2017年11月

2017年11月30日

カンゼで63歳の僧侶が焼身抗議・死亡

120-2-611x102429日付ラジオフリーエジア(RFA)などによれば、11月26日、四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州カンゼ県カンゼの街中で、カンゼ僧院僧侶テンガ(63、བསྟན་དགའ། )が中国政府のチベット政策に抗議するための焼身を行い、その場で死亡した。目撃者によれば、彼は焼身中、チベットの自由とダライ・ラマ法王のチベット帰還を訴えたという。

事件後、当局がいつものように地域の電話、ネットを遮断したことにより、情報がつたわるのが遅れたと言われる。

僧テンガはカンゼ県ダド村(མདའ་མདོ།)の出身。幼少時に両親が亡くなり、早くよりカンゼ僧院に入っていたという。近隣の村々で彼はいつも法要の中心的役割を担い、村人たちから尊敬されていたという。

僧テンガは2005年、インドのアムラバティで行われたダライ・ラマ法王が導師を務めるカーラチャクラ法要に参加していた。

僧テンガは内地における151人目の焼身抗議者。内外合わせて159人目。7月29日にダラムサラでパッサン・ドゥンドップ(48)が焼身死亡して以来、およそ4ヶ月ぶりの中国政府に対する焼身抗議である。

参照:11月29日付RFAチベット語版
同英語版
11月29日付Tibet Times チベット語版



rftibet at 09:39|PermalinkComments(18)