2015年06月

2015年06月14日

ラプラン・タシキル僧院僧侶4人拘束

image写真右はアムドの名刹ラプラン・タシキル僧院である。この僧院はゲルク派六大僧院の内の一つであり、アムド地方の仏教学の中心である。

ちなみに7月18日から日本で公開される、チベット人の焼身抗議をテーマにしたドキュメンタリー映画『ルンタ』の中でも、この僧院内で2008年に起こった事件や老人の焼身のことが報告されている。

先週のRFAの記事の中にこの僧院に関する記事を見かけたので、以下他のチベット系メディアの記事も参照しながら、最近この僧院で起こった事件について報告する。

ラプラン・タシキル僧院は今の中国の行政区画に従えば甘粛省甘南チベット族自治州夏河県ラプラン鎮にある。もともとこの街はラプラン僧院の門前町であった。この僧院は学問だけでなく政治的にも活発な僧院として有名であり、今は中国の観光地としても有名である。

最近、この僧院の僧侶4人が当局により連行され、行方不明になったという。今回その内の1人を警察が拘束したときのやり方が私には興味深かった。電気修理人に変装して侵入したというのだ。

まず、6月5日の現地時間午後7時頃、僧院傍のマーケットを歩いていた3人の僧侶、チュンゲ・ジンパ、ケルサン、ジャミヤンが突然警官により連行された。3人とも焼身が多発している同州ボラ県の出身という。家族が警察に行方を知らせてほしいと求めたが、警察は行方を知らせることを拒否したという。チベットでは政治犯の場合、拘束された後、数ヶ月から1年以上も行方不明のままになることが普通である。

彼らとは別に、同日、もう1人の僧侶が僧坊で拘束された。その状況をRFAに伝えた現地のチベット人によれば、「警官たちは電気の修理人に変装し、僧坊の壁を乗り越え、中庭に飛び降りた。拘束目的であったケルサン・モンラムを見つけると、最初は『自分たちは電気修理に来た者だ』と言いながらも、ケルサンの携帯の電源を切らせ、彼の部屋を捜索し、彼に手錠を掛けて連行して行った」という。

拘束する前に逃げられることを怖れ、「電気屋に変装しよう」と警官の誰かが思いついたのであろうが、それなら塀を乗り越えて侵入したことの意味が分らないような気がする。

拘束の理由はまったく誰にも分っていないという。この4人も、いつの頃からか警官に目をつけられる僧侶になっていたのであろう。気に入らない僧侶を見つけると、何かの口実をつくり出し、拘束し、虐め尽くすというのが中国当局のやり方である。今現在も彼らは暴力を受け続けているものと思われる。







rftibet at 17:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年06月02日

<続報>先週ツォネで焼身・死亡したサンゲ・ツォは短い遺書を残していた

bdb990646月1日付けICT(International Campaign for Tibet)リリースによれば、先週5月27日に甘粛省甘南州ツォネ県で焼身抗議を行い、その場で死亡した2児の母サンゲ・ツォ(36)は焼身直前に短い遺書を走り書きしていたという。その他、目撃者の情報も伝えられている。

現地よりの情報によれば、サンゲ・ツォは焼身する前に「ダライ・ラマ法王に長寿を。パンチェン・ラマはどこにいらっしゃるのか?チベットに自由を」と書かれた紙を残したという。

また他の情報によれば、彼女は武装警官隊と軍隊の詰め所の前で夜明け前に焼身したが、そのとき、ダライ・ラマ法王の写真を掲げる仮の祭壇を作り、線香による供養を行っていたという。

また、早朝コルラ(右繞)していて、彼女が焼身するのを目撃したという老夫婦にコンタクトしたという情報も入っている。その老夫婦の話は以下である。「コルラをしているとき、少し遠くで炎が上がるのが目に入った。でも、それが人が燃えている炎とは思わず、何かが燃えているのだろうぐらいにしか思わなかった。それでも、なんだろうと近づいてみたが、同時に部隊も焼身に気付き出動して来たので、その場を立ち去るしかなかった」という。

当局はサンゲ・ツォの家族に対し、一切の法要を禁止すると命令し、親族のうち少なくとも1人を拘束したという。またサンゲの焼身に関連しチャプッシ僧院の僧侶1人が連行されたとの情報も入っている。

その他、サンゲ・ツォの生活に関する新しい情報も入っている。彼女は2003年にラサに出て、そこで夫となるタムディン・ドルジェに出会い、2人はラサで結婚し、2人の子供を得た。2人は食堂、店、宿屋を経営するまでになっていたという。しかし、地元の中国人商人たちに追い出し目的の嫌がらせを受け、やむなく北のナクチュで新たに商売を始めたという。最近ツォネに帰って来たが、2人はツォネとラプランに不動産を所有するともいう。子供2人は学校の傍に住む祖父の下に預けられていたという。

rftibet at 19:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)