2015年04月

2015年04月22日

ンガバの作家僧侶連行

imageロミック。

チベットでは2008年以降、知識人・文化人、特に作家と歌手をターゲットとした弾圧が続いている。先月3月19日にもアムド、レゴンで作家のショクジャンが拘束され、今も行方不明のままである。今回新たに拘束されたのはショクジャンとも親交のあるンガバの僧侶作家ロミック(བློ་མིག 意味は「心の目」)である。

ロミックは4月17日、現地時間午後11時半頃、突然ンガバ・キルティ僧院の僧坊から警官により連行され、その後の消息は不明という。

ロミックはペンネームであり本名はジョ・ジャミヤン。連行の理由は明かされていないが、回りのチベット人たちは「彼が逮捕されたのは、彼の作家活動が原因であろう」と推測している。彼は2008年以降、著作活動を始めている。

彼が連行される前日には同じンガバでネキャプ(45)が焼身している。関係があるかも知れない。

ロミックは現在27歳。アムド、ンガバ(四川省ンガバ・チベット族チャン族自治州ンガバ県ཨ་མདོ་རྔ་པ་རྨེའུ་རུ་མའི་རུ་ཆེན་གསུམ་པ།)、メウルマ郷第3村の出身。父の名はドルゴ、母の名はジャムカル。彼は6歳の時、ンガバ・キルティ僧院付属の「仏教青年学校」に入学し勉強を続けていたが、2008年にこの700人在籍の学校が当局により強制閉鎖された後はキルティ僧院に入ると共に、タンゴ、レゴン、ラルンガルなど他の僧院も巡りながら、仏教哲学と著作の勉強を続けていたという。現在はンガバ・キルティ僧院の般若学学級で勉強している。

彼は2010年に「黄色い靄の由来(༼ན་བུན་སེར་པོའི་འཕྱུར་སྟངས།༽)」と題されたチベットの現状に関する本を西寧で出版している。それ以来、盛んに雑誌に投降し、様々な講演会に参加しながら、チベットの政治状況、焼身抗議、環境問題、言論・表現の自由に関する論議を行っていた。つい最近、出身地のメウルマで「言論の自由がない我々」と題された講演会を自分で企画実行している。

彼はショクジャンを始め他のチベット人作家とも親交が深く、地元を中心に若者に強い影響力のある僧侶と見なされている。

参照:4月21日付けTibet Timesチベット語版
4月20日付けRFA英語版
同チベット語版
4月22日付けVOAチベット語版
4月21日付けVOT中国語版

rftibet at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<速報>ンガバ、屋外に祭壇を作りその前で焼身 内地139人目

10731037_578738372229578_7221147155197004523_n焼身死亡したネキャプ。写真右側の花を持っている写真は、彼が焼身する直前に彼が友人のスマホに送ったものという。

4月16日、アムド、ンガバで1人の男性が焼身抗議を行い、死亡した。
焼身者の指名その他については未だ、情報が錯綜している。以下、複数の情報を並記する。男性の名前はネキャプ(ནེ་སྐྱབས།)と伝えるメディアと、ダムカル(དམ་དཀར།)と伝えるメディアに分かれる。年齢は40歳と伝えるメディアもあるが45歳前後が優勢。

11141729_846494798774421_4987980684053267526_n焼身場所は、ンガバ県ラデ・カップマ郷(ལྷ་སྡེ་འགབ་མ།)にある自宅の中庭である。焼身後の燃え尽きた遺体の写真が伝わっている。彼は焼身前に家の外壁の前に仮の祭壇を作っていた。その祭壇(仏壇)にはダライ・ラマ法王と10世パンチェン・ラマの写真、その傍に妻と娘たちが写る家族写真が置かれていた。その前には花、香、水をはじめとするチベットの伝統的供養物が丁寧に並べられていた。彼はその前で焼身した。焼身しながら「ダライ・ラマ法王をチベットへ!パンチェン・リンポチェの開放を!」と叫んだと言われる。

遺体は当局に運び去られたという。彼が焼身した後、彼の兄弟や甥が警察に連行されている。

彼はンガバ県アンドゥ郷ギャデ村の出身であり、かつて地元にあるアンドゥ・ヤクゴ僧院の僧侶であった。その後、チュジェマ郷ソルマ村(ཆོས་རྗེ་མ་ཤང་གི་སོ་རུ་མ་སྡེ་བ།)出身の妻の家に養子として婿入りした。妻は去年死亡し、娘は1人という情報と妻は健在であり子供は7人という情報がある。

11156378_967272039979883_5845648855270696202_n今回の焼身発生場所であるンガバが示されている。

彼の妻の兄弟であるダルギェ(http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51747241.html)は2012年5月27日にラサのジョカン前で焼身した2人の内の1人である。彼は最近、地元の僧院が主催する「世界平和と法王の長寿を願う祈り」に参加したり、そのために「非暴力と友愛を誓う」というメンバーに加わり、その模範的人物と見なされていたという。

彼の焼身を知り、ンガバの商店の多くが店を締め、多くの人が彼を弔うために各僧院に向かっているという。

チベット内地焼身者139人目。内死亡119人目。

6日前の4月8日に、カム、カンゼで尼僧イェシェ・ドルマが焼身したばかりである。
参照:

4月17日Tibet Times
ダラムサラ・キルティ僧院リリース


For Nikyab april 16 2015 highest井早智代さんがネキャップ(又はダムカル)を弔うために描かれた絵。

rftibet at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月11日

焼身した尼僧の死亡が確認された? 焼身中の写真伝わる

11127880_1090729730943681_9127857687022616514_n炎に包まれ座り込んだ尼僧イェシェ・カンドに、駆けつけた警官が消化液をかけている。

尼僧イェシェ・カンドの焼身後の生死は不明であったが、4月10日付けRFA英語版等によれば、次の日の9日、警察が家族に死亡を知らせたという。しかし、家族は遺体を引き取らせてもらえず、遺灰もなく、本当に尼僧が亡くなったどうかは分らないと話しているという。

最近家にいた彼女は焼身の前日珍しく尼僧院に現れたという。そして尼僧院の仲間たちと話をするなかで、彼女は「明るく、楽しむべきだわ。でもチベットのために何かやることも大事だわ。焼身とかね」と言ったという。しかし、その時には誰も彼女が本気に焼身するとは思ってもいなかったという。

「イェシェ・カンドはとても控えめでした。勉強や修行をたくさん終えていましたが、まったく鼻にかけることもなく、親しみ易い性格でした」と仲間の尼僧は語る。

For Yeshe Kando April 8 2015 highestカナダ在住の日本人画家井早智代さんが尼僧イェシェ・カンドに捧げられた絵。

井早さんはこの絵に次のダライ・ラマ法王の言葉を添えられている。

"Give the ones you love
Wings to fly
Roots to come back
and reasons to stay"
Dalai Lama

愛するものたちに
飛ぶための翼を
帰る場所(根)を
そこに留まる理由をあげなさい


11069629_984762218202459_3101277248409807016_n
内地焼身者顔写真。

11038787_963561870350900_3153201168795025992_n

これまでチベット内で起こった主な抵抗運動と焼身発生地を示した地図。マークされているのが今回のカンゼ。


_DSC2981_1392以下、昨夕ダラムサラで行われた、尼僧イェシェ・カンドを弔うためのキャンドル・ライト・ヴィジル。









_DSC2971_1388












_DSC2986_1393


_DSC2997_1391


 


rftibet at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月10日

<速報>カンゼで一人の尼僧が焼身抗議、内地138人目

11128178_4464975尼僧イェシェ・ドルマ(又はカンド)

4月10日付けTibet Timesによれば、4月8日、カム、カンゼ(དཀར་མཛེས་རྫོང་།四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県カンゼ)の中心街の路上でイェシェ・ドルマ(ཡེ་ཤེས་སྒྲོལ་མ།)と呼ばれる一人の尼僧が中国の圧政に抗議するために焼身を行い、その場で死亡した。

遺体は駆けつけた部隊により運び去られた。地元のチベット人たちは遺体を家族の下に帰すべきだと、警察に要求していると言われるが、現在の状況は伝わっていない。

焼身したイェシェ・ドルマについてはチョクリンガガンゾモ尼僧院の尼僧であり、カンゼ県ダクセ郷の出身ということ意外は今のところ分っていない。

チベット人の焼身抗議は、先月ンガバで47歳の女性ノルチュクが焼身して以来、約1ヶ月ぶりである。
内地焼身138人目、内外合わせ143人目。
今年にはいり2人目である。
カンゼでの焼身は2人目。

詳細が伝わり次第追記する。

追記:オーストラリア在住の同郷チベット人カルマによれば、焼身者の名前はイェシェ・カン(ཡེ་ཤེས་མཁའ་འགྲོ)、幼名はイェヤン。年齢47歳。ンガガン尼僧院の尼僧。

4月8日の早朝、彼女はカンゼ僧院を何度か巡った後、午前9時頃県警察署の近くで焼身した。
目撃者によれば、彼女は「ダライ・ラマ法王をチベットにお招きすべきだ!チベットには自由が必要だ!ダライ・ラマ法王に長寿を!」と叫びながら焼身したという。

駆けつけた警官が消化器で火を消し、彼女を警察署に運んだ。その後の消息は不明であり、彼女の生死も不明という。しかし、目撃者たちは「彼女が生き延びる可能性は少ないだろう」と話しているという。

警察は次の9日に家族を呼び出したが、遺体?は渡されなかったという。

彼女は長年同じ尼僧院に暮らし、控えめで、模範的な尼僧であったという。また、普段から政治問題に関心が高かったという。


rftibet at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月08日

アムドの青年作家再び拘束

Zショクジャン。

3月19日、アムド、レゴン(青海省黄南チベット族自治州同仁県)の警察は作家・ブロガーであるショクジャンとその義理の兄弟を拘束した。数日後、義理の兄弟は開放されたが、ショクジャンは理由も明かされず拘束され続けているという。

ショクジャンはペンネームであり、ドゥクロが本名といわれる。レゴン県ゲンギャ郷出身の彼は現代のチベット人の生活を詩情豊かな文章で綴るのみならず、一般人の視点から法や警備のあり方についてのコメントをしばしば発表している。

彼が拘束されるのはこれが2度目である。2010年、彼がまだ北西民族大学の学生であった時、仲間の作家テウランと共に、2008年蜂起の真実を雑誌に発表したとして逮捕されている。その後しばらくしてショクジャンは開放されたが、テウランは4年の刑を受けた。

ショクジャンの拘束を受け、刑期を終え開放されたテウランを始め、何人かのチベット人作家がブログ等でショクジャンの無実と今回の拘束の不当性を訴えている。

拘束される3日前、街で大規模な武警の示威行進を見た後、彼は「3.16」と題された以下の文を発表していた。これが今回の拘束の原因となった可能性もある。

武装した警官が街角で普通の人たちをチェックしている。
これは人々を守るためなのか、或は人々の平安を乱すためなのか?
これが社会の安定をつくり出す方法なのか?
人々に銃を向けさせているのは誰なのか?
これが人々の普遍的人権を守るやり方なのか?
これが法律で支配されているといわれる国の行動なのか?


彼は中国支配下にある現代のチベット人一般のフラストレーションをリアルに伝える作家として多くのチベット人から尊敬される存在である。更なるチベット人知識人弾圧のケースとして、地域の人たちは強い憂慮を示しているという。

ショクジャンの親友である作家テウランは彼のことを「常に自由に敏感な男」と表している。

参照:4月8日付けVOA英語版
4月7日付けRFAチベット語版

rftibet at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)