チュワン)、俗人2人(ダクル・イシェ、ツェリン・ラゴン)と共に逮捕された。彼らは2000年3月中に「ダライ・ラマ法王に長寿を。チベットは独立国だ。中国人はチベットから出て行け」等と書かれたビラを多量に印刷し、街中に張り出したり、配布したとされ、「国家の安全を脅かし、誤った情報を流し、民衆を扇動した」罪で罰せられていた。

NgawangGyurme逮捕前と思われる僧ンガワン・ギュルメ。

2000年終わり頃、ナクチュ中級人民法院により、僧ンガワン・ギュルメに刑期15年、僧シー・ケドゥプに無期、ツェリン・ラゴンに刑期15年、僧イシェ・テンジンに刑期10年、ダクル・イシェに刑期7年が言い渡された。

僧ンガワン・ギュルメは最初の4年間を拷問で有名なラサのダプシ刑務所で過ごした。その後チュシュル刑務所に移された。収監中に彼は胸を病んだが誤った診断により誤った薬を飲まされ、一時期生死の狭間を彷徨うことになったという。その後家族が刑務所側に懇願して、大きな病院に連れて行くことが許され、その後病状は良くなっているが、衰弱していることにはかわりないという。

rftibet at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月18日

またもンガバで僧侶が1人デモ/ソク県で僧侶7人連行 携帯で写真や情報をやり取りか?

1604629_1576835509270329_803611985142950912_n僧ロプサン・ケルサン。

ンガバで僧侶が1人デモ

ダラムサラ・キルティ僧院によれば、3月17日現地時間午後3時40分頃、アムド、ンガバ(བོད་མདོ་སྨད་རྔ་པ་རྫོང་། 四川省ンガバ州ンガバ県)の大通りで、ンガバ・キルティ僧院僧侶ロプサン・ケルサン(བློ་བཟང་སྐལ་བཟང་།、19歳が左手でダライ・ラマ法王の写真を掲げ、右手でルンタ(祈りの紙切れ)を空に撒き上げながら、「チベットに自由を!」と叫び、行進した。中国共産党のチベット弾圧に抗議したものと思われる。

焼身抗議が頻発するンガバは今チベットでもっとも警戒の厳しい街である。ただちに警官が駆けつけ、彼は取り押えられ、連行された。その後の消息は不明。

僧ロプサン・ケルサンはンガバ県チャルワ郷チュクレーカプマ村の出身。父ツェリン、母デチェンの息子。幼少時よりンガバ・キルティ僧院の僧侶。

参照:3月17日付けTibet Timesチベット語版
3月17日付けRFA英語版

ソク県で僧侶7人連行 携帯で写真や情報をやり取りか?

当局が「(2008年)ラサ暴動の日」とする3月14日、チベット自治区ナクチュ地区ソク県にあるツェンデン僧院(སོག་རྫོང་ཙན་དན་དགོན་པ།)の僧侶7人が僧院で拘束、連行された。警察は拘束の理由を明かさず、行方も不明のままである。地元の人々は「お互い(政治的に敏感な)写真や情報を交換し合っていたからであろう」と推測している。

拘束された僧侶は、ナムギェル・ツルティム、ロトゥ・テンジン、ツルティム・ゴチェ、ツルティム・ナムギェル、タプケ・ルンドゥプ、ジグメ・ツルティム、ジグメ・ダクパである。

ツェンデン僧院には50台ほどの監視カメラが設置され、僧院内に警官も多く、僧侶たちは24時間監視されているという。夜トイレに行く僧侶が警官から嫌がらせを受けたりしているともいう。また、18歳以下は僧院から追い出されたという。

NamgyalTsultrim1僧ナムギェル・ツルティム。

今回拘束された僧侶の中、ナムギェル・ツルティムはこれまでに2度拘束され、8ヶ月に渡り、虐待を受けたという。

3月以来チベット全域でネットが規制されているが、特に自治区ナクチュ地区のダチェン、ディル、ソクの3県ではソーシャルネットの監視が厳しく実施されているという。また、この時期、地区の元政治犯は全員警察に呼ばれ、尋問を受けるという。

参照:3月17日付けTibet Timesチベット語版
3月17日付けRFA英語版

rftibet at 16:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年03月08日

ンガバで若い僧侶が1人デモ

Ghedun Puntsok 02ダラムサラ・キルティ僧院リリースによれば、今日3月8日現地時間午後1時半頃、四川省ンガバ州ンガバ県ンガバの路上でンガバ・キルティ僧院僧侶ゲンドゥン・プンツォク(18)が1人で中国政府に抗議するデモを行った。

僧ゲンドゥン・プンツォクは、頭上に黄色いカタを掛けたダライ・ラマ法王の写真を掲げ、「ダライ・ラマ法王のチベット帰還を!チベットには自由と平等が必要だ!」と叫びながら道を進んだ。数分後警官隊が駆けつけ連行されたという。
その後の消息はない。

僧ゲンドゥン・プンツォクはンガバ県チャ郷チュクレカプマ村の出身。父タシギャ、母リクゴの息子。幼少時、ンガバ・キルティ僧院に入り、僧侶となる。

Ghedun Puntsok 01僧ゲンドゥン・プンツォク

ンガバは3月10日に向け厳戒態勢下にある。そのような中で6日には焼身が、8日には1人デモが行われた。監視が厳しくもはや集団のデモを計画することは困難となり、それぞれ個人が誰にも告げず1人で決心し実行するしかない状況と思われる。

rftibet at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<速報>ンガバで新たな焼身・死亡 47歳女性

ad1f6701-02f5-4c4e-ba84-a7bd7f71bc7d焼身死亡したノルチュク。

3月7日付けRFA英語版によれば、3月6日現地時間午前3時半頃、四川省ンガバ州ンガバ県で40歳の遊牧民ノルチュクが、中国のチベット政策に抗議する目的で焼身し、その場で死亡したという。

焼身時の状況やノルチュクの家族構成など詳しいことは未だ伝わっていない。彼女については最近デプ僧院の指導に従い他大勢のチベット人とともに肉を断っていたということだけが知られている。

ンガバ地区は2009年から始まった焼身抗議のメッカとも言える場所である。当局は蜂起記念日である3月10日を前に、2月18日のチベット正月(ロサ)ごろからンガバに更なる部隊を送り込み、緊張が高まっていた。

ノルチュクの焼身により内地の焼身者の数は137人となった。

さらに詳しい情報が入れば、追記する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記:8日インド時間午後5時半。

この焼身に関するダラムサラ・キルティ僧院リリースが出された。それによれば、焼身があったことは確かというが、焼身の日時については「3月5日の夜」とされている。名前はノルチュク(ནོར་ཕྱུག)で同じだが、年齢は40歳ではなく47歳という。結婚しており子供3人の母親である。

出身地は焼身場所でもあったンガバ県トツィク郷ドワ村(བོད་མདོ་སྨད་རྔ་པ་རྫོང་སྤྲོ་ཚིགས་ཡུལ་ཚོའི་རྡོ་བ་སྡེ་བ།)。夫の名はペツェル、息子の名がプンツォク、娘の名がマンカとツェジン・キ。

ノルチュクは数年前からダライ・ラマ法王の長寿を祈るためにと肉を断っていたという。

焼身が夜中であったこともあり、遺体は当局に奪われることはなかったが、次の日の早朝、発覚を怖れ早々に近親者が集まり荼毘に付されたという。その後、部隊が現場に到着し、厳重な警戒が敷かれ、情報も途絶え、これ以上の詳しいことはまだ伝わっていないという。

参照:3月8日付けTibet Timesチベット語版

追記2:彼女が焼身した日はチベット暦の正月15日であった。この日はシャカムニブッダの「舎衛城の神変」と呼ばれる故事に因んだ「神変祈願」の日である。奇跡を願う日ともいえよう。彼女はこの日を意識し、選んだのかもしれない。

ンガバ県での焼身はこれで37人。その内、彼女は5人目の女性である。


rftibet at 17:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年03月07日

3.10 蜂起記念日を前に厳戒体制下となるチベット

3月10日は「(1959年)ラサ蜂起記念日」ということで、チベットで1年の内もっとも政治的に緊張する日となっている。2008年のラサに始まった全土的大蜂起もこの日から始まっている。2009年に始まり現在まで136人が内地で焼身抗議を行っているが、この3月10日前後は毎年起こり易い時期となっている。そこで、当局もこの日に合わせ、焼身抗議などの政治的抗議活動が起こらないようにと、様々な手を打ってくる。今年、チベット人たちは2月14日のロサ(チベット正月)から3月10日に向け、平和を願う祈りや行進を行ったり、非暴力の象徴として刀等の武器を破棄したり、自然保護の観点から毛皮を集め焼却するというイベントを行ったり、と当局が武器による恐怖で支配しようとすることに対し、非暴力と平和を願う運動を積極的に行っているように思われる。

11025816_729322693832460_1664576709318451731_n左の写真は3月5日、アムド、クンブン僧院僧院で一連の正月恒例行事の一つである「神変大祈願祭」が行われた時のもの。これを見ると先に挑発しているのはいつものように当局ともとれる。VOAによれば、ソーシャルメディア上でこの写真を上げた現地のチベット人が「今日は軍隊を見に来たのか、祈祷祭を見に来たのか分からなかった」と書き、そのコメントには「私は怖過ぎて祈ることを忘れた」とか、中国が繰り返す「社会の安定」を揶揄し「祈祷祭にこれほど大勢の軍隊を送り込み、我々は調和に向かっているのやら、戦争に向かっているのやら?」等と嘆いていたという。この一連のモンラム祈祷祭はもともと「社会の調和とすべての有情の幸せ(世界平和)」を祈るためのものなのだ。

11038402_729322723832457_6434391096993068333_nその他、同じくアムドのロンウォ僧院、ラプラン・タシキル僧院、ンガバ・ゴマン僧院等にはロサ辺りからさらに大勢の警官、武装警察、特殊警察、軍が配備されているという。もちろん、ンガバにはロサ早々大きな部隊増強が行われている。ゴロ地区ではガデ県、ペマ県、ダルラ県、マチェン県の国道の要所すべてに軍が駐屯し、チベット人の行動を規制、監視している。その他、甘粛省のチベット人居住地区ではチベット人の役人や教師をロサ2日目から働かせ、僧院に行くことを禁止しているという。

これらの当局の挑発に対し、今年チベット人たちは法王のお言葉に従い「非暴力を誓い、平和を祈る」ということを中心とした活動を行っているようだ。写真が伝わっているものを以下拾う。

150302025035LTまず、焼身が続いたンガバ州ザムタンでは2月25日から3日間、千人ほどが集まりコミュニティー内でお互い仲良くし、調和と友愛を保ち、善なる行いに務めることを誓うというイベントが行われた。







646e4cdb-5033-4ce2-8367-16354c57e4a0雲南省のダンスン村では2月27日に、ダライ・ラマ法王の呼びかけに従うため、毛皮を焼却するというイベントを行っている。










11044499_431256277033694_3853341563637913616_n3月5日、ザ・サムドゥプリン僧院ではダライ・ラマ法王の平和を願い、チベット人同士の連帯を示すために刀や鉄砲を破棄するというイベントが行われた。この毛皮や武器の破棄はこれまでも多くの場所で何度も行われている。














10387693_1567206603566553_131335365200889756_n同じく3月4日にはンガバ地区ゴマン僧院で、地球の上に白い鳩が飛ぶという「世界平和」を象徴する旗を掲げ、「世界平和を先導する法王に長寿を」祈る集会と行進が行われた。


参照:3月6日付けTibet Timesチベット語版
3月4日付けRFA英語版
3月6日付けTibet Timesチベット語版
2月19日VOA英語版
その他、フェースブックより。






1907586_1567207336899813_7665647772809513462_nこれらのイベントは何れもダライ・ラマ法王を讃え、法王の意志に従い平和を祈るというものであるが故に当局からは政治的集会と見なされる危険がある。チベットで平和を祈ることは勇気がなければできないことなのである。

rftibet at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)