2008年04月27日

悲しい話。 

電気棒等拷問器具1990年代 CR9−10−3まず26日付委員会リリースの中から悲しい話を一
つ。
グル ドルジェの妻シェラップ ヤンゾンおよそ40歳が亡くなった。
彼女はラサで3月28日逮捕され、その後解放された。
しかし彼女は気がふれており、気が抜けたように辺りを歩き回った後、死亡したという。
委員会はさらに、
中のチベット人たちは絶望的な叫びを上げている。
このような事がこれ以上起こらないように、
「外国にいるチベット人は国際機関に援助を緊急に訴えてくれ」
と中の人は叫んでいる。
と続けた。


rftibet at 16:40│Comments(2)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カルマ   2008年04月28日 11:18
3 かなしいです。くやしいです。
別サイトで、げい下の悪口に反論したら、あんた何人といわれました。
事実なのに、声も上げる事も出来ない。
かなしいです。
チベットでさえああなんだから、自国の大学生は、どのくらい、政府がどんな事を、してるのか、さえ、知らされてないように、お見受けいたします。
スタジアムなら、ともかく、ホテルやマンション立てるために、立ち退きを強制された人の話を、聞かされていない。
あの人たちは、ある日、政府から届いた紙切れ一枚で、長年住んでいた、土地を追い出されたのにね。
そのことには、いっさいふれない。
げい下は、独立を望んでいないのに、アメリカと手を組んで分裂をたくらんでいると、騒ぐ。
かなしいです。くやしいです。
なんにも、チベット人には、言えないくらい、ぼこぼこ、いわれる。かなしいです。
2. Posted by さりた   2008年05月02日 14:49
中国には日本の土地の所有権のようなものが無く、全て国有地なのでしょう。最近少し変わったようですが。一党独裁で市民基盤の選挙も無く、共産党が全て考え自分達だけの思想でこの大国、莫大な人口を操っているのですから、その中心が21世紀の時代遅れで、世界と歩調が合わないと、暴走は必死です。天安門事件のようなことが再び起らないように厳戒態勢でしょう。パマギャルポさんが言っていましたが、自分たちの行く末が見えなくて、恐くてすぐ側に敵を作っていると。資本主義の経済は共産主義の考えでは消化しきれない事なのです。不安なら、他国に助言を求めればいいのです、ヘンなプライドが邪魔をして意固地になっているだけです。同じ共産国のロシアだって、壁を乗り越え世界の仲間入りをしているのに。中国は北朝鮮のようにならないで欲しいです。宗教の無い、歴史的ヒーローが神になってしまう国、やっぱり軌道がおかしくなってしまいますよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔