2017年12月

2017年12月25日

<続報>ンガバの焼身抗議者は死亡、身元判明

mmexport1514130115201生前のコンペ。

12月24日付ダラムサラ・キルティ僧院プレスリリースによれば、23日、現地時間午後6時頃、アムド、ンガバ(四川省アバチベット族チャン族自治州アバ)にあるキルティ僧院の前で中国政府に対する焼身抗議を行ったチベット人の名はコンペ(དཀོན་པེ། )、年齢は30歳前後という。

焼身中のコンペを写したビデオには大きな火柱となり前へ進む彼とともに、「ダライ・ラマ法王のご加護を。慈悲の目を向けたまえ」と泣き声で唱える女性の声が入っている。

彼はその後、警察によりバルカムの病院に運び込まれた。それが夜10時頃という。そして、翌日早朝5時頃に亡くなったという。遺体はすぐに火葬され、家族が呼ばれ、「これが遺灰だ」というものを渡されたという。父親のギャキャップはクンペのためにかかった医療費数万元を払えと命令され、現在バルカムの警察で拘束されているという。

コンペは父ギャキャップ、母ティンドクの子、兄弟姉妹は5人。内一人はキルティ僧院僧侶。彼は幼少時キルティ僧院の僧侶であったが、後還俗している。1年前にメルルマ郷第二村のラワ家の娘ケルサン・ラモと結婚し、養子入りしていたという。

24日、25日の両日、ンガバ市内のチベット人の食堂や商店はコンペを追悼するためにすべて閉店し、連帯を示したという。



rftibet at 17:47|PermalinkComments(16)

2017年12月24日

焼身抗議のメッカ、ンガバで160人目

d3aab509-1859-43cb-8350-df4b0a3c49f023日付、RFA(ラジオフリーアジア)などによれば、昨日23日、現地時間午後6時半ごろ、アムド、ンガバ(ཨ་མདོ་རྔ་བ། 四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県アバ)にある、キルティ僧院付近で、一人のチベット人が中国政府のチベット人弾圧に抗議するための焼身を行った。

目撃者が撮影したと思われる動画がフェースブックなどに挙げられている。そこには焼身者が大きな火柱となり、そのまま前に進む姿が映され、女性が「ダライ・ラマ法王のご加護を」と唱える声が入っている。

焼身者は保安要員によりどこかに連れ去られ、生死、身元は未だ不明である。

内地におけるチベット人の焼身抗議はこれで152人目。内外合わせて160人目。今年はこれで8人のチベット人が新たに焼身抗議を行ったことになる。

参照:23日付RFAチベット語版
   同英語版
CTA(チベット亡命政府)リリース

rftibet at 11:27|PermalinkComments(4)