2015年09月

2015年09月27日

TYC(チベット青年会議)無期限ハンスト18日目

12032094_896378477147499_3079398458326554422_n昨日17日目の現場。

中国政府がラサでチベット自治区成立50周年式典を行った2日後の9月10日、チベット難民社会最大の独立派組織であるTYC(チベット青年会議)はインドの首都デリーで自らの執行部員3人による無期限ハンストに入った。TYCはチベット問題解決を訴えるために、これまでにもデリー、ジュネーブ、ニューヨークで何度も無期限ハンストを行っている。

今回無期限ハンストを行っているのは会の副議長であるタムディン・リチュ、会計長のテンジン・ワンチュク、情報外務長のツェワン・ドルマの3人である。彼らは水以外の飲食を取らず、無期限(死をかけた)ハンストに入っている。今日(9月27日)で18日目である。RFAによれば、3人とも体重減少が顕著だが、特に容態の変化ということもなく、普通に来客に対応しているという。

12036803_895165187268828_4180781007584916443_nこの無期限ハンストの目的は一般的にはチベット内地の状況に世界の目を向けさせことと、内地の同胞たちへの連帯を示すためであるが、今回、特に彼らは国連に対し以下の5項目の要請を行っている。
1、国連総会及び人権委員会においてチベット問題について論議すること。
2、中国に対しチベットの焼身抗議者の訴えに耳を傾けるよう求めること。
3、中国に対しパンチェン・ラマ11世ゲンドゥン・チュキ・ニマ生存の証拠を求めること。
4、チベットの危機的状況を調査するために国連の調査官を派遣すること。
5、中国に対し全ての政治犯を解放するよう求めること。

「チベットの内外で149人ものチベット人が焼身抗議を行ったにもかかわらず、中国政府は彼らの望みを無視し続け、さらなる暴力的言語弾圧を行っている」とTYCはいい、「この死のハンストは、国連や世界のリーダーたちがチベット問題に関心を示さないことに対する絶望感を表明する行動である」と続ける。

TYCは1980年代からこの「死のハンスト」を始めている。そのころTYCの議長を務めていたラッサン・ツェリン氏は私にかつて悔しそうな顔をして以下のような話をしていた。「ハンストをして人が死ななきゃいけないのだ。人が死ななきゃニュースにならないのだ。チベットのために死ぬ覚悟のあるやつはたくさんいる。だのに、誰かが死にそうになると、いつもダライ・ラマ法王がこれを中止させるのだ」と。

b8e5c1a7トゥプテン・ンゴドゥップ。

この「死のハンスト」でどうしても思い出すのは、1998年4月27日にトゥプテン・ンゴドゥップという60歳になるチベット人が焼身を行い、死亡したということである。この焼身がチベット人による最初の焼身抗議であった。この時、酷暑のデリーで、8人のチベット人がほぼ50日間、水のみで生きるという奇跡的ハンストを行っていた。数人が死の兆候を示し始めたことと、そのころ中国の誰だったか偉いさんがデリーに来ると言うので、インド警察は彼らを強制的に病院に運び込もうとした。機動隊が強制排除を始めたその時、次のハンストのメンバーとして現場に待機していた、トゥプテン・ンゴドゥップ氏は自らの体にガソリンをかけ、火を付けたのだ。その時の映像は世界中に流された。彼は大きな炎に包まれながらも、合唱し、走りながら、法王への帰依とチベット独立への思いを倒れるまで叫び続けたのだった。

12009649_895983763853637_1148513466739163460_nツェワン・ドルマ。

今回はTYC執行部のメンバーが自ら行っているが、このようなことは始めてと思われる。この中、唯一の女性であるツェワン・ドルマを私は10年以上前から知っている。彼女はカトマンドゥにあるジャワラケル難民キャンプの出身であり、長くTYCのカトマンドゥ支部で働いていた。カトマンドゥに行った時よくあっていた。華奢な体であるが、本当に芯の強い、まっすぐな性格の女性である。カトマンドゥでチベット人たちがデモを行う時には常に先頭を行き、何度も拘束されていた。もともと痩せているので長く持たないのではないかと心配する。

場所はニューデリーの中心であるコンノート広場のそばにあるジャンタール・マンタール(ムガール時代の天体観測所)というところである。デリーに行かれる人は、彼らを訪問し労い、励してあげてほしい。

参照:9月10日付Phayul
9月25日付RFAチベット語版

rftibet at 14:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2015年09月10日

再びンガバで僧侶が1人デモ 

8094f905-a2e1-4536-9cc8-a668cbf16245デモを行った僧ジャンペル・ギャンツォ。

RFA(ラジオ自由アジア)などによれば、昨日(9月9日)現地時間正午頃、アムド、ンガバ(རྔ་བ་རྫོང་རྔ་པ། 四川省阿壩藏族羌族自治州阿壩県阿壩鎮)中心街の路上でンガバ・キルティ僧院僧侶ジャンペル・ギャンツォ、21歳が頭頂にダライ・ラマ法王の写真を掲げながら、「チベットには自由が必要だ!ダライ・ラマ法王に長寿を!」と叫びながら行進した。

間もなく現れた警官隊により、彼は拘束され連行された。これを目撃した多くのチベット人たちがチベット独特の雄叫びを上げ、彼に支援の意を示すとともに、荒々しく拘束する警官たちに対しては抗議の意を示したという。

「彼は行進を行いながら、中国政府のチベット政策に抗議するスローガンを叫んだのだ」と地元の人はいう。

彼を拘束したのち、警官が彼の僧坊に入り捜査を行ったという。

僧ジャンペル・ギャンツォはンガバ県メウルマ郷第3村の出身。父の名はスルヤ、母の名はタレ・キ、男2人、女1人兄弟の内の末っ子。幼少時よりンガバ・キルティ僧院の僧侶であった。

ンガバ県では先月20日に若い女性であるドルジェ・ドルマが、また前々日の7日には僧ロプサン・ケルサンが同様のデモを行い拘束されている。

チベット自治区のラサでは8日に「自治区成立50周年記念式典」が行われ、チベット族居住区一帯で警戒が強化されている。「記念式典」への抗議の意味もむくまれていると思われる。


rftibet at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月08日

ンガバで僧侶が1人デモ ビデオが伝わる

Tibetan Monk Arrested after Shouting Free Tibet Slogan in Ngaw...

Tibetan Monk Arrested after Shouting Free Tibet Slogan in Ngawa Tibet གྲྭ་བློ་བཟང་སྐལ་བཟང་གིས་བོད་ལ་རང་དབང་དགོས་པའི་སྐད་འབོད་བྱས་རྗེས་འཛིན་བཟུང་བྱས་འདུགVenerable Losang Yeshe, Tibet News Coordinator of Ngawa Monastery in Dharamsala, Northern India tells VOA's Tibetan Service that around 3:00pm Tibet time, 19 year old Lobsang Kalsang of Kirti Monastery shouted 'Free Tibet' and called for the long live of the Dalai Lama on the main street of Ngawa.According to sources, within minutes of the solo protest, Kalsang was arrested by the previously deployed security personals and forced inside a police truck.

Posted by VOA TIBETAN on 2015年9月7日
 

ダラムサラ・キルティ僧院の内地情報係によれば、昨日、9月7日、現地時間午後3時ごろ、アムド、ンガバ(四川省ンガバチベット族チャン族自治州ンガバ県ンガバ)中心街の路上でンガバ・キルティ僧院僧侶ロプサン・ケルサン(བློ་བཟང་སྐལ་བཟང་། )、19歳がダライ・ラマ法王の写真を掲げながら、「チベットに自由を!ダライ・ラマ法王に長寿を!」と叫びながら行進し、間もなく、警戒中の警察官に取り押さえられ派出所に連行されたという。

彼の1人デモを撮影したビデオが、今のところ4種類伝わっている。ここに掲載したものはこの4つのビデオをVOA(ボイスオブアメリカ)がまとめたものである。最初のシーンでは僧ロプサン・ケルサンが頭頂にダライ・ラマ法王の写真を掲げながら道を進む姿が映されている。2番目のビデオでは彼を大勢の警官が取り囲み、荒々しく拘束する様子が映っている。周りからチベット人たちの叫び声が聞こえるが、これは警官に対する精一杯の抗議を表している。3番目のビデオはビルの上の方から彼が連行された公安派出所付近の様子を撮ったもの。「ダライ・ラマ法王よ思し召しあれ。ダライ・ラマ法王のご加護がありますように」という女性の声が入っている。4番目は彼が連行された公安派出所の前にチベット人たちが集まり、抗議の叫び声を上げている様子が映っている。この後を写したと思われる写真も伝わっているが、そこにはこの後もっと大勢のチベット人が集まっている様子が映っている。同胞の思いを代表し、逮捕・拷問・刑を覚悟で声を上げた勇気ある僧侶に対し、周りのチベット人たちは奇声(雄叫び)をあげることと、撮影したビデオを発信することしかできないのである。

最近、チベットの各地で同様の「1人デモ」が続いている。集団でデモを行えば発砲される。世界に訴えるために命を捨てる焼身も効果が見えない。抵抗の意思を示すためにはもうこのような「1人デモ」しか残っていないかのように見える。

僧ロプサン・ケルサンはンガバ県メウルマ郷第2村の出身。父の名はツェリン・テンコ、母の名はラ・キ。4人兄弟の2人目。幼少時よりンガバ・キルティ僧院の僧侶という。昨年、彼と同じ僧坊にいた、母を同じくする兄弟の僧ロプサン・テンパが、同じくンガバの路上で1人デモを行い2年の刑を受けている。2008年には彼の叔父である、ツェダックとチュペルがそれぞれ6年と4年の刑を受けている。彼の親族がこれまでに3人、声を上げたことで刑を受けている。

その他、周りで声を上げたチベット人が1人拘束されたという情報があるが、名前などの詳細は今の所分かっていない。



rftibet at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月01日

僧ジャミヤン・ジンパ「叔母である勇女タシ・キの焼身を知り」

11947505_875087929249052_4387955422568969540_n27日に焼身したタシ・キ(右)と中央に以下の文を綴った僧ジャミヤン・ジンパ、左はタシ・キの夫であるサンゲと思われる。タシ・キたちがダラムサラに来た時に撮影されたものという。

映画『ルンタ』の中に登場し、2008年にラプラン・タシキル僧院で真実を訴えるために外国メディアの前に飛び出したときの心境を語っているジャミヤン・ジンパは27日に焼身し、翌日死亡したタシ・キの甥にあたるという。2012年には彼の弟であるサンゲ・タシも焼身している。

今回、叔母であるタシ・キの焼身のニュースを聞き、ジャミヤン・ジンパは自身のフェースブック上に彼女の思い出を綴っている。

以下、その日本語訳である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11949346_875087892582389_8728119286609304430_n昨日27日、中国政府の度を越した弾圧に対し、焼身という非暴力の手段により抗議した、私の叔母である愛国勇女タシ・キについてである。彼女はアムド、ラプラン(甘粛省甘南チベット族自治州夏河県)サンコク郷にあるグルラ村(མདོ་སྨད་བླ་བྲང་བསང་ཁོག་དངུལ་རྭ།)と呼ばれる牧民地帯の出身である。今年55歳になる。母親はすでに死亡しているが、80歳になる父親がいる。夫の名前はサンゲ。2人の間に息子4人と娘1人がいる。息子4人の内ツォンドゥ・ギャンツォ、サンゲ・ギャンツォ、ケルサン・ギャンツォの3人は僧侶である。もう1人の息子の名前はユンテン・ギャンツォ、娘の名前はクンサン・キという。

経済的には恵まれており、ラプラン・タシキル僧院近くに立派な3階建ての建物とサンコク郷のチベット人街に一軒、さらに「中国の新牧民村」と呼ばれるところにも一軒の家を所有していた。彼女が焼身した場所はチベット人街にある「赤い家」と呼ばれる家の中である。そこはラプラン・タシキル僧院から10キロほどの場所である。遺体は中国の部隊により運び去られたという。その他、メディアで伝えられていることもあるが確認することができないので、これ以上、今、状況について書くことはできない。

彼女は正直であり、高貴で、非常に優しい性格の人であった。特に善を積むことに熱心であり、満月ごとに断食を行い、菜食を続け、五体投地によるコルラ(右繞)も行っていた。これらの善業をダライ・ラマをはじめとするラマたちの長寿と彼らの望みが叶えられることへと回向していた。チベット語への関心も高く、自習により立派なチベット語を書けるようになっていた。村人たちは私と叔母が特に仲が良かったことを知っていた。

これまでに許可証を取り、2度インドに来ている。何れもダライ・ラマ法王にお会いし、教えを受けるためであった。常に法王のお言葉にためらうことなく従っておられた。法王のお名前を聞くだけで、自然に両手を合わせ祈っておられた。2度目のインドは2012年のカーラチャクラ法要に参加するためであった。この時は法王の法要や法話に参加するだけでなく、亡命政府指導者たちの講演会にも参加していた。このような時には私が彼女に通訳を行い、できる限りの解説も行った。彼女はその他、法王のかつての法話をできるだけ知ろうとつとめ、他のチベット人たちの活動についても知ろうと努めていた。彼女は自分の第2の母のようであり、故郷でも2つの家族は1つのようであった。

今日、彼女が焼身したと報じられても、私は信じることができず、呆然としている。長年親しんできた身内の人が亡くなったと知ることは耐え難いことである。これは、愛する弟であるサンゲ・タシが焼身したと知った時と同じく受け入れ難いことである。叔母がインドから旅立つ時、私は特別に悲しく涙が止まらなかったことを思い出す。それは、二度と会えなくなるという印だったのかと今は思う。その時は、「近い将来チベット人が自由になった暁には故郷に帰り、叔母の望み通り、法王の教えをみんなに紹介、解説しよう」と大きなことを言ったが、そんなこともいまとなっては、ただの夢となってしまった。

2015年8月28日 ジャミヤン・ジンパ

原文:https://www.facebook.com/jamyang.jinpa.58/posts/875087712582407

rftibet at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)