2017年07月

2017年07月30日

ダラムサラで焼身抗議・死亡

170729081341Q8運び出される遺体

昨日、7月29日、現地時間午後3時ごろ、チベット亡命政府とダライ・ラマ法王庁がある北インド、ダラムサラで1人の男性が焼身を行った。場所はダライ・ラマ法王の住居とナムギェル僧院がある丘の中腹を巡るコルラ(右繞道)の上。遺留品の中にチベット国旗があり、目撃者が炎の中で焼身者が「ダライ・ラマ法王に長寿を!」と叫んだことを聞いていることから、中国のチベット政策に対する抗議の焼身であったと思われる。未だ、身元は判明していない。

ダラムサラでは先の7月14日にベナレスで同じく焼身抗議を行い、22日に病院で亡くなったチベット中央大学学生テンジン・チュイン(19)の火葬が行われたばかりであった。遺体は遠くベナレスから運ばれ、最後はチベット国旗をかざすバイク隊と多くの車に先導されダラムサラに到着した。その後インド式のむき出しの火葬に大勢の亡命チベット人が集まり、悲しみを共有したのであった。今回の焼身抗議はテンジン・チュインの焼身が引き金と思われる。

三人の目撃者の話が伝わっている。一人は「気がついたときにはもう彼は燃えていた。すぐに助けを呼ぼうと走って、帰ってきたらもっと炎が大きくなっておりどうしようもなかった」という。「ガソリンを被っているのを見たがすぐに火を点けて燃え上がった。元気そうな若者のようだった」ともう一人。近くの養老院に住む女性は「コルラをしてるとき何か燃えてる気配を感じて振り向くと人が燃え上がっていた。彼が『ダライ・ラマ法王に長寿を!』と叫んだのを聞いた。怖くなり、助けを呼びながら走った」という。

本土以外での焼身抗議はこれで8人目。本土を含め158人になった。



rftibet at 12:31|PermalinkComments(8)

2017年07月16日

インド、ベナレスでチベット難民が中国政府に対する焼身抗議

70b18c91-7442-47e2-8a90-47be11bfcf50男子学生寮ホールの監視カメラに映されていたテンジン・チュインが炎に包まれながら出口に向け走る様子。

7月14日、現地時間午前9時頃、インド、ベナレスにあるチベット中央大学(故サンスクリット大学)の男子学生寮のホールでテンジン・チュイン(བསྟན་འཛིན་ཆོས་དབྱིངས། )、19歳(1998年2月12日生)が中国政府のチベット政策に抗議する焼身を行った。目撃した同僚が直ちに火を消し病院に運び込んだ。

現在彼はベナレス(サルナート)の病院に収容され治療を受けている。全身の3分の2の火傷を負い、医師は「生命は保証できない状態」とコメントしている。

目撃者の証言によれば、彼は炎に包まれながらも「チベットに勝利を!」と叫んだという。

テンジン・チュインの焼身は、チベット亡命政府首相ロプサン・センゲが同大学の中央ホールで学生に向かい演説を行っている最中に起こった。それ故に一部学生の間では「首相に抗議する意味もあったのでは?」との疑惑が湧いていたが、意識があり話すことができる彼は病院で、その疑惑を否定し「チベットのために焼身したのだ。チベットに自由がないからだ」と明言している。

テンジン・チュインは焼身の前に親友宛に「遺書」を書いている。その中で彼は「自分の体はチベットのために存在する」と書き、「チベット語を忘れないように」と訴え、友人や両親に対し「泣かないでほしい。皆さんが幸福に生きられますように。来世で再会できますように」と結んでいる。

テンジン・チュインは南インド、コレガルキャンプの出身であり、現在チベット中央大学の中観学上級の生徒である。

彼はチベット青年会議のメンバーであり、かねてよりチベットの自由のために活発に活動していたという。

チベット本土以外でのチベット人の焼身抗議はこれで7人目、本土を合わせ157人が中国政府に対する焼身抗議を行ったことになる。

中国政府がチベット人に対する監視、弾圧を強化する限り、若者を中心に、非暴力的手段ではあるが、命をかけても中国政府に抗議しようという人は絶えることがないと思われる。

参照:7月14日付RFA英語版
同チベット語版
その他





rftibet at 11:28|PermalinkComments(6)